2159585 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

幸せの楽しいお菓子レシピ

PR

X

全5件 (5件中 1-5件目)

1

くず餅

July 23, 2010
XML
カテゴリ:くず餅
こんにちは^-^お久しぶりです。

抹茶味の豆乳くず餅
家族にくず餅がとても好評で、
毎日くず餅をいろいろな味付けで作っています。
豆乳くず餅に抹茶を入れました。


甘みはかなり控えめです。そのままでも美味しいですが
きな粉+砂糖や黒蜜、砂糖だけなど、
甘みを足すととても美味しいです。


抹茶の香りと味がしっかり感じられて、
もちもち、ムチムチ、プルンとした食感です。
冷やしていただく方がよりもちもちして美味しいです。


これも家族に好評だったのでレシピUPです。
ブログにメモしておけば来年の夏も
いつかおばあちゃんになっても忘れず作れます(笑)
ブログは本当に便利で良いですね^-^

花花花
     抹茶味☆豆乳くず餅のレシピ♪
花花花

●材料(2人分)

豆乳※                       200CC

葛粉(くずこ)※                  25グラム

抹茶                        小さじ1

砂糖                        10グラム 

塩                         1/2つまみ

バニラオイル                    1~2滴

※豆乳は濃度9~10%の原料が大豆のみの成分無調整豆乳を
 お使いください。スーパーの牛乳売り場でよくみかける豆乳です。

※葛粉の代わりに同量の片栗粉でも作れます。

●作り方

1.大きめの鍋に
  豆乳、葛粉(片栗粉)、抹茶、砂糖、塩、バニラオイルを入れて
  ヘラや泡立て器でよくかき混ぜて
  下に沈みこんで固まりになっている葛粉がないようにします。
  抹茶の豆乳くず餅1
  
 ※ゴロっとした粒状の(パウダータイプではない)葛粉を使用する場合は
  まず葛粉を入れ、分量の豆乳の1/4ほどを加えて、
  箸の後ろ側などを使って葛粉を押しつぶしながら、溶かし、
  それから、残りの材料を加えてよく混ぜて
  下に沈みこんで固まりになっている葛粉がないようにします。

2.泡立て器やヘラで鍋底をよくかき混ぜながら中火にかけ、
  粉が底に沈まないようによく混ぜます。
  途中ダマダマした固まりが出来てボソボソした生地となっても
  混ぜ続ければなめらかになりますので大丈夫です。  
  だんだんと固まってきてドロリとしてきます。
  フツフツと沸騰してきたら
  15秒ほど煮ながら混ぜ続け、生地がなめらかになったら火からおろします。
  豆乳のくず餅2
  (↑写真は豆乳くず餅です。)

  ヘラを使って水に濡らした容器に移し、冷まします。
  抹茶の豆乳くず餅2

3.完全に冷めたら冷蔵庫で冷やし
  水で濡らしたナイフで切り分けて皿に移し、
  お好みでメープルシロップや砂糖、ゆであずき、
  きな粉と砂糖を混ぜ合わせたものなどをかけて頂きます。

 ※ナイフで切り分けたくず餅に水(分量外)を少量かけますと、
  ツルンとして取り分けがラクにできます。

 ※冷蔵庫で冷やさなくても美味しく頂けます。
  冷やした方が切り分けや取り分けがしやすいです。

            キッチンツール お料理メモ♪


甜菜糖(てんさいとう)でシロップを作ってかけても
とても美味しいです。
てんさい糖大さじ1と水小さじ2を容器に入れて
レンジで少しずつ温めながらてんさい糖を溶かしたら
出来上がりです。これで約2人分です。
てんさい糖と水の割合は3:2です。
この割合でお好みの量を作ってくださいね^-^


余裕のある大きさの鍋をお使いくださいね。
混ぜる作業がしやすいと思いました。


葛粉も片栗粉も下に沈みますので、
鍋に火をかける前から混ぜ続けるようにします。


葛粉(くずこ)はパウダー状のものが便利でおススメです。
ネットショップで「葛粉 微粉末」で検索されますと出てきます。
また、おススメしている材料や道具(豆乳、型など)ページでも
紹介しています。

