731906 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山歩きは好歩(スキップ)して四季折々・・・登山日和のFOOTMARK

PR

Category

Comments

Profile


ロンリーザック

Calendar

Freepage List

2021.11.30
XML
カテゴリ:2021年一人歩きの山
10:58 スタート 晴れ 今となっては登山も初心者と変わらないレベルの娘と孫に誘われ藻岩山に決定。寒くても山頂は屋内で休憩出来るし売店もレストランも完備している。

(↑)沢がお気に入りらしい。登りは雪友荘横の登山道にした。

(↑)落葉した枝越しに白いゲレンデが見える。

(↑)やはり若い・・・あっという間に親子の姿が見えなくなる。

(↑)6合目 今まで気が付かなかった此の標識。初心者には励みになるらしく孫は必ず見つけていた。

(↑)先行する親子は兎平のトラバースをチョイスしている。此の辺りから寒くなる。

(↑)トラバースから眺める藤野の山々。遠目に白かったゲレンデもブッシュが酷い。

(↑)歩いたコースを振り返る。久々の好天で登山者がとても多い。

(↑)モーリス号発着の中間駅 藻岩神社に迎えられ休憩の自販機に向かう親子。売店も覗いていたが荷物になるので買い物は下山にした。そんな楽しみが多い山歩き。

(↑)山頂直下の300㍍は急斜面。唯一、修行の場。

(↑)満員のモーリス号に抜かれる。

(↑)12:12 藻岩山に到着 風力計が凄い勢いで回っている。そして沢山の人が建物の前で寛いでいた。山頂標識が無い・・と孫に言われ確かに。

(↑)山頂標識代わりの屋上に登ると風が一層強い。遠景は百松三山と砥石山。

(↑)東の空は雲が広がり景観は無い。今、ゴンドラが無料なので観光客が多い。

(↑)石狩湾と札幌の街。

(↑)藤野のスキー場フッズ。

(↑)モーリスカレー登山者は800円。これは一人で来た時でもいつか食べたいと思って居た。

(↑)山頂レストランジュエルのテイクアウト専用ラウンジで。此の為に朝食抜きで来たので絶品だった・・・外の空気を感じながら、また一人と到着した登山者を眺めてのランチタイム。此の部屋は違うイベントに利用されて居た筈でこんな時だから変更されたのだろう。孫はソフトクリームとドリンク。手ぶらで来ても飲食が便利なのは藻岩山くらい・・・

(↑)少し冷えて来た下山は直下の急斜面に難儀していた。その頭上をまたモーリス号がスイスイ通過して行く。中間駅で買ったお土産が入ったリュック。リフト降り場からは登りで歩いたウサギ平を見ながらゲレンデ中央にある樹林コースに向かう。

(↑)此のコースもとてもいい。樹林の中にいくつかの分岐がある。そして小鳥の巣箱も・・・

(↑)私たちは途中でゲレンデに抜け孫は樹林を更に下った。陽射しもあり11度の日。

(↑)合流してから樹林コースの最後にある小沢を眺めた。後はひたすらゲレンデ歩き・・・
あっちこっちからゲレンデを下って来る登山者に出会う。リフトは来たるシーズンに備え準備の真っ盛り。いい汗かいて楽しかった。
こうして、たまには三代で山歩きを楽しみたいと思った記念すべき日。






Last updated  2021.11.30 16:14:10
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.