10929658 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2020年01月19日
XML
カテゴリ:映画感想


「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」を鑑賞してきましたきらきら

気球で上空1万メートルを超える最高高度を記録した実在の気象学者をモデルに描く冒険アドベンチャー。
主演は「博士と彼女のセオリー」のエディ・レッドメインとフェリシティ・ジョーンズ。
監督は「ウーマン・イン・ブラック2 死の天使」のトム・ハーパー。


ストーリーは…

1862年のロンドン。気象学者のジェームズは天気を予測できると考えていたが、学会では荒唐無稽と誰にも相手にされず、それを証明すための実験を行う資金も集まらなかった。
そんな中、気球操縦士のアメリアと出会ったジェームズは、彼女に大空に連れて行ってほしいと頼み込む。
夫を亡くした悲しみから立ち直れずにいたアメリアは、ためらいつつもジェームズの依頼を受け入れ、高度の世界記録への挑戦を決意する。
こうして誰も到達したことのない高硬度を目指して、危険な冒険へと旅立つジェームズとアメリアだったが…。


空は、開放されている――!


これは…
大スクリーンで観て良かった~スマイルスマイルスマイル
と、素直に思える作品!!

アマゾンプライムで配信されているけど、
やはりこういった作品は大きな画面で観ないとねちょき

大画面推奨作品
!!!



ジェームズを演じたエディ・レッドメイン、アメリアを演じたフェリシティ・ジョーンズともに素晴らしい演技目がハート
特にフェリシティの頑張りは凄まじいものがありました。




映画は、1862年…アメリアが気分を悪くして馬車から降りるシーンから始まり…上矢印

気球操縦士のアメリアは気球に乗るために、その会場へと急いでいた。


一方、たくさんの観客が集まった会場では気象学者のジェームズが計器類の確認をし、アメリア到着を待っていた。


アメリアがド派手に登場し、観客を沸かせるスピーカ


そして、気球に乗り込んだジェームズとアメリアはいよいよ空に向けて出発上矢印
そんな中でもアメリアは愛犬のポージーを空に放り投げ、パラシュートで地面に下ろすという余興を披露下向き矢印



気球は順調に高度を上げていき…
計器を測定しては伝書鳩にデータを括り付けるジェームズ。

雷雲の中に突入し、2人は振り落とされそうになりながらも、どうにか乗り切ることに成功グッド


雷雲を抜けた先の景色に圧倒されるジェームズとアメリア目目

ジェームズはここに至るまでの経緯を振り返るのだった…。



いやはや、いきなり雷雲に突っ込むというスペクタクル映像がやって来て、
もうね、ここのシーンは実写版「ラピュタ」でしたうっしっし
完全に竜の巣いなずま
思わず抜けた先の映像にラピュタがないか探しちゃったよ(嘘)



一応、気球だけの映像ではお話が持たないので、ジェームズとアメリアの過去エピソードを挿入してくるひらめき

ジェームズは王立協会で気象予測について熱弁を振るうも、誰も相手にしてもらえず。

アメリアは気球乗りの夫を亡くした過去があり、2年が経過しても立ち直れないでいた。
夫が亡くなった原因は自分にあり、目測を見誤り、気球の布が裂けてしまい…
落下する気球を軽くするため、夫のピエールが自らゴンドラから飛び降りショック


二人が出会ったのは舞踏会で、ジェームズがアメリアに声をかけたことから、壮大な冒険へと向かっていく上向き矢印
まさに男女のバディ作品といった感じ
ぐー


あとは劇中の時間経過がリアルタイムで進行していくのも面白い。
てっきり数日かけての観測していくのかと思いきや、1日で帰ってくることになるからね時計
だからこそのあの臨場感なのかもしれない!




高度が上昇するにつれ、もちろん気温も下がり、防寒コートを持ってきていなかったジェームズ低酸素脳症にほえー
アメリアは降下することにするが、今度はガスを抜く弁が凍って開かなく…バツ

意識朦朧のジェームズを置いて、気球の上へと登るアメリアは弁をどうにか開けることに成功。

ハラハラドキドキ~ダブルハート



徐々に気球は降下を始め…
アメリアはどうにかゴンドラに戻ることが出来、ジェームズも意識を回復上向き矢印

しかし、今度は気球が急降下…下矢印
荷物を捨てるが、急降下が止まらない!

ジェームズはゴンドラを切り捨てることにし、2人は枠へと上がるびっくり


それでも急降下は止まらず、アメリアは自分が飛び降りようとするも…
ジェームズは風船部分をパラシュートにすることを提案し、実行はさみ


パラシュート状態となった気球で怪我を負いながらも、どうにか地上へと降り立つ2人下向き矢印
互いに支え合って、歩き始める歩く人歩く人



王立協会で今回の成果を語り、拍手喝采を浴びるジェームズぱー


そして、ジェームズとアメリアは再び気球に乗って観測へ向かい、終了。。



全体を通して、気球に乗って大空に冒険に出発する体験が出来る作品に仕上がっていましたちょき


アメリアは架空の人物だが、ジェームズは実在の人物で、高度1万1277メートルまで酸素ボンベ無しで気球で上昇した記録は現在も破られていないらしい。
凄いですね
!!






最終更新日  2020年01月19日 17時00分55秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「チャーリーズ・エンジェル」
・「1917 命をかけた伝令」
・「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」
・「ヲタクに恋は難しい」
・「犬鳴村」
・「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」
・「バッドボーイズ フォー・ライフ」
・「AI崩壊」
・「キャッツ」
・「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」
・「記憶屋 あなたを忘れない」
・「リチャード・ジュエル」
・「カイジ ファイナルゲーム」
・「パラサイト 半地下の家族」
・「フォードvsフェラーリ」
・「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」
・「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」


●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

昔のこと>『スカー… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

「花宵道中」1~6… New! らいち♪♪さん

箱じゃないのよ、そ… あくびネコさん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

【スカーレット】第19週ネタハ… ショコラ425さん

自家製マスクとか菌… ろんろん14151さん

制作中です シュージローさん

あびたしおん yamagonnさん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.