10163854 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2019年05月24日
XML
カテゴリ:映画感想


「空母いぶき」を鑑賞してきましたきらきら

かわぐちかいじの大ヒット・コミックスを西島秀俊、、佐々木蔵之介をはじめとする豪華キャストの共演で実写映画化したポリティカル・サスペンス大作。
近未来の日本を舞台に、国籍不明の武装集団によって日本の離島を占拠されるという事態が発生する中、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦“いぶき”の乗組員たちを中心に、政府やメディア関係者を含む全国民が、それぞれの立場で未曾有の危機に立ち向かっていく姿を壮大なスケールで描き出す。
監督は若松節朗。


ストーリーは…

20XX年、12月23日未明。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、日本の領土が他国に占領される事態に。
海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じる。
その旗艦は、自衛隊初の空母という存在から、“専守防衛”を巡って国論を二分する議論の的となっていた“いぶき”だった。
航空自衛隊出身の艦長・秋津竜太一佐と、海上自衛隊生え抜きの副艦長・新波歳也二佐は、やがて想定を超えた戦闘状態に直面し、国の命運がかかったぎりぎりの判断を迫られていくのだったが…。


戦闘と、戦争――!


いろいろと騒がれている作品ですが…
なかなか面白かった~スマイルスマイルスマイル
やはり、この手の作品はこうでなくては!というのをたくさん盛り込んでいる!!


ただ、原作では敵国が中国だったようで…
今作の敵は架空の東亜連邦…やはり中国に配慮しての設定なのでしょうねわからん
これは仕方ないのかなぁ…とも。

あと、佐藤浩市さん演じる垂水総理大臣が安倍首相を揶揄しているなんて炎上していましたが、
全くそういったシーンは無く、佐藤さんのインタビューが切り取られてひとり歩きしちゃった感じですね
歩く人


キャスト陣はみなさん熱演していましたオーケー
秋津を演じた西島さんは本当の考えを顔に出さないキャラを、
新波演じる佐々木さんは冷静に判断するキャラを見事に演じ切っていたと思います。




映画は、巡視船くろしおが東亜連邦の小型船に銃撃されるシーンから始まり…上矢印

東亜連邦は初島に上陸し、自国の旗を掲げる上向き矢印


一方、知らせを受けた官邸は、くろしおとの連絡が取れず、捕虜になったのだと考え、
空母いぶきを旗艦とする第5護衛隊群を向かわせることに右矢印


いぶきのCICでは激しいやり取りがおこなわれていた。
新波は正当防衛以外攻撃は出来ないと進言スピーカ

ミサイル被弾時の負傷により、涌井群司令が倒れ、秋津が指揮権を引き継ぐことに右矢印


初島へと向かった航空自衛隊の偵察機が東亜連保の戦闘機のミサイルによって爆散…
仕方なく垂水は防衛出動を命じる!!


敵空母から発艦した攻撃機のミサイルがいぶきに向かって飛んできて、どうにか全てを迎撃したものの、
低空飛行で飛んできた攻撃機に秋津は撃墜を命令。

見事に撃墜右矢印
秋津はこの感覚を覚えておくように告げる。


敵潜水艦から複数の魚雷が発射され…
潜水艦はやしおはそれ以上撃たせないため、体当たりを試みるぐー

魚雷の一発が迎撃から漏れ、いぶきに向かってくるが…
護衛艦はつゆきが盾となり、いぶきを護るのだった…。


冒頭から非常に緊迫した展開でハラハラドキドキどきどきハート
実際にこのような有事が起きたら、こういう風になるのかなぁ…なんて考えながら観てました。


しかし、VFXの部分ではちょっとちゃちく感じたり…(苦笑)
艦隊のCGはまずまず良かったのだが、戦闘機のシーンはパイロットの目だけなので…
操縦桿やコックピット内もきちんと映して欲しかったな目

そう考えると、まだまだハリウッドレベルには達していないかなぁ…
ま、お金のかけ方が違うので、仕方ないことだけど…。



そういえば、いぶきにミサイルが被弾した映像って、誰が撮っていたの?漁船??
その映像がネットニュース社に届いたので、日本中が騒ぎ出したんだけどね。



あと、いぶきに乗った記者2人とコンビニのエピソードはそんなに必要無かったような気もする失敗



東亜連邦の駆逐艦2艦はいそかぜの主砲によって無力化することに成功ちょき

浮船艦長が面白いキャラだった~スマイル



敵空母から攻撃機10機が迫り、4機を敵対するも、
残り6機のミサイルが柿沼の戦闘機に集中!!

海面ギリギリまで引き付け、柿沼はギリギリで脱出上向き矢印



柿沼が救出され、さらに敵兵も救助される。
しかし、敵兵が拳銃を奪い、揉み合ううちに柿沼が撃たれて死亡下向き矢印



敵との激しい戦闘の中、迫水が敵空母を無力化するように秋津から命令を受ける。

そんな中、複数の潜水艦が確認され、魚雷が発射され…右矢印
途中、半分ずつに分かれ、東亜連邦側といぶき側の目の前で自爆炎

潜水艦は国連軍だった上矢印


これ以上の戦いは無益となり、東亜連邦は退いていく右矢印



いぶきは解放された巡視船くろしおの乗組員の救助に向かうことに。
新波にご飯を準備するように指示を。

そして、秋津は海と船の話を聞きたいので、乗組員たちと一緒に食事をすると秋津に告げ、終了。。



全体を通して、いろいろと気にある点はあるが、最後まで面白いことはたしかちょき

でも、防衛省の協力が無かったのが残念…。
協力があったら、もっと良い作品になったはず。



TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/6125-7cd7f10c






最終更新日  2019年05月24日 15時29分08秒
コメント(4) | コメントを書く

サイド自由欄

映画レビュー
・「ザ・ファブル」
・「X-MEN ダーク・フェニックス」
・「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」
・「メン・イン・ブラック インターナショナル」
・「海獣の子供」
・「アラジン」
・「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
・「貞子」
・「空母いぶき」
・「居眠り磐音」
・「ラ・ヨローナ 泣く女」
・「オーヴァーロード」
・「名探偵ピカチュウ」
・「ザ・フォーリナー 復讐者」
・「バースデー・ワンダーランド」
・「アベンジャーズ エンドゲーム」
・「キングダム」
・「ハロウィン」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「メン・イン・ブラック インターナショナル」(06/14) >みぃみさん ポーニィは欲しくなりますよ…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ザ・ファブル」(06/22) >みぃみさん 邦画アクションとしては良く…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ザ・ファブル」(06/22) >yukarinさん 原作を少し読んだ程度です…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「X-MEN ダーク・フェニックス」(06/21) >yukarinさん アメリカで酷評されていた…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「メン・イン・ブラック インターナショナル」(06/14) 記憶消されて…倒してない←ん?な状態のわ…

お気に入りブログ

捨てる>『なつぞら… New! ひじゅにさん

夏コミ原稿、発送し… New! あくびネコさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

2019 株主総会 バン… New! mkd5569さん

アイドルと温泉、お… YOSHIYU機さん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

銀魂 最終訓読みました みやさとver.さん

ラジエーションハウ… MAGI☆さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.