10594582 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2019年10月11日
XML
カテゴリ:映画感想


「空の青さを知る人よ」を鑑賞してきましたきらきら

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」を手がけたクリエイターチーム「超平和バスターズ」の長井龍雪(監督)、岡田麿里(脚本)、田中将賀(キャラクターデザイン・総作画監督)による劇場オリジナルアニメーション。
埼玉県の秩父を舞台に、両親を失い2人きりで暮らしている姉妹と、かつて姉の恋人だった男、そして過去から時を超えてやって来たもうひとりの“彼”の4人が織り成す切ない恋物語を、繊細な心理描写で綴る。
アニメーション制作はCloverWorks。


ストーリーは…

13年前に事故で両親を失った姉の相生あかねと妹のあおい。
当時高校3年生だったあかねは恋人との上京をあきらめて地元で就職し、あおいの面倒を見ながら2人きりで暮らしてきた。
一方、高校2年生になったあおいは大好きなベースギターを手に音楽漬けの毎日を送っていたが、自分を育てるために恋や夢を手放してしまった姉に負い目を感じていた。
そんなある日、町で開催される音楽祭に、大物演歌歌手の新渡戸団吉がゲスト出演することに。
さらには、あかねの元恋人であおいの憧れの人だった金室慎之介がバックミュージシャンとして町に帰ってくることが判明する。
高校卒業後に上京して以降、音信不通になっていた慎之介と13年ぶりの再会を果たすあかね。
そんな中、突然あおいの前に過去から時を超えてやってきた18歳の金室慎之介が現れる…。


クソ青い空を、見上げる――!


秩父三部作の最終作ということで…
かなり良かった~スマイルスマイルスマイル
たしかにね、いろいろと気になるところはあるんだけど、
それらを全てねじ伏せてしまうような展開はかなり好き
!!


それもこれも金室慎之介としんのの二役の声を担当した吉沢亮さんが非常に素晴らしかったからオーケー
見事に声を使い分けていたよね。
というか、全く吉沢さんの顔が浮かんでこないくらいハマっていたと思う。

あと、あかねの声を担当した吉岡里帆さんも良かったです
目がハート



映画は、あおいが橋の上でベースを取り出し、イヤホンに繋いで練習を開始するシーンから始まり…上矢印

幼い頃に両親を事故で亡くし、姉のあかねがひとりであおいを育ててくれていた。
あかねはバンド活動をしていた慎之介と付き合っており、高校卒業と同時に彼とともに東京の専門学校へ行く約束をしていたが、幼いあおいのため、街に残ることに。


徒歩では1時間かかるため、あかねが車で迎えに来たので、一緒に帰っていく車



帰宅し、いつもベールの練習をしているお堂へ向かうあおい。
中に入って、弾いていると、突然、13年前の18歳の慎之介(しんの)が現れるびっくり

驚いたあおいは慌てて家へと戻り、あかねに話そうとするが、過去の関係を知っているため話せず。
市役所に勤めている正道がやって来て、2人は街の音楽祭のためにやって来た演歌歌手の新渡戸団吉を歓迎するため、駅へ右矢印

