479615 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山歩きは好歩(スキップ)して四季折々・・・登山日和のFOOTMARK

PR

Category

Comments

背番号のないエース0829@ 西表島(05/21) 「竹富町役場 仮庁舎」に、上記の内容に…

Profile


ロンリーザック

Calendar

Freepage List

2019.06.08
XML
カテゴリ:2019年一人歩きの山
6月1日曇り 10:10 スタート 今日から渓流釣りの解禁で主人は明け方、出掛けたらしい。今回はスーパーで見た太い笹タケノコに目を奪われ喜茂別岳に目星をつけて来てしまう。当然、見つかる保証も無く車で中山峠を喜茂別方面に下り中岳線林道に入って到着した喜茂別岳の登山口。ナント・・・週末だからか凄い車の数で停められそうも無い。仮舗装の林道から脇道を一周して空いてる場所を確保。同時に隣の車にはご夫婦が重そうに太い笹タケノコを収穫して来た。

(↑)ツバメオモトもまだ少ない歩き始めに次々とタケノコ採りの方が下って来る。

(↑)タケノコ採りの車が断然、多く登山の格好していても「これからですか?」と声を掛けられる始末。途中で背中にウドや蕗を背負った登山パーティに会った他はソロが2名だけの登山者。

(↑)10:53 下見しながら見晴し台に着く前に殆ど下山してしまい、ずっと独り占め。

(↑)登山道に少し雪が出て来たと思ったらドカンと雪渓が現れた。

(↑)登山道の雪も此処をクリアしたら消えていた。山頂を見ながら登って行く。

(↑)振り返る。多分、いつもより早い時期に来たと思う。

(↑)フラットな道になる。

(↑)ハイマツが出てくる。

(↑)以前、藪漕ぎになった個所も綺麗に笹刈りされて快適。奥は山頂。

(↑)そろそろ終わりの山桜も咲いているのを見たのは初めて。

(↑)山桜の奥は笹山。雪山歩きで並河岳の帰りに足を延ばした記憶がある。

(↑)すっかり植生が変わり山頂近い。

(↑)また振り返る笹の中のコース。

(↑)11:29 喜茂別岳の山頂は靜か・・・

(↑)高曇りで展望は良くすぐ隣は並河岳、その奥は中岳そして無意根山。

(↑)無意根山の横から定山渓天狗岳、百松三山、手稲山・・・

(↑)恵庭岳、空沼岳・・・中山峠周辺。国道を車が走る。

(↑)尻別岳と羊蹄山。真ん中に昆布岳がうっすらと見えていた。

(↑)最近は使わなくなったNTTアンテナコースを見る。やや笹が茂っている。

(↑)タケノコ採りをするので景観を堪能したら正面に羊蹄山を見ながら下山。隣はニセコの山々。

(↑)見晴し台のシラネアオイ。まだ少ない時期だった。

(↑)登山道に置いたスマホのアマゾンミュージックがボリューム上げて見守る中、30分間のタケノコ採り。もう限界の量を一か所で収穫し終えて下山にする。

(↑)13:28 下山 予想通り満車だった駐車場にはマイカーが1台残っているだけでそれは静か。

(↑)激太りの笹タケノコ!! beerグラスと比較中。多分、6㎏以上あったと思う。抱えて下山している時は10kgはある気分だったけど、いささかそんなに持てっこ無い(笑)。

(↑)一方、主人も沢から青蕗を収穫して来た。これらもご近所にお裾分けして殆ど塩蔵に。
タケノコは煮物、天ぷら、タケノコご飯になり残りはフリーズ在庫。初夏の山行きは入山時だけ登山者で下山時は山菜採りになっているロンリーザックさんです。毎夜のbeerに欠かせないつまみを自給自足の日々。






Last updated  2019.06.09 11:16:47
コメント(0) | コメントを書く
[2019年一人歩きの山] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.