413340 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

アシスタント吉田の琉球なこころ “河本先生と私”

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Free Space

設定されていません。

Category

Comments

ねこむすめ@ Re:宝石光線遠隔療法 受付開始から1か月(02/09) はじめまして。酷い憑依、霊障で数年苦し…
ヒーリングセミナー bulan・batu@ Re[1]:京都移転のお知らせ(03/07) アラカキさん >吉田さ~ん、先日はコトダ…
ヒーリングセミナー bulan・batu@ Re[1]:京都移転のお知らせ(03/07) キノコさん >ご無沙汰してます。 >久し…
アラカキ@ Re:京都移転のお知らせ(03/07) 吉田さ~ん、先日はコトダマセッション受…
キノコ@ Re:京都移転のお知らせ(03/07) ご無沙汰してます。 久しぶりにブログを拝…

Calendar

2006.08.21
XML


 「木と森にかかわる仕事」 という本をご存知ですか?

 木が好きな人、森が好きな人だけに関わらず、人間としてこの地上に生きている限り、木や森と関わらずに育ってきた人はいません。

 小学1年生の時 校庭に植えられていた木は、卒業するまでに随分大きくなっていました。
自分と同じように。

 人が木の匂いや質感、森の中の空気に安らぎを覚えるのは、彼らが自分たちと同じモノだから、という理由に他ならない・・・ような気がする。

 「木や森は大切にしなければ」 というのは、何となくみんなが考えている事かもしれないけど、じゃあ具体的にどのように・・・とか、どういうことで森と関わるのか、切った木はどうなっていくのか、どんな人たちが 森に対して何をしているのかっていうのは、あまり知られていないんですよね。


 この 「木と森にかかわる仕事」 という本の中には、ただのイメージだけではない 森のリアルな姿、森と関わっている人たちの生き方や仕事が鮮明に映し出されています。

 色々な人に会い、話し、共に体験しながら、木や森を見つめ続ける著者の大成浩市さんが、先日私のレイキセミナーに来てくださいました。
 ヒーリングの話をお伝えしながらも、私自身教えていただけた事が山のようにあった数時間。

 ヒーリングとは、人間に対してだけスポットを置くものではなく、地球レベルで考えていくべきものなんだ、と感じます。

 「森なんか大嫌いだ!」 という人は多分いないと思う。
 それなら、その森に対してどう向き合ったらいいのか。

 ただの 「森の写真集」 も見ていて癒されるものだけど、この本の体験談の中に時々混ざっている白黒の木の写真や、ネイチャーガイドさんたちの笑顔から伝わるものは大きい。

 毎日学校で会う友人と友情を育む時、イメージだけでは本物の友情は育ちませんよね。
お互いを理解するためにケンカしたり、仲直りしたりする関わり、つまりリアリティを無視しては、本当の友情は生まれないかもしれない。

 
 木と人間も同じなのではないか、と思います。

 この本には、その 「リアリティ」 がある。

 機会があれば、ぜひ読んでみて下さいね。


大成さんの本


著者  大成浩市
発行所 株式会社 創森社
    〒162-0805 東京都新宿区矢来町96-4
    TEL 03-5228-2270 FAX 03-5228-2410
http://www.soshinsha-pub.com





ではまた明日。






Last updated  2006.08.23 13:00:49
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.