2164241 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

幸せの楽しいお菓子レシピ

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

ドーナツ、揚げ菓子

September 29, 2011
XML
こんにちは^^

普通のドーナツ5
卵入りのプレーンドーナツのレシピです。
揚げたては外側が少しサックリして中はふっくらです。
そのままで食べても美味しかったです。

普通のドーナツ7
↑こちらはきび砂糖とシナモンをまぶしました。
こちらも美味しかったです。
食感、味、固さがオールドファッションドーナツと
よく似ています。型抜きできるタイプの生地です。


花花花
      普通のドーナツ☆レシピ♪

花花花

●材料(作りやすい分量)

薄力粉                        200グラム

ベーキングパウダー                  小さじ2

卵                             1個   

砂糖                          50グラム

塩                            2つまみ

油(なたね油、サラダ油)              20グラム 

水                         大さじ1/2 

【お好みで】バニラオイル              1~2滴 
【お好みで】ブランデー                小さじ1 

揚げ油                          適量

砂糖(まぶしかける用)                大さじ1
【お好みで】シナモン                  適量


●作り方

1.揚げ物の準備をします。
  鍋に揚げ油を適量入れます。
  大きめの平皿にキッチンペーパーなど、
  油を吸ってくれる紙を敷いておきます。

2.ボウルに薄力粉、ベーキングパウダーを入れ
  泡だて器やフォークでよく混ぜ合わせておきます。 
  普通のドーナツ1

 ※ベーキングパウダーが固形化していたら、茶こし器などで
  ふるって加えてください。

3.別の大きめのボウルに卵、砂糖、塩、油、水と、
  お好みでバニラオイルやブランデーを入れて、
  泡だて器でよく混ぜ溶かします。
  普通のドーナツ2
  
4.3に2を加えいれ、ヘラで粉類がなじむまで
  混ぜ合わせます。まとまってきたら
  それ以上はこね混ぜないようにします。

  水分が少なくてなかなかひとまとめにならない場合は
  水小さじ1(分量外)ずつ足して様子をみます。
  生地の水分はその時に使う卵の大きさによって違ってきます。
  逆に、生地がベトついてまとまらないときは
  薄力粉を小さじ1(分量外)ずつ足して様子をみます。

 ※こねすぎると膨らみが少なくなります。
  
5.生地を取りだし、こね台などに置き、
  生地の厚みが約1センチとなるように手で成形します。
  包丁で2センチ×4~5センチにカットします。
  普通のドーナツ3
 ※生地がベトつく場合は打ち粉(分量外)をしてください。
  
6.170℃の揚げ油に生地をそっと入れて揚げます。
  片面が程よいキツネ色となってから裏返すようにします。
  その方がプクっとしてよく膨らんでくれます。
  紙を敷いた皿に移します。
  普通のドーナツ4

 ※170℃の油は、箸先を揚げ油の底まで入れたときに、
  箸先からすぐに泡が出てきて、その泡がシュワーっと
  上に上がってくるくらいです。
  箸からゆ~っくりと泡が出てきたらもう少し温めます。
  箸を油に付けた瞬間からジュワっと泡が出てきたら
  180℃以上なので、油を足すか、一度火からおろすかして
  温度を下げます。

7.ドーナツに砂糖をまぶす場合は、
  ドーナツを3分ほど冷ましてからビニール袋に入れ、
  まぶす用の砂糖とシナモンを加え、口を閉めてから
  シャカシャカと混ぜ合わせます。
  普通のドーナツ6  


          お料理メモお料理メモ♪

生地をこねすぎたり、混ぜすぎると膨らみが少なくなり、
ドーナツのぷっくりとした割れが出来ないことがあります。


揚げ油の温度は常に変化していきます。
常に温度の調節が必要です。


             ドーナッツ♪ベーグル♪

この生地を基本にココア味や抹茶味も作ってみたいなと思います。


それではまた(^ ^)/~~~







最終更新日  September 29, 2011 03:39:19 PM


June 23, 2010
こんにちは^-^

卵なし☆かりんとうドーナツ3
卵なし☆シンプルなドーナツに砂糖シロップを
たくさんかけて作りました。
てんさい糖を使ったのでシロップが茶色です。


外側はシロップが固まってアイシングや
シュガーグレーズのような感じで、
中はさっくりやわらかな食感です。甘くて美味しいです。

卵なし☆かりんとうドーナツ4
↑シロップがよくしみ込んでいます♪
作ったその日は、爪の先でつんつんすると
コンコン、という音がするくらい砂糖が固まっていますが、
翌日は砂糖と揚げ油がなじんできて、
市販のかりんとうドーナツの味と食感とよく似ていました。


