000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山歩きは好歩(スキップ)して四季折々・・・登山日和のFOOTMARK

PR

Category

Comments

Profile


ロンリーザック

Calendar

Freepage List

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

その他

2019.01.01
XML
カテゴリ:その他


​​​​​​あけましておめでとうございます
   2019​​






Last updated  2019.01.01 13:54:00
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.02
カテゴリ:その他
明けましておめでとうございます。






Last updated  2018.12.08 13:37:10
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.26
カテゴリ:その他
7月の或る日 ランチは糠平温泉に近い三股山荘で。
P1270396.jpg
層雲峡温泉からルピナスの咲き始める三国峠を越えると急坂が続く。
国道を下りきる頃、延々と続いたルピナスの花畑にウッディな山荘が現れる。
湧き水で落とした珈琲も絶品だが此の日は人気メニュー「牧場のビーフライス」を食べた。
落ち着く雰囲気はいつもと変わらない。
食事を待つ間にふと目に留まったのは壁に掛けたニペソツ山の山頂標識。
2012年に標高年を前倒しで訪れた時には間違い無く山頂にあった。
(↓)2012年9月8日
山頂には5.6パーティ.jpg
山荘のママさんに尋ねた。
翌年の標高年に新たな山頂標識が付けられたので古い此の標識は山荘のご主人が製作したので戻って来たとの事。
ママさんと山頂標識の記念写真をパチリ。
不思議な平たいハンバーグ状のビーフライスは美味しかった。

ランチした翌月の8月12日に新しい山頂標識を見ようとニペソツ山に向かったが強風で途中断念。
楕円形の新しい山頂標識はまた今度。
2013年の標高年は登山口がとても混雑したらしいので前倒しは正解だった。
その後の計測で二ペソツ山は2012メートルに訂正され私は正しい標高年に登った事になった。






Last updated  2018.12.08 13:38:01
コメント(3) | コメントを書く
2014.12.14
カテゴリ:その他
3.5缶の6本入り1カートンを毎夜平らげ山行きを模索するも天候が不順。
汗もかかず飲むビールより汗してなんぼかと思う今日此の頃。

仕方が無い・・・
近所のキャッツアイでお一人様カラオケ。
淡麗を3.4杯オーダーし2時間半歌いまくってストレス発散。

山歩き以外の自分はそんなところに居るのでした。
山も一人、カラオケも一人・・・・・・・・・・・。

   なんだろな。

お一人様に慣れ過ぎ、飲み過ぎている。

年が明けたら17歳になる可愛い白柴犬の介護も続く。

自然界に癒されてまた現実を受け止めるしかないかも。

でも体中の血管にビールが流れているような気がする。






Last updated  2018.12.08 13:39:15
コメント(1) | コメントを書く
2014.01.02
カテゴリ:その他
日本酒
 あけましておめとうございます。






Last updated  2018.12.08 13:41:20
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.31
カテゴリ:その他
良いお年を。

00シマヘビ.jpg
    高根ヶ原で出会ったシマヘビ
      平ヶ岳の傍、どなたにも会わず目が合ったのは此の生物だけ。






Last updated  2018.12.08 13:41:53
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.27
カテゴリ:その他
(↑)サワギキョウが咲き誇る8月21日のシャクナゲ沼
            此処では本当に癒されました。沼の水面が奥で光っている。
          

          アップで@.JPG 
         (↑)アップでサワギキョウ・・・
          南暑寒別岳に向かう時に湿原に咲いていたサワギキョウを思い出す。

ノリウツギ@.JPG
          (↑)ノリウツギ
           アジサイの仲間だから花がガクアジサイにそっくり。
           チセヌプリに多かった。

         ゴゼンタチバナの実@.JPG
         (↑)ゴゼンタチバナの赤い実

         岩の多い登山道にクワガタ@.JPG
         (↑)クワガタが登山道でお昼寝していた

ハイオトギリ@.JPG
(↑)ハイオトギリは独特な花の形で目立つ黄色。

直下の花@.JPG
(↑)白樺山の直下で咲いていた。
    ヨツバヒヨドリに似ているけど違うと思う。

    タチギボウシ、ハイオトギリ、イブキセリ@.JPG
    (↑)タチギボウシとハイオトギリとイブキセリが咲いていた。
         お花の時期はすでに終ったであろうニセコでかろうじて。

     アカモモの実がずら~@.JPG
     (↑)アカモモの実
      チセヌプリの下山では山頂から登山道の両脇に真っ赤な実がコロコロ・・・
          暫く眺めながら歩いた。


   最後の白樺山は日本海に近いせいか寒くてお花はすっかり終了。
   笹の刈り分け道でツルリンドウを1本見付けた時は嬉しかった。
   
   翌22日は然別湖周辺で南ペトウトル山にトライしたのですが・・・トホホ。






Last updated  2018.12.08 13:57:32
コメント(2) | コメントを書く
2011.12.24
カテゴリ:その他
旭岳の真裏は静かで誰も居なかった。 
            やっと雪が解けてイワギキョウのブーケ。
               バックは傍を通って来た熊が岳で標高2210メートル。

