9645030 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2018年03月02日
XML
カテゴリ:映画感想


「15時17分、パリ行き」を鑑賞してきましたきらきら

「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、2015年にフランスの高速鉄道で発生した銃乱射テロ事件で、犯人を勇敢に取り押さえて大惨事を阻止したアメリカ人青年3人の英雄的行為を映画化した実録ドラマ。
幼なじみの若者アンソニー、アレク、スペンサーの3人が、旅行中に遭遇した無差別テロにいかにして果敢に立ち向かうことが出来たのか、その知られざる真実の物語を、彼らの子ども時代からの半生と、緊迫の事件のリアルかつ詳細な再現を通して明らかにしていく。
また3人の主人公のほか、事件が起きた列車に偶然乗り合わせていた乗客たちの多くが本人役として本作に起用され、劇中で自らを演じるという前代未聞のキャスティングも話題に。


大きな運命に導かれ、彼らは“そこに”いた――!


いやぁ…
やっぱりイーストウッド監督作品にハズレはないかなぁスマイルスマイルスマイル
あくまで自分の中では…だけど。

今作は賛否両論あるようだが、個人的にはかなり面白かったと言えますね。ちょき

たしかに事件の当事者たちを起用するのはかなり意欲的ではあるが、
3人とも演技未経験とは思えないくらいしっかりと自分を演じていたと思います。




映画は、キャリーケースを持った男が列車に乗り込むシーンから始まり…上矢印


スペンサー、アレク、アンソニーは車に乗り、ドライブを楽しんでいる車
アンソニーが彼らと知り合った経緯を語り始める…。


1992年、カリフォルニア州サクラメント…
スペンサーの母とアレクの母が教師に呼び出され、2人がADDだと告げられ、投薬治療を勧められて怒り心頭ムカッ

結果、2人はキリスト教の学校へと転校を余儀なくされ…
スペンサーとアレクはその学校でアンソニーと出会う。

3人はサバイバルゲームをしたりと、親交を深めていくが、アンソニーがオレゴンへ転校。

さらにその学校でも問題を起こしたスペンサーとアレク。
アレクに至っては父親と暮らす方が良いと言われ、母親は従うことに…。

離れ離れになっても、3人の親交は続き…
スペンサーとアレクは軍隊に入隊。

スペンサーは第1志望の隊への入隊は叶わず、違う部隊へ。
そこで様々な訓練をこなしていく。

アレクはアフガンへ右矢印


そんな中、スペンサーとアレクはヨーロッパ旅行を計画。
アンソニーにも声をかけ…
まずはスペンサーとアンソニーの2人がイタリアへと行き、
アレクはドイツで合流することになる。


スペンサーとアンソニーはイタリア観光を楽しみ…
ドイツで合流したアレクとともにアムステルダムへ。

そして、高速列車に乗り込み、パリへ向かうことになるのだった…。



3人の過去のエピソードに多くの時間が割かれているが、
その部分がかなり重要なんですよねグッド
きちんと意味あるものになっています。

スペンサーが部隊で傷の処置の仕方や柔術を習うのも必然だったということだし…
アレクの母が戦地に赴く息子に、いつか大きなことをするような予感がすると言ってみたりと。

伏線をいかにも伏線っぽくない演出でサラッと語っているのはさすがイーストウッドだと思いました
ウィンク



Wi-Fiが使えないため、一号車へと移動するスペンサーたち。

トイレから10分近くも出て来ない男に声をかける男性。
中から出てきたのは銃を手にした男で…その銃を奪った男性が背後から拳銃で撃たれてしまう右矢印


スペンサーたちは異変に気付き…

銃を手にし、通路を歩いてくるテロリストにタックルをかますスペンサーパンチ
彼を羽交い絞めにし、アレクが拳銃を奪う。

スペンサーはナイフで切りつけられるが、テロリストの首を絞めて気絶させ…
アレクと乗客の男性がテロリストを縛り上げる。


銃撃を受けた男性は出血が酷いため、アンソニーが止血のための布を持ってきて、
スペンサーは血管を抑え、止血。


列車が駅で止まり、警察がテロリストと連行。
重傷男性は救急隊員に運ばれていく。

自らも負傷したスペンサーも手当てを受け、車椅子に乗せられ移動。



その後、フランスの大統領府に集まった事件の当事者たち。
オランド大統領が感謝の言葉を述べ、スペンサーたちは勲章を授与され、終了。。

この勲章授与のシーンは実際の映像が使われていたみたいビデオ


エンドロール途中には、サクラメントでの3人のパレード映像あり。



全体を通して、やはり当事者を起用しているので、圧倒的なリアリティを感じることが出来る作品に仕上がっていましたスマイル

上映時間も94分と、短いので、全く飽きることもなく。



とりあえず、咄嗟の判断って人間の本質が出ますよね。
3人は生まれ育った環境もあって、ああいうことが出来たのだと思う。

人間の根本部分を描いていました。
イーストウッドは深い映画を作ります。






TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5790-a11453ff



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5790.html






最終更新日  2018年03月17日 14時37分19秒
コメント(4) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

映画レビュー
・「来る」
・「くるみ割り人形と秘密の王国」
・「ヘレディタリー 継承」
・「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」
・「ボーダーライン ソルジャーズ・デイ」
・「GODZILLA 星を喰う者」
・「ANEMONE 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」
・「ボヘミアン・ラプソディ」
・「人魚の眠る家」
・「スマホを落としただけなのに」
・「ヴェノム」
・「ビブリア古書堂の事件手帖」
・「ザ・アウトロー」
・「億男」
・「デス・ウィッシュ」
・「バーバラと心の巨人」
・「ルイスと不思議の時計」
・「劇場版 夏目友人帳 うつせみに結ぶ」
・「響 -HIBIKI-」
・「累 -かさね-」
・ポノック短編劇場「ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-」
・「パンク侍、斬られて候」
・「万引き家族」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「来る」(12/07) >ふじき78さん 琴子と真琴姉妹の短編集が…
 ふじき78@ Re:劇場鑑賞「来る」(12/07) > 琴子はどうなっちゃったの??? タ…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「来る」(12/07) >kisaさん 中島監督らしい作品になってい…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「来る」(12/07) さすが中島監督面白かったです。 原作はか…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「来る」(12/07) >みぃみさん 中島監督が撮っただけはあり…

お気に入りブログ

連続テレビ小説『ま… New! レベル999さん

今週読んだコミック… New! らいち♪♪さん

秋ドラマ視聴率と最… New! ショコラ425さん

美味しいダネイホン… New! ひじゅにさん

ソフトバンクが大騒… New! あくびネコさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

SUITS/スーツ 第10話 MAGI☆さん

ジャンプSQ. 2019年1… みやさとver.さん

2018 株主総会 ビッ… mkd5569さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.