花花花
     かりんとうドーナツのレシピ♪

花花花

●材料(作りやすい分量)

<かりんとうドーナツ生地>
薄力粉                        100グラム

ベーキングパウダー                  小さじ1

水                            50CC

砂糖                          10グラム

塩                            1つまみ

バニラオイル                      1~2滴 

油(なたね油、サラダ油)              10グラム 

揚げ油                          適量

<砂糖シロップ・アイシング>
砂糖                           50グラム

水                             20CC

●作り方

1.砂糖シロップ(アイシング)を作ります。
  大きめの器(レンジOKのもの)に砂糖と水を入れて、
  レンジで600Wで30秒温めてよく混ぜ溶かします。
  溶け残りがあれば、もう10~20秒温めてよく混ぜておきます。  

  鍋で作る場合は、大きめの鍋に砂糖、水を入れて
  中火で沸騰する直前まで温めたらすぐ火を止めて
  よく混ぜ溶かしておきます。
  卵なし☆かりんとうドーナツ1
 ※↑写真ではてんさい糖を使用したので茶色となりました。 

2.卵なし☆シンプルなドーナツの作り方1~6を参照して
  ドーナツを揚げます。
  卵なし☆シンプルドーナツ6

3.ドーナツが揚げたてのうちに、もしくは
  ドーナツを揚げているあいだに、
  1の砂糖シロップを最後にもう30秒レンジ600Wで温めて
  サラっとさせ、ドーナツとなじませやすくします。
  鍋で作ってある場合は、もう1度火にかけて
  サラッとしたら火を止めます。

4.ドーナツを熱々のうちに3に入れて菜箸や大きめスプーンなどで
  シロップがドーナツ全体によくなじむように
  さっくりと混ぜ合わせます。
  卵なし☆かりんとうドーナツ2
 ※↑もう少し大きめの器の方が混ぜやすいな、と
  思いました(笑)

5.オーブンシートにドーナツがくっつかないように並べて
  冷まし、表面の砂糖シロップが固まったら裏返して
  裏側のシロップも固まったらできあがりです。

            お料理メモお料理メモ♪

砂糖シロップをドーナツにからめるときは
熱いので気を付けてくださいね^-^


             アジサイ♪

かりんとうドーナツ(かりんとドーナツ?ドーナツかりんとう?)が
大好きで、いつか作ってみたいな、と思っていました。
レシピが完成してとても嬉しいです。


初めはお砂糖を少なめで水で薄めて
アイシングを作って試していたら、
なかなか市販のかりんとうドーナツっぽくならなかったです。
思いきって砂糖50グラム使ったら
分量も甘みもちょうど良かったです。


今日も楽しい1日となりますように☆








最終更新日  July 29, 2010 09:08:49 PM
June 22, 2010
こんにちは^-^

卵なし☆シンプルドーナツ3
卵なしで、水で練るドーナツです。
生地になたね油(サラダ油でもOK)を入れて作ると
卵入りのドーナツや市販のドーナツの生地に近い食感です。


油なしの生地だと、ふっくら&むちっと弾力があって
パンのような食感でした。どちらもとても美味しかったです。
どちらでも作れるようにレシピに書きました。
写真のドーナツにはてんさい糖をまぶしかけています。

卵なし☆シンプルドーナツ2
よくねり混ぜることで、生地に粘りと弾力を出したら、
油の吸い過ぎを防いでくれて、美味しく揚げられました。

花花花
  卵なし☆シンプルなドーナツのレシピ♪

花花花

●材料(作りやすい分量)

薄力粉                        100グラム

ベーキングパウダー                  小さじ1

水                            50CC

砂糖                          10グラム

塩                            1つまみ

バニラオイル                      1~2滴 

【お好みで】油(なたね油、サラダ油)       10グラム 

揚げ油                          適量

砂糖(まぶしかける用)                大さじ1

●作り方

1.揚げ物の準備をします。
  鍋に揚げ油を適量入れます。
  平皿にキッチンペーパーなど、油を吸ってくれる紙を
  敷いておきます。
  浅めのお皿に砂糖(まぶしかける用)を入れておきます。

2.ボウルに水、砂糖、塩、バニラオイルを入れて、
  ヘラでよく混ぜ溶かします。
  【お好みで】油を加えてよく混ぜます。

3.別のボウルに薄力粉、ベーキングパウダーを入れ
  フォークなどでさっと混ぜ合わせ、2に入れて
  ヘラで粉類と水分を手早くなじませます。

 ※ベーキングパウダーが固形化していたら、茶こし器などで
  ふるってから加えてください。

4.粉類の8~9割ほどが水分となじんできたら、
  卵なし☆シンプルドーナツ4
  残りの粉類が水分となじむように、また、生地に弾力が出るように
  ヘラで30秒間しっかりとこね混ぜます。

