696191 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山歩きは好歩(スキップ)して四季折々・・・登山日和のFOOTMARK

PR

X

Category

Comments

ロンリーザック@ Re[1]:5月の山・・・砥石山 中の沢コース(05/29) 助です。さんへ 日々うらうらと花を愛で…

Profile


ロンリーザック

Calendar

Freepage List

2021.08.19
XML
カテゴリ:2021年一人歩きの山
8:57 スタート 曇り  前日、自宅で感動的なヒヨドリの巣立ちを見守りやっと心置きなく山歩き。お盆の愛山渓温泉は普段より車が多い。今日は松仙園から姿見の池に縦走予定。

(↑)愛山渓温泉から1.4㎞の林道歩きで松仙園入口ゲート。此処から2.1㎞で松仙園。

(↑)確かに聞いた通り木道が完成している。今回はその様子を是非とも見たかった。

(↑)アブも居ないしあの猛暑は台風と共に過ぎ去ったから涼しくて歩き易い。登山口で同時に出発した松仙園巡りのご夫婦の声は聞こえなくなった。

(↑)松仙園への登山道はいつも酷いぬかるみが出来る。痒い所に手が届く様にそんな場所は殆ど木道になった。笹も広く刈られ有志の皆さんに感謝しながら登って行く。

(↑)松仙園に到着 愛山渓温泉から丁度、1時間で静かな湿原に突然、降り立つ。此処から八島分岐までの2.5㎞は湿原の中だったり見下ろしたりで楽しい。

(↑)独り占めで木道をポクポク・・・右に遠く旭岳の噴煙とロープウェイ駅を見ながら。

(↑)小さな地塘が多い松仙園。

(↑)ワタスゲは種を付けているしタチギボウシも終わっている。木道に腰を下ろして朝食のおにぎりタイム。若い男性が来たので旭岳を教えると・・・遠いっスネ!彼もまた親御さんと松仙園巡りとの事。

(↑)此の先まだ長いのでお腹も満たしゆっくり休憩して出発。振り返るとあのご夫婦も今、到着。

(↑)タチギボウシ 少し先の湿原にこんなにまだ咲いていた。

(↑)一の沼を遠望

(↑)随分良くなった笹の刈り分け道。松仙園では羆の落とし物が二ヶ所あった。いずれもグッチャグチャに踏みつけられていた。

(↑)1423ピークと四の沼を振り返る。

(↑)此の辺りのワタスゲは綺麗。雪渓の消えるのが遅いので見頃。

(↑)同じくエゾコザクラも見頃。

(↑)アオノツガザクラと奥にはニシキツガザクラ、チングルマ。

(↑)最後の地塘

(↑)11:03 八島分岐に到着 此処は松仙園の出口ゲートで姿見の池までは7.8㎞とある。6㎞歩いたので本日の行程は合計13.8㎞になる。先ずは沼の平を抜けて当麻乗越に向かう。半月沼で当麻乗越から来たであろうソロ男性に道の状態を訊いたら悪くなかったとの返答でひと安心。

(↑)半月沼を鴨が行く・・・お気に入りの画像。

(↑)エゾオヤマノリンドウ 安足間岳がガスって見えないのが残念。

(↑)六の沼からこれから辿る当麻乗越を眺める。

(↑)振り返る沼の平。左上に松仙園だけど今回はスッキリ見えない。

(↑)姿見の池まであと5.5㎞になった展望台からガスの当麻乗越を見る。

(↑)当麻乗越の登りで振り返ると大沼、小沼、ピウケナイ沼・・神の田圃が散りばめられている。

(↑)12:21 当麻乗越に到着。1時の予定だったけど道も良かったせいか早く着いた。直下で2パーティに出会い此処は独り占めで休憩。さっきまでのガスが晴れてくれたのはラッキー。そして・・・深紅の鳥、ギンザンマシコの雄が目の前を横切った。今シーズンは2回目。

(↑)当麻岳を見上げ下山にする。

(↑)ヨツバシオガマ

(↑)イブキトラノオを掻き分けて下るとピウケナイの沢音が大きくなる。

(↑)危うく靴に水が入りそうになりつつもクリアしたピウケナイ沢。此の先で羆の糞を発見。本日、三回目となるが此処は必ず落ちている。

(↑)裾合分岐も静か。此の分岐を見落としたソロ女性に沢を渡渉した処で出会い中岳温泉はまだですかと訊かれコースが違う。結局、話して居る内に濡れてもいいからピウケナイ沢を渡渉し当麻乗越に変更して向かった彼女。その登山靴は先がパックリと開いていたから教えてあげた。それにも気が付かなかったと仰り靴紐で取り敢えず縛ったらいいですよと提案した。そもそもストック無しだったので渡渉するんですか?とこちらから尋ねて判明した道の間違い。お盆休みなので色んな方が居るらしい。

(↑)沢形はまだ雪渓が残っている。裾合分岐を過ぎ暫く歩くと人が多くなった。

(↑)エゾオヤマノリンドウ

(↑)14:03 下山 旭岳の山頂は見えない姿見の池周辺。半月振りの山歩きなのにヒヨドリの雛が初飛行の為に羽をプルプルさせていた光景が頭から離れなかった。前日まで巣を覗くと爆睡していた小さな雛。孵化して10日目は朝から巣の中でもじゃもじゃ動きやがて巣のへりに立ち・・・飛んだ。心の底から感動。






Last updated  2021.08.19 20:52:52
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.