2181642 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

幸せの楽しいお菓子レシピ

PR

X

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

スコーン

February 1, 2013
XML
カテゴリ:スコーン
こんにちは(^-^)


塩麹スコーン1
最近、スコーンに塩麹を入れて作ることが多くなってきたので
塩麹スコーンのレシピをいつでも使えるように
書いておこうと思いました。


砂糖は少し入れるので甘みがほとんどありません。
ジャムを乗せて食べるととても美味しかったです。
焼きたては表面はサックリ、中はしっとりしていて
冷めると全体的にしっとりしています。


塩麹を入れると、チーズのような香りとコクがあって、
とても美味しいと感じています。


卵入りでボウル一つに材料を混ぜ込んで、天板にドロップしていく
簡単なスコーンです。


花花花
      卵入り☆塩麹スコーン  
花花花

●材料(天板約1枚分)

卵(M~L)                  1個

砂糖                    ※10グラム または 30グラム

塩麹                     20グラム 

油(なたね油、サラダ油)         50グラム

牛乳(豆乳でもOK)※           30グラム 

薄力粉                   200グラム

ベーキングパウダー            小さじ2

【お好みで】クルミ又はアーモンド    20グラム
【お好みで】リキュールなど洋酒     小さじ1/4

※砂糖10グラムで甘みをほとんど感じません。
 30グラムだと甘みをほんの少し感じます。

※油はバター、マーガリン、ショートニングの固形油でもOKです。
 あらかじめ湯せんなどで溶かして使います。

※牛乳、豆乳はどんなタイプでも作れます。
 どんな濃度、原材料でもOKです。


●作り方
  <作り方>にある写真は卵とサラダ油で☆簡単スコーンです。

1.オーブンは180℃に温めておきます。
  天板にオーブンシートを敷きます。
  
  【お好みで】クルミを入れる場合は、
  ホイルを敷いたオーブントースターなどで2分ほど、焦げない程度に焼いて
  冷めたら粗めのみじん切りにしておきます。

  事前の粉ふるいはありませんが、
  ベーキングパウダーが小石のように固くなっていた場合、
  茶こし器などでふるっておきます。  

 ※クルミは生のまま生地に混ぜても作れますが、
  事前に焼いておくと香りが断然良くなります。

2.ボウルに卵、砂糖、塩麹を入れて
  フォークなどでよく混ぜ溶かし、油と牛乳(豆乳)を加えてよく混ぜ合わせます。
  卵とサラダ油のスコーン1
  卵とサラダ油のスコーン2
  
3.【お好みで】洋酒、刻んだクルミを加えさっと混ぜ、
  薄力粉、ベーキングパウダーを加えてフォークやヘラで
  混ぜ合わせます。粉がなじんだら混ぜは終了です。
  卵とサラダ油のスコーン3

  ※生地はさっくり混ぜがオススメです。こねないようにします。
   粉がなじんだら、それ以上は混ぜないようにします。
   いつまでもグリグリ、グルグル混ぜるのは×です。
   
  ※粉類は事前にふるっておく必要はありませんが
   ベーキングパウダーが小石のように固形化していたら
   茶こし器などでふるってから加えてください。

4.スプーンを使って、12個くらいになるように
  天板に生地を落としていきます。成形の必要はありません。

5.180℃に温めておいたオーブンで10~12分ほど焼きます。
  生地全体に程よい焼き色が付いたら焼きあがりです。
  塩麹スコーン2
  完全に冷めたら密閉式の保存容器や保存袋などに入れて
  保存します。


            お料理メモお料理メモ♪

ブランデーやリキュールなどの洋酒は少量入れると
卵独特の臭みを消してくれます。


クルミは事前にオーブントースターなどで焦げない程度に
2分ほど焼いておくと、香りがさらに良くなります。


粉類を混ぜ合わせる時はサックリと生地を切るように混ぜ、
なじんできたら、それ以上は混ぜないようにします。
混ぜすぎると食感や味が悪くなってしまいます。

                鳥さんとクローバー
  

塩麹【送料無料(込み)】≪九州こだわり塩麹 600g≫楽天1位!選び抜かれた熊本の老舗ホシサン伝統の麹(こうじ)をたっぷり使った塩麹(塩こうじ)【保存料不使用で安心】


塩麹と甘酒のおいしいレシピ 料理・スウィーツ・保存食麹のある暮らし [ タカコ・ナカムラ ]


塩麹&甘酒で作る、麹のおいしいスイーツレシピ 卵、乳製品、白砂糖なし。 [ 小紺有花 ]






最終更新日  February 27, 2021 03:13:14 PM


September 16, 2012
カテゴリ:スコーン
こんにちは^^

卵とサラダ油で☆甘いココアスコーン


卵とサラダ油で☆簡単スコーンのココア味です。
こちらも簡単スコーンコーヒー味と同じように甘みしっかりめに作りました。
こちらも家族に喜んでもらえたのでメモしておきます。


なたね油や、バターなどの固形油でも作れます。
外はサクっとして、中は少ししっとり、軽い食感です。
翌日以降は全体的にしっとりなじんできます。


ボウル一つに材料を次々に混ぜ込んで、
スプーンですくい落として作ります。
こね、成形がないのでとても簡単です。
クルミはお好みですが、入ってるほうがとても美味しいです。


花花花
卵とサラダ油で☆甘いココアスコーンのレシピ
花花花

●材料(天板約1枚分)

薄力粉※                 180グラム

ココア※                  20グラム

ベーキングパウダー            小さじ2

卵(M~L)                  1個

砂糖                    80グラム

塩                      2つまみ
(または塩麹20グラム)

