10919349 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2019年03月02日
XML
カテゴリ:映画感想


「グリーンブック」を鑑賞してきましたきらきら

1960年代を舞台に、差別が残る南部での演奏ツアーに向かった天才黒人ジャズピアニストと、彼に運転手兼用心棒として雇われたガサツなイタリア系アメリカ人の凸凹コンビが、旅を通して深い友情で結ばれていく感動の実話を映画化。
主演はヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリ。
監督は本作が単独監督デビューとなる「メリーに首ったけ」「愛しのローズマリー」のピーター・ファレリー。


ストーリーは…

1962年、アメリカ。ニューヨークの一流ナイトクラブで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無教養だが家族思いのイタリア系男。
店の改修で仕事がなくなり、バイトを探していた彼のもとに運転手の仕事が舞い込む。
雇い主はカーネギーホールに住む天才黒人ピアニスト、ドクター・シャーリー。
黒人差別が色濃く残る南部での演奏ツアーを計画していて、腕っぷしの強い運転手兼ボディガードを求めていた。
こうして2人は、黒人が利用できる施設を記した旅行ガイドブック“グリーンブック”を手に、どんな厄介事が待ち受けているか分からない南部へ向けて旅立つのだったが…。


分け隔てなく・・・


あぁ…
これはやっぱりアカデミー作品賞を獲っただけはあるウィンクウィンクウィンク
「ボヘミアン・ラプソディ」よりもアカデミー会員が好きそうな作品ですもんね。

どことなく「最強のふたり」に似ているんだけでも、
全く違うような作品でもありますオーケー
上手く言葉で説明するのが難しい。




主人公のトニーを演じたヴィゴはかなり増量したようで、
アラゴルンを演じた時とはまるで別人のようでしたびっくり

シャーリーを演じたマハーシャラ・アリは見事グッド
苦悩を吐露するシーンが印象的。




映画は1962年のニューヨークでナイトクラブで用心棒を務めるトニーが客同士のいざこざを収めたり、客から金を上手くせしめたりするシーンから始まり…上矢印

そのナイトクラブが改装のためしばらく休業することになったため、
トニーにドクター・シャーリーという人物の運転手をしないかとの依頼が入る。

早速、指定された住所のカーネギーホールへ向かうと、シャーリーは上の階に住んでいると知らされるトニー。
シャーリーは医者ではなく、ピアニストだった。
黒人差別の残る南部へコンサートツアーに行くため、その運転手を用心棒としても腕の良いトニーに頼もうとしていた。

最初は断られたと思っていたトニーだったが、シャーリー本人から電話が入り、運転手として同行することに車


トニーはシャーリーを迎えに行き、演奏仲間の2人とともに南部へと出発するのだった…。



ストーリーで描かれるのは色濃く残っていた黒人差別…
ツアーの道中でいろいろなエピソードが入って来るんだけど、
そのどれもが考えさせられます
ぐー

指定されたピアノを用意してくれなかったり、
トイレは外のを使うように言われたり…

もちろんホテルは黒人専用…
バーに出てみれば白人からフルボッコの始末失敗

いざこざはトニーが解決してくれて、
徐々にシャーリーとの間に出来ていた溝が埋まっていくんですよね上向き矢印
過程が丁寧に描かれていたと思います。



個人的にはケンタッキーフライドチキンのエピソードが好きだなスマイル
最初は食べるのを嫌がっていたシャーリーがいざ口にしてみると、美味しさに気付く感じで…ひらめき

KFCはなぜコラボしなかったの
?


さらに、トニーが妻のドロレスに宛てた手紙をシャーリーが考えてくれるエピソードがあるのだが、
これが最後の伏線になっていて、もう見事としか言いようがない
スピーカ


翡翠石のことも良い伏線になっていたなぁ…。


あとは、トニーが警官を殴って拘束された時、シャーリーが司法長官に連絡して釈放されるシーンは痛快のひと言ちょき


そうそう、今作ではシャーリーがゲイであると描かれているシーンがあるが、
一応、実際の彼は生涯カミングアウトをしなかったみたいです。




トニーとシャーリーがツアー最後の会場へ到着したが、
黒人はレストランが使用出来ないルールになっており、
支配人から例外は認められないと言われ、2人は会場を出て行く右矢印

その後、黒人たちが集まるバーへ行き、シャーリーがピアノを披露スピーカ
大盛り上がり上向き矢印

トニー、やっぱり拳銃を持ってたんかいあっかんべーあっかんべーあっかんべー



トニーはクリスマスに戻るという妻との約束のため、
大雪が降る中、ニューヨークへ車
途中、シャーリーが運転を交代してくれ、どうにか到着。

家族に挨拶を…と言うトニーだったが、シャーリーは去って行く。



トニーは家族と集まった親族とクリスマスパーティーをきらきら
そんな中、シャーリーがやって来て、一緒に祝うことに。

ドロレスが手紙のお礼をシャーリーに告げて、終了。。



全体を通して、2人が成長し、お互いの理解を深めていくロードムービーとして、本当に素晴らしい作品に仕上がっていたと思いますグッド
印象に残る台詞がかなりありますね!!


観終わって、良い映画を観た感が半端ない!!
心地良い余韻が残ります。


TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/6070-f9704dc8






最終更新日  2019年03月02日 14時02分16秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「1917 命をかけた伝令」
・「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」
・「ヲタクに恋は難しい」
・「犬鳴村」
・「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」
・「バッドボーイズ フォー・ライフ」
・「AI崩壊」
・「キャッツ」
・「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」
・「記憶屋 あなたを忘れない」
・「リチャード・ジュエル」
・「カイジ ファイナルゲーム」
・「パラサイト 半地下の家族」
・「フォードvsフェラーリ」
・「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」
・「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」


●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

雪やこんこん♪で暴れ… New! あくびネコさん

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

もういちど家族に>… New! ひじゅにさん

4番は育てられない YOSHIYU機さん

【スカーレット】第19週ネタハ… ショコラ425さん

自家製マスクとか菌… ろんろん14151さん

制作中です シュージローさん

ねずみ年スタート mkd5569さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.