団吉はトラックで乗り付け、その場で歌い始め…
そのバックバンドのギター担当としてやって来たのが慎之介だったびっくり



あおいは正道の息子の正嗣とともにお堂へと赴き、現れたしんのから話を聞くことに耳

生き霊なのかどうかも分からないまま、あおいはしんのと打ち解け、
過去での憧れが徐々に恋心へと変わっていくどきどきハート

だが、しんのは、未来の自分とあかねをくっつけるようにあおいに提案ひらめき


音楽祭に出場するバックバンドの2人が鹿肉にあたってしまい…
急遽、あおいがベースを、正道がドラムの演奏をすることに。

早速、演奏を合わせてみたものの、慎之介は、あおいの演奏がひとり目立っていると告げるスピーカ
辛辣なことを言われるが、何も言い返せないあおいバツ


さらにあおいは帰宅したあかねに対して、自分は姉のようにはなりたくないと言い放ってしまうスピーカ

クラスメイトの大滝に指摘され、しんのへの恋に気付いたあおいは、告白スピーカ
しんのの答えを聞かないまま、飛び出していくマラソン



音楽祭のリハーサル…

あおいは慎之介とあかねが話しているのを目撃目
そして、慎之介が去った後、あかねが泣いているのを見て動揺。


家であおいは、あかねが自分のためにいろいろと記したノートを見つけ、涙を流す涙ぽろり



音楽祭当日…
団吉がネックレスを紛失したため、落としたであろう立ち入り禁止の穴へあかねが向かう虫眼鏡

雨が降り、地盤が弛んでいたため、地震により土砂崩れが発生したとの知らせが入り…
あおいは連絡のつかないあかねを捜しに向かうのだった…。



キャラクターの心の機微が繊細に描かれていましたスマイル
その辺り、さすが岡田磨里さんの脚本だけはある
えんぴつ

作画は写真かと見紛うほど綺麗なシーンがあったり…
さらに結構秩父に通っているので、秩父でのロケ場所に気付いたりとウィンク
とりあえず、結構幅広くロケーションした感じでしょうかね。



そうそう、なぜ17年前のしんのが現れたのかは、詳細には語られません。
お堂に置いていったギターにあった”想い”がしんのとして現れたのかなぁ…と推測。




しんのはやって来た慎之介と対面!!
自分の思いを全て吐き出す!

やって来たあおいがあかねと連絡がつかないと話し…
しんのは強引にお堂から出る右矢印

あかねを連れて、空へと舞い上がる上向き矢印

ちょっと「天気の子」っぽい?
一番の見どころですよ~スマイル
あいみょんの歌もここぞ!ってところで流れてくれて、盛り上がる
上向き矢印



しんのはあかねを発見し…
あとから駆け付けた慎之介も合流。

あおいは、ひとりで帰ると言い…
あかね、しんの、慎之介は3人で帰るように促す。


車の後部座席で眠ったふりをするしんの。
あかねと慎之介の会話を聞いていて、あかねの気持ちを聞き、満足そうに笑みを浮かべ、消えるきらきら


ひとり帰るあおいは涙を流しながらも、青い空を見上げて、終了。。


エンドロールには後日談の写真ありちょき

あかねと慎之介が結婚
ハート(手書き)



全体を通して、「あの花」「ここさけ」が好きなら大満足いただける作品だと思いますスマイル
もちろん、この2作品を全く知らなくても問題無し。



この作品を観て、秩父へ聖地巡礼する方がまた増えるかもしれないウィンク


http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/6163-3756b07c






最終更新日  2019年10月11日 15時36分13秒
コメント(2) | コメントを書く

サイド自由欄

映画レビュー
・「ブライトバーン 恐怖の拡散者」
・「エンド・オブ・ステイツ」
・「ターミネーター ニュー・フェイト」
・「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」
・「ジェミニマン」
・「フッド:ザ・ビギニング」
・「スペシャル アクターズ」
・「マレフィセント2」
・「クロール -凶暴領域-」
・「空の青さを知る人よ」
・「蜜蜂と遠雷」
・「ジョーカー」
・「ジョン・ウィック:パラベラム」
・「ヘルボーイ」
・「ライリー・ノース 復讐の女神」


●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 にゃむばなな@ Re:劇場鑑賞「エンド・オブ・ステイツ」(11/15) New! シリーズは6作目までの構想があるらしい…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ターミネーター ニュー・フェイト」(11/08) >yukarinさん サラ・コナーの復帰は嬉し…
 yukarin@ Re:劇場鑑賞「ターミネーター ニュー・フェイト」(11/08) シュワちゃんとリンダの共演は嬉しかった…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「ターミネーター ニュー・フェイト」(11/08) >kisaさん 「2」でジョンを登場させたも…
 kisa@ Re:劇場鑑賞「ターミネーター ニュー・フェイト」(11/08) ジェームズ・キャメロンが製作に復帰した…

お気に入りブログ

週刊少年ジャンプ2… New! らいち♪♪さん

火曜ドラマ『G線上… New! レベル999さん

ドリス>ジョンソン… New! YOSHIYU機さん

種なしぶどう>『ス… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

誕生日です。 New! あくびネコさん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

2019 株主総会 ビッ… mkd5569さん

制作中です シュージローさん

週刊少年ジャンプ201… みやさとver.さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.