10233244 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2019年06月14日
XML
カテゴリ:映画感想


「メン・イン・ブラック インターナショナル」を鑑賞してきましたきらきら

ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが地球に生息するエイリアンの監視と取締りに当たる最高機密機関“メン・イン・ブラック(MIB)”の敏腕エージェントを演じて大ヒットしたSFアクション・シリーズのスピンオフとして、MIBのロンドン支部を舞台に贈るシリーズ第4弾。
主演は新たに「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワースと「クリード チャンプを継ぐ男」のテッサ・トンプソン。共演にリーアム・ニーソンと前作「メン・イン・ブラック3」に続いての登場となるエマ・トンプソン。
監督は「ワイルド・スピード ICE BREAK」のF・ゲイリー・グレイ。


ストーリーは…

ニューヨークに本部を置く最高機密機関“メン・イン・ブラック(MIB)”の女性エリート新人、エージェントMは、ニューヨーク本部を率いるエージェントOに命じられ、危機に直面していたロンドン支部に派遣される。
彼女はそこで、イケメンでチャラ男ながら、ロンドン支部でエースを張るエージェントHとコンビを組むことに。
そんな2人はやがて、MIB内部に潜伏するスパイの陰謀に巻き込まれ、次第に追い詰められていくのだったが…。


ちょっくら世界を、救おうぜ――!


スピンオフという位置付けでちょっと心配でしたが…
シリーズの”ノリ”は健在でした~スマイルスマイルスマイル
トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスのコンビには敵わないけれど、
クリスとテッサの掛け合いも良かったと思います
オーケー



エージェントHを演じるクリス・ヘムズワースとエージェントMを演じるテッサ・トンプソンの再共演は見事なまでに化学反応を起こしていましたちょき
2人のセリフの応酬が面白かった!!

ハイTを演じたリーアム・ニーソンは、やっぱりなぁ…な終盤となっています(ネタバレ)

リザを演じたレベッカ・ファーガソンはエンドロールまで全く気付かなかった…。

個人的にはポーニーが一押し
グッド



映画は2016年のパリで、ハイTとエージェントHがエッフェル塔のゲートを使って侵入してきたハイヴを迎え撃つシーンから始まり…上矢印

勝敗は…!?
って、いきなりここから伏線を張っていたとはねうっしっし



20年前…
自宅に侵入してきた子供のあエイリアン、タランシアンを匿うモリー。
両親はMIBに記憶を消され、彼女はタランシアンを窓から逃がしてあげる右矢印

これも伏線ウィンク


それ以来、エイリアンの調査に取りつかれたモリーはある日、謎の飛行物体が地球に接近していることを知り、仕事を切り上げて、すぐに現場へと向かうマラソン

巧妙に隠されていた現場で、エイリアンを目撃したモリーは、黒スーツを着た男たちを追いかけ、黒スーツに身を包み、建物の中へ下矢印

あっさりと見つかったモリーは捕まってしまい、エージェントOと対面。
自分をスカウトして欲しいと訴えるモリーの熱意に負け、Oは彼女の成績を見て、エージェントとして合格させることにグッド


トレーニング期間を経て、モリーはエージェントMとなり、初任務としてロンドンへ右矢印
ロンドン支部の一流エージェントであるエージェントHと強引に組み、ジャバビア星の王族のヴァンガスの護衛につく。


クラブでヴァンガスに接触するHとO。
だが、クラブ内に惑星ドラコからやって来た殺し屋2人組が隙を突いてヴァンガスに毒を注射右矢印

気付かないHとOはヴァンガスの気分が悪くなったと思い、迎えの車に乗せてあげるが…
目の前でその車が爆発を受け、吹っ飛ばされてしまう炎


ツインズがさらにヴァンガスに追い打ちをかけようとしたので、HとMは応戦パンチ
Mはヴァンガスのところへ辿り着き、彼から紫色の宝石のような物を渡されるプレゼント

ヴァンガスは死亡し、どうにかツインズを退けることに成功したHとM。



ハイTからこの失態を咎められる2人。
Mは咄嗟にロンドン支部内にスパイがいる可能性を指摘し、Hとともに毒の入手先へと向かうのだった…。



「MIB」シリーズといったらいろいろなガジェットで楽しませてくれますよねちょき
今作も出るわ出るわ…車のミラーやらマフラーからわんさか武器が出てくるのは観ていて楽しいスマイル

車自体も飛行モードになったりとね…しかも、その車はレクサス!!

