10304686 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2019年05月17日
XML
カテゴリ:映画感想


「居眠り磐音」を鑑賞してきましたきらきら

佐伯泰英の人気時代小説シリーズを松坂桃李主演で映画化。
藩の抗争に巻き込まれ、全てを失い、江戸の長屋で浪人として生きる心優しき剣士が、江戸下町の人々と心を通わせていく人情模様と、大切な人を守るために再び剣を手に立ち上がる姿を描く。
共演は木村文乃、芳根京子、谷原章介、中村梅雀、柄本明。
監督は「超高速!参勤交代」「空飛ぶタイヤ」の本木克英。


ストーリーは…

故郷・豊後関前藩で将来を嘱望される藩士だった坂崎磐音は、ある悲劇的事件によって2人の幼なじみを失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒とも別れざるをえなくなる。
脱藩し、心に深い傷を抱えたまま、江戸で長屋暮らしを始めた磐音。
長屋の大家・金兵衛の紹介で、両替屋・今津屋の用心棒として働くことに。
その穏やかで誠実な人柄と、確かな剣の腕前で、次第に長屋の人々から信頼され、いつしか金兵衛の娘おこんからも好意を持たれるようになる。
そんな中、田沼意次が発行した新貨幣を巡る陰謀に巻き込まれてしまう磐音だったが…。


選んだのは、生きる道――!


どうしてもNHKドラマ版を比べてしまうが…
映画は映画で良かったと思いますグッドグッドグッド
決して焼き直しという感じではなく新たな磐音を構築した感じ!!

ただ、居眠り剣法という割りには、そういった殺陣が少なかったような気が…しょんぼり
この辺りはNHKドラマ版の方がタイトルに合っていました。




新たな坂崎磐音を演じた松坂さんですが、背が高いので殺陣シーンに迫力がありましたグッド

そうそう、ピエール瀧さんに代わり、宍戸を演じた奥田瑛二さんが映画パンフレットで一切触れられていなかったのはちょっと残念…間に合わなかったのかなぁ…。




映画は、明和9年、江戸の佐々木道場で磐音が琴平や槙之輔と剣術を学んでいるシーンから始まり…上矢印

3人は3年の江戸詰めがようやく終わり、故郷の関前藩へ帰ることに右矢印
槙之輔は琴平の妹の舞と夫婦になっており、さらに磐音もまた琴平のもう一人の妹、奈緒との祝言を控えていた。


槙之輔が家へと戻る途中、叔父の蔵持から舞が不貞を犯しているとの話を聞く。
にわかに信じ難い槙之輔だったが、舞に送った簪を見せられ、真偽を確かめに家へと急ぐマラソン

蔵持の言っていた通りに、舞は相手から貰ったべっ甲の簪をしており、
槙之輔は怒り、舞を斬り殺してしまう。


知らせを受けた琴平は舞の遺体を引き取りに向かい、槙之輔から話を。
女中が、舞が無くなった簪を探していたと聞かされた槙之輔は動揺ほえー

琴平は蔵持を斬り、さらに槙之輔をも斬ってしまう下向き矢印



不貞の相手として噂された男を琴平が斬り殺したとの知らせを聞いた磐音は、すぐに向かうことに右矢印
琴平から勝負を挑まれた磐音は、自身も深手を負いながらも、止む無く斬り伏せる。



半年後…
関前藩を脱藩した磐音は江戸の深川の鰻捌きの仕事で生計を立てていた。

そんな中、両替商の今津屋が用心棒を雇いたいと聞いた長屋の大家である金兵衛は…
事情も知らないままの磐音を連れて今津屋へ右矢印


今津屋では既に複数の用心棒を雇っていた。
そこに、毘沙門の統五郎らが難癖をつけに現れる!!

用心棒が呆気なく倒され、磐音が相手をすることにし、見事に退けることに成功パンチ
磐音は正式に今津屋の用心棒として働くことになるのだった…。



ストーリーは丁寧に描いている印象グッド
前半の関前藩での一件もきっちり時間をかけて描いていました。
後半の新貨幣をめぐる陰謀はちょっと急ぎ足だったものの、誰でも解るように物語を進めていましたよ
オーケー

しかし、今津屋と彼を手助けしてくる登場人物の関係がかなり希薄でした。
2時間で収めるようだから仕方ないのかもしれません…。


そして、途中途中で入る殺陣アクション!!
いやぁ…見応えありました!!
強いものの、傷を負ったりするので磐音が無双ではないのも良いですね。




新貨幣をめぐる陰謀は、書くことが多いので説明を省きますはさみ
とりあえず、田沼意次の改革を進める今津屋とそれに反対する阿波屋の対立という構図炎
阿波屋が雇った刺客が今津屋を狙い、それに磐音が立ち向かっていきますパンチ

磐音の知略が一枚上手だったということで…
ちょき



最後は、阿波屋の雇った刺客の天童と一騎打ち!!

浪岡さんはすっかり悪役俳優になりましたな
ウィンク



磐音は佐々木道場に再び顔を出し…
佐々木から、吉原から届いたという文を受け取るノート

それはお家断絶から遊女として生きる道を選んだ奈緒からのもので…
磐音は急ぎ吉原へ向かうマラソン

奈緒は白鶴太夫として練り歩き、磐音と目が合うものの、そのまま歩いて行く右矢印



日常が戻った磐音のところに今津屋から再び依頼が舞い込む。
おこんとともに向かうことにし、終了。。



全体を通して、普段、時代劇を見ない方でも楽しめる作品になっていたと思いますきらきら
さすが売れている時代劇小説を映画化しただけはありますね
うっしっし


関前藩の一件には、たしか裏があったはずなので、
そこまできちんと映像化して欲しいところ。
同じキャストで是非とも続編を作って欲しい
!!


TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/6124-b18c3dd5






最終更新日  2019年05月17日 15時50分56秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

映画レビュー
・「イソップの思うツボ」
・「ダンス ウィズ ミー」
・「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE」
・「ライオン・キング」
・「ワイルド・スピード スーパーコンボ」
・「アルキメデスの大戦」
・「チャイルド・プレイ」
・「東京喰種 トーキョーグール 【S】」
・「天気の子」
・「Diner ダイナー」
・「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」
・「ザ・ファブル」
・「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」
・「メン・イン・ブラック インターナショナル」
・「海獣の子供」
・「アラジン」
・「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ダンス ウィズ ミー」(08/16) >kisaさん 海外のミュージカル映画とはち…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「ダンス ウィズ ミー」(08/16) これは楽しい映画でしたね。 矢口監督の前…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「アルキメデスの大戦」(07/26) >yukarinさん VFXはさすが山崎監督作品だ…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ワイルド・スピード スーパーコンボ」(08/02) >yukarinさん アメリカでもヒットとなっ…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「アルキメデスの大戦」(07/26) VFX映像はなかなかの出来でしたねー やれ…

お気に入りブログ

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

あなたの番です-反撃… New! MAGI☆さん

今朝の特撮感想 New! あくびネコさん

黒執事 GF9月号・… らいち♪♪さん

おめでとう>『なつ… ひじゅにさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

針治療で息を吹き返す ジェニファー234さん

a-nationとTIFの間 YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.