2318186 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ブルーシャ西村 Official Blog

PR

楽天プロフィール


ブルーシャ西村さん

21世紀の弁才天

フォローする

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

お気に入りブログ

要らんって! くま(#´艸`)プププさん

沖縄でウエディング… 上等沖縄司会屋さん
ウォータールーの予… サンドラ1008さん
失われた【本質~The… 黒犬べーやんさん

コメント新着

g71@ Re:インペリアルトパーズ☆オーダーメイド・ジュエリー作品(02/23) うわぁ~!!うっとりします!!私は青が…
yoha*@ Re:謹賀新年☆金運幸運ジュエリー画像☆(01/01) あけましておめでとうございます。 ケータ…
くま(#´艸`)プププ@ Re:謹賀新年☆金運幸運ジュエリー画像☆(01/01) あけましておめでとうございます。 このジ…
g71@ Re:カルマと魂の波動について(08/16) 大変貴重なお話、ありがとうございます!…

フリーページ

ニューストピックス

ランキング市場

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

購入履歴

お買いものレビューがまだ書かれていません。

全2036件 (2036件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017年03月26日
XML
カテゴリ:講演会
第二回「お客様感謝祭」にお越しくださいましたお客様からのお便りから、少しずつ一部分を掲載します。
ありがとうございます。
感謝いたします☆

「先日は、雅叙園にて2回目の感謝祭を開催頂き、母まで一緒に参加させて頂きまして本当にありがとうございました。
・・・
無事に参加出来て、ブルーシャさんにお会い出来てすごく嬉しかったです。

牛若の間、本当に豪華絢爛でしたね!
ブログにかいていらっしゃるとおり、きっと日本で一番豪華な場所なのだと私も思います。
感謝祭の最中に私の風邪の症状が弱まっていたのも、もしかしたらあの部屋のヒーリング効果のおかげだったかもしれませんね。
・・・
串間さんにもまたお会い出来て、朗読と唄を今年も拝聴できて、ラッキーでした!
彼が歌うと全身から鳥肌が立ちました。
わたしの前の席の女性は唄を聞きながら感動して泣いていました!

母も、すごく喜んでいまして、くれぐれもよろしく伝えてほしいとのことでした。
母にも何かジュエリーをプレゼントしたいと思っていて、それを母に言いましたら、
母は自分自身のお金でまずは買いたい!と言っておりました。
そのうち母から直接ご連絡が行った際はどうぞよろしくお願い致します。

感謝祭のジュエリー制作工程や色んなお話で母も私もすごく良い刺激を受けさせて頂きました。
完ぺきなバランスが出来上がるのはある一カ所しかない、ジュエリー制作ではその唯一の完ぺきなバランスを探さなければならないというのは、生け花の生け込みのときにも言えることだなと感じました。ピシッとはまる瞬間があるのですよね、、
わたしも生け花はまだまだこれからですけれども、 芸術でもなんでもつながっているのだなということを再認識させられたお話でした。

他のお客様のお話で、伊勢神宮で起きた出来事も、なんだか壮大で、ロマンチックだなぁと思いながら聞いていました。

カレンダー制作秘話もお伺い出来て、すごく興味深く聞いておりました。
人様に迷惑かけない範囲であれば、個性はもっともっと認められて大事にされるべきものだなと思います。
日本はあまり個性的な人は受け入れられないことが多いですし、模範の枠に入るように矯正されてしまうものですけれども、
人に迷惑をかけない範囲内だったら、個性は隠さずにどんどん表面に出して行った方が自分に合う仲間や仕事、本当に人生でやりたいことなんかも見つけやすいですし、自分自身がすごく楽に生きていけるような気がします。
個性、特技、適性をよく知り、己をよく知り、自分に出来ることで世の中に還元することが出来ると、本当の意味で魂が幸せになるんだろうなと思います。

去年も参加されていた方々とは顔見知りになったりも出来たので、お互いのジュエリーの見せ合いっこをしたり、ジュエリーの写真を取り合ったりして、
そういったこともすごく楽しかったです!

あとは、、おそらく日本全国にジュエリーのお客様がいらっしゃって自分もありがたいことにその1人になることが出来ているわけですが、こうやってブルーシャさんとのご縁を頂けたこと、そのご縁にふさわしい人間であり続けられるように切磋琢磨を続けることは、波動の面でもすごく良いことなのではないかと思います。

この世に生かして頂いて謙虚に修行に励む、これを各々が、それぞれのお住まいの場所で実行することによって、ひょっとしたらその土地の災害を防げる場合もあるかもしれない、そのように考え始めました。
(ブルーシャさんは必要な人や必要な場所にジュエリーを行き渡らせて、良い影響を与えて世界規模で人々を守られているのではないかと感じています。
ブルーシャさん、そしてそのジュエリーとご縁のある人々がある種のアンテナになって、アセンションの波に乗る、とでも言いましょうか。ノアの箱船ってこういうことなのかもしれませんね。)

災害にしてもなんにしても、起こるときは起こるべくして起こるのでしょうけれども、たとえ起こったとしても、自分達ひとりひとりがしっかりと冷静に対応していればきっと、自分も、まわりの大事な人達も、無事でいられる、そんな気がします。

2回目も参加出来ましたこと、こころから感謝し、ありがたく思っております。これでまた今年1年頑張れます!

母も、ブルーシャさんが提唱されていること(ブログや本等)を徐々に生活に取り入れ始めましたら、そのせいか段々若返っていき、わたしと歩いていると姉妹のようになってしまいました。

生き方が光の方向にむかって進んでいるとしわが消えたり若返るというのはブルーシャさんの以前のブログを拝見して、学ばせて頂いてはいたつもりですが、一番身近な身内があそこまで若々しくなると、すごいなぁ、世の中なんでも起こるときは起こるんだなぁと、色々驚かされます。

今年は自分用にいよいよ蓮の花の指輪を注文させて頂きたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します!」

ありがとうございます!
お母様、とっても若返って、ビックリ仰天しました!年齢が分からないですよね。
コメントは次回!!!
遠くからお越しくださり、恐縮です。
ご贔屓くださいまして、ありがとうございます。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月26日 09時05分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月21日
カテゴリ:講演会
・・・前回少し書き込みました、男前カレンダー2017のモデルをしてもらった中国系男性(エネルギー有り余ってるてんこ盛りの好青年。NYですごく目立ってる強烈なオーラの方。)のこと、ほんの少し書いて噂をしてたら(!)、脳裏によぎったら、昨日、久々に私にご本人が連絡をくださいました。ちょっと久しぶりに、また中国人社会の方々のところへ、行って参ります☆ 
シンクロニシティーですね~。私の場合、いつもすぐにこういうシンクロニシティーが起こります。
(皆様も、日常の暮らしで、ちょっと気をつけて観察していれば、いろいろなシンクロニシティーが起こっているものだと思いますヨ。)

 さて、第2回お客様感謝祭にご参加くださいました方からの、お便りを少しずつ掲載します。
お便りの一部分をご紹介します。
ありがとうございます。

「第2回感謝祭に参加させて頂き有難うございました。
牛若の素晴らしい部屋にびっくりし、入った途端
思わずキョロキョロとみとれてしまいました。
そして、再び(2度目)ブルーシャ西村様にお逢いでき
大変嬉しく思いました。
ジュエリー制作のこと、宝石がその方を選ぶとの話やジュエリーに対して、ブルーシャ様の使命等、直接聞かせて頂き改めて納得しました。
又、待ちに待った「降魔の剣」を渡して頂いた時は思わずステキ!!と絶句しました。
これから一生お守りになって下さいと祈るような不思議な気持ちになりました。
「降魔の剣」は、お不動様の剣とのことで、内心びっくりしています。というのも、兵庫(宝塚)に来て、30年になりますが、その間、年2回お四国巡拝に行くチャンスがあり、お大師様、お不動様にお参りし御真言を唱えておりました。高野山にも度々いっておりました。
朝晩眺めては、この宝石の素晴らしい輝きを見て、幸せに感じています。不思議な縁をも感じています。
有難うございました。」