             ヨーヨー

くず餅を毎日作っているうちに葛粉がなくなってきたので
ネットショップで買い足しました。


豆乳で作るくず餅はお水で作るくず餅に比べて
よりもちもちっとしています。
バニラオイルを入れると豆乳の香りは弱まって
少し洋風な香りになります。


楽しい休日となりますように☆








最終更新日  February 19, 2013 09:35:58 PM


July 8, 2010
カテゴリ:くず餅
こんにちは^-^

豆乳のくず餅4
もちもち食感のくず餅の分量の水を豆乳に代えて
甘みも少し足して作りました。
きな粉とお砂糖を混ぜ合わせたものをかけて頂きましたが
とても美味しいです^-^


花花花
       豆乳くず餅のレシピ♪
花花花

●材料(2人分)

豆乳※                       200CC

葛粉(くずこ)※                  25グラム

砂糖                        10グラム 

塩                         1/2つまみ

※豆乳は濃度9~10%の原料が大豆のみの成分無調整豆乳を
 お使いください。スーパーの牛乳売り場でよくみかける豆乳です。

※葛粉の代わりに同量の片栗粉でも作れます。

●作り方

1.鍋に豆乳、葛粉(片栗粉)、砂糖、塩を入れて
  ヘラや泡立て器でよくかき混ぜて
  下に沈みこんで固まりになっている葛粉がないようにします。
  豆乳のくず餅1
  
 ※ゴロっとした粒状の(パウダータイプではない)葛粉を使用する場合は
  まず葛粉を入れ、分量の豆乳の1/4ほどを加えて、
  箸の後ろ側などを使って葛粉を押しつぶしながら、溶かし、
  それから、残りの豆乳、砂糖、塩を加えてよく混ぜて
  下に沈みこんで固まりになっている葛粉がないようにします。

2.泡立て器やヘラで鍋底をよくかき混ぜながら中火にかけ、
  粉が底に沈まないようによく混ぜます。
  途中ダマダマした固まりが出来てボソボソした生地となっても
  混ぜ続ければなめらかになりますので大丈夫です。  
  だんだんと固まってきてドロリとしてきます。
  フツフツと沸騰してきたら
  15秒ほど煮ながら混ぜ続け、生地がなめらかになったら火からおろします。
  豆乳のくず餅2
  ヘラを使って水に濡らした容器に移し、冷まします。
  豆乳のくず餅3

3.完全に冷めたら冷蔵庫で冷やし
  水で濡らしたナイフで切り分けて皿に移し、
  お好みでメープルシロップや砂糖、ゆであずき、
  きな粉と砂糖を混ぜ合わせたものなどをかけて頂きます。

 ※ナイフで切り分けたくず餅に水(分量外)を少量かけますと、
  ツルンとして取り分けがラクにできます。

 ※冷蔵庫で冷やさなくても美味しく頂けます。
  冷やした方が切り分けや取り分けがしやすいです。

            キッチンツール お料理メモ♪

鍋で煮た直後の生地をスプーンですくって
氷水に落とすとすぐ固まって冷たくなってすぐに食べられます♪
もちもち食感のくず餅(スプーンですくい落とす)1
もちもち食感のくず餅(スプーンですくい落とす)2
(↑こちらの写真はもちもち食感のくず餅です。)
ココナッツミルクのくず餅6
(↑こちらの写真はココナッツミルクのくず餅ですが、こちらと同様に出来上がります。)

甜菜糖(てんさいとう)でシロップを作ってかけても
とても美味しいです。
てんさい糖大さじ1と水小さじ2を容器に入れて
レンジで少しずつ温めながらてんさい糖を溶かしたら
出来上がりです。これで約2人分です。
てんさい糖と水の割合は3:2です。
この割合でお好みの量を作ってくださいね^-^


余裕のある大きさの鍋をお使いくださいね。
混ぜる作業がしやすいと思いました。


葛粉も片栗粉も下に沈みますので、
鍋に火をかける前から混ぜ続けるようにします。


葛粉(くずこ)はパウダー状のものが便利でおススメです。
ネットショップで「葛粉 微粉末」で検索されますと出てきます。
また、おススメしている材料や道具(豆乳、型など)ページでも
紹介しています。

             てんとうむし2

写真には載せませんでしたが、ゆであずきと一緒でも
とても美味しかったです。


生協のゆであずきってとても美味しいです^-^
味が濃くて甘さ控えめで、おはぎのあんこのようでした。
↓こちらのゆであずきです。
http://www.ucoop.or.jp/oisii_coop/2009html/094302.html