同じ日に見つけた(↓)「白いイワギキョウ」    ユキバタカネトウヒレン(↓)かな?
  白いイワギキョウ@.JPG   ユキバタカネトウヒレンでしょうね@.JPG

(↓)オヤマノリンドウが咲く。白花はいつもの場所で見当たらず、まだ早かったのか残念。
オヤマノリンドウ@.JPG

   
コガネギク咲く@.JPG
       コガネギク(↑)が鮮やかな木道。

   2色のツガザクラ(↓)ニシキツガザクラとエゾノツガザクラのコラボレーション。
    道中、白に緑がかったアオノツガザクラも一箇所咲いていた。
      いくら何でも最終ランナーのツガザクラでしょう。もう雪が降るので・・・
         2色が@.JPG

        (↓)エゾノサワアザミ 葉が鋸状なので種類が多いけど多分、正解。
     エゾノサワアザミは葉が鋸状@.JPG

       (↓)ミヤマリンドウは湿原に多いけどブーケはめっけもの。可愛い・・
       ミヤマリンドウが多い@.JPG

   色づくウラジロナナカマド@.JPG  アオノツガザクラが今頃@.JPG
  色づくウラジロナナカマド(↑)稜線近くなるとオレンジ色に染まってやがて真っ赤に。                     
               残雪の傍で見つけた(↑)アオノツガザクラ


    今時にエゾノリュウキンカ@.JPG
        (↑)エゾノリュウキンカが鮮やかさでは一品!


      ウスユキトウヒレン@.JPG
    (↑)ウスユキトウヒレン判別が難しいのですが・・・多分。
こうして間も無く大雪山系も冬の足音がひたひた聞こえる中、お花見して癒されました。
次回はニセコの山歩きです。






Last updated  2018.12.08 13:52:14
コメント(2) | コメントを書く
2011.12.14
カテゴリ:その他
すっかり秋の装い・・第一公園のワタスゲは風が無いから揺れもせず。
56分ワタスゲ.JPG

艶ありだからミネヤナギ@.JPG タカネトウウチソウの蕾@.JPG リンネソウ@.JPG 花弁の幅が広いからミヤマチドリ@.JPG
(↑)葉に艶があるのでミネヤナギ、細長いのが花。ふわっとハクサンボウフウの花がご一緒。          
           (↑)タカネトウウチソウはまだ蕾
                        (↑)リンネソウ発見!!可憐!!
一番右の画像はラン科の多分・・・ミヤマチドリ。
最下部の葉が卵型なのと花弁幅で決めたけど似た種類が多い。
此のタイプに出会う度に首を捻ってしばし花と相談してる呆けオバサンです。(↑)

ニシキツガザクラも前回より淋しい@.JPG
鹿が居たポコの麓で前回は満開だった(↑)ニシキツガザクラも散り際。
  
  出会ったのは下山口に近い急斜面で白雲小屋泊に向かうソロ男性のみ。
  空は青空、また来るぞっ!
  高原温泉の露天風呂に浸かって温泉卵でジョッキ傾けオヤジみたいな仕上がり。
  お世話になったスタッフさん達に会えなかったのは残念。
  次回は8月18日の層雲峡 「紅葉谷」






Last updated  2018.12.08 13:58:38
コメント(2) | コメントを書く
2011.12.11
カテゴリ:その他
8月の中旬にもなれば花盛りは期待出来ない手塩岳でした。
   紅葉の走り@.JPG
  (↑)すでに紅葉の走りで色づくウラシマツツジに映える遠景
        気持ちの良い下山での撮影。今回は80枚ほど激写。

キンセイラン???@.JPG  アツモリソウの葉???@.JPG  横向きのイチヤクソウ@.JPG 
(↑)不思議な観葉植物                (↑)イチヤクソウはヒュッテ近くで
                 (↑)アツモリソウの葉っぱならいいけど・・・
登山口の樹林帯は急斜面でしたが目は植物を探す為にランラン・・・
    結局、こんなアンバイで。
羆の散歩@.JPG  
(↑)山頂直下の単調な笹刈り道の脇にぬかるみが現れた。
     何気に眺めたら薮の奥に向かう地主さんのトレースは古くない。
        26センチは有りそうでザワッとしました。

@ビューポイント!!.JPG  

(↑)広い斜面は一面が真っ赤でコロッコロのコケモモ。
     ハクサンボウフウの白い花がところどころで色を沿え見とれポイント。


シロバナエゾミソガワソウ左奥はイヌトウバナでオ@ドリコソウの仲間.JPG  気持ちの良い登山道@.JPG
(↑)シロバナエゾミソガワソウが1本だけ散らずに咲いていた沢沿い。
     たった、たった・・と歩いていたけど呼び止められた。
        傍にはイヌトウバナも咲いて一応、群落だったらしい。良かった良かった。

        ヒュッテに向かう登山道は気持ち良い(↑)。
        お花は無かったけど此の白樺林が新鮮で目に焼き付いています。
        翌日は表大雪にいざ!






Last updated  2018.12.08 13:56:10
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.