10661111 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2019年10月06日
XML
カテゴリ:映画感想


「蜜蜂と遠雷」を鑑賞してきましたきらきら

史上初となる直木賞&本屋大賞のW受賞を果たした恩田陸の傑作ベストセラーを実写映画化した音楽青春ドラマ。
国際ピアノコンクールを舞台に、それぞれに事情を抱えながら大会に挑む4人の若手ピアニストの葛藤と成長を描く。
主演は松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、オーディションで選ばれた新人の鈴鹿央士。
共演に臼田あさ美、斉藤由貴、鹿賀丈史。
監督は「愚行録」の石川慶。


ストーリーは…

3年に一度開催され、若手ピアニストの登竜門として世界から注目を集める芳ヶ江国際ピアノコンクール。
母親の死をきっかけに表舞台から消えていたかつての天才少女・栄伝亜夜は、復活を期してコンクールに挑もうとしていた。
そんな彼女の前に立ちはだかるのは、楽器店勤めで年齢制限ギリギリのサラリーマン奏者・高島明石、亜夜の幼なじみで名門ジュリアード音楽院に在籍する優勝候補最右翼のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール、そして今は亡き“ピアノの神様”ホフマンに見出され、コンクールに波乱を巻き起こす謎に包まれた無名の少年・風間塵という、バックボーンもピアノとの向き合い方も三者三様のコンテスタントたち。
そんなライバルたちとコンクールを通して刺激しあい、悩みながらももう一度自分の音を取り戻そうともがく亜夜だったが…。


ピアノが、好きだから――!


いやぁ…
”熱量”が半端なかった~ぐーぐーぐー
それもこれも、キャスト陣の見事な演技の賜物だと思うスマイル


原作は未読だが、ネタバレは拝見済み。
映画は原作のエピソードを結構省いているが、展開的にはほぼ一緒みたい。



今作はなんといっても塵を演じた鈴鹿央士さんでしょうねグッド
新人とは思えないくらい堂々たる演技で、素晴らしかった!
発掘した広瀬すずさん、見る目があるなぁ…。

松岡さん、松坂さん、森崎さんの演技もとても良かったです
オーケー



映画は、亜夜が幼い頃の記憶を思い出すシーンから始まり…上矢印

国際ピアノコンクールの第一次予選へ挑む亜夜音符
表舞台から消えていた元天才少女の7年ぶりの復活に周囲はざわつき。

塵の演奏が終わり、いよいよ亜夜の出番となる!!


会場で亜夜は幼馴染みのマサルと再会を果たす。
彼はピアニストと大成功していた上向き矢印


一方、今回のコンクールを出場の最後だと決めていた明石は並々ならぬ決意を持って挑んでいたぐー



第一次予選を通過する亜夜、マサル、明石、塵の4人。

塵については審査員の間で予選を通すか否かで紛糾。
しかし、ピアノの神様であるホフマンからの推薦状があり、通過させる右矢印
推薦状には彼が”ギフト”をもたらすか、”災厄”をもたらすのかは審査員にかかっていると書かれていた。



第二次予選の課題曲は「春と修羅」…
それぞれが悩みながらも、それぞれの演奏を披露していくスピーカ

マサルは自分が思ったように弾くが、師匠からは”完璧”を求めるように言われ…失敗

悩んでいた亜夜は明石の演奏を聴いて、何かを思い立ったようにピアノを弾きたくなる。
明石の紹介でピアノ工房へ行き、そこでピアノを弾こうとすると、尾行してきた塵が現れ、2人で連弾をぱーぱー


亜夜の「春と修羅」は見事な演奏となり…

明石は第二次予選の通過ならず。
それでもピアノを辞めようとは思わずバツ



本選は自由曲で、オーケストラと合わせることになり…
世界的な指揮者の小野寺が指揮をすることに。
そのリハーサルに挑む3人だった…。



目が離せないストーリー展開で、演奏シーンも見事としか言いようがないグッド
手の部分は正式なピアニストの方が担当した部分が多いとは思うが、それだとしてもキャストたちの演奏シーンが必見目
本当に弾いているかのようでした。
4人が4人、個性的で魅入ってしまいましたよ
目がハート


場面の切り取り方も素晴らしく、まるで1枚の写真のような風景が作品を綴っていました右矢印

”音”も印象的で、自然の音というのかな…なんか心が落ち着くというか…
耳



リハーサル…
マサルはオーケストラとの演奏が上手く合わせられず。
塵はただ楽器の位置を変えただけ。
亜夜は幼い頃、母が死んだ直後のコンクールでの記憶が甦り、弾けなくなってしまうしょんぼり


亜夜はマサルの練習の付き合ってあげ、会場を去ろうとするも…
そんな中、母親と一緒に弾いていた頃の記憶が甦ってきて…上向き矢印

「あなたが、世界を鳴らすのよ」


マサル、塵の演奏が終わり、ステージへと戻った亜夜。
自分も満足出来る演奏が出来、観客が拍手喝采をする中、笑顔を浮かべ、終了。。


最後の受賞結果がテロップ表示…
1位はマサル、2位が亜夜、3位が塵となりましたきらきら
これは原作と同じ結果です。




つまり、塵が周りに”ギフト”を与える存在だったということなのでしょうねプレゼント
彼に感化され、さらに才能が開花していくという感じかな?




全体を通して、クラシックに全く触れていない方でも楽しめる作品だったと思いますスマイル
ピアニストたちの苦悩と成長を巧みな展開で描き切っていました!



http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/6162-71228a58






最終更新日  2019年10月06日 15時01分55秒
コメント(4) | コメントを書く

サイド自由欄

映画レビュー
・「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」
・「ドクター・スリープ」
・「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」
・「ゾンビランド:ダブルタップ」
・「アナと雪の女王2」
・「ブライトバーン 恐怖の拡散者」
・「エンド・オブ・ステイツ」
・「ターミネーター ニュー・フェイト」
・「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」
・「ジェミニマン」
・「フッド:ザ・ビギニング」
・「マレフィセント2」
・「クロール -凶暴領域-」
・「空の青さを知る人よ」
・「蜜蜂と遠雷」
・「ジョーカー」


●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ドクター・スリープ」(11/30) New! >yukarinさん 前作とは毛色の違う作品に…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「ドクター・スリープ」(11/30) 前作の雰囲気とはかなり変わりましたが面…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」(11/29) シティーハンター愛があふれた作品になっ…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」(12/01) >kisaさん こちらは1ヵ月遅れの公開とな…

お気に入りブログ

木曜ドラマF『チー… New! レベル999さん

夢その3>『スカーレ… New! ひじゅにさん

さらに別の子(笑) New! あくびネコさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

週刊少年ジャンプ2… らいち♪♪さん

ONE TEAM YOSHIYU機さん

【スカーレット】第10週ネタハ… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2019 株主総会 ビッ… mkd5569さん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.