5.手や台、生地に打ち粉を少し付けて、生地を取りだし、
  生地の厚みが1センチくらい、縦の長さがだいたい8センチ、
  となるように手で成形します。
  包丁で上下半分にカットして、2センチくらいの幅にカットします。
  卵なし☆シンプルドーナツ5
  
6.170℃の揚げ油に生地をそっと入れて揚げます。
  片面が程よいキツネ色となってから裏返すようにします。
  その方がプクっとしてよく膨らんでくれます。
  卵なし☆シンプルドーナツ1
  紙を敷いた皿に移します。
  卵なし☆シンプルドーナツ6

 ※170℃の油は、箸先を揚げ油の底まで入れたときに、
  箸からすぐに泡が出てきて、その泡がシュワーっと
  上に上がってくるくらいです。
  箸からゆ~っくりと泡が出てきたらもう少し温めます。
  箸を油に付けた瞬間からジュワっと泡が出てきたら
  180℃以上なので、油を足すか、一度火からおろすかして
  温度を下げます。

 ※私の場合ですが、だいたい1分30秒くらいで
  両面がキツネ色となり、皿に移していました。

7.ドーナツが熱いうちに、1のまぶしかける用の砂糖に
  ひとつずつしっかりと砂糖をまぶし付けます。
  初めのうちは箸で、少し冷めてきたら手でまぶし付けると
  砂糖がよく付きます。

            お料理メモお料理メモ♪

生地は、しっかりとこね混ぜて
生地に粘りと弾力が出てくるようにしてください。
この粘り、弾力が油の吸い過ぎを防いでくれます。


試作のときにあまり長い時間混ぜると
膨らみが悪くなってしまいました。
こね混ぜの時間は30秒間がいいと思いました。


また、あまり細くカットすると
揚げ油の中でクルクル回ってしまって、
そうなると膨らみが少なくなるようです。
レシピのような形のドーナツで作られる場合は
幅を2センチしっかりと取ってカットして、
揚げる時は片面がキツネ色になってから裏返すようにします。


油を入れないで作ったドーナツはパンのように弾力があって
ムチっとして、噛みごたえのある食感となります。
油を入れて作ったドーナッツは少しさっくりとして、
卵を入れて作るドーナツや市販のドーナツの食感に
近いな~、と感じました。
どちらもとても美味しいです。


薄力粉の袋にある
「ドーナツなど水で練った生地の場合は小麦粉100グラムに対して
 ベーキングパウダー3グラム以上、砂糖10グラム以上の両方を
 必ず入れてください」
という注意書きはちゃんと守っていますのでご安心くださいね^-^


この生地で焼きドーナツが作れるかと思い、
油をかけてオーブンで焼いたら、
スコーンとクッキーの中間のようなサクッとしたお菓子になりました。
ドーナツのような食感にはなりません。
ご参考になさってくださいね。

             ドーナッツ♪ベーグル♪

ずっと前から作りたかった卵なし、バターなしのドーナツです。
けっこう簡単に出来るレシピが完成してとても嬉しいです♪


初めはさっくりと混ぜていたのですが、
さっくり混ぜだと、油をたーっくさん吸ってしまいました。
よくこね混ぜることで解決できたので良かったです^-^


今日も楽しい素敵な1日となりますように☆








最終更新日  October 10, 2010 07:13:29 PM
May 22, 2010
こんにちは♪

ドライイーストで発酵☆焼きドーナツ4
ドライイーストで生地を発酵させてオーブンで作る
焼きドーナツです。卵なしです。
1斤用ホームベーカリー(家庭用パン焼き機、略してHB)を使います。


パンとくらべると、もうちょっとむっちりしてジューシーな感じですし、
本物のイーストドーナツにくらべるともう少しあっさりしています。
パンとドーナツの中間という感じです。
とても美味しいです。シナモンをかけて食べました♪

ドライイーストで発酵☆焼きドーナツ5
ベンチタイムも2次発酵もしっかりやって
ふんわりして弾力のある食感となりました。
家族にとても好評だったのでレシピUPいたしますね^-^
本物のドーナツより作る工程がちょっと少なくなってラクです♪