油(なたね油、サラダ油)         50グラム

牛乳(豆乳でもOK)※           30グラム 

【お好みで】クルミ又はアーモンド    20グラム
【お好みで】リキュールなど洋酒     小さじ1/4
【お好みで】オレンジピールのみじん切り 30グラム

※薄力粉175グラム、ココア25グラムで作ると
 よりココアの苦味、風味が感じられます。こちらも美味しいです。

※油はバター、マーガリン、ショートニングの固形油でもOKです。
 あらかじめ湯せんなどで溶かして使います。

※牛乳、豆乳はどんなタイプでも作れます。
 どんな濃度、原材料でもOKです。


●作り方
  <作り方>にある写真は卵とサラダ油で☆簡単スコーンです。

1.オーブンは170℃に温めておきます。
  天板にオーブンシートを敷きます。
  
  【お好みで】クルミを入れる場合は、
  ホイルを敷いたオーブントースターなどで2分ほど、焦げない程度に焼いて
  冷めたら粗めのみじん切りにしておきます。

  事前の粉ふるいはありませんが、
  ココアやベーキングパウダーが小石のように固くなっていた場合、
  茶こし器などでふるっておきます。  

 ※クルミは生のまま生地に混ぜても美味しく作れますが、
  事前に焼いておくと香りが断然良くなります。

2.ボウルに卵、砂糖、塩(または塩麹)を入れてフォークなどでよく混ぜ溶かし、
  油と牛乳を加えてよく混ぜ合わせます。
  卵とサラダ油のスコーン1
  卵とサラダ油のスコーン2
  
3.【お好みで】洋酒を加えさっと混ぜ、
  薄力粉、ココア、ベーキングパウダーを加えてフォークやヘラで
  混ぜ合わせます。粉がなじんだら混ぜは終了です。
  卵とサラダ油のスコーン3

  ※粉類は事前にふるっておく必要はありませんが
   ココア、ベーキングパウダーが小石のように固形化していたら
   茶こし器などでふるってから加えてください。

4.スプーンを使って、12個くらいになるように
  天板に生地を落としていきます。成形の必要はありません。
  卵とサラダ油のスコーン4

5.170℃に温めておいたオーブンで10~12分ほど焼きます。
  生地全体に程よい焼き色が付いたら焼きあがりです。
  卵とサラダ油のスコーン6
  完全に冷めたら密閉式の保存容器や保存袋などに入れて
  保存します。


            お料理メモお料理メモ♪

ブランデーやリキュールなどの洋酒は少量入れると
卵の臭みを消してくれるので気に入ってよく使っています。
このココア味スコーンにはオレンジリキュールを使いました。
ココアにオレンジのさわやかさが合っていると思いました。
オレンジピール入りもオススメです。


クルミは事前にオーブントースターなどで焦げない程度に
2分ほど焼いておくと、香りがさらに良くなります。


塩麹は塩味だけでなく、コクやチーズのような濃厚な香りが出て
とても美味しくなりましたのでオススメいたします。
レシピ分量では20グラムとしましたが、
25グラムにすると塩味がもう少し感じられて甘しょっぱくなって
こちらも美味しかったです。


                鳥さんとクローバー

お好みスコーン10個セット【送料無料】厳選素材を贅沢に使ったスコーンは、やっぱり美味しいと、人気の4種類からお好きに選べるお得なスコーン10個セット。


糖質制限ゴロゴロナッツの生クリームスコーン(4個入り)【送料無料】【 BIKKE 】


保育園で教えてもらった園児に人気のにっこりおやつ 簡単・からだにやさしいレシピ140 [ 主婦と生活社 ]






最終更新日  February 27, 2021 03:33:07 PM
September 14, 2012
カテゴリ:スコーン
こんにちは☆

卵とサラダ油で☆甘いコーヒースコーン


卵とサラダ油で☆簡単スコーンのコーヒー味です。
砂糖を多めにして、甘みしっかりめに作ったら
コーヒーの苦味とクルミの香ばしさと合っていてとても美味しかったです。


インスタントコーヒーの粒々を生地に溶かさず、残して焼いているので
コーヒーの風味がとても良いです。


なたね油や、バターなどの固形油でも作れます。
外はサクっとして、中は少ししっとり、軽い食感です。
翌日以降は全体的にしっとりなじんできます。


ボウル一つに材料を次々に混ぜ込んで、
スプーンですくい落として作ります。
こね、成形がないのでとても簡単です。
写真のスコーンはクルミ入りです。
クルミ、チョコチップはお好みですが、入ってるほうがとても美味しいです。


花花花
卵とサラダ油で☆甘いコーヒースコーンのレシピ
花花花

●材料(天板約1枚分)

薄力粉                  200グラム

ベーキングパウダー            小さじ2

卵(M~L)                  1個

砂糖                    60グラム

塩                      2つまみ
(または塩麹20グラム)

油(なたね油、サラダ油)         50グラム

牛乳(豆乳でもOK)※           30グラム 

インスタントコーヒー           小さじ2

【お好みで】クルミ又はアーモンド    20グラム
【お好みで】チョコチップ        30グラム
【お好みで】ブランデー         小さじ1/4


※油はバター、マーガリン、ショートニングの固形油でもOKです。
 あらかじめ湯せんなどで溶かして使います。

※牛乳、豆乳はどんなタイプでも作れます。
 どんな濃度、原材料でもOKです。


●作り方
  <作り方>にある写真は卵とサラダ油で☆簡単スコーンです。

1.オーブンは170℃に温めておきます。
  天板にオーブンシートを敷きます。
  【お好みで】クルミを入れる場合は、
  ホイルを敷いたオーブントースターなどで2分ほど、焦げない程度に焼いて
  冷めたら粗めのみじん切りにしておきます。

 ※クルミは生のまま生地に混ぜても美味しく作れますが、
  事前に焼いておくと香りが断然良くなります。

2.ボウルに卵、砂糖、塩(または塩麹)を入れてフォークなどでよく混ぜ溶かし、
  油と牛乳を加えてよく混ぜ合わせます。
  卵とサラダ油のスコーン1
  卵とサラダ油のスコーン2
  