(以下、ブルーシャ記す)
 お便りありがとうございます。
 こちらこそ、お目にかかれて嬉しかったです。
遠方の宝塚から親子でお越しくださいまして、ありがとうございます。(私の故郷です。同郷の方ですね!)
このお便りのお母様の、娘様も、前回の書き込みの方とよく似た雰囲気で、まるでピンクハウスのモデルさんみたいな方なのです!
 ピンクハウスがよく似合いそうな、可愛らしい美人の娘様です。宝塚歌劇団の娘役みたいな方です。
他人の空似といいますか、よく似た雰囲気の、ピンクハウスのモデルさんみたいな可愛らしい女性達が、私のジュエリーのお客様としてご縁ができて集まってこられているので、過去世からのなにか深いご縁を感じています。
 そこらへんの街中をほっつき歩いても、こんなピンクハウスのモデルさんみたいな女性に出会う確率はほとんど無いですよ~。めったにお目にかかれないような可愛らしい娘様達なのです。過去世では、きっと豪華絢爛なドレスをお召しになって宮殿に住んでいらっしゃっただろうな~と思い浮かぶような方々です。こんな女性には、日常生活の中ではめったに出会えないものです。・・・ニューヨークでも見かけないほどです。
 ステキな方々に私のジュエリーを身に着けていただけて、本当に光栄でございます。嬉しいです。ありがとうございます。

 降魔の剣のことも喜んでくださり、お気に召していただけて嬉しいです。

 ミャンマー(ビルマ)、モゴック産のブルミーズ・ブルーサファイアの、非加熱未処理の大粒ルース、1.76ctなのです。(GIA鑑別書付き。ブルーサファイアの産地追跡つきの鑑別。)
 この宝石を使った降魔の剣で、特別仕様です。色は真っ青、ロイヤルブルーの深い青です。とっておきの宝石ルースでした。しかも降魔の剣にピッタリ合うサイズでしたので、まさに運命のブルーサファイアでした。
 この世界的な最高級の宝石をセットする土台はプラチナが合うので、ブルーの色も映えますし、剣の部分はプラチナ、プレートの部分は18金イエローゴールドで特別にお作りしました。
 お陰様で、素晴らしいジュエリー作品となりました。

 降魔の剣の、不動明王とご縁が深い方なのですね!
 四国巡拝、高野山という、空海(弘法大師)にもご縁が深いのですね~。
 似た波動の人々は自然に集まるのですね。
弘法大師と不動明王のご縁もあるのでしょうね。

 感謝祭のこと、牛若の間も喜んでくださって、うれしいです。ありがとうございます。
 また来年も、感謝祭でお目にかかれたら嬉しいです。

 ご贔屓くださいまして、ありがとうございます。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月22日 06時37分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月20日
さて、前々回に書き込みました、パンダ(霊的なもの)について、謎が解けましたので、ご報告します。

ジュエリーのお客様から御便りをいただいて、謎が解けた次第です。
このお客様は、名古屋の感謝祭(懇親会ランチ)に2回ともご参加くださり、お顔も覚えてる方なのです。ジュエリーもオーダー下さっています。
名古屋の懇親会ランチは少人数の集まりなので、皆さんとゆっくり会話することができましたので、顔も覚えられるのです。

とっても美人で超可愛らしい女性で、「ピンクハウスがよくお似合いそうですよね!」と私が名古屋で言うと、
「はい、よく言われます。
友達にピンクハウスに連れて行かれたことがあります。」とおっしゃったので、
「やっぱり!
似合いますよね~!」と私は言いました。
イメージ的に、パッと観の第一印象が、「ピンクハウスの広告、カタログのモデルで出てきそうな方だな~!」と感じましたから。
ピンク、パステルカラー、フリフリ&ブリブリ、ヒラヒラのフリルがたくさんついたもの、ロング丈のギャザーたっぷりのふくらんだスカートがよくお似合いそうなのです。
大昔、過去世では豪華絢爛なドレス(ロング丈のギャザーたっぷりのふくらんだスカート)を着ていらっしゃっただろうな~と思ったほど、ロココ調のドレスでさえも余裕で似合って着こなせるようなお方です。縦ロールのヘアースタイルも合いそうでした。

「そんなピンクハウスのモデルさんみたいな超可愛い女性が私のジュエリーをお選びくださり、身に着けてくださるなんて、光栄です。」と、その時、心の中で私は強く思っていました。思い返せば、この時になにか魂が強い反応をしたのかな~と思いました。それ以来、この方のことも時々思い出していました。

お客様からの御便りの一部分、やりとりについて、掲載しますね。
ありがとうございます。

「先日のブログの赤ちゃんパンダの夢に関して、すごく気になってしまいメールをさせて頂きました。
私の寝室にボールみたいなまん丸のパンダの赤ちゃんのぬいぐるみがありまして、神戸の中華街に母と姉と旅行した時に購入したものです。
思い入れのあるぬいぐるみだったので、大切に保管していたものを今年に入って多分2月頃に出してベッドに置いていました。
先週の土日(3月11、12日)になんとなく子供っぽいかなと思い引き出しにしまったところ2、3日後にブルーシャ様のブログにパンダの赤ちゃんの夢の事が書いてあり申し訳ない気持ちになり、もう一度パンダちゃんを出してきました。

名古屋の懇親会でブルーシャ様にお会いする前少し前にパンダのぬいぐるみを出したと記憶しておりましたので、私には、ブルーシャ様のブログの内容がまるでこの事に関係あるかのように思えて正にシンクロニシティでした。」

(私の返信)↓
「・・・
パンダの顔?をはっきり覚えていますが、これは夢ではなくて、起きている時、軽く瞑想中のときでした。
そうそう、実際のパンダより、ぬいぐるみっぽかったのです。
パンダちゃんの手足は、実際のパンダよりも細めでした。
そのぬいぐるみの手足は細めでしょうか?

 また、この翌日か2日後くらい(多分3月16日)に、また、孫悟空が出てきました。これも起きている時で、軽い瞑想中でした。
・・・
面白いですね~。
続きの御話をお待ちしています。」

(お客様からのお返事)↓
「ブルーシャ様が霊眼でご覧になられたパンダの赤ちゃんは、ぬいぐるみみたいだったとのことで、驚きました。
普通の写真で申し訳ありませんが画像も添付させて頂きます☆(*このページ最下部に写真を掲載。)

手は、細く小さくて、胸の辺の黒のラインについてあって、まん丸でペタッと座り込んでいるところなんかがこの子のことかもしれないと感じさせられました。
8年前に中華街の店先にてんこ盛りディスプレイされていたものを母に買ってもらいました。

中国人の方々の象徴というのもぴったりでした。わたしもパンダちゃんのことを赤ちゃんとか幼児のように扱わせてもらっていましたので、ブログを読み返す度にお知らせをさせて頂かずにはおられませんでした!
ほんとうにおもしろいです!
何よりブルーシャ様の霊眼の正確さに感動しています!

P.S.2日後に見られた孫悟空は、アニメの孫悟空でしょうか??ドラゴンボールの孫悟空なら今も大好きです☆」

(私の返信)↓
「パンダの画像をありがとうございます。
 こんな感じでした~!
手足は細めで、私が観たのは手がもうちょっと長かったですが。よく似ていますね~。

 なぜ、熊笹を食べていたのでしょうかね?

