11261772 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日々“是”精進!

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2020年01月31日
XML
カテゴリ:映画感想


「AI崩壊」を鑑賞してきましたきらきら

「22年目の告白-私が殺人犯です-」の入江悠監督が大沢たかおを主演に迎えて贈る近未来サスペンス・アクション。
10年後の日本を舞台に、国民の情報と健康を管理するAI(人工知能)が突如一人ひとりの命の価値を選別する暴走を始める中、国家からテロリストとして追われ身となった開発者が、自ら真相を突き止めるべく繰り広げる決死の逃亡劇を描く。
共演は賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、松嶋菜々子、三浦友和。


ストーリーは…

2030年。日本では医療AI“のぞみ”が国民の個人情報と健康を完全に管理し、国民生活に欠かせないシステムとなっていた。
開発者の桐生浩介はその功績が称えられることとなり、移住先の海外から娘とともに久々に日本に帰国する。
ところがその直後、突如のぞみが暴走を開始し、国民の価値を選別して不要と判断された人々の殺戮を始めた。
警察庁のサイバー犯罪対策課を指揮する桜庭誠は、暴走を桐生によるテロと断定し、逃亡を図った桐生を全国に張り巡らされたAI監視網で追い詰めていく。
日本中がパニックとなる中、警察の執拗な追跡をかわしつつ、のぞみの暴走を食い止めるべく真相解明に奔走する桐生だったが…。


人工知能の是非――!


めちゃくちゃ…
面白かった~スマイルスマイルスマイル
邦画でここまで面白いのは久々かもしれない。

ハリソン・フォードの「逃亡者」みたいに、
濡れ衣からの反撃という、ありきたりのストーリーかもしれないが、
ここまで魅せる作品になっているのは、監督の手腕でしょうね
オーケー



キャスト陣では大沢さんが主人公の桐生を熱演ぐー
西村を演じた賀来さんも良かった!

桜庭を演じた岩田さんは、初めての…(略)?で良かったと思う
目がハート



映画は、2023年12月、西村が創薬システムの認可が法整備の関係で下りなかったことを桐生に伝えにやって来るシーンから始まり…上矢印

桐生の妻、望のガンに効果のある新薬をAIで創り出そうとしていたが、断念。
その結果、望はこの世を去る下向き矢印


望の葬儀を済ませた桐生は医療分野で活躍出来るAIを発表。
AI”のぞみ”は瞬く間にあらゆるデバイスへと普及し、人々にとって欠かせないものとなるグッド



2030年…
のぞみを管理するHOPE社は西村が社長となり、千葉に新たなデータセンターを開設。
そのセレモニーに桐生と心を招待。
桐生は内閣総理大臣賞を受賞することになっていた。

渋々招待を引き受けた桐生は久しぶりの帰国となり、心とともにデーターセンターへと向かう車
AIによって職を失った人たちによるデモ隊がセンターの入口にいて、穏やかではなく…炎



のぞみのサーバールームへと案内される桐生たち。

そして、セレモニーでAIを否定する人たちの邪魔が入りつつも、
内閣総理大臣賞を貰うため、官邸へと向かう桐生だったが、
心は家族写真を落としてしまい、サーバールームへと探しに戻ってしまうマラソン

直後、のぞみが暴走を始め、世の中は大混乱に陥り…
心がサーバールームに閉じ込められる。


サイバー犯罪対策課の桜庭がすぐさま捜査を開始虫眼鏡
何者かがのぞみに侵入しようとしていたため、辿ってみると…


一方、桐生は自分の鞄の中に身に覚えのないデバイスが入っていて、そこからのぞみに侵入を試みていたことが判明!!