3.【お好みで】ブランデー、クルミ、チョコチップを加えさっと混ぜ、
  薄力粉、ベーキングパウダーを加えてフォークやヘラで
  混ぜ合わせます。粉が7~8割なじんだらインスタントコーヒーを加え
  さっくりと混ぜ合わせます。
  コーヒーの粒々が残っている程度で混ぜ終えます。
  卵とサラダ油のスコーン3

  ※粉類は事前にふるっておく必要はありませんが
   ベーキングパウダーが小石のように固形化していたら
   茶こし器などを使ってふるって加えてください。

4.スプーンを使って、12個くらいになるように
  天板に生地を落としていきます。成形の必要はありません。
  卵とサラダ油のスコーン4

  ※16等分すると大きめのしっとりクッキーとなります。

5.170℃に温めておいたオーブンで10~12分ほど焼きます。
  生地全体に程よい焼き色が付いたら焼きあがりです。
  卵とサラダ油のスコーン6
  完全に冷めたら密閉式の保存容器や保存袋などに入れて
  保存します。


            お料理メモお料理メモ♪

ブランデーなどの洋酒は少量入れると
卵の臭みを消してくれるので気に入ってよく使っています。


クルミは事前にオーブントースターなどで焦げない程度に
2分ほど焼いておくと、香りがさらに良くなります。


塩麹は塩味だけでなく、コクやチーズのような濃厚な香りが出て
とても美味しくなりましたのでオススメいたします。
レシピ分量では20グラムとしましたが、
25グラムにすると塩味がもう少し感じられて甘しょっぱくなって
こちらも美味しかったです。


                鳥さんとクローバー

先日、塩麹(塩こうじ、しおこうじ)を友人に頂いて、
それでスコーンを作ったら味にコクが出て、香りも良くなって
とても美味しかったです。
それ以来、スコーンを作るときは塩麹を使うようになりました。


ゆっくり発酵スコーンとざっくりビスコッティ [ 高橋雅子 ]


スコーン&マフィンレシピ (エイムック MY PETIT RECIPE)


バターで作る/オイルで作るスコーンとビスケットの本/若山曜子レシピ【1000円以上送料無料】






最終更新日  February 27, 2021 03:35:02 PM
April 6, 2012
カテゴリ:スコーン
こんにちは(^-^)

卵とサラダ油のスコーン8
卵とサラダ油で作るスコーンです。なたね油でもOKです。
外はサクっとして、中は少ししっとり、軽い食感です。
翌日以降は全体的にしっとりなじんできます。


写真のスコーンはレーズンとブランデー少々入っています。
甘みは甘さ抑え目タイプと、甘いタイプ、
どちらでも作れるようにレシピに書きました。


卵とサラダ油のスコーン7
柔らかめの生地です。
材料をボールの中で順に混ぜ混ぜして
生地をスプーンで天板に落として作ります。
こね、成形がないのでとても簡単でした。


洋酒の代わりにシナモン、
レーズンの代わりにチョコチップでも作れるようにレシピに書きました。
クルミなどのナッツ入りも作れます。


花花花
 卵とサラダ油で☆簡単スコーンのレシピ
花花花

●材料(天板約1枚分)

薄力粉                  200グラム

ベーキングパウダー            小さじ2

卵(M~L)                  1個

砂糖※                 30または50グラム

塩                      2つまみ
(塩麹の場合は20グラム)

油(なたね油、サラダ油)         50グラム

牛乳(豆乳でもOK)※           30グラム 

レーズン(なくてもOK)※         40グラム

【お好みで】クルミ又はアーモンド    20グラム
【お好みで】ブランデー又はシナモン  小さじ1/4

※砂糖30グラムで甘さ控えめ、50グラムで甘みしっかり、となります。

※チョコチップ入りで作る場合は
レーズンの代わりにチョコチップ30グラムを用意します。

※レーズンはラム酒漬けでもOKです。

※油はバター、マーガリン、ショートニングの固形油でもOKです。
 あらかじめ湯せんなどで溶かして使います。

※牛乳、豆乳はどんなタイプでも作れます。
 どんな濃度、原材料でもOKです。


●作り方

1.オーブンは170℃に温めておきます。
  天板にオーブンシートを敷きます。
  【お好みで】クルミを入れて作る場合は、
  ホイルを敷いたオーブントースターなどで焦げない程度に2分ほど焼いて
  冷まして粗めのみじん切りしておきます。

 ※クルミは生のまま生地に混ぜ込んで焼いても美味しく作れますが
  事前に火を通しておくほうがより香りがよくなります。

2.ボウルに卵、砂糖、塩(または塩麹)を入れてフォークなどでよく混ぜ溶かし、
  油と牛乳を加えてよく混ぜ合わせます。
  卵とサラダ油のスコーン1
  卵とサラダ油のスコーン2
  
3.2にレーズン、【お好みで】ブランデー、シナモンなどを加えさっと混ぜ、
  薄力粉、ベーキングパウダーを加えてフォークやヘラで
  混ぜ合わせます。粉がなじんだら混ぜは終了です。
  卵とサラダ油のスコーン3

  ※粉類は事前にふるっておく必要はありませんが
   ベーキングパウダーが小石のように固形化していたら
   茶こし器などを使ってふるって加えてください。

4.スプーンを使って、12個くらいになるように
  天板に生地を落としていきます。成形の必要はありません。
  卵とサラダ油のスコーン4

5.170℃に温めておいたオーブンで10~12分ほど焼きます。
  生地全体に程よい焼き色が付いたら焼きあがりです。
  卵とサラダ油のスコーン6
  完全に冷めたら密閉式の保存容器や保存袋などに入れて
  保存します。


