10225140 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2019年04月19日
XML
カテゴリ:映画感想


「シャザム!」を鑑賞してきましたきらきら

DCコミックスの異色スーパーヒーローを映画化した痛快アクション・コメディ。
ひょんなことからスーパーパワーを手に入れ、ヒーローマニアの友人とその力で悪ふざけを繰り返していた少年が、真の敵を前にスーパーヒーローとして目覚めていく姿をコミカルなタッチで描き出す。
主演はザッカリー・リーヴァイ、共演にアッシャー・エンジェル、ジャック・ディラン・グレイザー、マーク・ストロング。
監督は「ライト/オフ」「アナベル 死霊人形の誕生」のデヴィッド・F・サンドバーグ。


ストーリーは…

身寄りのない孤独な里子の少年ビリー・バットソン。
ある日突然、謎の魔術師に“選ばれし者”と認められ、スーパーパワーを授けられる。
魔術師に言われたとおり“シャザム”と唱えると、本当に筋肉ムキムキのスーパーヒーローに変身してしまうのだった。
さっそく同じ里子でヒーローオタクのフレディといろいろな能力を試し始めるビリー。
しかし見た目は大人のヒーローでも、中身は思春期真っ只中の少年のまま。
フレディと一緒に悪ノリ全開で、せっかくのスーパーパワーを無意味なことにばかり使ってはしゃいでいた。
そころがそこへ、彼のスーパーパワーを狙う謎の科学者Dr.シヴァナが現われ、フレディがさらわれてしまう。
大切な仲間と街を守るため、ヒーローとしてDr.シヴァナに立ち向かっていくビリーだったが…。


6人で、ひとり――!


ここんところDCコミックス実写化映画の快進撃が続いているけど…
今作もその一端を担っていました~スマイルスマイルスマイル
めちゃくちゃ楽しかった!!

笑いと感動の匙加減が絶妙ちょき


シャザムを演じたザッカリー・リーヴァイはハマり役だったし、
ビリーを演じたアッシャー・エンジェルも良かったと思う。
でも、一番の見せ場は終盤に待っているので、そうくるかー!!となるはずウィンク
子役が大人にチェンジ
きらきら



映画は、1974年、サデウスが兄のシドと父の運転する車に乗り、祖父の家へと向かっているシーンから始まり…上矢印

占い玉に夢中なサデウスに苛立つ父と兄。
そんな中、サデウスだけが永遠の岩と呼ばれる場所へと運ばれる車

そこにいたのは魔術師シャザム。
魔術師評議会の最後の生き残りで、自分の力を心の清い者に引き継がせようとしていた。
だが、サデウスは七つの大罪の誘惑に負けてしまい、シャザムは追い出すぱー


現実に戻ったサデウスは再びあの場所へ行きたいと喚き始め、車は事故に炎



現在…
14歳のビリーは幼い頃に別れた母の捜索をするため、里親からの家出を繰り返していた。
警察に補導され、里親のローザとビクターのもとに預けられる。
2人は里親ホームをしており、既に5人の里子と暮らしていた家


