713545 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山歩きは好歩(スキップ)して四季折々・・・登山日和のFOOTMARK

PR

X

Category

Comments

Profile


ロンリーザック

Calendar

Freepage List

2021.10.28
XML
カテゴリ:2021年一人歩きの山
11:21 スタート 曇り 今月初めて登山靴を履いた日。先月26日で大ラスの大雪山系を眺めて以来、10月は我が家に大きな変化が起きた・・・。遂に此の歳になってから猫を飼う事に!!
そんな訳で子育てに追われ気分転換にちょっとやって来た手稲山。

(↑)ススキの向こうに紅葉。アレほど通う定山渓の紅葉も今年は一度も見ていない。

(↑)もう一匹飼ってくれたら絶対!ダイエットすると約束した大学生の孫娘は中々、登って来ない。そんな訳で二匹の子猫の世話をしているロンリーザックさんは待ちくたびれて登山にならない。

(↑)少しでも楽な方が彼女に良いかと樹林コースに入る。其処で大きな毒キノコを発見・・・20cm程かな?暫し待って居たらヘロヘロの孫娘が我が身を持て余して登って来た。

(↑)迂回して急斜面の女子大回転コースに合流。振り返るネオパラ山。水をがぶ飲みする彼女。

(↑)12:34 誰かのせいで手稲山の山頂にはいつもより20分程、遅く到着。羊蹄山も積丹の山も見えないがまあまあの景観。前日、お湯を入れるだけのパスタを彼女とデパートで買った時はお山で食べようね・・・と夢いっぱい話した。それがランチ。風も無く人も少ない午後だけど時折り到着する人とご挨拶。

(↑)ケルンの山頂 久々なので立ち寄ると丁度、平和の滝コースからご夫婦が到着。函館からいらしたそうで中山峠の紅葉が素晴らしかったと仰る。観たいと思ったがチャンスは遂に来なかった。

(↑)ケルンの山頂で暫しの談笑。烏帽子岳、無意根山、定天を眺めて下山にする。

(↑)シティビューコースの方が緩いのでチョイス。余裕が出たのかおどけながら下山する彼女。

(↑)それなりに美しいのはごく一部だったけどそれでも紅葉を見る事が出来て満足。此の数日後、手稲山に雪が降った。我が家からいつも眺める初冠雪。今年は様相が違い手稲山を中心に周りの連なる山々、全て山頂が白かった。庭の鉢をこんなに早く取り込んだ事も珍しい。何だかせわしい10月を送ったような気がする。、






Last updated  2021.10.31 10:19:29
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.