            お料理メモお料理メモ♪

ブランデーなどの洋酒は少量入れると
卵の臭みを消してくれるので気に入ってよく使っています。


バターやマーガリンが入らないので香りがあまりありません。
洋酒やナッツ、シナモンなどを入れて
香りを足すことをオススメいたします。


今までのスコーンレシピの中でも一番簡単で早く作れます(笑)


              サクラ

春ですね*^-^*










最終更新日  October 11, 2012 01:39:04 PM
May 26, 2011
カテゴリ:スコーン
こんにちは(*^^*)

酒粕のスコーン(菜種油タイプ)
この酒粕入りスコーンはなたね油、サラダ油で作るタイプです。
ショートニング、マーガリンなど固形油で作るタイプはこちらです。


なたね油で作っても、こんがり焼かれた酒粕生地がチーズのような
良い香りで、とても美味しかったです。

酒粕のスコーン(菜種油タイプ)1
作り立ては外側がサクッと、中はしっとり。
翌日は全体的にしっとりしています。
砂糖は少なめでも(10グラム)多めでも(30グラム)作れるように
レシピに書きましたが30グラムのちょっと甘めがおススメです。

花花花
 サラダ油で☆酒粕入りスコーンのレシピ♪

花花花

●材料(天板1枚分)

薄力粉                        200グラム

ベーキングパウダー                  小さじ2

油(なたね油、サラダ油)              40グラム 

酒粕(板状のもの)                  40グラム 

豆乳 または 牛乳                 80CC

砂糖                          10グラム※

塩                            2つまみ※ 

【お好みで】レーズン                 30グラム
【お好みで】ツヤ出し用の豆乳(牛乳でもOK)     少々

※豆乳は原材料が大豆のみ、濃度が9~10%の成分無調整の
 無糖豆乳をお使いください。この豆乳で試作しているためです。

※砂糖10グラムだと甘みはほとんど感じられません。
 少し甘みを感じる程度に作る場合は砂糖の分量を30グラム
 としてください。

●作り方

1.オーブンを200℃に温め始めます。
  天板にオーブンシートを敷いておきます。

2.酒粕(さけかす)を溶かします。
  レンジ温めOKの容器に酒粕を小さくちぎって入れて、
  分量の豆乳(牛乳)のうち1/2くらいを加えて、
  酒粕をちぎって水と合わせる
  電子レンジで温め、
  フォークなどでつぶしてよく混ぜ溶かします。
  砂糖、塩を加えてよく混ぜ溶かします。
  【お好みで】レーズンを加えます。

  酒粕+水をレンジで温めて混ぜ溶かす
 ※多少小さなつぶつぶが残っても大丈夫です。

 ※レンジは600Wで40~50秒ほど温めるとすぐに溶けます。 
  目安にしてくださいね^^

 ※レンジで温める代わりに、豆乳を熱めに温めてから
  酒粕に加えて混ぜ溶かすこともできます。

3.別の大きめのボウルに薄力粉、ベーキングパウダーを入れ
  フォークなどでさっと混ぜ合わせ、なたね油を加えます。
  油を吸った粉のかたまりを、大豆粒~小豆粒くらいの大きさ
  となるように、フォークで混ぜます。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)1
  すべての粉を油となじませる必要はありません。

4.3に2と残りの豆乳(牛乳)を加えて、フォークで少し混ぜて
  ひとまとめにします。やわらかめの生地になります。
   
5.手や生地に十分に打ち粉(薄力粉、分量外)をして、
  打ち粉をした、オーブンシートなどのこねる用の台に置きます。
  生地を半分に折り、(↓写真は卵なし☆なたね油のスコーンです)
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)2
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)3
  手のひらの下半分(親指のはらの部分)でギュッと押します。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)4
  手に生地がベトついてきたら、その都度打ち粉をしながら
  この作業を手早く、全部で20回します。

 ※こねの回数が20近くになると、生地に粘りが出てきて
  手につきにくい生地になってきます。

 ※慣れてきたら、こね作業はボウルの中でもできます。 

6.生地を厚み1.5センチくらいの正方形や長方形に手指で成型して
  包丁でだいたい16~25等分に角切りします。
  天板にのせて豆乳(牛乳)を手早く表面に塗り、
  200℃に予熱したオーブンで10分ほど焼きます。
  表面に焼き色が付いたら出来上がりです。
    
 ※生地に粘りと弾力が出て、多少デコボコしています。
 
 ※ツヤ出し用の豆乳は指3本使ってたっぷりめに塗ると
  きれいなツヤが出ます。
  生地をこすらないように手早く塗ります。


            お料理メモお料理メモ♪

よくこねることで生地に弾力が出ます。
あまりこねないように作る生地に比べると、成形する時から
多少表面がデコボコしたり、側面にヒビができたりします。


少し小さめに作る方が、焼き色の面積が増えて
より香ばしく良い香りになります。
丸く成形して8等分するショートケーキの形でも作れます。
その場合は焼き時間を12分くらいとします。

            yotuba.jpg


(⌒0⌒)/~~~ それではまた♪






最終更新日  May 26, 2011 03:19:06 PM
July 31, 2010
カテゴリ:スコーン
こんにちは^-^

チョコチップスコーンとレーズンスコーン1
お友達にプレゼントして喜ばれたスコーンのレシピです。
左がチョコチップ入り、真ん中がホワイトチョコチップとクルミ入り、
右がレーズンとクルミ入りです。卵なしです。
豆乳や牛乳の代わりに水でも作れます。

チョコチップスコーンとレーズンスコーン2
翌日もしっとり感が続くように油分もしっかり入れて
甘みが感じられるような生地にしました。
プレゼントにはいいかな~と思いました。

花花花
   卵なし☆おみやげスコーンのレシピ♪

花花花

●材料(天板1枚分)

