9259827 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2018年03月08日
XML
カテゴリ:映画感想


「リメンバー・ミー」の試写会に行ってきました。
試写会のため、「アナと雪の女王 家族の思い出」の上映は無し。

「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」のディズニー/ピクサーが、メキシコを舞台に贈る感動のファンタジー・アニメ。
日本のお盆に当たるメキシコの伝統的な祭礼行事“死者の日”をモチーフに、ひょんなことから“死者の国”に迷い込んだ少年が、偶然出会った陽気なガイコツを相棒に繰り広げる大冒険の行方を、何世代にもわたる家族の絆とともにカラフルかつエモーショナルにに綴る。
監督は「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチと、これが監督デビューとなるエイドリアン・モリーナ。


ストーリーは…

ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。
しかし彼の家では、むかし起こったある出来事がきっかけで、代々演奏はおろか音楽を聴くことも禁じられていた。
人々が先祖の魂を迎える“死者の日”、音楽のことで家族と衝突してしまったミゲルが、憧れのスター、エルネスト・デラクルスの墓を訪れたところ、いつの間にか死者の国に迷い込んでしまう。
カラフルで美しいその世界ではガイコツたちが楽しく暮らしていた。
しかし生者のミゲルは日の出までに元の世界に戻らなければ、永遠に家族に会えなくなってしまうという。
そんなミゲルの唯一の頼りは、家族が恋しい陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。
しかし彼にも“生きている世界で忘れられると、死者の国からも消えてしまう”という過酷な運命が待っているのだったが…。


ずっと、ずっと、家族は一緒・・・


やっぱり…
さすがディズニー!さすがピクサー!といった感じですね~グッドグッドグッド
安定した面白さがあります。

ただ、小さいお子さんにはあの世界観が理解出来ないだろうなぁ…
現に騒いでいた子供がちらほらと失敗
魅力ある動物キャラも出てくるんだけどねぇ…。




吹き替えでの鑑賞でしたが、
心配だったヘクター役の藤木直人さん、結構良かったですよ
グッド



映画は、リベラ家の成り立ちが切り絵調で語られるシーンから始まり…上矢印

ひいひいおばあちゃんのイメルダはミュージシャンと結婚。
娘のココが産まれたが、ミュージシャンは夢を叶えるために家を出て行ってしまう。

それ以来、イメルダは女手ひとつで家族を養うため靴屋の仕事を。
娘に、その夫に…家族全員を靴職人にしていく。

家では音楽が禁止となっていた。


しかし、ミゲルだけは音楽好きが止まらなく…ウィンク
マリアッチのいる広場へ靴磨きの仕事へ。

マリアッチから、死者の日に開かれるコンテストの話を聞いたミゲルは参加したくなり…
だが、やって来た祖母のエレナはもちろん聞く耳持たず。


ミゲルは、祭壇に飾られた先祖代々の写真の入った額を誤って割ってしまい…
イメルダとココと顔の部分が破られたひいひいおじいちゃんの写った写真の折り込まれていた部分にギターがあることの気付く。
それは、町で知らない人はいないという伝説のミュージシャン、エルネスト・デラクルスのギターだった。

自分のひいひいおじいちゃんがデラクルスだということに大喜びにミゲル。
コンテストに出場しようと、手作りのギターを持って行こうとするが、家族に見つかり…
ギターはエレナによって破壊されてしまう。

家を飛び出したミゲルはコンテストに出ることが出来ず、デラクルスの墓地へ右矢印
飾ってあった彼のギターを手に取り、弾いてみると…光に包まれて、死者の姿が見えるように目

死者の世界からこの世にやって来たご先祖様に連れられ、ミゲルは死者の世界へ足を踏み入れるスニーカー
イメルダだけはなぜか生者の世界にやって来られなく、怒っていたムカッ
原因はミゲルが持ち出した祭壇の写真で…
写真が飾られていないと、生者の世界には行けなくなるという。

イメルダから許しを得て、音楽禁止との条件付きでミゲルは生者の世界へと戻るも、
またすぐにギターに手を出してしまい、死者の世界へ右矢印


ミゲルは音楽を許してもらうため、先祖であるデラクルスを捜すことにするのだが…。



非常にテンポが良く、あれよあれよとストーリーが進んで行きますよ右矢印
置いてかれないように!


