10493025 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2018年12月21日
XML
カテゴリ:映画感想


「アリー スター誕生」を鑑賞してきましたきらきら
2018年ラスト!

これまでにも何度もリメイクされてきた1937年の名作「スタア誕生」を原作に、世界的歌姫レディー・ガガが映画初主演を果たし、相手役を務めるブラッドリー・クーパーが記念すべき監督デビューを飾った感動の音楽ドラマ。
歌手を夢見る一人の女性が、国民的人気ミュージシャンに見出されたのをきっかけに、瞬く間にスターダムへと駆け上がっていくさまと、その中で皮肉な運命が交差していく2人の間に芽生えた愛と葛藤の行方を、レディー・ガガの圧巻のパフォーマンスとともに描き出す。


ストーリーは…

ウェイトレスとして働きながらも歌手を夢見るアリーだったが、なかなか芽が出ず自信を失いかけていた。
そんな時、場末のバーで歌っていたアリーの前に、世界的ロックスターのジャクソンが現われる。
彼はアリーの歌声に惚れ込み、彼女を自身のコンサートに招待する。
そして、いきなり大観衆が見つめるステージにアリーを呼び込み、一緒にデュエットを披露し、観客からの喝采を浴びる。
これをきっかけにアリーは一気にスターへの階段を駆け上がっていくとともに、ジャクソンとも深い愛情で結ばれていくのだったが…。


私が、輝く時――!


いやぁ…
素晴らしかった~オーケーオーケーオーケー
もうね、これに尽きます。

なんといってもレディ・ガガの演技が素晴らしい!
女優初心者とは全く思えない堂々とした演技でしたよ。
もう自然体うっしっし
で、身体張ってました目がハート

ブラッドリー・クーパーの監督手腕も素晴らしかったと思います。
歌声も素敵でした
赤ハート



映画は、歌手のジャクソンが薬を飲んでからステージに上がるシーンから始まり…上矢印
観客は大盛り上がり上向き矢印


ライブを終えたジャクソンは移動の途中、酒が飲みたくなり、ドラァグバーに立ち寄ることに車
本来ならばドラァグクイーンが歌を披露するはずが、ひとりだけ女性のアリーがその歌声を披露。

ジャクソンは彼女の歌声に惹かれ、改めて飲みに誘うビール
バーでちょっとした喧嘩の騒ぎになるも、ジャクソンがその場を収め、男を殴ったアリーの右手の治療を。
店の駐車場で、彼女の即興のオリジナル曲を聴いたジャクソンは、次のライブへ招待。


断ったアリーだったが運転手が迎えに来てしまい、仕方なく向かい…
ジャクソンはアリーの即興のオリジナル曲をアレンジしており、一緒に歌うことを提案。
意を決したアリーはステージへ上がり、見事にジャクソンと歌い上げるスピーカ

その動画は動画サイトで驚異の再生数となるパソコン


それから、ジャクソンはアリーを連れてツアーをおこなっていき…
ツアー最後のステージではアリーひとりだけの歌も披露スピーカ


アリーが敏腕マネージャーのガヴロンの目に留まり、デビューを持ちかけられ…
瞬く間にスターの階段を駆け上がっていく上向き矢印

一方、ジャクソンは以前から耳の状態が芳しくなく、このままでは聴力を失うと言われていた。
酒とドラッグに溺れながらも、アリーと結婚ハート(手書き)

だが、グラミー賞にノミネートされるほど大スターとなったアリーを酷く罵ってしまう!!


グラミー賞の授賞式、アリーは新人賞に輝き、檀上で感謝のスピーチをウィンク
しかし、そこに酒とドラッグまみれのジャクソンがやって来てしまい、大衆の前で失禁してしまう。


ジャクソンはリハビリ施設でアルコールどドラッグを絶つため一生懸命に努力し、
ようやくアリーとともに一緒に暮らすことになるのだが…。



過去のオリジナル作品やリメイク作品は未見。

女性がスターになればなるほど、男性は落ちぶれていく…
ストーリーは王道の中の王道ですね
右矢印


冒頭のジャクソンのライブに始まり、アリーとのデュオあり、アリーのソロありと、
全編に溢れる歌唱シーンはどれもが鳥肌ものちょき
ガガってホント歌唱力抜群だよね!
相当練習を重ねたらしいブラッドリーも見事!!




ガヴロンが訪ねてきて、アリーに欧州ツアーの計画があることを告げる。
グラミー賞授賞式の後、いろいろと大変だったことも話し、
再び酒を手にするようになれば、別れて欲しいと。

アリーはジャクソンに、このまま国内で2枚目のアルバム制作に入ると嘘を言ってしまう。



アリーのツアーファイナル…
ジャクソンとのデュエットを披露しようと思っていたが、彼は現れず。

その頃、ジャクソンはガレージで首つり自殺ほえー



ジャクソンを失い、アリーは悲嘆に暮れ…
自分の嘘が彼を追い詰めてしまったと激しく後悔。
ジャクソンの兄のボビーは、アリーのせいではないと諭す。



ジャクソンの追悼コンサート…
アリーはジャクソンが作っていた曲を歌い上げて、終了。。


最後のステージシーンは、ジャクソンとアリーの回想が頭の中をグルグルと駆け巡るはず泣き笑い



全体を通して、ガガが魅せる圧巻の演技が激しく心を揺さぶってくる作品になっていましたグッド
アリーの気持ちと観客の気持ちが同調するかのような感覚
きらきら

これは観て損はありません!
絶対サントラ(購入済み)も欲しくなると思います!!



TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/6017-05c845ae






最終更新日  2018年12月22日 20時15分59秒
コメント(6) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

映画レビュー
・「フッド:ザ・ビギニング」
・「スペシャル アクターズ」
・「マレフィセント2」
・「クロール -凶暴領域-」
・「空の青さを知る人よ」
・「蜜蜂と遠雷」
・「ジョーカー」
・「ジョン・ウィック:パラベラム」
・「ヘルボーイ」
・「ライリー・ノース 復讐の女神」
・「見えない目撃者」
・「アナベル 死霊博物館」
・「HELLO WORLD ハロー・ワールド」
・「アド・アストラ」
・「記憶にございません!」
・「僕のワンダフル・ジャーニー」
・「フリーソロ」
・「SHADOW/影武者」
・「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」
・「引っ越し大名!」
・「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」




●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「マレフィセント2」(10/18) >はるみんさん ミシェル・ファイファーも…
 はるみん@ Re:劇場鑑賞「マレフィセント2」(10/18) ミシェル・ファイファーの存在感も凄かっ…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05) >yukarinさん ホアキン・フェニックスの…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ジョン・ウィック:パラベラム」(10/04) >yukarinさん アクションシーンがどれも…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05) 評判どおりホアキン・フェニックスの怪演…

お気に入りブログ

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

秋ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

ドラマBiz『ハル… New! レベル999さん

一人前になるまでは… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

週刊少年ジャンプ201… New! あくびネコさん

来年の鳴尾浜にワク… YOSHIYU機さん

4分間のマリーゴール… MAGI☆さん

頭の中はいつも他人… ろんろん14151さん

制作中です シュージローさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.