10594529 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2019年10月05日
XML
カテゴリ:映画感想


「ジョーカー」を鑑賞してきましたきらきら

アメコミが原作の作品としては史上初となるヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞の快挙を果たした衝撃のサスペンス・ドラマ。
DCコミックスのバットマンに登場する最強最悪の悪役“ジョーカー”に焦点を当て、コメディアンを夢みる心優しい男アーサー・フレックが、いかにして社会から切り捨てられ、狂気の怪物へと変貌を遂げていったのか、その哀しくも恐ろしい心の軌跡を重厚な筆致で描き出す。
主演は本作の演技が各方面から絶賛されたホアキン・フェニックス。
共演にロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ。
監督は「ハングオーバー」シリーズのトッド・フィリップス。


ストーリーは…
大都会の片隅で、体の弱い母と2人でつつましく暮らしている心優しいアーサー・フレック。
コメディアンとしての成功を夢みながら、ピエロのメイクで大道芸人をして日銭を稼ぐ彼だったが、行政の支援を打ち切られたり、メンタルの病が原因でたびたびトラブルを招いてしまうなど、どん底の生活から抜け出せずに辛い日々を送っていた。
そんな中、同じアパートに住むシングルマザーのソフィーに心惹かれていくアーサーだったが…。


笑えるか、笑えないか――!


他のDCコミックス実写化作品とは…
一線を画すような感じでした~うっしっしうっしっしうっしっし
たしかに”傑作”の部類に入るのかもしれないが、
個人的にはドッカンドッカン大バトルのエンタメ要素満載のDC映画の方が好きかなぁ…なんて
スマイル



ジョーカーになるアーサー・フレックを演じるホアキン・フェニックスの演技は素晴らしく、最後まで見入ってしまいましたグッド
あんな狂気の表情、そうそうに出来るもんじゃないよちょき
アカデミー賞ノミネートから受賞があるかもしれない。




映画は、涙をこぼしながらアーサーがピエロのメイクをしているシーンから始まり…上矢印

ピエロのメイクと衣装をして、楽器店の閉店セールの看板を持って客の呼び込みをしていたが、
その看板がガキたちに取られてしまい、追いかけるマラソン

途中で待ち伏せされており、看板は破壊された挙句、アーサーはボコボコに下向き矢印



アーサーは定期的にソーシャルワーカーと面談をしており、いつも同じ質問ばかりで、飽き飽き。
そんな中、同じピエロ仲間のランドルから自分の身を護るようにと拳銃を渡される右矢印



次の仕事は小児科病棟へ病院
ピエロに成りきって、子供たちに歌と踊りを披露していたが、うっかり持っていた拳銃を落としてしまう下矢印

それにより、仕事がクビに。



帰り道、地下鉄にアーサーが乗っていると、3人の証券マンがひとりの女性に絡んでいた。
アーサーは脳と神経に損傷を受けていて、突然笑い出すという持病を持っており、その時も笑い出してしまうスピーカ

3人の証券マンから暴行を受けたアーサーは咄嗟に拳銃を発砲右矢印
証券マンたちと始末!!



この事件が大々的に報道され、富裕層への妬みが高まる中…
アーサーは同じアパートに住むソフィーと恋人関係に。

ナイトクラブでコメディアンと出演するアーサーだったが、客は無反応。
ソフィーだけは笑ってくれる。


帰宅すると、母のペニーが大富豪のトーマス・ウェイン宛に手紙を書いていた。
ペニーは30年前にウェインの使用人として働いていて、この状況から救って欲しいとの旨を記すえんぴつ

アーサーがその手紙を読むと、自分がペニーとトーマスの間の子供であることが書かれていた。
母を問い質し、真相を知ったアーサーはウェイン邸へと向かうのだった…。



今までのド派手なアクションシーンのあるDC映画とは違い、
今作はアーサーがどのようにしてジョーカーへと至ったのか、その心理の変遷が丁寧に描かれている
右矢印

誰でもジョーカーになる危険性を描いているというか…

とりあえず、今の世界状況(日本も含め)を反映しているのかも。
富裕層への鬱憤ってどこでも溜まっているからねぐー
だから、アメリカでは公開前は厳戒態勢になったのかなぁ…。




