516207 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Grab a dream

Grab a dream

2021.05.23
XML
テーマ:競馬予想(57629)
カテゴリ:
お久しぶりです。

約8ヶ月ぶりの投稿です。

この間?
勿論、競馬は続けています。

結果?
勿論、相も変わらず...です。

ただ、予想(馬券)スタイルはスッカリ変わりました。

先ず「三連系」からは足を洗い、馬連or馬単に活路を求めたものの、結局は◎の精度があまりにも悪すぎるので最後の手段として「禁断のBOX馬券」で「幸運の縦目」を狙ってはみたものの、○▲△の精度も悪すぎて(汗)、どうやったって結果は同じ...(涙)。

結局の処、「そもそもの問題(予想センスの無さ)」は不治の病で改善の余地はナシ...(凹)。

で、行き着いたのは「リスク回避」への道。
「買い目」と「投資金」のを減らして精神衛生の健全化を図っています。
と、言うワケで...
最近は「買うべき馬」と「買いたい馬」を1頭ずつ選んで、2頭の馬連&ワイドを買って楽しんでいます。
要は、BOXで選んだ4~5頭分の反省をするより、2頭の方が精神的にも資金的にも凹み具合が半減できるということで、「それなり」に気に入っています。
その結果?...それは勿論、「変わりありません」...(泣)。
でも、気持ちは「楽」になって「それなり」に楽しめています。

で、「買うべき馬」と「買いたい馬」なんですが...

「買うべき馬」は上位人気(1番人気~3番人気)or(単勝1桁台)の馬を吟味して1頭を選出。
「買いたい馬」は人気には関係なく、そのまま買いたい馬を選出。
(時には「買うべき馬」が見い出せず「買いたい馬」2頭で馬券を買う場合もありますが...)
「買いたい馬」の人気(オッズ)によって、馬連とワイドの資金配分に変化を付けています。


で、今日の優駿牝馬「オークス」。

◎「買うべき馬」=⑦アカイトリノムスメ

桜花賞を観終わった瞬間に想ったのは「オークスは国枝丼」でした。
距離が延びればソダシを逆転できると思った2頭。
その1頭のサトノレイナスは果敢にも「日本ダービー」へ。
それならアカイトリノムスメが今年のオークス馬になるだろうと。
深読み(妄想)すれば...
「里見オーナーに日本ダービーをプレゼント」する為に国枝先生がサトノレイナスをダービーへ、勿論(恐らく)ルメール騎手にも「勝算」は諮っているはず。
ルメール騎手の「国枝先生にダービーをプレゼントしたい」とのコメントを読みました。
で、国枝先生は「ルメール騎手さえ確保できればアカイトリノムスメでオークスも勝てる」と判断。
この流れからアカイトリノムスメが馬券圏外に沈むことは想像できません。
国枝厩舎・ルメール騎手・金子オーナー・父ディープインパクト・母アパパネ...これだけ揃って2番人気で買えるレースなんて滅多にありませんよね。

○「買いたい馬」=①ククナ

週中は色々迷いましたが、枠順を見て①ククナに決めました。
オークスはダービーほど内枠が有利というワケではありませんが...
ククナにとっては好枠だと思ったからです。
ククナの長所は「長く使える末脚」。
そして弱点は「位置を獲りに行けない」こと。
ただ、今回はその弱点が「功を奏する」と妄想しました。
どの馬(③以外)も2400mには不安があるので「いかに自分のリズムで運べるか」も重要。
ククナの場合は脚質的に「コレ(後方待機)しか無い」ことが「功を奏する」と。
以前にも触れたことがありますが、東京コースの内枠は後方待機馬にもチャンスが充分。
最後の直線に向くまで無理せずジッとしていれば4角で各馬が外に進路を取るので自然にポジションが上がります。
展開的にも前で運ぶであろうソダシを目掛けて各馬が早めにスパートする可能性が大。
「自分のリズム」でしか走れない(ココでは良い意味)ククナにとって「願ったり」の展開になるはずです。
あとは垂れて来る前の馬を巧く捌けるかどうか...詰まっちゃったら仕方ありません。
そこは乗りに乗っている横山武騎手に期待します。
 間違えても大外に持ち出すことだけは避けて欲しい...とにかく内々...です。

横山武騎手と言えば「好位抜け出し」の印象が強いので、ククナにマッチするか?は半信半疑...ですが。(笑)


馬券は①-⑦の馬連&ワイド。






最終更新日  2021.05.23 00:01:45
[] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール

東京ぶんぶん丸

東京ぶんぶん丸

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー


© Rakuten Group, Inc.