9338318 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2018年03月30日
XML
カテゴリ:映画感想


「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を鑑賞してきましたきらきら

スティーヴン・スピルバーグ監督がメリル・ストリープとトム・ハンクスを主演に迎え、時の政権に屈することなく言論の自由を守るために戦ったジャーナリストたちの矜持と覚悟を描いた社会派実録ドラマ。
ニクソン政権下で機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”を公開し、ベトナム戦争の欺瞞を暴き出したワシントン・ポスト紙に焦点を当て、就任したばかりの女性発行人キャサリン・グラハムが、政府を敵に回し、経営危機を招く危険を冒してでも記事にすべきかという重い決断を下すまでの葛藤の行方を描き出す。


ストーリーは…

ベトナム戦争が泥沼化していた1971年。
ニューヨーク・タイムズはベトナム戦争に関する政府に不都合な事実が記載された最高機密文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”についてのスクープ記事を発表する。
アメリカ中が騒然となる中、ニクソン政権は裁判所に記事の差し止め命令を要求する。
タイムズが出版差し止めに陥る一方、出遅れたライバル紙のワシントン・ポストでは、編集主幹のベン・ブラッドリーが文書の入手に奔走する。
やがて全文のコピーを手に入れたポストだったが、それを公表すれば裁判となって会社の将来を危うくしかねず、経営と報道のはざまで社内の意見は大きく二分する。
そしてそんな重大な決断が、亡き夫の後を継ぐ形でいきなりアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人となったキャサリン・グラハムに託されたのだったが…。


信念を、貫く――!


とても…
見応えがありましたグッドグッドグッド

スピルバーグ監督は娯楽性の高い作品も素晴らしいけれど、
こういった社会派ドラマも非常に手堅く作りますよね
スマイル


そして、トム・ハンクスとメリル・ストリープの二大アカデミー俳優を起用し、
2人の演技が素晴らしく、演技合戦が見事としか言いようがありません!!

さらに、ヤヌス・カミンスキーのカメラワークも見事!
もうスピルバーグ作品になくてはならない方です!!




映画は、1966年のベトナムで大使館の調査としてダンが戦況を調べるシーンから始まり…上矢印

目にしたことを報告書にまとめ帰国の飛行機の中で、
マクナマラ国防長官がダンに戦況について問う。
ダンは泥沼だと告げるが、ホワイトハウスには改善されていると報告されていた。


帰国したダンはランド研究所から最高機密文書を密かに運び出し、
合流した仲間たちとコピーをおこなうノート



父から会社を託されていた夫が自殺し、ワシントンポスト紙の社主となったキャサリンは
株式公開のために奮闘していた。

編集主幹のベンはライバルであるNYタイムズでの不穏な動きをキャッチ。
社員に命じ、探らせることに虫眼鏡


だが、時既に遅く…
NYタイムズにベトナム戦争関連の調査報告書の一部がスクープされるひらめき

怒りのニクソン大統領はNYタイムズの差し止めに!


ワシントンポストは文書の入手しようと総動員右矢印
以前、ランド研究所に勤めていたバグディキアンがダンと接触することに成功。
そして、呼び出されたモーテルには4000ページにも及ぶ文書のコピーがあった。

バグディキアンはそれを持ち帰り、ページがバラバラだったため、
ベンの家で仲間たちとともにまずはページを揃えることから始めるほえー

ページが揃い、記事の作成を始め、あとはその新聞を発行するかどうかとなり…
キャサリンに決断が委ねられるのだが…。



ストーリー的にはそろほど難しいことはなく…
文書をNYタイムズでは発表出来なくなり、ワシントンポストで発表するかどうか、
そこに行き着くまでの過程が非常にハラハラドキドキと。


だって、新聞を発行すれば刑事訴追されて、投獄は免れないって…
普通だったら尻込みしちゃうと思う。
でも、報道の自由のために…と戦う彼らはとにかくカッコイイ目がハート
ま、上層部がダメダメなのはどの時代も同じかな(苦笑)

あと、キャサリンがどのような決断を下すのかも、手に汗握る感じですね
ぐー



キャサリンは掲載するようにベンに指示を。

しかし、顧問弁護士がバグディキナンに情報源を訊ねると…
NYタイムズと同じ情報源では法廷侮辱罪に問われることに。


役員のフリッツたちに発行と止めるように言われるキャサリンだったが、
ここは父でも夫でもなく自分の会社だと言い放ち、発行の許可を覆さずぐー

このシーンの彼女に鳥肌ものでした。
女性のリーダーとはこうあるべきだと体現していましたね
ちょき



文書が掲載された新聞が発行され…
このまま継続して発行出来るか、司法の手に委ねられることになり…
その戦いは最高裁まで上向き矢印

6対3で発行が続けられることになり、
さらにはNYタイムズの差し止めの解除。

社内で大喜びの2社きらきら


報道の自由を勝ち取ることが出来、
ワシントンポストはそれを新聞に掲載し、
キャサリンとベンは印刷所を後にするスニーカー



民主党の事務所のドアが開けられていたため、警備員が警察に連絡。
ウォーターゲートビルに不法侵入者がいると言い、終了。。


ウォーターゲート事件に繋がるのねぇ…右矢印



全体を通して、今作は一人の女性の勇気と成長の物語でもあったと思います。
彼女が徐々に成長していくのにも注目して欲しいところ。



テンポも良く、スリリングな展開で、サスペンス映画としても楽しめるかもしれない。

スクリーンに釘付けの116分でした!


TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5810-f32ed829






最終更新日  2018年04月06日 06時26分07秒
コメント(6) | コメントを書く

サイド自由欄

映画レビュー
・「インサイド」
・「ジュラシック・ワールド 炎の王国」
・「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」
・「アメリカン・アサシン」
・「パンク侍、斬られて候」
・「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」
・「オンリー・ザ・ブレイブ」
・「空飛ぶタイヤ」
・「ワンダー 君は太陽」
・「メイズ・ランナー 最期の迷宮」
・「羊と鋼の森」
・「万引き家族」
・「OVER DRIVE」
・「デッドプール2」
・「友罪」
・「コードギアス 反逆のルルーシュ III 皇道」
・「ゲティ家の身代金」
・「ピーターラビット」
・「GODZILLA 決戦機動増殖都市」
・「ランペイジ 巨獣大乱闘」
・「孤狼の血」
・「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
・「ラプラスの魔女」
・「いぬやしき」
・「パシフィック・リム アップライジング」
・「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(07/13) >kisaさん 恐竜の恐怖をこれでもか!とい…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(07/13) 面白かったですね。 全体にアクションやお…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(07/13) >にゃむばななさん あの展開からの完結編…
 にゃむばなな@ Re:劇場鑑賞「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(07/13) そうなんですよね、あの終わり方だと風呂…

お気に入りブログ

連続テレビ小説『半… New! レベル999さん

黒執事142話「その執… New! らいち♪♪さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

2018年7月アクセス数… New! mkd5569さん

高嶺の花 第2話 New! MAGI☆さん

夏ドラマ紹介と視聴… New! ショコラ425さん

新居>『半分、青い… New! ひじゅにさん

肉球、どうぞ。 New! あくびネコさん

9番目のムサシ。最新… あーさん9さん

WJ2018年33号 銀魂… みやさとver.さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.