 孫悟空は、ドラゴンボールは海外に住んでいるのでほとんど見たことがなく、よく知らないのですが、これはアニメか、またはぬいぐるみっぽい姿でした。
何か中国の方の象徴だなと感じました。」

(お客様からのお返事)↓
「パンダちゃんは熊笹を食べていたんですね☆この子は熊笹がとっても好きみたいです。
中国は、可愛いものがいっぱいありますよね。

そういえば幼少期は中国が好きでした☆
ブルーシャ様とシンクロして懐かしい気持ちになれて、良かったです!
ありがとうございます☆」

(以下、ブルーシャ記す)
 びっくり~、のお便りでした。
この方とは、懇親会で2回も、ゆっくりお話をしたことがあったので、お顔も姿もよく覚えていますし、魂のどこかが強くつながっていたのだと思います。
ピンクハウスのモデルさんみたいなこの方のことは、超可愛いかったな~とオヤジみたいに(笑)時々思い出すことがあるので、チラチラと気になってきていたのですよ。
それで、この方の特徴と思い出、近況のことなどが混ざって、この方の魂のサインとして「パンダの赤ちゃん」が出てきたのでしょうね~。
魂がつながってるのですね~。
見事です。
 こういった魂の深い深いつながりは、今生だけの付き合いでは起こらないようなことなので、きっと私とも私の周りの人々とも、何回かグループソウルで一緒の時を過ごしてきたのでしょうね。
お客様達と私は、何度か、一緒に転生してきてまた一緒に過ごしているのかもしれませんね。ロマンチックですね~。

 私の霊眼は、このように、後になって理由がいろいろ分かってくるので、信憑性があるのです。身近な家族とか、私のことを長い間よく知っている周りの人々からは、私は信頼されています。
 でも、霊眼で観える、知らされることは、知っていい(構わない)範囲内のことまでです。

 この私の軽い瞑想中のビジョンは、中国の象徴としても、パンダ、孫悟空と2回連続で立て続けに出てきたのだという別の直観もあります。結構強い直感です。
 中国の方々とも私は何か、ご縁が深いのだろうなと思います。

 現に、男前カレンダー2017のモデルの1人は、中国系の男性ですし。。。
 エネルギーが有り余ってるてんこ盛りの好青年です。ニューヨークで、そのオーラがものすごく目立ってたほどで、気になっていた人で、私の友人の1人です。こんなに人が大勢いるニュ-ヨークなのに私から観て目立ってるなんて!!!何なんだこの人~!と思ってたら・・・。「エネルギー有り余ってる!」という私の直観は当たっていました。そりゃ、有り余ってるはずだよな~と。この彼の周りから中国系の社会にもちょっと出入りしている今日この頃です。
 
 私はスペイン系だけではなくて、中国人の方々ともご縁が深いみたいです。

(お客様が添付下さったパンダの赤ちゃんの写真♪)↓ ? Que fuerte, no ? ↓
attachment1





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月20日 23時01分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月16日
カテゴリ:読者のお便り
さて、時々、お客様からのお便りの一部分を、掲載します。
お便りをありがとうございます。
感謝いたします。

「不思議な出来事がありました。

学研ムーの雑誌で購入した(ブルーシャさんの)ブレスレット(翡翠)を右手に装着して、伊勢神宮へ初詣に参ったのですが外宮と内宮へ入って歩いていたら、ジリジリとブレスレットが腕に振動してきて、とても、驚きました。

晴天に恵まれて、清々し御参りができました。」

「今年も、感謝祭に参加させて頂き有難うございました。

入口から足を踏み込んで良いのかと思うぐらいの素敵なお部屋で驚きました。

ジュエリー作成完成までの工程が、あんなにも複雑で
日数を要しながら、作られてるのに感動しました。

貴重なお話を聞かせて頂き有難うございました。

ブレスレットの振動についても、教えて頂き有難うございました。

家宝となった「降魔の剣」は、見る度にぶるぶると鳥肌立ちます。

東京へ行く前に、夢で大蛇の白ゴールドが現れて
金運が上昇するのかな……と思って矢先に、「降魔の剣」が、我が家に来たので驚きました。

今年もお逢いできて、本当に嬉しかったです。
有難うございました。」

(以下、ブルーシャ記す)

 今年も感謝祭にお越しくださり、ありがとうございました。
わざわざ遠方から飛行機でお越しいただいて、恐縮です。
お目にかかれて嬉しかったです。

 今回の講演というかお話は、ジュエリー製作について、工程について詳しくお伝えしました。
普段、このような細かい内容をお話する機会がないので、楽しんでいただけるかなと思い、制作秘話を中心にお話しました。
 楽しんでくださり、よかったです。

 また、牛若の間も喜んでくださり、嬉しいです。皆で思い出になり、一緒に素晴らしい豪華絢爛な部屋で時を過ごして、楽しかったですね。

 学研ムーのコラボ企画、メールオーダーの私のブレスレットについて、面白い体験談、エピソードを詳しく感謝祭でお話くださって、ありがとうございました。
 感謝祭の直前に、上記のような体験談のお便りをいただいていたので、それについて少しお話していただきました。

 「ジリジリとブレスレットが腕に振動してきて」ということ、くわしくお伺いしたら、それは少し振動を感じる程度のものではなくて、腕が激しく上下にブルブル震えて止まらなくなるほどの振動だったとのこと、もう片方の手(左手)で押さえなければならなかったほどの大きな激しい振動だったそうです。しかもその振動は、その場(外宮と内宮)あたりにいた間ずっと、ブルブルと起こっていたそうです。

 伊勢神宮の外宮と内宮を歩いていらっしゃる時に起こったとのこと、外宮はいろいろな伝説がありますものね。外宮の磁場、地場、その一区角のエネルギーはとても高いとお聞きした事があり、ヨーロッパのある有名な霊能力者の方がそのことを語っていらっしゃるそうで、お気に入りの場所だそうです。

 地場、磁場が高い、霊的に波動が高いところは、普段の他の場にいる時よりも、アンテナをキャッチしやすくていろんな波動をダイレクトに感じやすかったり、強い現象が起こりやすかったり、反応が大きく起こって目に見えて分かることもあるのでしょう。

 外宮の磁場の高い空間に近付いたとたんに、私のブレスレットの効果が急に目に見えて強く現われて、宇宙からのエネルギーが強く流れ込む現象が起こったのでしょうね。

 私のブレスレットは、私自身が全て石の素材を厳選して自分で手作りしていますし、シルバーのパーツも自分で作った強力な形と素材のものですので、私以外の人には作れないものです。ですから、他では手に入らない品物なのです。
 私が自分の手で作っているので、宇宙からのエネルギーを集めて、その持ち主が守られるように強力な造りになっています。
 
 普段の生活の中では穏やかな作用で目に見えない働きをするブレスレットの企画なのですが、たまたまこのお客様が伊勢神宮の外宮と内宮あたりにしばらく滞在した間ずっと、このブレスレットに激しい振動が起こって目に見えて波動の強さが現われて、分かりやすかったのですね。
 ブレスレットと伊勢神宮の外宮と内宮の地場が共振、共鳴した現象です。パワーが流れ込んでくる量が急激に大量になって作用して、なだれのようにエネルギーが注がれてくる現象が止まらなかったのです。

 目に見えて現われた現象、貴重なご体験でした!シェアしてくださってありがとうございました。

 その体験談をお話くださって、会場の皆さんも私もとても驚きましたよね!
 (この企画をしてくれている学研ムーにも、ご報告しておきますね。)

>「夢で大蛇の白ゴールドが現れて、金運が上昇するのかな・・・」とのこと、
新年早々に、大蛇の白のゴールドが現われたとのこと、縁起が良いですよね。
降魔の剣が出来上がってお渡しする直前に、このような前兆、吉兆が訪れたとのこと。それは喜ばしいことですね。
嬉しいです。

大蛇の白ゴールドは、弁才天の化身を表しているかもしれないですね。

弁才天は、インドのサラスヴァティーが日本へ入ってくる時に、呼び名がそのように付いたという言い伝えがありますよね。
サラスヴァティーは、白蛇の上に座っていて、白蛇が使いのものだそうですし。

また、日本の神話だと、ヒルコは骨がないグニャグニャの不具の体(蛇のような体)で生まれてしまったため、その両親のイザナギ&イザナミはヒルコを川に流して、その後にヒルコは弁才天となったそうです。

天照大神とスサノオのお姉様が、ヒルコなのです。
ヒルコは、イザナギとイザナミとの間に生まれた最初の神です。

ご縁があるお客様達へ、私のジュエリーが行き渡っていて嬉しいです。

ご贔屓くださいまして、ありがとうございます。

また次回も、感謝祭でお会いしましょう☆





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月17日 01時46分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月15日
カテゴリ:ニューヨークにて
昨晩遅く、起きている時に、しばらく目を閉じて(軽い瞑想)いると・・・。

