1004753 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

buffieblog

PR

カテゴリ

プロフィール


バフィ2004

フリーページ

カレンダー

お気に入りブログ

「伝説の10・19… ささやん0583さん

2011年01月10日
XML
カテゴリ:特撮系

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)
「オーズ&ダブル feat.スカル」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
映画「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)
この作品情報を楽天エンタメナビで見る



この映画の主役はWでもオーズでもない。スカルだ。
そういう意味で、Wの最後の活躍を期待して見に行った人には拍子抜けだろう。

とにかく、スカル=鳴海荘吉(吉川晃司)がカッコよすぎる。他の2ライダーを完全に食っている。もちろん、前作「ビギン・ザ・ナイト」で荘吉は死んでいるので、娘の亜樹子にメモリーで過去を見せる形で物語は進行する。

とにかく、細部にまでこだわった三条陸氏の素晴らしい脚本が生きた。10年前の話ということで、TV本編にも出てくるテキ屋のおっさんも荘吉の協力者として登場。若き日の刃野刑事、子供の翔太郎。シュラウドとの関係。仮面ライダー1号へのオマージュとして、蜘蛛と蝙蝠の怪人。スカルになった経緯。
そして、娘に会えなくなった悲しい事情もしっかり語られている。Wの集大成として上々の出来だ。

それに引き換え、オーズパートはひどい。そもそも、鴻上ファウンデーションは何をやりたくてノブナガを蘇らせたのか分からないし、逃げた後はほったらかし。第2ライダー・仮面ライダーバースの設定もTVと合ってない。
そもそもTVのオーズ自体が、メダルを奪い合う私闘に終始していてちっとも面白くない。子供たちには多彩な変身が面白いかもしれないが、これが40周年記念作品でいいのか疑問に思っている。

最終パートのW&オーズ対コア、アクセル&バース対プテラノドンドーパントの戦いは良かった。しかし、いかんせん他の部分が長すぎた。

スカルに敬意を表して
☆☆☆☆






最終更新日  2013年01月30日 16時38分46秒
コメント(0) | コメントを書く
[特撮系] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.