もちろんお馴染みの記憶消去のニューラライザーも登場するのでご安心を
あっかんべー



ただ、若干、ストーリーがゴチャゴチャっとしていたかなぁ…。
もっとシンプルにした方が楽しめたような気もするが、伏線の張り方と回収は上手かったです
オーケー



毒の入手先で、ツインズに女王を殺されて、ひとり残っていたポーニーを仲間にするM。

エージェントCが謎の宝石をハイTに報告したことで、エージェントに追われるHとMだったが…
ハイTは隠れて2人に逃げるように指示を出し、HとMはどうにか逃げ切る上向き矢印


謎の宝石は強力な兵器であることが判明びっくり
しかし、水筒に隠れていたエイリアンによって兵器が奪われてしまう。

兵器は銀河の武器商人であり、Hのかつての恋人のリザのもとへ届けられていた。


H、M、ポーニーは協力し、リザのいる島へ上陸船

Hはあっさりと島を追い出されそうになるが、再度潜入し…
ポーニーがリザを引き付け、Mが兵器を盗み出そうとするが失敗。

リザに従っていたタランシアンはかつてMが助けた子供のエイリアンであることが判り、形勢逆転ぐー


兵器を持って、島を出ようとした時、ツインズに襲われるが…
ハイTによって救われるぐー



兵器はロンドン支部で厳重に保管されることになるが…
ハイTに疑惑を持ったHとMは保管庫から兵器が無くなっていることに気付き、彼が向かったエッフェル塔へ急ぐ車

そこで、H自身も記憶を消されていたことに気付き…
ハイTはハイヴに乗っ取られており、兵器と使ってまず始めに地球を滅ぼそうとしていたほえー

それを止めようとするHとM。
ポーニーの活躍もあり、Mは兵器でHとゲートを破壊右矢印



ニューヨーク本部のエージェントOが駆け付け、Hをロンドン支部長の見習いに任命。
Mは本部へと戻ることに。

MはHをロンドン支部へと送ることにして、終了。。



ちょっと気になったことが…
Mがあの兵器をヴァンガスから受け取った防犯カメラ映像を見たCは誰に電話をかけていたの?
本部のエージェントOで良いのかな??




全体を通して、シリーズを観ていなくても楽しめるように作ってあるのは評価出来ると思いますスマイル
アクションシーンも見応えがあり、VFXも良く描き込まれていました!



とりあえず、ヒット次第では続編もありそうですが…ウィンク


TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/6131-e98be373






最終更新日  2019年06月14日 14時58分44秒
コメント(6) | コメントを書く
[映画感想] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

映画レビュー
・「チャイルド・プレイ」
・「東京喰種 トーキョーグール 【S】」
・「天気の子」
・「Diner ダイナー」
・「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」
・「ザ・ファブル」
・「X-MEN ダーク・フェニックス」
・「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」
・「メン・イン・ブラック インターナショナル」
・「海獣の子供」
・「アラジン」
・「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
・「貞子」
・「空母いぶき」
・「居眠り磐音」
・「名探偵ピカチュウ」
・「ザ・フォーリナー 復讐者」
・「バースデー・ワンダーランド」
・「キングダム」



●ミラーブログ
[コチラ]



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。



twitter


<リンク>
象のロケット/映画DVD総合ナビゲーター

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「天気の子」(07/19) New! >kisaさん 新海監督作品らしい作画の素晴…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「天気の子」(07/19) New! 面白かったです。 絵は新海監督らしくとて…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「天気の子」(07/19) New! >りあん高知ファイティングドッグスさん …
 りあん高知ファイティングドッグス@ Re:劇場鑑賞「天気の子」(07/19) ソフトバンクの犬のお父さん見つけられな…
 りあん高知ファイティングドッグス@ Re:劇場鑑賞「天気の子」(07/19) あやねるも新海作品Z会のCM東京の大学を目…

お気に入りブログ

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

「犬夜叉」1~56巻(… New! らいち♪♪さん

愛という名の欲望>… New! ひじゅにさん

今朝の特撮感想 あくびネコさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

京都アニメーション みやさとver.さん

偽装不倫 第2話 MAGI☆さん

チャリウッド YOSHIYU機さん

2019 株主総会 任天… mkd5569さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.