目を閉じた私の目の前に、霊眼にパンダが現れて、ずーっといるので、「何か意味があるな~」と不思議に思いました。

現われたのは霊的なパンダだったのです。

そのパンダちゃんは、赤ちゃんまたは幼児くらいのパンダで、丸くてモフモフで超可愛くて、両足を投げ出してペタッと座り込んで、笹の葉を手に持ってもぐもぐ食べていました。

そして、じっとこっちを見ていて、ニコニコ和やかで、なんか私と知り合いみたいで私に懐いているパンダだったのです。
↑私はパンダのお友達はいないので、霊的にどこかにいる私と仲良しのパンダちゃん霊みたいです。

「うふふふふ・・・」というふうに、そのパンダちゃんは、ただただ私に懐いていて和んでいるだけでした~。

パンダには見覚えがなかったので、何のことだろう?何なんだろう???と思い返してみましたが、意味が分かりません。

パンダといえば、中国では縁起が良い動物だそうですね。

中国の方々とご縁が深いということかなと、解釈しました。中国で縁起が良いパンダ霊が出てくるなんて、しかも私の近くにずっといるなんて、それは何か、中国人の方々の象徴なのだなと感じました。

(家の周りでは中国語を使う日本人の人々が多かったですが、私は未だに、うろ覚え程度の、ハオツーとか、シャオジエとか、ミンバイミンバイ、トイトイ、メイカンシー、メイヨウチェンとかしか知らないです。。。)

メイカンシー、メイカンシー。

パンダの赤ちゃんの霊的な存在は、何のことだろうか、もうちょっと先の未来で何か意味がはっきりしてくるのかもしれませんね。
今は、ちょっと気には留めておきますが。
あまり気にしないようにします。。。

深みにはまらないように、気にしない、気にしない。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月15日 13時04分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月14日
カテゴリ:ニューヨークにて
さてさて、先週木曜日から日曜日までずっと、スペイン政府などが協賛、主催の、フラメンコ・フェスティバルが、ニューヨークに巡回していたので、そのニューヨーク公演の取材をしていました!(チャコットのニューヨーク特派員の仕事で。)

土日は、第4回うさとNY展を、私のアトリエビルの会議室で開催していましたし、つめつめで多忙だったので、ブログに取材の中間報告とかをアップしている間が無かったです~。
ちなみに、うさと展は大盛況で、私の知らない人々もどこかから聞いてたくさんお越しくださって、ありがとうございました。友達の輪で広がっていっていますね!うさと服の在庫がぜんぜん足りなくて、次はもっとたくさん送ってもらいたいと希望しています。私がヘアバンドのような大きめの三角巾のようなほっかむりをしていたせいか、在庫のヘアバンド、キャップ、ほっかむり系が10個中8個も売れました。けっこう、皆さんよくお似合いでした。(よかったら、頭にもおしゃれしてね~。)

私は今ちょうど、働き盛りの年代なのですよね~。たくさん仕事をいただいてありがたいことです。感謝しています。
思い返せば、この年代は、周りの親戚や両親や友人のご両親とかも、働き盛りでスケジュールつめつめでしたよね。
私の友人達のお母様達も仕事をしていた方ばかりでしたので、みんな忙しかったな~と、思い出します。

フラメンコ・フェスティバルは、ほぼ毎年開催されていて、世界の主要都市を巡回していき、今年は最後がニューヨーク公演で、終了しました!
スペインに住んでいた私は、毎年、この公演を楽しみにしています☆☆☆

そして!
今年も!
わが友人のへスス・カルモナが、フラメンコ・フェスティバルの「ガラフラメンカ」の公演に、メインの男性バイラオールとして出演するので(!)、ぜひぜひインタビューの仕事を入れたい!さらに日本へ広く紹介したい!ということで、インタビュー取材の予定を早くから組んで計画しておりました。
へススの奥様も知り合いです。家族ぐるみなのです。
へススの友人達も私の友人達と重なっていて、世間が狭くて、すでに私の知らないところで私の話は聞いて知っていて、ニーノやフアン・デ・フアンととても仲が良いそうです。彼らとは10代から友達で、一緒にマドリッドで頑張ってきたそうですから。
へススの友人達と私の友人達がいろいろ重なっているので、旧知の友みたいになっていて、なんだかご縁があるな~と、ノリが同じやな~、関西ノリやな~、楽しいな~と感慨深かったです~。

↑似たような人達は集まるのだな~と思います。同じ波動の人々同士が引き寄せ合って集まる、という宇宙法則ですよね。

へススは今はバイラオールとしてノリノリで踊れる絶頂期に差し掛かっていて、脂が乗った年代で、ちょうど現在、男性バイラオールの世界一の実力派といっても過言ではないくらいです。
すさまじい世界一レベルの完璧なテクニックも体力も持ち、身体能力も高く、鍛え上げていて、すごい迫力で圧巻のパフォーマンスが出来る方です。

へススは世界一レベルの大スターなので、今はスケジュールがつめつめ、つめっつめ!で、世界を巡業し続けていて、あちこち海外に滞在して移動し続けていて、へススと連絡を取るのも一苦労で、スケジュール管理とか取材許可とかは全部、彼のスペイン在住のマネージャーとやりとりをして決めました。
へススはマドリッドに家があるのですが、「マドリッドにはほとんど滞在する日がない」と言っていました。

・・・「自宅にあまり滞在する日が無い」ということは、え?ちょっと想像できないですが、ずっと世界巡業して移動して、公演やクラス(教える仕事)が続いていて、今はずっとめまぐるしく働いているのですよね。

ニューヨークでのフラメンコ・フェスティバルの公演の時は特に、へススはニューヨークで会わなければならない重要な人々も多いし、スケジュールの合間を縫って、休憩時間の1時間をいただいて、再会を喜ぶおしゃべり&ホテルのラウンジでお茶&インタビューを行いました!(ゼイゼイ・・・。)

超久しぶりにカステリャーノ(スペインの発音のスペイン語)を聞いて、しゃべってたので、「ああ、やっぱり南米のスペイン語とは発音が違うな~、全然違うな~。使ってる単語や文法も違うな~。カステリャーノは文法の、動詞の活用形を細かく分けて使ってるな~、南米はあまり活用形を使い分けないな~、違うな~」と再確認しました。懐かしかったです~。

ああ、懐かしかった。楽しかった。
スペイン語圏の取材もさせていただけるからスペイン語もやっていてよかったな~、役に立ったな~、楽しい人生だな~と実感しました。

時間足りないくらいで、名残惜しかったですが、次の予定が入っているから1時間が精一杯でした。でも分刻みスケジュールのニューヨーク公演滞在中に、よく時間作ってくれたと思います。感謝します。

その1時間の高速会話(!)の中で、彼は私の仕事(ジュエリーとか)にも非常に興味を持っているのでいろいろ聞かれたし、何かコラボができるかもしれないと話し合っています。
へススのスケジュールはパツンパツンなので、実現可能かどうか分からないですが、私のジュエリーのお客様達には何か、へススとともに感謝の気持ちを還元したいなと、願っています。私のお客様達のお話も、かいつまんで少ししたら、彼はとっても興味を持っていましたよ。(いろんな面白いお客様達に囲まれているので、面白い楽しい人生だという話。)

初日公演で、終了後に彼の楽屋にも訪ねましたが、へススはもちろん自分専用の個室を与えられていました!( タコ部屋じゃないのです。)
そして再会の瞬間、
「あ~、やっぱり、素晴らしいオーラだな~。非常に好青年だな~!良いヤツだな~。最高だな~。育ちの良さがにじみでているな~。お母様が特に素晴らしい賢い方なのが目に浮かぶな~」とつくづく思いました。

普段の生活の中では、へススみたいな育ちの良い好青年のオーラは、あまり見かけないです。
珍しいです。
こんな感じが良い、育ちが良い男性は、あまり見かけないほどなのです。
本当に珍しすぎます。
さすが、ご子息が感じ良い青年に育ったのだから、彼のお母様の子育てが上手だったということだな~と感じました。
へススの素晴らしいお母様の姿が目に浮かびました。私は彼を生んで育てたお母様にも興味があります。どんな子育てだったのかな?と聞いてみたいくらいです。

インタビューの最中に、「あなたのご家族の中で、フラメンコ関係の専門を選んだのはあなた一人だけですか?」と聞いてみたら、
「私一人だけです。
家族、親戚では他に誰もいないです。
母親は主婦で、家庭の中のことを一生懸命ケアしてくれていました。
父親も会社勤めだし。
なぜなのか分からないですが、私は小さい頃、2歳ですでに、”フラメンコ踊りたい!踊りたい!”ばかり言っていたそうで、それを観た母親が良い超一流のフラメンコの先生を選んで、6歳からレッスンを受けさせ始めてくれたのです。(←英才教育。)
その先生が一流だった(世界的フラメンコファミリー)から、本当に良い環境で先生に恵まれて、学べました。
・・・」
みたいに、インタビューは続きました。
詳しいインタビュー記事が出来上がったら、またお知らせしますね。乞うご期待!

