9145774 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2018年04月03日
XML
カテゴリ:映画感想


「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」を鑑賞してきましたきらきら

ゲイリー・オールドマンが第二次世界大戦時に英国首相に就任し、ヒトラーの脅威に敢然と立ち向かったウィンストン・チェーチルを演じてアカデミー賞主演男優賞に輝いた感動の伝記ドラマ。
また、そのゲイリー・オールドマンを驚異の技術でチャーチルへと変身させた特殊メーキャップ・アーティスト辻一弘も、みごとアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞し話題に。
英国がヒトラーに屈する寸前での首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる27日間に焦点を当て、ヨーロッパのみならず世界の命運を左右する決断が下されるまでの葛藤とその型破りな人物像を描き出す。
共演はクリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、ベン・メンデルソーン。
監督は「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト。


ストーリーは…

1940年5月、第二次世界大戦初期。独裁者ヒトラー率いるナチス・ドイツの前にフランスは陥落寸前で、英国にも侵略の脅威が迫る中、新首相に就任した前海軍大臣のウィンストン・チャーチル。
国民には人気があったものの、度重なる失策で党内はもちろん国王からも信頼を得られず、弱音を吐く彼を妻のクレメンティーンは優しく叱咤する。
就任直後の演説では勝利を目指して徹底抗戦を誓うも、戦況は悪化の一途を辿っていく。
そしてドイツ軍に追い込まれた英国軍が、ついにフランス・ダンケルクの海岸で絶体絶命の状況を迎える。
英国への上陸もいよいよ現実の脅威となる中、犠牲を回避すべくドイツとの和平交渉を主張する外相ハリファックスの必死の説得を受けるチャーチルだったが…。


勇気を、持ち続ける――!


いやぁ…
非常に見応えあるドラマを見せてもらいましたぐーぐーぐー


ただね…この副題は要らなかったのでは?
日本って“ヒトラー”という名前が好きだよねぇ…
しょんぼり



特筆すべきはやはり、ゲイリー・オールドマンの演技ですよね。
カメレオン俳優として圧巻の演技でしたよ!

さらにゲイリーに見えない特殊メイクを手掛けた辻さんも凄いですグッド
目だけはさすがに変えられないから、うっすらとゲイリーだと判るくらい。
凄いのひと言!!




映画は、イギリスの議会がヨーロッパへのドイツの侵攻により紛糾しているシーンから始まり…上矢印

退陣を余儀なくされたチェンバレン首相の後任探しが始まるも…
後任を打診されたハリファックスは拒否。


その頃、チャーチルは新しいタイピストのレイトンを雇うも、
辛辣な言葉を投げ、泣かしてしまっていた下向き矢印

レイトンは辞めることにしたものの、ちょうどその時、宮殿から電報が届き、
チャーチルのもとへ届けることに。

宮殿へと招待されたチャーチルがジョージ6世から首相に任命されるきらきら


ジョージ6世がチャーチルにキスされた手の甲を背中で拭いているのに笑ったうっしっし


レイトンはチャーチルの正式のタイピストに。

チャーチルは最初の議会の声明で、和平については一切語らず。
そのことが原因で、チェンバレンとハリファックスは彼を首相から降ろすことを画策し始める虫眼鏡


チャーチルはナチスの侵攻を受けているフランスへと飛び、支援を申し出るが、
フランスの大統領からは妄想を抱いているとして全く相手にされないバツ



そんな中、ダンケルクに大勢の陸軍兵士が残されていると知ったチャーチル。
ナチスの包囲網が迫る中、チャーチルはカレーに残っている兵士に敵を引き付けてもらうよう電報を送るメールする

そして、カレーが陥落下向き矢印

チャーチルはダンケルクにいる兵士を救出するため、民間の船を徴用するように命令スピーカ


事態は悪化の一途を辿り…
ハリファックスとチェンバレンは和平の締結にチャーチルに進言し…
ついにチャーチルも2人の案に折れるのだった…。



おそらく、今作とノーラン監督作の「ダンケルク」をセットで観ると、数倍面白くなるはず上向き矢印
あとは「英国王のスピーチ」は補完として…
ひらめき



今作はチャーチルのユーモラスな会話とテンポの良い展開に、
ホント最後まで飽きることなく、惹き込まれました右矢印
少しお笑いも挟んだりして、もの凄くシリアスにならないように作ってあり、
その匙加減が絶妙。


あと、横移動のカメラワークと空からの俯瞰映像がとても印象に残ったビデオ



ジョージ6世がチャーチルを訪ねてきて、支持を表明。
それを聞いたチャーチルは翌日、今まで乗ったことのない地下鉄へ行き、
市民の声を聞いてみる耳

すると、市民はナチスとの和平条約には反対で…

チャーチルはすぐに議場へと赴き、閣外大臣を集め、徹底抗戦を主張スピーカ
大臣たちも賛同してくれる。


議会でチャーチルは徹底抗戦を訴え、議員たちも賛同。
チェンバレンもそれを目の当たりにし、賛同することに。

大歓声の中、チャーチルが議場を後にして、終了。。


その後のエピソードがテロップ表示。

半年後にチェンバレンが死亡。
連合国がナチスに勝利。
ハリファックスはアメリカ大使に左遷。
チャーチルは総選挙で敗退し、退陣。



全体を通して、チャーチルという人物が非常に良く描かれていた作品だと思いますスマイル
濃密な125分を過ごさせてもらいました。


これは絶対に観ておいた方が良いよ!


TBは下記URLをお使いください。http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5816-6d0c5705






最終更新日  2018年04月03日 16時30分18秒
コメント(6) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

劇場鑑賞レビュー
・「いぬやしき」
・「レディ・プレイヤー 1」
・「パシフィック・リム アップライジング」
・「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」
・「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」
・「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
・「トレイン・ミッション」
・「レッド・スパロー」
・「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
・「トゥームレイダー ファースト・ミッション」
・「曇天に笑う」
・「ちはやふる -結び-」
・「坂道のアポロン」
・「リメンバー・ミー」
・「シェイプ・オブ・ウォーター」
・「ブラックパンサー」
・「空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」
・「さよならの朝に約束の花をかざろう」
・「今夜、ロマンス劇場で」
・「コードギアス 反逆のルルーシュ II 叛道」
・「羊の木」
・「グレイテスト・ショーマン」
・「祈りの幕が下りる時」
・「悪と仮面のルール」
・「ローガン・ラッキー」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「いぬやしき」(04/21) >にゃむばななさん VFXは素晴らしいも…
 にゃむばなな@ Re:劇場鑑賞「いぬやしき」(04/21) さすが白組。この映像は本当に凄いの一言…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「レディ・プレイヤー 1」(04/20) >にゃむばななさん 「シャイニング」のシ…
 にゃむばなな@ Re:劇場鑑賞「レディ・プレイヤー 1」(04/20) 『シャイニング』のシーンが楽しくて仕方…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「レディ・プレイヤー 1」(04/20) >まっつぁんこさん 訂正しておきました。…

お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

秋風羽織>『半分、… New! ひじゅにさん

パソコンから生える… New! あくびネコさん

連続テレビ小説『半… New! レベル999さん

花のち晴れ~花男 Ne… New! MAGI☆さん

週刊少年ジャンプ2… らいち♪♪さん

【ブラックペアン】… ショコラ425さん

西郷どん 第14回「慶… みやさとver.さん

2018年4月アクセス数… mkd5569さん

製作中です シュージローさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.