ビリーは足の悪いフレディと言葉を交わす。
フレディはヒーローオタクで、バットマンとスーパーマンの話をしたりとウィンク



成長したサデウスはDr.シヴァナと名乗り、永遠の岩への行き方を調べ、ついに辿り着くことに成功。
七つの大罪の誘惑を受け入れ、シャザムを倒し、出て行くスニーカー



学校帰り、フレディがブレットとバークにイジメられているのを助けるビリー。
今度はビリーが追いかけられ、地下鉄の列車に逃げ込むマラソン

列車が永遠の岩へと辿り着き、ビリーは嫌々ながらもシャザムから力を受け継ぐ羽目にうっしっし


「シャザム」と叫べば、大人の身体のヒーローになれるビリーはまずはフレディに相談。
里子のダーラにはバレるが、黙っていてもらうことに。



シャザムとビリーは、ヒーローの能力を実験を重ねて調査虫眼鏡



一方、シヴァナは父と兄を殺害するも、シャザムの真の能力が開花されれば、負けると七つの大罪に言われ、能力を受け継いだ者の捜索へ。



フレディはシャザムの動画をネットにアップロードしていくパソコン
ブレットとバークにヒーローと友達だと言い、昼休みにシャザムとなって来てくれるようにビリーに頼む。

しかし、ビリーはフレディと喧嘩をしていて、約束を守らず。



笑い者になったフレディは、シャザムのもとへ。
シャザムは能力に浮かれきっていて、危うくバスの大事故を引き起こしそうに。

事故を防いだところに、シヴァナが現れ、能力を渡すように迫るのだった…。



前半は、子供が急にヒーローになったら、とりあえずはしゃいじゃうよね?的な感じで、笑いがふんだんにあっかんべー
なかなか能力が使いこなせないのは、ヒーローあるあるだと思います。
最初は空を飛べないしね
下向き矢印


シヴァナが現れてから、シリアスな展開へとなり、迫力あるアクションシーンが多くなりますちょき
やはりヒーロー映画とはこうあるべきだ!というようなウィンク

でもって、前述した通り、“最高”のシーンが訪れますよ~
スマイル



Dr.シヴァナと交戦するシャザムだったが、すぐに押され始め、モールの中でビリーの姿に戻り、逃走マラソン

そこにフレディがやって来てしまい、シヴァナに捕まってしまう。



ビリーが自宅に戻ると、里子のユージーンが母親のことを調べていて、すぐに会いに行く。
しかし、母親は既に別の家庭を持っており、歓迎されず。



シヴァナに捕まったフレディが家へと戻り、他の里子たちも人質に。
連絡を受けたビリーはシャザムとなり、すぐに向かう右矢印

シヴァナは永遠の岩で魔術師の杖を使い、能力を渡すように迫る。
フレディたちも駆けつけ、隙を突いて逃げ、人混みのカーニバルへ。マラソン


しかし、里子たちが捕まり、シャザムは杖に触れて…
シヴァナに七つの大罪が戻ったところで、ぶっ飛ばし…
里子たちにも杖を触れさせ、能力を分け与えるきらきら

5人の里子たちもヒーローにパンチ


ひとりでは敵わなかったが、6人なら戦えるぐー
シャザムはシヴァナの右目から七つの大罪を引き抜き、倒すグッド

夜のビル群をバックに駆け回るアクションシーンが素晴らしい!



七つの大罪は永遠の岩へと戻し、その場所をヒーローの隠れ場所とすることにするビリーたち。
自宅へと戻り、“家族”で食事をする食事



フレディが学校でひとりで昼食をとっていると、里子たちも集まって来て…
最後にシャザムが友達としてスーパーマンを連れてきて、終了。。


スーパーマンはヘンリー・カヴィルではなかったと思う。
エンドクレジットに名前が無かったし、顔も映さなかったしねうっしっし
でも、ジャスティス・リーグへと繋げたわけですな
オーケー



エンドロール中に決して席を立たないように!

独房へと入れられたシヴァナは魔術を得ることだけを考えていた。
そこに緑色で喋る虫が語りかけてくる…魔術を手に入れる方法は一つではないと。
手を組めば、七つの王国を手にすることが出来ると告げる。

どうやら、Mr.マインドというヴィランらしい。
永遠の岩にあった瓶の中にいた虫みたいです。
途中でいなくなったので、シャザムがいなくなったから、解き放たれてしまった!?