お母様は真面目に一生懸命に家庭のことを務める主婦なのですね!
それでかな~、自分の子供が6歳の時に、超一流の先生を最初から選んでレッスンをつけさせてあげたのは。
先生を選ぶ審美眼もあったということだし、どの先生に習うかということは大事だと知っていたのですよね。
そこらへんの子供フラメンコ教室に入れたのではなかったのだから。
お母様による英才教育の賜物ですよね。そういう運命に生まれついていたのかな~。

次回会った時に、パッと霊眼に浮かんだ彼のお母様について、さぞ賢い素晴らしい方、人格者だろうことを、確認してみたいと思います。

楽しい濃い充実した1時間でした!

それにしても、気が合いました!
意気投合しました!

お客様や読者の方々など、いつも応援してくださり、感謝しています。
活動報告でした☆
ご贔屓くださいまして、ありがとうございます。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月15日 13時02分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月08日
カテゴリ:ジュエリー


こちらは、オーダーメイド・ジュエリー作品の写真です。
3ストーン・ネックレスです。

クンツァイト 1.63ct
ダイヤモンド
 0.21カラット、スクエア、F、VS1
 0.21カラット、ラウンド、F、VS1

プラチナ

チェーン:18金ホワイトゴールド

チェーンはイタリー製、ハリーウィンストンなどでも使われている特別なものです。(一般のチェーン屋さんでは売っていないです。特別なデザインのチェーンの、入手経路を開拓しました☆)
プラチナ製の上等なジュエリーで、他では手に入らない複雑な繊細なデザインの特別なチェーンをお選びしました。
造りが細かいデザインのチェーンです。
約51cmのもので、途中41cm位のところにワッカをつけてろうづけして、長さを2段階に調節できるように改造しました。

お客様のご希望、イメージは、
「どんなときも自分と一緒にいて守ってくれる、気兼ねなく身につけるお守り」
(海外に行く時も、滞在しているときもずっと、持っていくことにしています)

「奈良県にある大神神社(おおみわじんじゃ)」←ご神体は三輪山そのもの。日本最古の神社と言われている。

「くちなしの花」

「モネのフランス(ジベルニー)にある、花に囲まれた自宅と、蓮の花の池」

「スペインのアンダルシア地方、バルセロナの中央市場あたりから周辺の海の、見える景色、スペインの緑の色、ギリシャのサントリーニ島、イギリスのクルーズ船(クイーンメリー二世、クイーンエリザベス二世)とその船内のクラシックな雰囲気」

「神戸の元町と港、日本の田舎や自然、奈良」

「中身も外身も、もっと美しくなり、いつまでも美しくい続けたい。」
「なるなら、自分の最高になる。(自分にとって)最高のものをうけとり、最高の人生を送る。」という言葉。
・・・

上記のご希望、イメージをふまえて、どんな色のどんな宝石が合うのかビビッとくるものを探して、お選びしてみました☆

このお客様は、ブルーの色を雰囲気(オーラ)にお持ちなように感じますので、ちょうどお似合いの色は薄いピンクかオレンジかイエローかなと思いました。(製作前に、名古屋での感謝祭(懇親会ランチ)でご本人とお会いしたので、様々なイメージとご希望を統一させてデザインすることの助けになりました☆)

その中で、「愛」を表すクンツァイトがピッタリ合う気がしました。
そして、ダイヤモンドでしたらオールマイティーな意味ですし、別名は金剛石ですし、パワフルで最強のお守りともなります。
薄ピンクと白の組み合わせで色も優しいですし、よくお似合いだと思います。

いつもお守りとして、気軽にさりげなく日常使いしたいジュエリーということで、ほどよいサイズのダイヤモンドをふんだんに使うことを考えました。

上のクンツァイトのベゼルのところは、上方左右に2箇所、穴をドリルで開けて、そこにチェーンを通しました。
このお陰で、デザインがすっきりしています。
クンツァイトは、淡い薄紫がかったピンク色で、なんともいえない優しさが漂っている宝石です。
見ているだけでも、優しい美しさで癒されます。

ダイヤモンドの分量も多いので、キラキラ輝いて美しいです。

またお会いできる日を楽しみにしています。
ご贔屓くださいまして、ありがとうございます。
感謝いたします。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月08日 13時50分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月28日
カテゴリ:ジュエリー
さて、前回書き込みました続きです。

このお客様からのお便りの一部分を掲載します。
ありがとうございます。

「トパーズの購入経緯を知れて嬉しいです。
よりいっそう大事にして一生かわいがりたいなと思いました!
何ヵ月も探していただきありがとうございました。
それに何十年も眠っていたトパーズがきてくれるなんて!びっくりです。

しかもこの質で宝石ルース代XXX円は安いですよね⁉︎

この奇跡のような出会いに感謝いたします。

そしてトパちゃん(そう呼んでます笑)がきてくれてからいいことがありました!

去年の12月に家の本鍵をなくし、年をあけてもなんの連絡もこないのであきらめていたのですが、1ヵ月もたった1月の末に管理会社から鍵が届いていますと連絡がきたのです!

感謝祭に参加させてもらったことや、トパちゃんがきてくれたおかげだなと感謝しております。
ありがとうございます。

最後に一つうかがいたいのですが
ジュエリーのオーダーで、今度はXXXを作っていただけたらと思っています。」


(以下、ブルーシャ記す)

 こちらこそ、数あるジュエリーの中から私の作品のオーダーメイドをお選びくださり、ありがとうございます。
 よく私のジュエリーにたどり着いてくださったことと感慨深いです。

 また、お客様感謝祭では遠方から、飛行機でお越しくださって、ありがとうございます。恐縮です。
 でも遠方の方にも感謝祭ではお目にかかることができたので、どんな方が私のジュエリーをオーダーして身に着けてくださっているのかな?とご対面できて嬉しいです。

 トパちゃんのこと、喜んでくださってありがとうございます。お気に召していただけて、私も嬉しいです。
そうなのです、お誕生日に関係がある宝石ということで、良い宝石ルースが割安で見つかるまで探していました。
 お客様が多いので、なかなか、全部の製作にまつわるストーリーや出来事まで細かくはご報告することに手が回らないので、特徴的な思い出はこれからもブログに書いていきますね。

 良い宝石ルースが見つかってよかったです。交渉次第なので、いつも宝石商とのつきあいまで大事にしています。宝石商の皆様も人間なので、最後は人間関係に左右されます。

 宝石は限りがあるので、良い宝石ルースを手に入れられるかどうかということは交渉次第のため、私のように個人で小さく営んでいるデザイナーにとって「人間力」だけが交渉に役に立つのです。
買い付けも「人間力」次第です。

 何十年も宝石商の金庫に大事に保管されていたインペリアル・トパーズの在庫を、私のために金庫から出してきて売ってもらえたので、ホッとしています。ラッキーですよね。彼が大事にしていたお宝を譲っていただけたので。

 何十年間も、他のお客さんには見せていなかった在庫の数々を、私だけには少しずつ特別に見せていただいて譲り受けていっています。
 この方はもう70代ですし、ご自身の跡取りが現在はいない状態なのですから、金庫の中の家系のお宝をだんだん放出して、私に譲ってくださっています。すごいお宝が他にも、金庫にはすやすや何十年間も眠っています。それを見せていただけるほど信頼されているなんて、本当にありがたいです。