一応、R15+の年齢制限がついているものの、そんなにグロ描写があるワケでもなく…
さらにDCコミックスのジョーカーを全く知らなくても問題無し。
そもそも「ジョーカー」じゃなくても良いような気さえしてくる(苦笑)




ウェイン邸でブルースと対面したアーサー。
駆けつけたアルフレッドからペニーがイカれていたということを教えてもらうも信じず。


自宅へ戻ると、母親が救急搬送されるところで…
やって来た刑事2人にアーサーのことを訊かれ、過呼吸となり、倒れてしまったのだった。


アーサーはアーカム州立病院で母親の記録を調べると…
自分はペニーの養子であり、虐待を受けて、頭部に外傷を負ったことを知るほえー

事実を知り、アーサーはペニーを殺害下向き矢印
ソフィーのもとへ行き、助けを求めるも…彼女はアーサーの恋人ではなく…
全てがアーサーの妄想だったびっくり



ナイトクラブに出演したことでマレー・フランクリンのテレビ番組へ呼ばれるアーサー。
拳銃のことで口裏を合わせにやって来たランドルをハサミで刺し殺し…

ピエロのメイクをし、テレビ局へ右矢印
自分を”ジョーカー”と紹介して欲しいと頼む。


そして、テレビ番組が始まり…
アーサーはマレーに、3人の証券マン射殺事件の犯人は自分だと告白。
自分を笑いものにしたマレーを生放送の最中に射殺!!



ゴッサムシティでは大規模な暴動が起こり…炎
逮捕されたジョーカーはパトカーに乗せられ、連行される中、その光景を見つめる。


一方、ブルースの両親がピエロの仮面を付けた男に射殺され…下向き矢印



ジョーカーの乗るパトカーに救急車が突っ込んできて…
パトカーの後部座席からボンネットの上へ運び出されるアーサー。

暴徒が周囲を取り囲み、アーサーは立ち上がり、自分の血液で口を大きく真っ赤に塗るキスマーク



収監されたアーサーはセラピストと面談中、ジョークを思いついたと言い…
どんなのかと問われるも理解できないと告げる。

部屋を出るアーサーの足跡が真っ赤になっており…
スタッフに追いかけられ、終了。。

セラピスト、殺しちゃった?



全体を通して、アーサーという男の物語となっており、非常に惹きつけられる内容になっていましたグッド

一応、ブルース・ウェインと接点を持ったので、DCEUに参加して欲しいところだけど、おそらく無理だろうなぁ…(苦笑)
監督はホアキンが承諾しない限り、続編は作らないって言っているようだし、DCEU作品とは毛色も違いますしね



次のDC作品は「ワンダーウーマン」の続編かな?
こちらはジャスティス・リーグと関係してくるのだろうか…。

DCコミックスはDCEUの路線と違う路線の作品を作っていくことになりそうですな。



http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/6161-31acde64






最終更新日  2019年10月05日 19時39分00秒
コメント(12) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05)   みぃみ さん
こんにちは。

アーサーの物語 でしたね。
ホアキン・フェニックス、最高でした。
優しいおじちゃまから徐々に変化していく様子等、無言でも伝わってくるのすごいっ。

記憶に残る良い作品に出会えて、幸せです♪ヽ(´▽`)/。 (2019年10月05日 15時54分43秒)

 Re:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05)   はるみん さん
>そもそもジョーカーじゃなくても・・・

私もそれ思いました(^^; 作品としては素晴らしいですが、ダークナイトのジョーカーと結びつけるとなると、ちょっと違うんじゃないかな?という気もしたり。
ジョーカーってそもそも優しかったり、メンタル弱かったで気がしないんです(^^;
でもホワキンの演技でそんな突っこみも吹き飛ばされそうでした。
素晴らしい演技でしたね。 (2019年10月05日 16時50分07秒)

 Re[1]:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05)   BROOK さん
>みぃみさん
ホアキンの演技は本当に素晴らしいものがありましたね。
あの狂気じみた表情にゾクッと。

今作は後世に語り継がれるであろう作品だと思います♪ (2019年10月05日 19時40分45秒)

 Re[1]:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05)   BROOK さん
>はるみんさん
DCコミックスの看板を外しても全く問題無い作品でしたよね♪
あくまでホアキンジョーカーの作品はこの1作のみとしたのも分かるような気がします。 (2019年10月05日 19時41分56秒)