今日も楽しい1日となりますように☆







最終更新日  July 31, 2010 02:43:47 PM
July 6, 2010
カテゴリ:くず餅
こんにちは^-^

抹茶のくず餅3
もちもち食感のプレーンなくず餅に抹茶を入れて
甘みを少し付けて作りました。もちもち&プルンとしてやわらかな食感です。
抹茶の味と苦みがしっかり感じられて美味しいです^-^

抹茶のくず餅4
缶詰のゆであずきをのせたらとても美味しかったです。
先日初めてくず餅を作って以来、子供たちにとても好評で
くず餅レシピが続いています。まだ続くかもです(笑)

花花花
       抹茶のくず餅レシピ♪
花花花

●材料(2人分)

水                          200CC

抹茶                         小さじ1

葛粉(くずこ)※                  25グラム

砂糖                        10グラム 

塩                         1/2つまみ

↓こちらは召し上がる時にお好みの量をかけてください。  
・きな粉と砂糖を混ぜたもの
・黒蜜、メープルシロップ、お砂糖など
・ゆであずき

※葛粉の代わりに同量の片栗粉でも作れます。

●作り方

1.鍋に水、抹茶、葛粉(片栗粉)、砂糖、塩を入れて
  泡立て器やヘラでよくかき混ぜ、
  下に沈みこんで固まりになっている葛粉がないようにします。
  抹茶のくず餅1
  
 ※ゴロっとした粒状の(パウダータイプではない)葛粉を使用する場合は
  まず葛粉を入れ、分量の水の1/4ほどを加えて、
  箸の後ろ側などを使って葛粉を押しつぶしながら、溶かし、
  それから、残りの水、抹茶、砂糖、塩を加えてよく混ぜて
  下に沈みこんで固まりになっている葛粉がないようにします。

2.泡立て器やヘラで鍋底をよくかき混ぜながら中火にかけ、
  粉が底に沈まないようによく混ぜます。
  途中ダマダマした固まりが出来ても、
  混ぜ続ければなじみますので大丈夫です。  
  沸騰してドロリとしてきても
  生地全体が透き通るまで混ぜ続け、火からおろします。
  抹茶のくず餅2

3.生地が熱々のうちにスプーンですくって
  もちもち食感のくず餅(スプーンですくい落とす)1
  氷水に落とします。
  もちもち食感のくず餅(スプーンですくい落とす)2
  (↑こちらの写真はもちもち食感のプレーンなくず餅です。)

  十分に冷えたら容器に盛って  
  お好みで黒蜜や砂糖、きな粉と砂糖をまぜたものや
  ゆであずきなどをかけて頂きます。

            キッチンツール お料理メモ♪

生地を大きめ容器に流し入れて冷やし固めてから
ナイフで切り分けることもできます。
もちもち食感のプレーンなくず餅の作り方2~3を
ご参照くださいね。



甜菜糖(てんさいとう)でシロップを作ってかけても
とても美味しいです。
てんさい糖大さじ1と水小さじ2を容器に入れて
レンジで少しずつ温めながらてんさい糖を溶かしたら
出来上がりです。これで約2人分です。
てんさい糖と水の割合は3:2です。
この割合でお好みの量を作ってくださいね^-^


余裕のある大きさの鍋をお使いくださいね。
混ぜる作業がしやすいと思いました。


葛粉も片栗粉も下に沈みますので、
鍋に火をかける前から混ぜ続けるようにします。


葛粉(くずこ)はパウダー状のものが便利でおススメです。
ネットショップで「葛粉 微粉末」で検索されますと出てきます。
また、おススメしている材料や道具(豆乳、型など)ページでも
紹介しています。

             てんとうむし2


今日も皆さんにとって素敵な1日となりますように☆







最終更新日  February 19, 2013 09:34:54 PM
July 4, 2010
カテゴリ:くず餅
こんにちは^-^

ココナッツミルクのくず餅1
ココナッツミルクの缶詰と葛粉(くずこ)で作る、
のど越しの良い冷たいデザートです。
食感はこちらのくず餅と同じでもちもち、プルンとしてやわらかです。
ココナッツミルクの香りと味が良くて美味しいです。
乳製品、大豆製品なしです。片栗粉でも作れます。