 私はこの宝石商とも長い間、大事な友人ですし彼のご家族のこともよく知っているので、日頃から家族ぐるみなのです。
 お孫さんも出来たり、その度に嬉しいご報告と祝福を重ねてきて、嬉しく思います。

 私はもうすでに14年間も、ニューヨークで宝石業界に入り込んで仕事を続けてきているので、長い年月が積み重なっています。

 ユダヤ系のダイヤモンド商とも、他の国の家系の宝石商達とも、このように私は家族ぐるみで親しいです。
 家系で何代も営んでいる宝石商の人々は、例えば特にユダヤ系は、私が行くと、
 「お父さんに聞いたほうがいいです。貴女には優遇してくれるから、奥からお父さんを呼んできます。私には優遇する権限が無いので、少しここに座ってお待ちください。」と言って、主を表に連れて出てきてくださいます。

 こういう状況なので、宝石を仕入れるほうにも人間力が命で、最後は人付き合い、家族付き合いが大切なのです。上物を金庫から出してもらって見せてもらうためには、高い信用度が必要です。

 しばらく買い付けに行かなくて1年ぶりに寄っても、いつも、「お久しぶり~!よく来てくれたね。」と言って、家族にまつわる世話話を長時間してから、宝石を見せてもらったり、しばらく何日間も詰めて通い続けてから選びます。
 どこの宝石商も、私との付き合いは長いので、古い友人のようになっているのです。

 帰国した時はお互いに、お土産を買ってきて交換したり、大事な友人となっています。ニューヨークはいろんな国の家系の宝石商がいるので、楽しいです。

 そういう14年間の年月の積み重ねを振り返ると、私は若い時期からニューヨークの宝石業界で仕事を続けてきて良かったと思います。
 宝石商との人間関係を作るのも他のことと同じで、急には難しいですし、若い時期から入って一緒にお互いに年を積み重ねていくということ、若いピチピチの時期から知っているということが大事なことでした。
 もし年を取ったおばさんがいきなり店頭へ初めて行って少しずつ信用してもらえるのかどうか想像してみても、難しいと思います。
 若い子はペーペーで業界に入りたてだと、皆に親切に教えてもらえますが、それは若さがご愛嬌でカバーしてくれている特権のお陰です。
 
 若い時期からジュエリーデザイナーをスタートすると、14年以上続けているうちに、「あなたは長く作り続けているなんて、大したものですね、続けられてるだけですごいことですね」と言われて、ますます信用してもらえるようになります。

 そして、どの宝石をどこからどのように買ったかという「記憶力」も大事で、それぞれにストーリーがあるのです。もちろん売った方も、宝石商達は宝石が大好きで自分の子供みたいに思っているし、宝石それぞれの仕入れから販売まで全部覚えていらっしゃるのですよ。

 「あなたから10年前に買ったXXXの宝石はね、今やっとこういうジュエリーに仕上げたのですよ。お客さんはXXXでこんな方でね、とっても喜んでくださいましたよ。あなたのお陰様で、良い宝石を手に入れることができたから、ありがとうございます。このお客さんからまた次のご注文もいただいているから、この方のためにとっておきの宝石を用意したいです。」みたいにお話したら、

 「ああ、あの宝石がこんな作品になったのですね~!覚えていますよ。あの宝石はもう採れないですよ。鉱脈が枯渇しました。値段が高騰していますよ。」とか、お話は続くのです。

 地球上で宝石は旧大陸から産出されるものなのですが、その国ごとに家系それぞれに得意な宝石、入手しやすい宝石には特色があるので、ニューヨークにはいろんな国から来た宝石商達がいて勉強になりますし、情報量が多いです。

 私はたくさんの宝石商のところで色々聞いて見て、実物を見比べていますし、そういう長年の経験と直観力で見極めています。

 旧大陸には火山があるので、大きな地殻変動や噴火などで地面に圧力と高熱がかかってきて、それで美しい宝石の結晶が出来上がってきました。そういう宝石の生成の歴史と、どの旧大陸からどの宝石が採れるかという特色と個性があります。そのため、いくつかの旧大陸の得意分野ごとに、その大陸出身の宝石商と直接知り合って使い分けています。

 残念ながら、日本の土地からは宝石(ダイヤモンド、サファイア、ルビー、エメラルドなど)が産出されないため、ジュエリーは日本本来の文化ではないです。
 日本からは宝石は出なくて、せいぜい水晶か翡翠程度しか産出されないので、宝石文化は全てといっていいくらい海外から輸入された文化なのです。
 そのため、ジュエリー製作、技法、技術も、その宝石が産出される旧大陸で発達していったものなので、ジュエリーの技術の師匠も旧大陸の人々を選ぶようになっていきました。その国、大陸の文化なので、必然です。

 ↑こういった上記の積み重ね、ストーリーが、入手した宝石それぞれ1粒ごとにあるので、本当に貴重な宝石で、お客様のおっしゃるとおり、奇跡のような出会いです。

 そういう宝石の仕入れ方や宝石商についてのお話は、なかなか、する機会がないままでしたから、ここまで込み入って難しい複雑な繊細な仕事だったとは、お客様も想像していらっしゃらなかったとお察しします。
 
 宝石もパワーが強いし生きているから意識があるものなので、宝石それぞれも波動を放っているので、扱う宝石商も買い付ける人も自分の波動で上等な宝石ルースを引き寄せて入手できるのです。波動が合わないと自分のところには来てくれないのが宝石です。受け取る器が無ければ、上等な宝石はやってきてくれません。宝石のほうからどこへ行きたいか選んでいるのです。
 自分の波動に合っているものを引き寄せること、波動が同じもの同士が集まっているという法則が、宝石商、買い付ける人、宝石にも当てはまっています。

 そういうわけで、宝石選びは人間と全く同じですから、お互いに選び選ばれているので、友人選び、配偶者選びと全く同じなのです。同じ波動のもの同士が引き寄せ合って集まっていて、似たもの同士です。

 今後も、機会があれば、こういう宝石の仕入れについてのエピソードも、書いたり、講演(感謝祭)でお話したりしていきますね。お楽しみに。

>「しかもこの質で宝石ルース代XXX円は安いですよね⁉︎」
←このお客様がおっしゃるとおり、宝石ルース代はお買い得です。
よく気がついてくださいました!と思います。
私の営業努力とお客様に対しての愛情を、お気づきになってくださり、ありがとうございます。嬉しいです。

 上記に書いたような私の宝石商との長年の日頃からのお付き合いと営業努力によって、貴重な宝石を世間様よりも割安で私のお客様へご提供しています。
 市場価格よりも安くご提供できる理由は、上記のような努力によります。コツコツ、長年の努力の積み重ねの結果です。

 私のお客様に対しての愛情は大きいので(!)、いつもありがたく思って大切にしていますし、せっかくのオーダーメイドでお作りするので、同じ金額でもちょっとでも大粒で上等な宝石でジュエリーを作ってあげたい!と常に常に思っています。そして、末永く私の寿永利(ジュエリー)作品とともに、一緒に生きていってくだされば光栄です。

 私のジュエリー作品を大変お気に召していただけて、嬉しいですし、この作品にもご満足いただけて愛情を傾けてくださり、可愛がってくださっていて、また次の作品をオーダーくださり、ありがとうございます。
アーティスト冥利に尽きます。

 また次の宝石ルースにもストーリーがそれぞれあるので、少しずつ、お話していきたいと思います。

 全てのお客様には、ご贔屓くださいまして、ありがとうございます。
 また感謝祭でお会いしましょう。楽しみにしています。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年02月28日 23時14分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月25日
カテゴリ:ジュエリー
前回の書き込みの続きです☆

このお客様は、誕生石のインペリアル・トパーズ(シェリー酒色)のジュエリーがご希望でしたので、宝石ルース探しの旅からスタートしました☆

せっかくなので、非加熱未処理のインペリアル・トパーズを、宝石商の何箇所かで探してみましたが、なかなか思っているようなものがありませんでした。

古い宝石商の家系のところなら良い宝石ルースがあるかな~?と思い、ニューヨークの、3代目の宝石商のところで探してみたら、ありました!