薄力粉                        200グラム

ベーキングパウダー                  小さじ2

マーガリン※                     50グラム 

豆乳 または 牛乳                   100CC

砂糖                           30グラム

塩※                           2つまみ

チョコチップ※                     30グラム

【お好みで】クルミ(細かく刻む)           30グラム   

【お好みで】ツヤ出し用の豆乳(牛乳でもOK)   小さじ1~2

※豆乳は原料が大豆のみ、濃度9~10%無糖の
 成分無調整豆乳を使用して試作していますのでこれをお使いください。

※豆乳や牛乳の代わりに水でも作れます。
 水を使う場合は分量を90CCとしてください。

※製菓用マーガリンを使う場合は塩は2つまみ、
 製菓用でない場合は塩は1つまみとしてください。

※マーガリンの代わりにバターでもショートニングでも同様に作れます。
 有塩バター使用の場合は塩の分量は1つまみとしてください。

※レーズンスコーンにする場合は、チョコチップの代わりに
 レーズンを40グラムを用意します。

 
●作り方
※以下の作り方に出てくる写真はすべてなたね油のスコーンです。

1.【お好みで】クルミは細かめに刻みます。(5~6ミリ角くらい)
  オーブンを200℃に温め始めます。
  天板にオーブンシートを敷いておきます。

2.別の器に豆乳(または牛乳、水)、塩、砂糖を入れてよく混ぜ溶かします。

3.大きめのボウルに薄力粉、ベーキングパウダーを入れ
  フォークなどでさっと混ぜ合わせ、マーガリンを加えます。
  マーガリンが大豆粒~小豆粒くらいの大きさとなるように、
  フォークで押しつぶしながら混ぜます。
  すべての粉を油となじませる必要はありません。
  
4.2の砂糖、塩を溶かした豆乳(牛乳、水)を
  小さじ1~2ほど残して3に加えます。
  チョコチップ(またはレーズン)、【お好みで】クルミを
  加えて、ヘラでさっくり混ぜながらひとまとめにします。
  やわらかめの生地になります。
  2の残りは様子を見て、必要と感じれば加えて混ぜます。
 
 ※粉がなじんで十分にやわらかい生地であれば 
  2の残りを加える必要はありません。
  また、水分を加減して加えたつもりでも
  生地が水分多めの非常にやわらかい生地になることもあります。
  その場合は次の工程で打ち粉を少し多めにして
  こねていけば大丈夫です。
    
5.手や生地に打ち粉(薄力粉、分量外)をして、
  打ち粉をした、オーブンシートなどのこねる用の台に置きます。
  生地を半分に折り、
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)2
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)3
  手のひらの下半分(親指のはらの部分)でギュッと押します。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)4
  手に生地がベトついてきたら、その都度打ち粉をしながら
  この作業を手早く、全部で20回します。

 ※やわらかめの生地なのでボウルから取りだす時もこねる時も
  初めのうちは生地が手にベトつきがちですが
  そのうち油分がなじんできてこねの回数が20近くになると、
  生地に粘りが出てきて手につきにくい生地になってきます。

6.生地を厚み2センチ弱となるように丸いかたちに手で成形し、
  包丁で8等分にします。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)7

  天板にのせて【お好みで】ツヤ出し用の豆乳や牛乳を手早く表面に塗り、
  200℃に予熱したオーブンで11~12分ほど焼きます。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)8
  
 ※生地に粘りと弾力が出て、表面が多少デコボコしています。
 
 ※ツヤ出し用の豆乳や牛乳は指3本使ってたっぷりめに塗ると
  きれいなツヤが出ます。
  生地をこすらないように手早く塗ります。


            お料理メモ

よくこねることで生地に弾力が出ます。
あまりこねないように作る生地に比べると、成形する時から
多少表面がデコボコしたり、側面にヒビができたりします。


水で作っても豆乳や牛乳で作っても
同じように膨らみますし、美味しくできます。


レーズンスコーンの場合は
砂糖の分量を30グラムから10グラムに減らしても
美味しかったです。
ナチュラルな甘みのスコーンになります。

おみやげスコーン
夏場や湿気ている時は完全に冷めてから
ジップロックなどの保存袋に入れてしっかり密閉して
ラッピング(自己流ですが)しています。
この方が湿気が入らず安心です。


            鳥さん

ブログネームを佑美奈からひらがなの「ゆみな」に変更しました。
憧れて漢字で付けたみたものの、私には漢字一つひとつがもったいない(笑)
719という番号付きです。これからもよろしくです。^-^


今日も良い1日となりますように☆^-^







最終更新日  July 31, 2010 03:28:40 PM
July 26, 2010
カテゴリ:スコーン
こんにちは^-^

フルーツとナッツのスコーン1
オレンジピールとレーズンとクルミが入ったリッチなスコーンです。
フルーツとナッツの風味がとても美味しいです。

フルーツとナッツのスコーン2
生地はなたね油(サラダ油でもOK)と水でシンプル、あっさり味にしました。
↑写真のスコーンは表面に豆乳を塗ってツヤを出していますが
ツヤ出ししなければ卵、乳製品、大豆製品なしで作れます。


花花花
   卵なし☆フルーツスコーンのレシピ♪

花花花

●材料(天板1枚分)

薄力粉                        200グラム

ベーキングパウダー                  小さじ2

なたね油(サラダ油でもOK)            40グラム※ 

水                            70CC

砂糖                           大さじ1

塩                            2つまみ

レーズン                        40グラム

オレンジピール                    50グラム

【お好みで】クルミ(細かく刻む)          30グラム   

【お好みで】ツヤ出し用の豆乳(牛乳でもOK)   小さじ1~2

※ツヤ出し用の豆乳は原料が大豆のみ、濃度9~10%、
 無糖の成分無調整豆乳を使用しています。

※油の分量は45グラムに増やすと、コネやすく、
 よりさっくり食感になってこれはこれでとても美味しいです。


●作り方
※以下の作り方に出てくる写真はすべてなたね油のスコーンです。

1.オレンジピールは5ミリ角にカットします。
  【お好みで】クルミは細かめに刻みます。(5~6ミリ角くらい)
  オーブンを200℃に温め始めます。
  天板にオーブンシートを敷いておきます。