ココナッツミルクのくず餅2
くず餅自体の甘さは控えめにしました。
↑こちらはてんさい糖シロップを少しかけています。
てんさい糖シロップの作り方はレシピ下の
「お料理メモ」に書きました。
メープルシロップやお砂糖などお好きな甘みを付けてくださいね^-^

花花花
    ココナッツミルクのくず餅レシピ♪
花花花

●材料(2人分)

ココナッツミルク(缶詰)※             200CC

葛粉(くずこ)※                  25グラム

砂糖                        10グラム 

塩                         1/2つまみ

※葛粉の代わりに同量の片栗粉でも作れます。

※ココナッツミルク缶詰は水分と油分が分離していますので、
 よく混ぜてから計り取ってください。 

●作り方

1.鍋にココナッツミルク、葛粉(片栗粉)、砂糖、塩を入れて
  ヘラや泡立て器でよくかき混ぜて
  下に沈みこんで固まりになっている葛粉がないようにします。
  ココナッツミルクのくず餅3
  
 ※ゴロっとした粒状の(パウダータイプではない)葛粉を使用する場合は
  まず葛粉を入れ、分量のココナッツミルクの1/4ほどを加えて、
  箸の後ろ側などを使って葛粉を押しつぶしながら、溶かし、
  それから、残りのココナッツミルク、砂糖、塩を加えてよく混ぜて
  下に沈みこんで固まりになっている葛粉がないようにします。

2.泡立て器やヘラで鍋底をよくかき混ぜながら中火にかけ、
  粉が底に沈まないようによく混ぜます。
  途中ダマダマした固まりが出来てボソボソした生地となっても
  混ぜ続ければなめらかになりますので大丈夫です。  
  だんだんと固まってきてドロリとしてきます。
  フツフツと沸騰してきたら
  15秒ほど煮ながら混ぜ続け、生地がなめらかになったら火からおろします。
  ココナッツミルクのくず餅4
  ヘラを使って水に濡らした容器に移し、冷まします。
  ココナッツミルクのくず餅5

3.完全に冷めたら冷蔵庫で冷やし
  水で濡らしたナイフで切り分けて皿に移し、
  お好みでメープルシロップや砂糖などをかけて頂きます。

 ※ナイフで切り分けたくず餅に水(分量外)を少量かけますと、
  ツルンとして取り分けがラクにできます。

 ※冷蔵庫で冷やさなくても美味しく頂けます。
  冷やした方が切り分けや取り分けがしやすいです。

            キッチンツール お料理メモ♪

鍋で煮た直後の生地をスプーンですくって
氷水に落とすとすぐ固まって冷たくなってすぐに食べられます♪
もちもち食感のくず餅(スプーンですくい落とす)1
もちもち食感のくず餅(スプーンですくい落とす)2
(↑こちらの写真はもちもち食感のくず餅です。)
ココナッツミルクのくず餅6


甜菜糖(てんさいとう)でシロップを作ってかけても
とても美味しいです。
てんさい糖大さじ1と水小さじ2を容器に入れて
レンジで少しずつ温めながらてんさい糖を溶かしたら
出来上がりです。これで約2人分です。
てんさい糖と水の割合は3:2です。
この割合でお好みの量を作ってくださいね^-^


余裕のある大きさの鍋をお使いくださいね。
混ぜる作業がしやすいと思いました。


葛粉も片栗粉も下に沈みますので、
鍋に火をかける前から混ぜ続けるようにします。


葛粉(くずこ)はパウダー状のものが便利でおススメです。
ネットショップで「葛粉 微粉末」で検索されますと出てきます。
また、おススメしている材料や道具(豆乳、型など)ページでも
紹介しています。

             てんとうむし2


皆さんにとって楽しい週末となりますように☆







最終更新日  February 19, 2013 09:34:22 PM
July 1, 2010
カテゴリ:くず餅
こんにちは^-^

もちもち食感の葛餅(くずもち)6
シンプルな葛餅(くずもち)レシピです。
作りたてはプルンとしてもちもちした食感です。
砂糖は入れずにお餅を作り、後からお好みで甘みを付けてから頂きます。
写真は黒蜜をかけています。