古い家系の、何代も続いている宝石商のところは、お祖父様とか何代も前から眠っている宝石ルースが金庫にどっさりしまわれているからです。
それらの古い宝石ルースは、今の時代となっては貴重な上等なものがけっこうあります。
宝石の知識があって目利きならば、掘り出し物を探して見つけることができます。
例えば、大昔の宝石ルースなら、宝石を加熱したり照射処理したり他にも様々な方法で手を加えてより美しく変化させる化学技術が発達していなかった時代のものは、当然のように非加熱未処理のままなのですよ。
そういう、何も手を加えていない、非加熱未処理のままの、原石をただカットしただけの宝石ルースは、そのままで美しい色で輝いているものだけが何代も残ってきているのです。
お宝は、古い家系のところで見つけることができます。

今回のインペリアル・トパーズは、こういった経緯で、何ヶ月間か探してみて、知り合いだった古い家系の宝石商のところに何十年間も眠っていた、非加熱未処理のものを手に入れることが出来たのです。
そういう貴重な宝石ルースは、急には売ってもらえないものなのです。宝石商のほうも、人を観て判断して、売るかどうか、金庫から出して見せるかどうか、そのまましまっておいて寝かしておこうかとか、いろいろ考えて、「このお客が良くない人」と判断した場合は売らないそうなのです。
何十年も寝かせてあった、古い上質な在庫を売ってもらえてほっとしています。良かったです。

この方のところにも質の良い宝石があるので、時々、私のジュエリー作品用に入手し続けています。
3代目といっても、その方ご自身がすでに70代(!)で現役で、宝石商のお仕事は生きがいみたいです。いつまでもお元気ですごいですね~!
ニューヨークのマンハッタン生まれマンハッタン育ちで、超都会っ子です。

ご子息は全員、別の仕事に就いているそうで、現在は宝石商の跡取りがいないとのこと、「子供たちの、私の育て方が間違ってたのかもしれないな~。私は何も口出ししなかったからねえ。自主性に任せたから。ハハハ。」とおっっしゃっています。

「ご子息が全員、自分の意思で自分でやりたいことを選択して、進路を決めて進んでいらっしゃるのだから、自立心をつけさせて子育ては成功したと言えると思いますヨ~。
でも、3代も続いた宝石商を閉じるのは、もったいないですよね。
あなたが引退された後は、誰か継ぐ方はいらっしゃいませんか?」
・・・などとお話したら、

「さあ~、どうなるかな~。
誰かが継ぐかもしれないね~。閉じるかもしれないね~。」
とか、おっしゃっていました。

「ええ~! 私がもしジュエリーデザイナーとジュエラーでなかったら、あなたの跡取りになるのに~!」と私も話をしたものでした。

宝石商は宝石の勉強をずっとしなければならないですし、専門知識がたくさん必要で難しいため、生易しい世界ではないので、宝石業界に入るにはそれなりに努力を続ける覚悟が必要なのです。
そのため、宝石商は、宝石のことが大好きな人でなければ、毎日の事なので仕事にするには苦痛に思うことでしょう。
それに、大物の宝石は銀行の金庫に預けておいたりとか、保管に気を使うでしょうしね。
特に、仕入れ時にはかなり危険な面もありますからね。危険なので、女性には難しい世界の仕事が宝石商です。

ニューヨークの宝石商でも、宝石を仕入れに僻地の鉱山へ直接行った方が、宝石ルースを仕入れた帰り道にそこが雇ったギャング?殺し屋?に狙われて後をつけられて、命を落として、仕入れた宝石ごと全部奪われた事件の話も聞いたことがありますから。10年前くらいだったかな? マダガスカルに仕入れに行ったニューヨークの宝石商が、そういった経緯で帰りに命を落として、多額な宝石代金と宝石ルース全部を奪われたニュースを聞きましたから。
周りの宝石業界の人々に、そういうことって他にもたまにあるの?と聞くと、
「よくあるよ。コロンビアとかブラジルとか。あちこちで。危ない仕事だよ。だからむやみに自分で直接現地の鉱山主のところに仕入れに行くもんじゃないよ。
女性は行ってはいけないよ! 
宝石の値段にはね、そういった命の危険代も入っているんだよ。
だから宝石は高いんだよ!当たり前さ、宝石商の命がかかってるんだから。
宝石をちょっとでも安く仕入れたいからって現地の高山へ買いに行くのは、あまりにも無謀で危険だから、行かないほうがいいよ。
危ない国に行く時には、現地の役人に賄賂をつかまして案内してもらったり、色々とお金を使って手を回しておかないとヤラレちゃうからね。
ジュエリー業界は分業制でね、それぞれ専門があって、宝石は値段が高くついても宝石商のところで仕入れるのが一番確実で安全だよ。」と言っていたものです。

「ええ~!賄賂(お金)を払って入り込まないと、危険なのですか?」と聞くと、

「そうだよ~!未開の危ない宝石地帯には、要所要所で賄賂(お金)をたくさんばらまいておかないと危ないよ。」と言って、色々とその方法を私に教えてくださった宝石商の方々もいました。

これでは、素人には出来ない世界ですよね。
どうやって危ない宝石地帯へ入ったらいいのかチンプンカンプンですし、入っても無事に空港まで行って帰りつけるのか保障は無いですし、どの世界も、世界水準のレベルにまで極めるためには、高い専門性が必要なのですよね。

そういうわけで、知識でもセキュリティーの面でも特別な配慮が必要なので、宝石商は代々、家系でファミリービジネスで営んでいるところが多いです。1代目で新しいところは、代々続く世界中の宝石コネクションが無いので、新規参入も難しそうな世界です。どこの国の役人達を知っているとか、どの鉱山主と家族ぐるみで知り合いとか、代々知っているとか、コネが無いとなかなか、安全には仕入れに行けないですよね。
新しく入り込もうとしても、何代も続いている古い宝石商のところにはかなわないですものね。
ニューヨークでは、ユダヤ系の人々はダイヤモンド商が多いですし、他の色石、宝石商達は、いろんな人種や国の家系があります。

・・・ニューヨークで宝石を使ってジュエリーを製作するようになってもう14年位経ちますが、その間にそういったお話を数々、聞いてきて、いろんなことを勉強になりました。

「宝石の値段には、命の危険代も入っているんだよ」・・・というお言葉には、本当に衝撃を受けました。
美しいものの周りには、危険も渦巻いているのですね。

・・・私がもしジュエリーデザイナーではなくて、例えばGIA(宝石鑑定士)の学校に行ってその資格を取得していたなら宝石商になってこの方の跡取りを志願するけどな~、などと空想してみましたが。
でも、あいにく今生の私の仕事はジュエリーデザイナー兼ジュエリー職人なので、宝石商だけをすることは無いですから、跡取り志願するには人生の時間が足りませんね~。せっかく貴重な人脈(コネ)はあるのに。

そういえば、私の周りの日本人の友人でGIA宝石鑑定士の資格をニューヨークで取得した人々は数名いますが、彼らは日本の実家が「宝石商」「ジュエリー業」の家系の人達ばかりでした! そして日本へ帰ってから家業を手伝っていらっしゃいますね。
私の身近では、家業が宝石商ではない人はむやみにはGIA資格を取得する人が誰もいないはずだなあ~!と納得してしまいました。。。
もし家業が宝石と関係ないのに、むやみに何も考えずにGIA資格を取ったとしても、宝石業界に入って活躍するまでには下積み経験が必要だし、その中で働くうちに何年間もかかってたくさんの宝石商と交流して知り合っていかないといけないし、貴重な人脈を作ることができて初めて「跡取り募集中の宝石商の家系」と出会えるのですものね。
道のりは簡単ではないですね。
自分だけで切り開くには、人脈を作るのに何年もかかりますね~。いきなりは無理ですね。