そして、陽気な音楽とカラフルな世界に絶対魅了されるはずスマイル
VFXはホント良く描き込まれています。

登場する楽曲はギター曲メインで、非常に心地良い…
サントラ欲しくなるかも
ウィンク


ただ、ちょっと良く分からない設定が出てくるが、
これはあまり気にしない方が良いかと。




デラクルスを捜す途中で、彼のことを知っているというヘクターと出会うミゲル。
ヘクターは生者の世界に写真が飾られていないため、ミゲルに置いてきて欲しいと頼む。

互いの利害が一致し、まずはデラクルスを捜すことに。
彼はサンライズ・パーティーを開くことになっており、その会場へ行くことにする2人。
しかし、招待状が無くては入れないため、チケットを手に入れるためにコンテストに参加。

初めて人前で演奏するミゲルだったが、最初は緊張していたものの、
ヘクターの踊りもあって、見事に観客を魅了ちょき

ミゲルの声を担当した方、歌が非常に上手い!!



イメルダに見つかり、逃げるミゲル。
実はイメルダも音楽が好きだということを知る耳


招待客に紛れて、ミゲルは会場へと向かい、デラクルスと対面。
ヘクターもやって来て…

ヘクターは自分が作った楽曲をデラクルスに盗られたと告げる。
そして、デラクルスによって毒殺されたことを知ることにびっくり


ミゲルとヘクターは捕まってしまい…

ヘクターが娘のココに会いたいと話し…
彼がミゲルのひいひいおじいちゃんだと判明!


イメルダが助けに来て、ご先祖様と合流したミゲルは、
デラクルスに奪われたヘクターの写真を奪い返しに向かうことを決意ぐー

みんなの協力もあり、デラクルスをやっつけたが、ヘクターの写真は水の中に下向き矢印


ココに忘れられそうになり、ヘクターにはもう時間が無く…
ミゲルは生者の世界に戻され、急いでココのもとへマラソン

ヘクターのギターを弾き、「リメンバー・ミー」をココに聴かせるスピーカ


すると、ココは父親のことを思い出し…
取っておいた、破かれたヘクターの顔部分の写真を取り出す。



1年後…

ヘクターの名誉が回復し…上向き矢印

リベラ家の祭壇にはココの写真も飾られる。


死者の国からはイメルダ、ヘクター、ココたちがやって来て…

ミゲルは“家族”みんなと一緒に歌い上げ、終了。。


大団円~スマイルスマイルスマイル



全体を通して、家族の絆を丁寧に描出している作品だったと思いますきらきら
そこにハラハラドキドキの冒険を織り交ぜ、エンターテインメント性は抜群



日本にもお盆という風習がありますが、
ご先祖様がこのように喜んでいたら嬉しいなぁ…と考えてしまいました
うっしっし


そうそう、主題歌である「リメンバー・ミー」のメロディーが耳に残りますね。
観終ってからも思わず口ずさんでしまうかも…
スマイル



年代問わず楽しめるはずなので、是非とも劇場で鑑賞してみてください♪





TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5794-bb53f828



ミラーブログ下矢印
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-5794.html






最終更新日  2018年03月19日 19時48分22秒
コメント(4) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

映画レビュー
・「空飛ぶタイヤ」
・「ワンダー 君は太陽」
・「メイズ・ランナー 最期の迷宮」
・「羊と鋼の森」
・「万引き家族」
・「OVER DRIVE」
・「デッドプール2」
・「友罪」
・「コードギアス 反逆のルルーシュ III 皇道」
・「ゲティ家の身代金」
・「ピーターラビット」
・「GODZILLA 決戦機動増殖都市」
・「ランペイジ 巨獣大乱闘」
・「孤狼の血」
・「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
・「ホース・ソルジャー」
・「ラプラスの魔女」
・「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」
・「いぬやしき」
・「レディ・プレイヤー 1」
・「パシフィック・リム アップライジング」
・「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
・「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
・「ちはやふる -結び-」
・「さよならの朝に約束の花をかざろう」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「空飛ぶタイヤ」(06/17) New! >kisaさん 原作は未読だったので、どのよ…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「空飛ぶタイヤ」(06/17) New! 見せる映画でしたね。 長瀬智也演じる主人…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「羊と鋼の森」(06/08) >にゃむばななさん 本屋大賞受賞作品とい…
 にゃむばなな@ Re:劇場鑑賞「羊と鋼の森」(06/08) いい映画であったことには間違いなかった…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「羊と鋼の森」(06/08) >kisaさん 心が癒されるような作品でした…

お気に入りブログ

結婚したい!>『半… New! ひじゅにさん

大阪府北部で震度6… New! ショコラ425さん

連続テレビ小説『半… New! レベル999さん

NHK大河ドラマ『西郷… New! くう☆☆さん

「ピアノの森」1~26… New! らいち♪♪さん

今朝の特撮感想&脱… あくびネコさん

2018年6月アクセス数… mkd5569さん

花のち晴れ~花男 Ne… MAGI☆さん

28号じゃないよ、WJ2… みやさとver.さん

製作中ですみません シュージローさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.