2.別の器に水、塩、砂糖を入れてよく混ぜ溶かします。

3.大きめのボウルに薄力粉、ベーキングパウダーを入れ
  フォークなどでさっと混ぜ合わせ、なたね油を加えます。
  油を吸った粉のかたまりを、大豆粒~小豆粒くらいの大きさ
  となるように、フォークで混ぜます。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)1
  すべての粉を油となじませる必要はありません。
  

4.3に2と、レーズン、オレンジピール、【お好みで】クルミを
  加えてさっくり混ぜながらひとまとめにします。
  やわらかめの生地になります。
  もし生地がポロポロしてまとまらない場合は水(分量外)を
  小さじ1~2ずつ足してまとめます。
     
5.手や生地に十分に打ち粉(薄力粉、分量外)をして、
  打ち粉をした、オーブンシートなどのこねる用の台に置きます。
  生地を半分に折り、
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)2
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)3
  手のひらの下半分(親指のはらの部分)でギュッと押します。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)4
  手に生地がベトついてきたら、その都度打ち粉をしながら
  この作業を手早く、全部で20回します。

 ※やわらかい生地なのでボウルから取りだす時もこねる時も
  たくさんの生地が手にベトつきますが、そのたびに
  手に打ち粉をかけてこすりあわせればポロポロと生地が取れます。
  その取れた生地も混ぜ込んでこねていきます。
  こねの回数が20近くになると、生地に粘りが出てきて
  手につきにくい生地になってきます。

6.生地を厚み2センチ弱となるように丸いかたちに手で成形し、
  包丁で8等分にします。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)7

  天板にのせて【お好みで】ツヤ出し用の豆乳や牛乳を手早く表面に塗り、
  200℃に予熱したオーブンで11~12分ほど焼きます。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)8
  
 ※生地に粘りと弾力が出て、多少デコボコしています。
 
 ※ツヤ出し用の豆乳や牛乳は指3本使ってたっぷりめに塗ると
  きれいなツヤが出ます。
  生地をこすらないように手早く塗ります。


            お料理メモ

よくこねることで生地に弾力が出ます。
あまりこねないように作る生地に比べると、成形する時から
多少表面がデコボコしたり、側面にヒビができたりします。


            鳥さん

真夏でもスコーンを食べたくなって焼きたくなってしまいました(笑)
なたね油と水で練るスコーン生地はレーズンや
ナッツを入れるとても美味しくできます。
ごまも美味しいかもです^-^
水を使う時はバニラオイルを1~2滴たらすと
いい香りで焼けるかもです。今度やってみよう。


先日遊びに行ったお祭りで買ったパウンドケーキが
とてもとても美味しかったです。
紅茶味、オレンジ味、ドライフルーツ味、
あっというまに写真を取る間もなく食べてしまいました(笑)
「工房 夢ふうせん」というグループが製造・販売されています。
http://www.e-shops.jp/local/lsh/an/13/10010296.html
平日に工房内の「ショップゆめ」で販売しているそうですよ。^-^


今日も楽しい1日となりますように☆







最終更新日  January 13, 2011 11:08:06 AM
June 6, 2010
カテゴリ:スコーン
こんにちは♪

卵なし☆なたね油で作る紅茶のスコーン2
卵なし☆なたね油のスコーンの紅茶味です。
紅茶の葉をたくさん入れました。
ほのかに紅茶の香りがして美味しいです。
たくさんこねることで粉の香ばしさが出てくるのか、
なたね油の香りはほとんど気になりませんでした。

卵なし☆なたね油で作る紅茶のスコーン3
紅茶の葉は良い香りでしっかり香るものをお使いください。
ティーバッグ紅茶以外の茶葉を使う場合など
茶葉が大きい場合は、包丁で細かく切って使ってくださいね^-^

花花花
 卵なし☆なたね油の紅茶スコーンレシピ♪

花花花

●材料(天板1枚分)

薄力粉                        200グラム

ベーキングパウダー                  小さじ2

紅茶のティーバッグ(一袋2グラム)        2袋(4グラム)       
  
なたね油(サラダ油でもOK)             40グラム 

豆乳(牛乳でもOK)                  80CC

砂糖※                         10グラム

塩                            2つまみ 

ツヤ出し用の豆乳(牛乳でもOK)          小さじ1~2

※スコーンの場合は豆乳の代わりに牛乳でも作れます。

※豆乳は原材料が大豆のみ、濃度が9~10%の成分無調整の
 無糖豆乳をお使いください。この豆乳で試作しているためです。

※砂糖10グラムだと、甘みはほとんど感じられないかと思います。
 少しだけ甘みを付けたい場合は砂糖の分量を30グラム
 としてください。

●作り方

1.オーブンを200℃に温め始めます。
  天板にオーブンシートを敷いておきます。

2.別の器に豆乳、塩、砂糖を入れて、よく混ぜ溶かします。

3.大きめのボウルに薄力粉、紅茶の葉、ベーキングパウダーを入れ
  フォークなどでさっと混ぜ合わせ、なたね油を加えます。
  油を吸った粉のかたまりを、大豆粒~小豆粒くらいの大きさ
  となるように、フォークで混ぜます。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)1
  すべての粉を油となじませる必要はありません。