家業が宝石商ではないのにGIA資格を取ったり専門知識を身につけた人が、宝石業界で人脈を作って入り込んで活躍するためには、「魂」「性格」「人柄」「人間関係」が一番大事で、次に「その人の配偶者も家族も素晴らしい人格者」であることが大事(なぜなら配偶者はその人の魂の鏡で同じレベルだからNYでは同一と見られる)で、もはやこれしか無いと思いました!
NYではいろんな人種がいるので、アメリカ人や外国人達は、その人となりを見て「良い人かどうか」を判断する時に、「人柄」重視で2秒で決め付けられて門戸を開いてくれるかどうか相手に選ばれているのです。その2秒間で「この人はダメだ」と何かの基準で決め付けられた場合には、特に宝石業界ではGIA資格を持っていても門前払いで相手にしてもらえないのですよ。GIAホルダーでも宝石商として働くことは、よほど性格が良いとか幸運が重なる必要があるので、非常に狭き門みたいです。

次に家族や配偶者が素晴らしい人格者で良い人だったら、「こういうご家族なのだったらこの人も素晴らしい、家族はその人の魂の鏡だから同一だからこの人も同じ、見直した!さすがだ!」ということで、ますます気に入られてその人脈にファミリーの一員として入れていただけます。
「あなたの周りにはいっぱい良い男性がいるでしょう?よかったら私の娘(大学生)にあなたのお友達の男性を誰か紹介してあげてくださいよ。誰か1人、良い人はいないかしら?」と宝石商達から頼まれること、しかも何回も何回もいつも頼まれることが多いのですよ。←(私は身の上話を一切何も話していないというのに、彼らは何かの臭覚で、私の友人には良い男性がたくさんいるに違いないと決め付けてるようなのです。どういう臭覚で、どんな審美眼か分かりませんが、私は宝石商達からこういうことまで言われる日々を送っています。。。彼等は私の魂の波動だけで判断しているから、その周りの友人達も良い人に囲まれているに違いないと思っているようです。)

日本の中で日本人同士でのつきあいならそこまで厳しく審美されることはなくて、片目をつぶっていただけますが。
でもニューヨークはいろんな人種がいすぎて危ない面もあるし、いくらでもビジネスの相手はいるので、最後は人柄重視で魂で判別されて人脈に入れてもらえるかどうか決め付けられるという、本当に厳しい状況です。ここ(ニューヨークの宝石業界)では、大目に見てくれることは全く無いですね。

私も、14年間、ニューヨークの宝石業界でいろいろ生きてきて、いろんな人脈ができて人々と知り合って渡り歩いてきて、「魂磨き」の面でも勉強になりました。ニューヨークの宝石業界で長い間生き抜くためには、「魂磨き」「魂の波動」が一番大事なことでした。
家族のように親しい宝石商の人達も何人かできましたが、彼等は、
「あなたは良い人だと判断したから、とっておきの最高の良い宝石ルースを売りますが、私はいつも”この人はロクデナシだ”と判断したらなるべく売らないし、高く売ってどこかへ早く去ってもらって二度と来てもらわないようにしているよ。
宝石業界は危ないのですよ。
「人柄重視」「ご家族や配偶者が良い人かどうか」ということで判断していかないと危険なのですよ。
人柄とか生き様に現われているから、ロクデナシには”関わったらロクなことは無い”のですよ。ロクデナシには最初から売らないようにしています。
(魂の波動が汚れている)悪い人には、私は売らないですよ。売らなくていいんです!
その反対に、あなたみたいな良い人にはずっと買いに来てもらいたいから優遇してますよ。見ただけで、あなたは良い人だと分かりますから!私の長年の経験で。あなたは私のファミリーですよ!
私は人を見て、宝石ルースを見せたり”無い”と言って見せなかったり、値段を高くしたり値引きしてみたり、人柄を見て態度を変えています。それで良いのです。」
・・・と、このようにおっしゃる宝石商ばかりです。

>「ロクデナシには最初から売らないようにしています。
売らなくていいんです!」
・・・だなんて、私も言ってみた~い!と思いました。
カッコいいと思って、驚きましたよ。
ニューヨークの宝石商にとっては命が危ない仕事なので、お客様は神様ばかりではないのですよね。
「売らなくていいんです!」だなんて、言ってみたい~~~!・・・含蓄があるお言葉だと思いました。

宝石商は危険な仕事だから、お客さんを選んでいるのですよ。命がかかっている仕事だからなおさらですね。
きっと、彼等の数々の経験で、「あの人に売らなければよかった」「あの人に売ったのが間違いだった」「あの人に最初から関わらなければこんなことにならなかったのに」「あの人には二度と売らないぞ」とか、後悔して学んだことがいろいろあったのでしょうね。
それで、「ロクデナシには最初から売らないようにしている」というふうに工夫していったのでしょう。

宝石を仕入れる旅にも魂磨きが役に立っていて、思わぬところで私のお客様のために得をしてきてよかったです。私の人生が全て生かされる仕事が、ジュエリー&宝石です。
今までの人生全ては、私のお客様のために生かされているので、本当によかったと思います。

私の魂の波動、魂磨きの努力の結果、様々な目に見えないお陰様で、元ハリーウィンストンのトップのジュエリー職人だった方(80年代に1点15億円の高価なジュエリーばかり作っていた)に一子相伝で師匠になってもらえたり、友人が4代目の真珠業者だったり、数々の宝石商にファミリーとして優遇してもらったり、一流のストーンセッターのことも、他にもいろいろな宝石業界の人脈ができたことも、ジュエリーデザイナーとして私の財産であり、お客様にとっても喜んでいただける財産となっています。
世界を股にかけて活躍するためには、子供の頃から続く「魂磨き」が一番大事なことだったな~と、今の時点で振り返ってみてつくづく思います。

宝石選びの世界も、配偶者(彼氏)選びや友達選びの世界と全く同じみたいですね。
お互いに選び、選ばれるものなのです。
波動が同じもの同士が引き合っているということなのです。
宝石も、人間みたいなものなのですね。

宝石の世界は、深いです。宝石は人生と同じです。

宝石によって、私の学びと魂磨きの修行はまだまだ、一生の間ずっと続きます。。。
厳しい世界で働いていること、魂を鍛えられるので、本当にありがたく思います。

全てのお客様には、ご贔屓くださいまして、ありがとうございます。
感謝いたします。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年02月25日 20時22分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月23日
カテゴリ:ジュエリー



オーダーメイドジュエリーの写真を掲載します。

ブラジル産、非加熱、未処理のインペリアル・トパーズで、赤っぽいオレンジ色です。
大粒ですので、迫力があります。
インクルージョンは肉眼で見えませんので、おそらく無いです。
2.64カラット、宝石ルースの大きさは、9.5mm X 7.0mmのオーバル型(楕円形)です。

18金イエローゴールド、
ダイヤモンド(パヴェ)、D、VS1

チェーンは14金で、太い目でしっかりしたゴージャスなデザインで、ハリーウィンストンのジュエリーにも使われている同じデザインのものです。
イタリア製で上等なものです。
長さが61cmでセーターの上からも着けられるようにして、途中で41cmのところに小さなワッカをろうづけしてつないで、短めで首元にも着けられるように、2段階の長さのチェーンに改造しておきました。

後でセーターの上に着けたり、短くしたり、いろいろ使えると思います。

お客様からのご感想も掲載します。
ありがとうございます。

「先日は感謝祭に参加させていただきありがとうございました。飛行機も欠航にならず無事に帰ることができました。
すごく素敵な牛若の間で過ごす時間はあっというまでした。
ジュエリーのお話や詩の朗読などをしていただき、とても貴重で楽しい時間を過ごせて幸せでした。
本当にありがとうございます。
ジュエリーですが毎日つけさせてもらってます。鏡ごしでジュエリーをみたときに、残像のようなオーラのようなものが見えるのは気のせいでしょうか。錯覚かもしれませんが、気になりましたのでお知らせしました。」

「ジュエリーを見るたびにニヤニヤしてます。
在庫のない石を探していただきありがとう
ございました。
人物画のカレンダーは迫力があって、引き込まれてしまいました。七福神のカレンダーもあったらうれしいなと思います!
これからもよろしくお願いします。」

「またチェーンが長かったらいいなと思っていたのでびっくりしました!!しかも長さを調節できるなんて素敵ですー!!
本当にありがとうございます!感謝の気持ちしかわいてきません。」


 ご贔屓くださいまして、ありがとうございます。
 続きは次回!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年02月23日 22時00分17秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2036件 (2036件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.