658448 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山歩きは好歩(スキップ)して四季折々・・・登山日和のFOOTMARK

PR

X

Category

Comments

ロンリーザック@ Re[1]:5月の山・・・砥石山 中の沢コース(05/29) 助です。さんへ 日々うらうらと花を愛で…

Profile


ロンリーザック

Calendar

Freepage List

2021.05.28
XML
カテゴリ:2021年一人歩きの山
5月12日 久々の晴れ 7:15 スタート 途中から見えていた山肌に雪は無く半ば諦めて幌神社から登って行く。いつもよりずっと先の林道まで入って歩き出す。

(↑)大坂山を巻く林道には雪があった。

(↑)車で登ったせいか歩き出すと直ぐ大阪山の反対側に着いてしまう。

(↑)愕然・・・すっかり林道が出ている。大雪原しか知らなかったのに・・・

(↑)山道歩きもいいかなと気分良く進み、此の先の二股を右に登って行く。

(↑)少し雪がある林道歩きになる。

(↑)増毛山道1番を見つけ直進の林道と離れ山道に入る。

(↑)いよいよ・・・笹が立って鬱陶しい感じになる。

(↑)やっと2番が現れ嬉しくも無いまま笹藪を眺め回す。

(↑)何度も来ているけど、こんな景観が数キロメートルも続くのかと思うと今回はウンザリ・・ 

(↑)今日は気温も上がるので帰路はもっと笹が立ってくるだろう。此処でピストン!!!

(↑)大阪山の林道に戻った。途中、ニセコからと仰る若者3名と更に女性2名に出会ったがボードやソリを背負っていた。ツボ足でひたすら歩くだけのロンリーザックさんは景観が楽しみだった。

(↑)振り返るのは浜益御殿。見るからに雪は繋がっていると思えない。増毛山道歩きも雪が半端で嫌気がさしたけどいい汗かいたので良しとしよう。雄冬港で釣りをする予定の主人に連絡して拾って貰う。

(↑)折角なので雄冬展望台にやって来た。懐かしいけど昔より距離が更に短くなっていた散策路。

(↑)浜益から見た暑寒の山にはまだ雪が・・・。

(↑)群別川の林道に入る。途中でゲートがあり一面にサクラソウ満開。

(↑)群別岳に登った時は雪があったのでこの景色が新鮮。

(↑)春ゼミの声とせせらぎに癒される。

(↑)ワサビかな?脇の林道に入って山菜採りをした。

(↑)オクエゾサイシンの大群落。此の日の登山は半端で主人も港で釣れない愚痴しか耳にしなかったらしく竿を出さずじまい。最後に立ち寄った群別川沿いの林道では様々な山菜が採れた。それはそれは充実したひと時を過ごし主人も大満足。メデタシ、メデタシ。






Last updated  2021.05.28 14:16:00
コメント(0) | コメントを書く
[2021年一人歩きの山] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.