桜庭は桐生をテロの被疑者として、捕まえようと試みるも…
桐生は隙を突いて逃亡マラソン



サイバー犯罪対策課は百眼というAIを極秘裏に開発しており、それを使って桐生を追跡目

桐生はどうにか捜査網をかいくぐりながら、西村とコンタクトを携帯電話
そして、”螺旋の部屋”と言い残し、桐生は仙台行きのフェリーに忍び込むのだった…。



展開は非常にスピーディーで息つく暇もないくらいパンチ
終始緊張感があって、ハラハラドキドキの連続!
あとは、誰が桐生を嵌めたのか…の犯人捜しも同時進行
右矢印


映像面もかなり頑張っていて、VFXの使い方もグッドオーケー
突拍子もない設定ではなく、2030年にはこういう風になっているんだろうなぁ…と実感させてくれる感じ。
何でもかんでもAIに頼ろうとしている世の中に警鐘を鳴らしている作品かもしれない。




フェリーで合田と奥瀬の追跡を受けながら、海へと飛び込んだ桐生。
漁師に助けてもらい、さらには車も貸してもらって、閉鎖された東北先端技術大学大学院の研究室へ右矢印

西村も合流し、桐生はプロトタイプから新たなプログラムを組み上げ、
さらに、のぞみに侵入しようとした痕跡を探すことにパソコン

内部からのぞみにマルウェアを仕掛けたことが判明し、怪しい痕跡を見つけると…
そこに映っていたのは西村がコアに向かってプログラムを読ませている映像だったショック


西村は自分ではないと主張。
そんな時、CITEが到着し、西村は桐生を庇って撃たれてしまう右矢印


桐生は西村からパソコンを受け取り、再び逃げるマラソン

駆けつけた合田は死に際の西村から犯人の名前を聞く耳



西村から渡されたメガネ型のデバイスを使い、千葉のデータセンターへと入った桐生。
そこで待ち構えていた桜庭!!


西村がのぞみの検査用のプログラムだと渡されたデバイスにマルウェアが仕組まれており、
そのデバイスを彼が外で待っていた人物に渡す防犯カメラの映像をモニターに映すテレビ

映し出された人物は桜庭だった!!


桜庭はいくらでも加工出来ると言い放つも、
桐生からなぜ選別するプログラムを仕組んだのかと問われ…動機を自供スピーカ

って、ここでペラペラと話さなければ、桜庭は捕まらなかったのでは?
そこがちょっと気になった
わからん


その映像は小型ドローンで撮影され、世界中に流されていたビデオ

桜庭は連行されていく。



桐生はサーバールームへと急ぎ、投影機を使い、のぞみに新たなプログラムを読み込ませることに右矢印
心が鏡を使って反射させ、読み込ませることに成功ウィンク
のぞみが正常に戻る。



桜庭と内閣が癒着していたとのニュースが流れる中…

桐生と心は合田と奥瀬に送ってもらい、西村家の墓参りに行き、終了。。



全体を通して、近未来SFだけど、リアリティのある物語で、最後まで楽しめる作品に仕上がっていましたスマイル

ハリウッド作品に負けないくらい頑張っているので、オススメです






最終更新日  2020年01月31日 19時08分24秒
[映画感想] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

映画レビュー
・「ブラッドショット」



●管理人が不適切だと思う書き込みは削除させていただききます。
スパムコメント対策として、画像認証を取り入れました。
面倒をかけるかと思いますが、ご了承ください。

コメント新着

 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >源之助さん 犯人が動機を話してしまう辺…
 源之助@ Re:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) 犯人の自供シーンは主人公と一対一ならと…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) >みぃみさん 「ジェミニマン」??? 後…
 BROOK@ Re[1]:劇場鑑賞「AI崩壊」(01/31) >みぃみさん ハリウッド映画並みの面白さ…
 みぃみ@ Re:劇場鑑賞「バッドボーイズ フォー・ライフ」(02/01) 続編、ありそうですよねっ。 ウィルよ…そ…

お気に入りブログ

お昼は長崎皿うどん… New! あくびネコさん

一番大事なこと>『… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

「ちはやふる」44… らいち♪♪さん

「あつまれどうぶつ… mkd5569さん

東京都「東京アラー… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

あびたしおん yamagonnさん
無題 やめたい人さん

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.