 Re:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05)   kisa さん
ホアキンは熱演していますし、力作だと思いますが、ちょっと個人的には話が暗すぎて。。
特にラスト近くは見ごたえはありますが、前半の暗さがちょっと乗れませんでした。
お話は「タクシー・ドライバー」だという説がありなるほどと思いました。
なのでロバート・デ・ニーロが出ているんですね。 (2019年10月05日 20時56分42秒)

 Re[1]:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05)   BROOK さん
>kisaさん
他のDC作品とは毛色の違う作品になっていましたよね♪
傑作かもしれませんが、私はエンタメ要素満載の方が好きかも…。 (2019年10月06日 05時56分04秒)

 Re:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05)   にゃむばなな さん
個人的にはアメコミ映画じゃなくて、新たなアメリカン・ニューシネマだと思えましたね。
それをあえてジョーカーというキャラクターで描く。
別にジョーカーでなくてもいいけれど、トラヴィスのような存在感に最も近かったのがジョーカーだったのかも知れませんね。 (2019年10月06日 23時16分59秒)

 Re[1]:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05)   BROOK さん
>にゃむばななさん
DCの看板を外しても良かったような気がしますね。
DCコミックスを知らない方でも全く問題ないと思いました。 (2019年10月07日 05時34分54秒)

 Re:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05)   ノルウェーまだ~む さん
ホアキンの演技圧巻でしたね!
ただのモンスターだと思ってバットマンに倒されるのをスカッとして観ていたのに、ジョーカーが「一般の人」になって何だか辛いです。
ジョーカーが誕生した瞬間、泣いてしまいました。 (2019年10月08日 12時15分51秒)

 Re[1]:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05)   BROOK さん
>ノルウェーまだ~むさん
ほんとホアキンの演技は素晴らしいものがありましたよね。
もうアーサー、ジョーカーに成りきっていました。

DCコミックスのジョーカーの看板を外しても全く問題無い作品に仕上がっていたと思います。 (2019年10月08日 13時39分19秒)

 Re:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05)   yukarin さん
評判どおりホアキン・フェニックスの怪演は本当に素晴らしかったです。
アメコミの悪役の誕生物語というよりアーサー・フレックという男の物語でした。
アカデミー賞ノミネートは確実なのでは?と思いますね。 (2019年10月15日 13時59分11秒)

 Re[1]:劇場鑑賞「ジョーカー」(10/05)   BROOK さん
>yukarinさん
ホアキン・フェニックスの演技は本当に素晴らしいものがありました♪
それに加え、ストーリー展開にもかなり見入ってしまいましたよ。 (2019年10月15日 20時21分21秒)

サイド自由欄

映画レビュー
・「ブライトバーン 恐怖の拡散者」
・「エンド・オブ・ステイツ」
・「ターミネーター ニュー・フェイト」
・「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」
・「ジェミニマン」
・「フッド:ザ・ビギニング」
・「スペシャル アクターズ」
・「マレフィセント2」
・「クロール -凶暴領域-」
・「空の青さを知る人よ」
・「蜜蜂と遠雷」
・「ジョーカー」
・「ジョン・ウィック:パラベラム」
・「ヘルボーイ」
・「ライリー・ノース 復讐の女神」


●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 にゃむばなな@ Re:劇場鑑賞「エンド・オブ・ステイツ」(11/15) New! シリーズは6作目までの構想があるらしい…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ターミネーター ニュー・フェイト」(11/08) >yukarinさん サラ・コナーの復帰は嬉し…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「ターミネーター ニュー・フェイト」(11/08) シュワちゃんとリンダの共演は嬉しかった…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ターミネーター ニュー・フェイト」(11/08) >kisaさん 「2」でジョンを登場させたも…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「ターミネーター ニュー・フェイト」(11/08) ジェームズ・キャメロンが製作に復帰した…

お気に入りブログ

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

火曜ドラマ『G線上… New! レベル999さん

ドリス>ジョンソン… New! YOSHIYU機さん

種なしぶどう>『ス… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

誕生日です。 New! あくびネコさん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

2019 株主総会 ビッ… mkd5569さん

制作中です シュージローさん

週刊少年ジャンプ201… みやさとver.さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.