エンドロール後の映像では、フレディに言われ、シャザムが魚と話せるかの実験を。
フレディはアクアマンが好きだったのね
目がハート



全体を通して、ユーモアいっぱいのスーパーヒーロー映画だったと思いますスマイル

既に続編製作も決定しているようなので、楽しみです
ちょき


次のDCエクステンデッド・ユニバースの作品は、来年公開の「Birds of Prey」かぁ…。


TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/6110-f9ce2aa7






最終更新日  2019年04月20日 05時58分40秒
コメント(6) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:劇場鑑賞「シャザム!」(04/19)   yukarin さん
ちょっと年齢層低めな感じもしましたが楽しめました。
フレディがいい味を出してました。
最後のはまさかの里子ちゃんたちも変身で驚きました。
スーパーマン....顔が出なかったので誰なんだろうかと。
続編あるんですね~楽しみ♪ (2019年04月24日 11時27分10秒)

 Re[1]:劇場鑑賞「シャザム!」(04/19)   BROOK さん
>yukarinさん
ヒーローでも中身は子供なので、笑いの多いアメコミ作品となっていましたね♪
終盤の里子全員ヒーロー化はかなり驚きつつも、最高のシーンでした。 (2019年04月24日 14時38分33秒)

 Re:劇場鑑賞「シャザム!」(04/19)   にゃむばなな さん
最近DCヒーローはノリの良さが目立ちますよね。
これならもうバットマンはパトロンでいいじゃないですか。
戦闘に関してはアクアマンやワンダーウーマン、シャザムたちに任しておけばいいのですから。
そう思っちゃうほど、これからのジャスティス・リーグを変えていく存在になりそうですね。 (2019年04月24日 23時39分46秒)

 Re[1]:劇場鑑賞「シャザム!」(04/19)   BROOK さん
>にゃむばななさん
ワンダーウーマン、アクアマン、そしてシャザムと、
作品ごとに軽いノリが増えてきましたよね♪
シリアスだったDCに新たな風が吹き始めているような気がします。 (2019年04月25日 05時45分15秒)

 Re:劇場鑑賞「シャザム!」(04/19)   kisa さん
これは楽しい映画でした。
前半は割とコメディ色が強いのですが、後半、マーク・ストロングの悪役が登場するとシリアスな展開になります。
マーク・ストロングはファンなので悪役を楽しそうに演じるのを見ているだけで満足。
ヒーロー映画はやはり悪役が魅力的でないと。
一番盛り上がるのは最後の展開。そう来たか。
ラストのサゲも楽しい。 (2019年05月02日 21時42分53秒)

 Re[1]:劇場鑑賞「シャザム!」(04/19)   BROOK さん
>kisaさん
シリアス路線だったDCが今作でさらにコメディ色が強くなっていましたよね♪
見た目は大人で中身は子供…そのギャップが非常に面白く、さらにはアクションもふんだんで最後まで楽しめました。

そして、注目は終盤ですよね。
思わずニヤリ…と。

早く続編が観たいです。 (2019年05月03日 05時37分00秒)

サイド自由欄

映画レビュー
・「Diner ダイナー」
・「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」
・「ザ・ファブル」
・「X-MEN ダーク・フェニックス」
・「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」
・「メン・イン・ブラック インターナショナル」
・「海獣の子供」
・「アラジン」
・「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
・「貞子」
・「空母いぶき」
・「居眠り磐音」
・「オーヴァーロード」
・「名探偵ピカチュウ」
・「ザ・フォーリナー 復讐者」
・「バースデー・ワンダーランド」
・「キングダム」
・「ハロウィン」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「Diner ダイナー」(07/05) >みぃみさん たしかに川栄さんは演技が上…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「Diner ダイナー」(07/05) こんにちは♪。 川栄ちゃん、良いですよね…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「Diner ダイナー」(07/05) >yukarinさん 蜷川監督は独特なセンスと…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」(06/28) 面白かったですね。 最初からミステリオは…

お気に入りブログ

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

京都アニメーション New! みやさとver.さん

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

お姉ちゃんと、ネコ… New! あくびネコさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

偽装不倫 第2話 MAGI☆さん

「ちはやふる」42巻… らいち♪♪さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

チャリウッド YOSHIYU機さん

2019 株主総会 任天… mkd5569さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.