花花花
  イースト発酵☆焼きドーナツのレシピ♪

花花花

●材料 【ドーナツ12個分、天板2枚、1斤用ホームベーカリー1回分】

強力粉                          150グラム

薄力粉                          100グラム 
 
ドライイースト                       3グラム

砂糖                            20グラム

塩                              3グラム 

ショートニング(バター、マーガリンOK)        20グラム

水(40℃くらい)                     160CC 
※夏場や暑い時は温めなくて大丈夫です

なたね油 または サラダ油(焼く前に塗る用)     約大さじ2

<シュガーグレイズの材料> 
粉砂糖                          50グラム  
水                             大さじ1 


●作り方

1.ホームベーカリーの容器に羽根を付け、
  シュガーグレイズの材料と焼く前に塗る用の油以外の材料を入れます。
  容器をホームベーカリーにセットします。
  基本の生地作りコースを選択し、発酵時間を45分間として
  スタートボタンを押します。
    
 ※羽根を付けた容器を計量器に乗せて、
  材料を1種類ずつ入れるたびに
  リセットボタンを押して量っていくと簡単です。

2.出来上がりの電子音が鳴ったら、
  手に油(なたね油、サラダ油など)を付けて、
  生地を取りだし、12等分します。(まず4等分してそれぞれを3等分)
  まな板やオーブンシートなどの上でコロコロ転がして丸め、
  天板に間を空けて並べます。
  大きなビニールなどをかぶせて暖かいところで
  10分間生地を休ませます。(ベンチタイムです)

3.手に油を付けながら、
  生地を両手で押して平べったくしてガスを抜き、
  生地の端と端をつまみ、閉じ合わせながら丸めます。
  指で真ん中に穴を空けて、両手の人差し指を
  クルクルまわして穴を直径5~6センチほどに大きくしていきます。
  ドライイーストで発酵☆卵なし焼きドーナツ6
  天板1枚に6個ずつ、間を空けて並べます。
  ドライイーストで発酵させる焼きドーナツ1
  ドライイーストで発酵させる焼きドーナツ2
  大きなビニールをかぶせて暖かいところで
  30分間発酵させます。(2次発酵です)

 ※2次発酵の方法が↓こちらに詳しくのっています。
  http://www.nisshin.com/entertainment/komugiko_club/meikan/04/04.html
  日清製粉のこむぎ粉くらぶサイトです。ご参考になさってくださいね^-^

4.発酵が終わる10分くらい前にオーブンを
  180℃に温め始めます。
  
  シュガーグレイズを作ります。
  直径10センチくらいのドーナツが余裕で入るくらいの
  口の広い浅めの器に粉砂糖と水を入れて混ぜておきます。  

5.焼く前に塗る用の油を表面にそっとまんべんなく塗り、
  ドライイーストで発酵させる焼きドーナツ3
  オーブンの温度を180℃に下げて10~12分ほど焼きます。
  焼き色が付いてきたら焼きあがりです。

  焼いている間に4で作ったシュガーグレイズが固まってきていたら
  レンジで温めるなどしてよく混ぜておきます。

  焼いている間に、大きい平皿を2枚用意しておきます。

6.ドーナツが熱いうちに、フォークやフライ返しでドーナツをすくって
  4で作ったシュガーグレイズの器にひっくり返すようにして入れて、
  ドーナツの上半分にシュガーグレーズを付けます。
  用意しておいた大きな平皿に重ならないように置いていきます。

            お料理メモお料理メモ

ドーナツ型に成型する方法は、
私は指で穴をあけてクルクルして穴を大きくしていますが、
生地を平たくして、小さな丸型で型抜きしたり、
ベーグルのように生地を細長くしてから輪にしたり
色々とあるようです。
お好きなやり方で良いと思います。


シュガーグレーズは、ドーナツが冷めてくると乾いてきます。
次の日になると、溶けて生地にしみ込みます。
焼いたその日のうちが一番ツヤツヤしています。


焼く直前に塗る用の油を塗らずに焼いて、
シュガーグレーズを付けると
とても美味しいふんわりした砂糖味の菓子パンになります。


            ドーナッツ♪ベーグル♪


豆腐のチーズケーキの試作が順調ですよ♪
いつも夫が試食してくれて意見を言ってくれます。
レモンの味が強くなっているからもう少し減らして
もっと濃厚さを感じられるといいな、
と言っていたので、、、もう少し白みそ足して作ってみようかな~。


せっかくなので、台やタルト型なども一緒に作ったら
どんな味になるのかも知りたいですしね♪
リクエストしてくださったちひろさん、
リクエストをどうもありがとうございます。
お待たせしてすみません。楽しみにしていてくださいね^-^


皆さんにとって素敵な休日となりますように☆







最終更新日  July 29, 2010 09:36:04 PM
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.