もちもち食感の葛餅(くずもち)7
葛粉(くずこ)でも片栗粉でも作れます。
作りたてを頂くのが一番食感が良くて美味しいです。


もちもち食感のくず餅(スプーンですくい落とす)3
↑こちらは出来立て熱々の生地をスプーンですくって
氷水に落として作りました。これだとすぐ食べられます。
てんさい糖シロップをかけています。
スプーンですくい落とす写真とてんさい糖シロップの作り方は
レシピの下の「料理メモ」に書きました。

もちもち食感の葛餅(くずもち)5
↑こちらはきな粉と砂糖と塩少々を混ぜ合わせたものを
かけています。こちらもとても美味しいです。


花花花
     もちもち食感のくず餅レシピ♪
花花花

●材料(2人分)

水                          200CC

葛粉(くずこ)※                  25グラム 

塩                         1/2つまみ

【お好みで】砂糖                   大さじ1        

↓こちらは召し上がる時にお好みの量をかけてください。  
・きな粉と砂糖を混ぜたもの
・黒蜜、メープルシロップなど

※葛粉の代わりに同量の片栗粉でも作れます。

●作り方

1.鍋にすべての材料を入れて
  ヘラや泡立て器でよくかき混ぜ、
  下に沈みこんで固まりになっている葛粉がないようにします。
  もちもち食感の葛餅(くずもち)1
  
 ※ゴロっとした粒状の(パウダータイプではない)葛粉を使用する場合は
  まず葛粉を入れ、分量の水の1/4ほどを加えて、
  箸の後ろ側などを使って葛粉を押しつぶしながら、溶かし、
  それから、残りの水と材料を加えてよく混ぜて
  下に沈みこんで固まりになっている葛粉がないようにします。

2.ヘラや泡立て器で鍋底をよくかき混ぜながら中火にかけ、
  粉が底に沈まないようによく混ぜます。
  途中ダマダマした固まりが出来ても、
  混ぜ続ければなじみますので大丈夫です。  
  沸騰してドロリとしてきても混ぜ続け、
  生地の色が透き通ったら火からおろして
  もちもち食感の葛餅(くずもち)2
  ヘラを使って水に濡らした容器に移し、冷まします。
  もちもち食感の葛餅(くずもち)3

3.完全に冷めたら冷蔵庫で冷やし
  水で濡らしたナイフで切り分けて皿に移し、
  もちもち食感の葛餅(くずもち)4

  お好みで黒蜜やきな粉と砂糖をまぜたものを
  かけて頂きます。

 ※ナイフで切り分けたくず餅に水(分量外)を少量かけますと、
  ツルンとして取り分けがラクにできます。

 ※冷蔵庫で冷やさなくても美味しく頂けます。
  冷やした方が切り分けや取り分けがしやすいです。

            キッチンツール お料理メモ♪

鍋で煮た直後の生地をスプーンですくって
もちもち食感のくず餅(スプーンですくい落とす)1
氷水に落とすと、
もちもち食感のくず餅(スプーンですくい落とす)2
すぐ固まって冷たくなってすぐに食べられます♪


甜菜糖(てんさいとう)でシロップを作ってかけても
とても美味しいです。
てんさい糖大さじ1と水小さじ2を容器に入れて
レンジで少しずつ温めながらてんさい糖を溶かしたら
出来上がりです。これで約2人分です。
てんさい糖と水の割合は3:2です。
この割合でお好みの量を作ってくださいね^-^


余裕のある大きさの鍋をお使いくださいね。
混ぜる作業がしやすいと思いました。


葛粉も片栗粉も下に沈みますので、
鍋に火をかける前から混ぜ続けるようにします。


葛粉(くずこ)はパウダー状のものが便利でおススメです。
ネットショップで「葛粉 微粉末」で検索されますと出てきます。
また、おススメしている材料や道具(豆乳、型など)ページでも
紹介しています。

             てんとうむし2


私がいつも見ている本に書いてあることですが、、、
葛粉は体を温める、消炎、整腸、解熱、頭痛を解消、
お酒の悪酔い予防の作用があるほか、
女性ホルモンのように働く成分もあるそうです。


今日も皆さんにとって素敵な1日となりますように☆






最終更新日  February 19, 2013 09:33:51 PM
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.