11698131 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2019年09月13日
XML
カテゴリ:映画感想


「僕のワンダフル・ジャーニー」を鑑賞してきましたきらきら

愛する飼い主イーサンとの運命の再会を目指して生まれ変わりを繰り返す健気な犬ベイリーの一途な愛を犬目線で綴ったW・ブルース・キャメロン原作の大ヒット・ファミリー映画「僕のワンダフル・ライフ」の続編。
年老いたイーサンとの約束を守り、何度生まれ変わっても孫娘に寄り添い続け、家族の絆を取り戻すために奮闘するベイリーの長い旅路を描く。
出演は引き続きイーサン役にデニス・クエイド。
監督はTV「フレンズ」や「モダン・ファミリー」などを手がけてきたゲイル・マンキューソ。


ストーリーは…

3回も生まれ変わりようやくイーサンと再会した犬のベイリーは、田舎の農場でイーサンと彼の初恋の人ハンナとのんびり過ごしていた。
そこへ、ハンナの亡くなった息子の妻グロリアとその幼い娘CJが新たな家族に加わる。
しかし幸せな日々は長くは続かず、グロリアは突然CJを連れて家を出て行ってしまう。
そんな中、再び犬生が終わろうとしていたベイリーは、彼の生まれ変わりを知っているイーサンから、CJを守ってくれと重大な使命を託される。
イーサンとの約束を守ると決意したベイリーは、かわいいビーグルの子犬に生まれ変わると、少し成長したCJを見つけ出し、彼女から片時も離れることなく心の支えとなっていくのだったが…。


ずっと、一緒だよ。


続編も…
良い作品でした~スマイルスマイルスマイル
前作を観ていなくても問題無いように作ってあるのは評価出来ますね。
もちろん、観ておくのにこしたことはありませんが…。


やや気になったのは、中国資本が入ったことで、アジア系の俳優さんが登場したこと…
しかも、超セレブという設定なのも、物語にあまり合っていないような気がしました(汗)




キャスト陣では、デニス・クエイドしか知らず。
デニス演じるイーサンはちょこちょこっとの登場で、
メインはキャスリン・プレスコット演じるCJになっている
グッド



映画は、イーサンが操縦するトラクターの荷台にベイリーが乗っているシーンから始まり…上矢印


ハンナの息子のヘンリーは事故死してしまい、
妻であるグロリアと孫のCJと一緒に暮らしているイーサン。

グロリアはCJの面倒をあまり見ようとはせず、目を離しがち。
だが、イーサンとハンナが面倒を看るのを良く思わず。


ある日、イーサンとハンナがCJの面倒を看るとグロリアに告げると…
彼女は娘が奪われると思い込み、CJを連れて家を出て行ってしまう車



2人とベイリーだけの生活となるが…
ベイリーに腫瘍が見つかり、余命幾ばくもない状態だと判明。

イーサンが納屋でベイリーを看取りながら、CJを頼むと願う。



生まれ変わったベイリーはモリーと名付けられた犬となり…
トレント少年と一緒に子犬を貰いに来ていたCJに気付き、すぐに駆け寄る右矢印

CJは母に内緒でモリーを飼うことにくま

母のグロリアは相変わらずCJの面倒を看ずに、夜、家を空けることがしばしば。
モリーが見つかってしまうも、CJの機転で飼っても良いことにグッド



成長したCJにシェーンという恋人が出来る。
しかし、シェーンに連れられ、麻薬を売買するパーティーに参加したCJは踏み込んできた警察に捕まってしまう。

100時間の奉仕活動を命じられ、ガンの探知犬を訓練するセンターの糞片付けをする羽目にわからん
そんな中、モリーにも探知する能力があり、訓練を受ける。


いつも通りセンターにやって来るとシェーンが現れ、CJは襲われるも、モリーが噛みつき撃退。
そのことを母に話しても、全く取り合わずバツ

グロリアが父親の保険金の使い込みを告白し、怒りのCJは車に乗り、家を出て行くことにするが、後ろからシェーンの運転する車が!!
逃げている途中で、車が横転し、モリーは死んでしまう下向き矢印


次にベイリーはビッグ・ドッグに生まれ変わり、ジョーが経営する店にいた。
偶然にも、CJが通りかかり…彼女はニューヨークに行くとジョーに話す。

走り去るCJを追いかけるビッグ・ドッグだったが、追いつけず…
そして、月日が流れ、ビッグ・ドッグは今の犬生ではCJに会えないと考え、茂みの中へ右矢印


ベイリーはマックスに生まれ変わり、保護犬の譲渡会へと来ていた。
そこにまたしてもCJが通りかかるのだが…。


話の展開は前作と一緒で、ベイリーが何度も生まれ変わって、CJのもとへ行き、彼女を守ろうとするぐー
それが健気で感動したり、笑いがあったりと、いろいろなエピソードで楽しませてくれますよスマイル

CJの恋人がマックスの●を踏むシーンでは、思わず声を出している観客もいました(笑)
どんなシーンかは観てのお楽しみ
うっしっし

若干、エピソードが詰め込み過ぎ感もあるけれど、そんなに苦ではなくちょき


それにしても、グロリアの育児放棄っぷりにイライラでした。
普通だったら、CJは保護対象になるはずだけど…
グロリアは夫の保険金で金を持っているとでも言いふらしていたのだろうか?




マックスはCJに拾われ、トレントと再会させ、恋人と別れさせることに成功音符

トレントのゲストルームに住まわせてもらえるが…
マックスはトレントからガンの匂いを探知し、その仕草を見たCJは検査を勧める虫眼鏡

早期発見だったが、恋人はトレントから離れていき、CJが看病することに。


完治したトレントはお礼にと、CJとイーサンとハンナのいる農場へと連れて行く右矢印
久しぶりの再会に喜ぶイーサンとハンナ。

イーサンはマックスがすぐにベイリーだと気付き、CJに秘密を打ち明けるスピーカ
半信半疑だったが、今までのこと全ての辻褄が合うと確信したCJはトレントに愛の告白ハート(手書き)


2人は結ばれ、子供にも恵まれ…
グロリアとも和解。


マックスはイーサンの最期を看取ることが出来るきらきら

そして、時が経ち、マックスもまた息を引き取る…。



マックスからビッグ・ドッグ…モリーからベイリーへ。
ベイリーの姿となり、イーサンが待つ場所へ右矢印

イーサンはベイリーを待っていた。
麦畑の中をイーサンとベイリー走り、終了。。


ラストカットが素敵過ぎる~泣き笑い泣き笑い泣き笑い



全体を通して、ご都合主義な展開もあるが、純粋に人間と犬との絆の感動映画として、かなり良く出来ていたと思いますちょき


TBは下記URLをお使いください。
http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/6152-eeee59c1






最終更新日  2019年09月13日 15時43分40秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「サイレント・トーキョー」
・「ボルケーノ・パーク」
・「ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―」
・「羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来」
・「罪の声」
・「朝が来る」
・「薬の神じゃない!」
・「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」
・「浅田家!」
・「フェアウェル」
・「望み」
・「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

普通の子>『おちょ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

連続テレビ小説『お… New! レベル999さん

特に書くことが無い… あくびネコさん

上ぽんの後継者は、… 虎党団塊ジュニアさん

【エール】期間平均2… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

「BEASTARS」15,… らいち♪♪さん

「彼女、お借りしま… 竹の太郎さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.