10073333 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2018年09月15日
XML
カテゴリ:映画感想


「プーと大人になった僕」を鑑賞してきましたきらきら

世界中で愛され続けるA・A・ミルンの児童文学『くまのプーさん』に登場するプーさんの大親友クリストファー・ロビンのその後を映画化したファンタジー・ドラマ。
大人になり仕事に追われるクリストファー・ロビンが、プーさんや森の仲間たちと奇跡の再会を果たしたことで、忘れていた大切な何かを思い出していく姿を描く。
主演はユアン・マクレガー、共演にヘイリー・アトウェル、ブロンテ・カーマイケル。
監督は「ネバーランド」のマーク・フォースター。


ストーリーは…

少年クリストファー・ロビンは“100エーカーの森”で親友のプーやその仲間たちと楽しい毎日を送っていたが、やがてロンドンの寄宿学校へ転校することに。
“きみのことは絶対に忘れない”と固く誓ってプーと別れたクリストファー・ロビン。
月日は流れ、大人になった彼は妻のイヴリンと娘マデリンとともにロンドンに暮らしていた。
しかし仕事が忙しくて家族とはすれ違いの日々が続いていた。
そんなある日、なぜかロンドンで途方に暮れていたかつての親友プーと驚きの再会を果たす。
森の仲間たちのもとに戻れなくなったプーの頼みを聞き入れ、一緒に“100エーカーの森”へと向かったクリストファー・ロビン。
ピグレットやティガーら森の仲間たちとも再会でき、少年時代の懐かしい日々を思い出すクリストファー・ロビンだったが…。


“迷子”じゃなくなる、ということー―!


いやはや…
“深い”作品でしたオーケーオーケーオーケー
子供向けではなく、完全に大人向けですね。
現に小さいお子さんは飽きてしまい、ずーっと騒ぎっぱなしでした(汗)


たしかにプーや他の動物たちが登場してくるものの、
メインはクリストファー・ロビンの“成長”となっています。



一応、プーとクリストファーのことは冒頭で少し語ってくれるので、
キャラ名くらいしか知らなくても大丈夫
ウィンク



クリストファーを演じたユアン・マクレガーがホント良かったスマイル
笑顔が素敵ですね~♪
堺さんの吹き替えも良かったですが、やはり字幕で観たかったな…。




映画は、プーたちがテーブルを囲み、クリストファー・ロビンとの別れについて話すシーンから始まり…上矢印

そこにクリストファーがケーキを持ってやって来る。
動物たちは満腹になり、眠ってしまい…眠い..

クリストファーは改めてプーとの別れを。



寄宿学校に入ることになったクリストファー。
最初の頃はプーたちのことが忘れられず、勉強に集中出来ないでした失敗


父親の死…
子供からの卒業…

イヴリンとの出会い…
戦争…
3歳になった娘のマデリンと初めての対面…


鞄会社の旅行鞄の担当で効率化を目指すクリストファーは、20%のコストカットを言われ、非常に悩んでいた。
そのため、妻と娘と一緒に過ごす約束を果たせなくなってしまうしょんぼり


その頃、プーは突然いなくなった仲間を探しているうちにロンドンへ迷い込んでしまう右矢印
クリストファーと久しぶりの再会。


プーを自宅で面倒を看るクリストファーは、仲間を一緒に探すために100エーカーの森へと戻ることにスニーカー
ついプーに辛く当たってしまうクリストファー。

プーがいなくなり、クリストファーは最初にイーヨーを見つけ、
ついには他の仲間たちとも再会を果たすきらきら

プーのいる場所に心当たりがあり、そこに向かうスニーカー
クリストファーは謝罪。


ついつい眠ってしまったクリストファーは翌朝目覚め、
急いで会社に戻ることにマラソン

ティガーが鞄の中身を抜いてしまっていて…クリストファーはそれを知らずにロンドンへ。
プーたちは書類を届けるため、マデリンの力を借り、ロンドンへ向かうことになるのだった…。



ストーリーは非常にシンプルながらも、いろいろと考えさせられるプーの言葉…
その言葉のひとつひとつが胸に響いてくるんですよね
赤ハート

家族との絆よりも会社の方が大切なのか…
でも、仕事をしないと家族を養うことは出来ない…

何が大切なのか…
どれを選ぶべきなのか…

クリストファーが“大事”なものに気付いていく展開が素晴らしいグッド

“何もしないことが、最高の何かに繋がる”という言葉、良いな~
スマイル



クリストファーは会議の場で資料を見せることが出来ず。
そんな中、イヴリンがやって来て、マデリンがいなくなったことを話し、2人で探しに向かう虫眼鏡

マデリンはどうにか鞄会社に辿り着くが、転んでしまい、資料がバラバラに上向き矢印

クリストファーとイヴリンがティガーたちを連れて合流。
残った資料を見て、クリストファーは何かに気付くひらめき


会議の場で、富裕層向けの鞄だけではなく、他の層に向けた安い旅行鞄を作ってみてはどうかと提案ぱー
社長もそれに納得。


クリストファーたちは週末の旅行へと向かい…
イヴリンとマデリンも100エーカーの森に踏み入れる右矢印

クリストファーはプーにはちみつを持っていき、終了。。



エンドロール途中に映像あり。
皆さん、休暇を楽しんでいましたね音符
プーたちも…
ウィンク



全体を通して、大人になったからこそ忘れてはいけないことを教えてくれる作品だったと思いますきらきら
大切なものと失ってはいけないものがあることに気付かせてくれますね。



派手さはないけれど、ホント良作オーケー
プーのモフモフ感も素晴らしいので必見ですよ!



TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5949-30f778d5






最終更新日  2018年09月15日 19時46分39秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

映画レビュー
・「貞子」
・「空母いぶき」
・「居眠り磐音」
・「ラ・ヨローナ 泣く女」
・「オーヴァーロード」
・「名探偵ピカチュウ」
・「ザ・フォーリナー 復讐者」
・「バースデー・ワンダーランド」
・「アベンジャーズ エンドゲーム」
・「キングダム」
・「シャザム!」
・「ハロウィン」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 kisa@ Re:劇場鑑賞「空母いぶき」(05/24) New! なかなか面白かったですね。 原作は読んで…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「オーヴァーロード」(05/10) >yukarinさん 前半と後半ではジャンルの…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ラ・ヨローナ 泣く女」(05/11) >yukarinさん 「死霊館」ユニバースの作…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「オーヴァーロード」(05/10) 期待しないで観ましたが斬新さはありませ…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「ラ・ヨローナ 泣く女」(05/11) 死霊館シリーズとは別のものかと思ってま…

お気に入りブログ

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

今週読んだコミック… New! らいち♪♪さん

プレミアムドラマ『… New! レベル999さん

あなたの番です 第7話 New! MAGI☆さん

春ドラマ最終回予定… New! ショコラ425さん

今朝の特撮感想 New! あくびネコさん

25号じゃないよ、週… みやさとver.さん

希望と夢>『なつぞ… ひじゅにさん

2019 株主総会 ブロ… mkd5569さん

将軍とスケーターが… YOSHIYU機さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.