993384 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

buffieblog

PR

カテゴリ

プロフィール


バフィ2004

フリーページ

カレンダー

お気に入りブログ

【東京六大学2020春… ささやん0583さん

2010年06月03日
XML
カテゴリ:ドラマ・TV・芸能
今期1番のドラマと言って差し支えないだろう。

小学校の担任の教師が、虐待されている児童に同情して逃避行する。それだけなら、「いくら同情しても子供を連れて逃げないだろ。あり得ねえ」と思ってしまうが、ヒロイン(演・松雪泰子)の過去が次第に明らかになっていくと、なんだか納得させられてしまう。

ヒロインは5歳の時に母親に捨てられ、養母に育てられた。その後妹2人が生まれ、養母(高畑淳子)との間には距離感がある。そして、病に侵された実母(田中裕子)の登場。
先週の放送では、実母が娘を捨てた真の理由が語られた。殺人事件での服役__。涙なくしては見られなかった。

そして今週2日の放送では、子供が虐待されるまでの経緯が語られる。初めは娘をでき愛していた母(尾野真千子)。それが夫の死から徐々に追い詰められていく。家もなくなり仕事もなくなり夜の仕事へ。そのうち、娘を置いて旅行に出かけるようになる。最後は、ゴミ袋に娘を詰めて捨てるという暴挙。

最近、親が子供を虐待するケースが後を絶たない。無責任な親が増えたことも大きな要因だが、長く続く不況が大きな原因ではないか。職がない、子供の世話に割く時間も金もない、のは貧困に起因することが多い。こういう問題が相次ぐのは、個々の親の責任ばかりではなく、社会全体で考えていかないといけないと思う。






最終更新日  2010年06月03日 22時32分43秒
コメント(0) | コメントを書く
[ドラマ・TV・芸能] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.