4.3に2を加えて、フォークで少し混ぜてひとまとめにします。
  とてもやわらかい生地になります。
   
5.手や生地に十分に打ち粉(薄力粉、分量外)をして、
  打ち粉をした、オーブンシートなどのこねる用の台に置きます。
  生地を半分に折り、(↓写真は卵なし☆なたね油のスコーンです)
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)2
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)3
  手のひらの下半分(親指のはらの部分)でギュッと押します。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)4
  手に生地がベトついてきたら、その都度打ち粉をしながら
  この作業を手早く、全部で20回します。

 ※やわらかい生地なのでボウルから取りだす時もこねる時も
  たくさんの生地が手にベトつきますが、そのたびに
  手に打ち粉をかけてこすりあわせればポロポロと生地が取れます。
  その取れた生地も混ぜ込んでこねていきます。
  こねの回数が20近くになると、生地に粘りが出てきて
  手につきにくい生地になってきます。

6.生地を厚み2センチ弱となるように丸いかたちに手で成形し、
  包丁で8等分にします。
  卵なし☆なたね油で作る紅茶のスコーン1
  天板にのせて豆乳を手早く表面に塗り、
  200℃に予熱したオーブンで11~12分ほど焼きます。
    
 ※生地に粘りと弾力が出て、多少デコボコしています。
 
 ※ツヤ出し用の豆乳は指3本使ってたっぷりめに塗ると
  きれいなツヤが出ます。
  生地をこすらないように手早く塗ります。


            お料理メモ

よくこねることで生地に弾力が出ます。
あまりこねないように作る生地に比べると、成形する時から
多少表面がデコボコしたり、側面にヒビができたりします。


冷めたスコーンも美味しいですが、
レンジで少し温めてトースターで少し焼くのも美味しかったです。


            鳥さん

今回は打ち粉を少なめにしてこね始めてしまったために、
手にも台にもたくさん生地がベトついて、
どうなることかと思いましたが(笑)
打ち粉を増やして手や台に付いた生地を取りながら、
こねているうちに、生地が落ち着いてきました。良かったです^-^
打ち粉は十分にしてくださいね。


紅茶味だと少し甘みを感じたいので
お砂糖は30グラム入れて作りました。
美味しかったです四つ葉


今日も皆さんにとって楽しい1日となりますように☆







最終更新日  July 29, 2010 09:19:43 PM
June 4, 2010
カテゴリ:スコーン
こんにちは^-^

なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)5
なたね油で香ばしいとても美味しいスコーンが出来ました^-^
サラダ油でも同様に作れます。卵なしです。

なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)6
ベーキングパウダーはそれまでのレシピと同じ分量なのですが、
生地の混ぜ方、こね方を変えたらとてもよく膨んで、
粉っぽさがなくなって香ばしい美味しい生地になりました。


家族にも好評で、今まで作ってきたスコーンの中で
一番お気に入りになったかも、です。

花花花
  卵なし☆なたね油のスコーンレシピ♪

花花花

●材料(天板1枚分)

薄力粉                        200グラム

ベーキングパウダー                  小さじ2

なたね油(サラダ油でもOK)             40グラム 

豆乳(牛乳でもOK)                  80CC

砂糖                           大さじ1

塩                            2つまみ 

ツヤ出し用の豆乳(牛乳でもOK)         小さじ1~2

※スコーンの場合は豆乳の代わりに牛乳でも作れます。

※豆乳は原材料が大豆のみ、濃度が9~10%の成分無調整の
 無糖豆乳をお使いください。この豆乳で試作しているためです。


●作り方

1.オーブンを200℃に温め始めます。
  天板にオーブンシートを敷いておきます。

2.別の器に豆乳、塩、砂糖を入れて、よく混ぜ溶かします。

3.大きめのボウルに薄力粉、ベーキングパウダーを入れ
  フォークなどでさっと混ぜ合わせ、なたね油を加えます。
  油を吸った粉のかたまりを、大豆粒~小豆粒くらいの大きさ
  となるように、フォークで混ぜます。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)1
  すべての粉を油となじませる必要はありません。
  

4.3に2を加えて、フォークで少し混ぜてひとまとめにします。
  とてもやわらかい生地になります。
   
5.手や生地に十分に打ち粉(薄力粉、分量外)をして、
  打ち粉をした、オーブンシートなどのこねる用の台に置きます。
  生地を半分に折り、
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)2
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)3
  手のひらの下半分(親指のはらの部分)でギュッと押します。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)4
  手に生地がベトついてきたら、その都度打ち粉をしながら
  この作業を手早く、全部で20回します。

 ※やわらかい生地なのでボウルから取りだす時もこねる時も
  たくさんの生地が手にベトつきますが、そのたびに
  手に打ち粉をかけてこすりあわせればポロポロと生地が取れます。
  その取れた生地も混ぜ込んでこねていきます。
  こねの回数が20近くになると、生地に粘りが出てきて
  手につきにくい生地になってきます。

6.生地を厚み2センチ弱となるように丸いかたちに手で成形し、
  包丁で8等分にします。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)7

  天板にのせて豆乳を手早く表面に塗り、
  200℃に予熱したオーブンで11~12分ほど焼きます。
  なたね油で作る美味しいスコーン(サラダ油でもOK)8
  
 ※生地に粘りと弾力が出て、多少デコボコしています。
 
 ※ツヤ出し用の豆乳は指3本使ってたっぷりめに塗ると
  きれいなツヤが出ます。
  生地をこすらないように手早く塗ります。


            お料理メモ

よくこねることで生地に弾力が出ます。
あまりこねないように作る生地に比べると、成形する時から
多少表面がデコボコしたり、側面にヒビができたりします。


冷めたスコーンも美味しいですが、
レンジで少し温めてトースターで少し焼くのも美味しかったです。


            鳥さん

今まで、なたね油で作ったスコーンは
粉っぽい食感や油の香りが気になっていて、
レーズンを足したり、片栗粉を足したり、
色々工夫して作っていました。


お菓子作りが上手でイギリスのお菓子にも詳しいお友達が
「スコーンは20回くらいこねる」と言っていたのを思い出して
試しにやってみたのです。


そしたら、生地の粉っぽさがなくなって
なたね油の香りはまったく気にならなくなって、
パイ生地のような香ばしさが出て、美味しく出来ました♪
膨らみもとても良くなりました。
こねることで粉の粘りや旨みのようなものが出るのかも?です。
卵やバター、マーガリンなしでも十分に美味しいです。


ずっと前から「これ!!!」という美味しいスコーンのレシピに
出会いたいな~と思っていたので、
とても嬉しかったです^-^コツは20回です。


以前にご紹介していたマーガリンのスコーンレシピも
このやり方で作ってみようと思います。


今日も皆さんにとって楽しい1日となりますように☆







最終更新日  July 29, 2010 09:22:06 PM
April 14, 2010
カテゴリ:スコーン
かぼちゃのスコーン2
かぼちゃをたくさん入れたスコーンも食べたくなって(笑)
作ってみました。やわらか食感で、甘みはかすかで優しい味です。


かぼちゃは生地をしっとりとしてくれるので
かぼちゃをたくさん入れた分だけ油分や水分を減らしてみました。


かぼちゃの味がしてとっても美味しかったです。
シナモンが入ると香りや味が引き締まった感じがして
いいな~と感じています。
今回は手で丸めてみました。

花花花
     かぼちゃスコーンのレシピ♪

花花花

●材料(直径5~6センチの丸型約13個分、天板2枚使います)

薄力粉                        200グラム

ベーキングパウダー                  小さじ2

かぼちゃ                     正味200グラム
※ヘタ、種(皮はお好みで)を取り除き
 茹でる、蒸すなどして柔らかくした
 かぼちゃから量り取ります

砂糖                          30グラム

塩                            2つまみ 

シナモン                        小さじ1/3

なたね油 または サラダ油              30グラム 

豆乳                          大さじ2※

ツヤ出し用の豆乳(牛乳でもOK)           少々


※スコーンの場合は豆乳の代わりに牛乳でも作れます。
 豆乳は原材料が大豆のみ、濃度が9~10%の成分無調整の
 無糖豆乳をお使いください。この豆乳で試作しているためです。

※豆乳の分量はかぼちゃの水分によって加減します。
 詳しくは作り方の3,4をご参照ください。

※かぼちゃはヘタ、種などを取り除き(皮はお好みで)
 箸先がスッと入るくらいに柔らかく火を通したものから
 200グラム量り取ります。
 冷凍かぼちゃは冷凍したまま量り取って大丈夫です。


●作り方

1.かぼちゃのヘタ、種、イボ(皮はお好みで)を取り除いて、
  蒸すなどして柔らかくなるまで火を通してから200グラム量り取ります。
  分量よりもやや多めのかぼちゃに火を通しておくことをおススメいたします。
  冷凍かぼちゃは先に量り取ってレンジで熱々にします。
  
 ※箸先がスッと通るくらい柔らかめに火を通します。
  もし火の通りが弱いとあとで固い粒々が残り食感に影響します。
  
 ※私はいつも、厚さ5ミリのくし切りにして、蒸し器で
  10分蒸しています。かぼちゃの種類や鮮度によって
  蒸し時間が少し変わることはありますが、
  だいたいこれくらい火を通すと、皮まで柔らかくなります。

2.オーブンを200℃に温め始めます。
  天板にオーブンシートを敷きます。

3.かぼちゃが熱々のうちに大きめのボウルに入れて、
  フォークの背でつぶしてなめらかにします。
  砂糖、塩、油、シナモン、分量の豆乳のうち大さじ1を
  加えてさらにつぶしながらよく混ぜます。
  熱々のかぼちゃをつぶしています
 ※かぼちゃの小さなツブツブが多少残っていても大丈夫です。

4.別のボウルに薄力粉、ベーキングパウダーを入れ
  ヘラでさっと混ぜ合わせ、3に加えて
  ヘラで混ぜながらひとまとめにします。
  生地がボロっとしてひとまとまりにならなさそうなら
  残りの豆乳大さじ1を足してまとめていきます。

※生地がまだボロっとしてまとまらなければ、豆乳を小さじ1ずつ足して
 様子を見てください。
 もし生地がやわらかすぎてひとまとめにできなさそうなら、
 薄力粉を大さじ1くらいずつ足して様子を見てください。
    
6.生地を直径4センチくらいのボールの形にして、
  天板にのせて、高さ2センチくらいになるように
  上から少し押して成形します。
  かぼちゃのスコーン1
  200度に予熱したオーブンで12分ほど焼きます。

※何度か作りましたが、打ち粉がなくても大丈夫でした。
 もし手にベトつきそうだったり、ベトつくようなら
 打ち粉(薄力粉でも強力粉でも)をしてください。

              お料理メモお料理メモ♪

私はホクホクしたエビスかぼちゃを使いました。
今回は豆乳は大さじ2使いました。


              鳥さん

成城石井というスーパーマーケットが東京のあちこちにあるのですが、
この成城石井オリジナルのスコーンがとても美味しいです。
形が手でササッと丸めたような形をしています。
その形をイメージして作ってみました。


「こんなお菓子レシピがあったら、、」と
リクエストしてくださった皆様、ありがとうございます。
私も楽しんで試作させていただいています♪
楽しみにしていてくださいね^-^


sunflower70chさん、ブログをお気に入り登録してくださって
どうもありがとうございます。とても嬉しかったです^-^
私もリンクいただきました♪これからもどうぞよろしくお願いいたします。
掲示板など今は閉じていらっしゃったので、
ここに書かせて頂きました。
sunflower70chさんに届いていると嬉しいな、と思います。^-^


今日も皆様にとって素敵な1日となりますように☆









最終更新日  July 31, 2010 09:43:26 AM
このブログでよく読まれている記事

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.