210279 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

分太郎の映画日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


分太郎1999

カレンダー

お気に入りブログ

近ごろひどい居眠り…… モイラ2007さん

三浦研一のブログ … 彊人さん
masalaの辛口… マサラ0517さん
こぶたのベイブウ映… こぶたのベイブウさん
LOVEBEER便り LOVEビアさん
2007.06.21
XML
カテゴリ:日本映画(2007)
 松本人志の初監督作品。ワーナー・マイカル・シネマズ板橋のレイトショーにて鑑賞。

 『大日本人』 評価:☆

【注意:以下、微妙にネタバレあり】

 正直言って私は松本人志があまり好きではない。

 というより、ダウンタウンの漫才以来、彼のお笑いを見て・聞いて、苦笑することはあっても、これは面白いと腹の底から笑ったことがない気がする。
 人の感性はそれぞれだから、彼のお笑いを面白いと感じる人がいて当然だが、なぜあそこまで人気があるのか、私にはさっぱりわからない。面白いのかな、面白いんだろうな、うーんどこが……、という感じ。

 彼の提供する笑いが笑えないことに加えて、折りあるごとに「俺は偉いんだ」「もっと尊敬しろ」という傲慢・高慢な感じが鼻につくのも(とくにインタビューなどで顕著)、彼を好きになれない大きな原因。
(直接面識があるわけではないので、実物は謙虚な人なのかも知れないが)

 なので、本作もまったく期待はしていなかった。
 そういう意味では、外した感じはせずに、予想通りといえば予想通りの仕上がりではあった(もちろん話の展開は予想外だったが)。

 映画としての出来は、私の後ろで鑑賞していた女性の二人組が「見なければよかった」と評していたのが象徴的、かな。
 松本人志のファンが松本人志が創ったからという理由で見る以外では、あえてお薦めするような映画ではないと思う。

 とはいえ、世間に疎外されるヒーロー、という着眼点は悪くない。

 ヒーローの日常と悲哀をテーマということでは、大ヒット『スパイダーマン』シリーズを筆頭に、それこそあまたの作品・映画が創られてきたが(小説では夏見正隆氏の『たたかう!ニュースキャスター』シリーズ[朝日ソノラマ]が傑作だ)、世間から嫌われるヒーロー像をきちんと描いた作品はあまりない(と思う。SF系は一応、私のメインの守備範囲なので)。

 それ故、その辺りをもう少し丁寧にor突っ込んで描きだせば、それなりの秀作にはなったのではないかと思うが、結局、テーマが大きすぎたのだろう。
 最後は誤魔化して、スーパージャスティス(とその家族)のおちゃらけ(笑い?)に逃げてしまったのは、所詮その程度だったのかと、残念。
(主役の立場を譲り渡し、卑屈になるのは、自分自身の投影か?)

 話の構成としては、ドキュメンタリーの手法でというのも、結構よい発送だとは思う。
 ただ、ヒーロー本人へのインタビューに終始するのではなく、もっともっと周囲の人々(第三者)のインタビューをふんだんに取り入れるべきではなかったか。
 一応、うどん屋の亭主など、いくつかちょっとしたインタビューはあったが、隣の家の主婦とか、近所の公園の子どもたちとか、壁に落書きをした人とか、元の奥さんももっと長く撮るとか、ヒーロー本人のインタビューではなく、周辺の人々の口からヒーローの日常を浮かび上がらせた方が、よりインパクトがあったと思う。
 まぁ、監督本人が主人公を演じる、というのが(北野武にならって)そもそもの目的でもあったのだろうから、ヒーローインタビューがなければ松本人志的には本末転倒になってしまうだろうが、少なくとも豊富な外部インタビューで構成されていれば、世間から疎外されるヒーロー像はより浮彫りになっただろう。

 本人インタビューでも、意表をつくような発言が出てくれば良かったのだが、それもなく、予想を裏切る・展開も(スーパージャスティスの登場を除いて)まったく無かった。
 この辺、まぁ(長編を支えきるだけの)ストーリーテラーとしての才能があるとは思っていなかったので、当然と言えば当然の成り行きではあるが。

 そういう脚本力もさることながら、監督の力量としての問題点を一つ指摘しておくと、画面のパースが大きく狂っていること。

 端的には、大日本人のサイズ・大きさが、ショットショットでばらつき過ぎ。旅館(らしきところ)に納まっている姿と都庁前に立っている姿を比べれば、大きさがいい加減なことは一目瞭然(お祖父さんは、さらにデタラメだ)。
 もちろん、その時その時の変身の具合で大きさが変わる、という設定ならばともかく、大きさは同じ旨の発言があり(また、父親はより大ききなろうとして電圧のかけすぎで死んでいるし)、何より同じ獣(じゅう)相手に戦っている中で、ころころ大きくなったり小さくなったりするのは、正直、鑑賞に耐えがたい。
 特撮・CGは他人にお任せ状態かもしれないが、だからこそパースペクティブを統一するのは、監督の最低限の努めだろう。

 監督本人は、実力があると思っているのかもしれないが、一事が万事、力の底の浅さがあちこちで露呈していて痛々しかった。
 今までまったく映画・特撮(の製作)とは関わって・縁してこなかったのだから、経験が不足しているからこそ、監督第一作目としては、文字通り“等身大”の世界を描いた作品で勝負すべきだったのではないか。
 明らかな戦略ミスに思う。誰か忠告できる人はいなかったのだろうか。

 まぁ、映画の中でよいなと思った部分がまったくなかった訳ではなく、中部地区で変身する話での、電気関係者へのインタビューのあたりは結構良かったかな。
 どんな話になっていくのか、会話の流れの先が読めず、なかなかスリリングであった。

 あと、せっかく様々な獣(じゅう)を登場させたのだから、もっと大暴れして街を破壊してほしかった気はする。
 最初に出てきた獣が冒頭でビルを落とした以外、まったくと言ってよいほど、獣たちは何も壊していない(ので、退治する必然性はあるのかな?) スーパージャスティス一家の方がよほど破壊していたりするが、まぁ予算の問題か。


 ということで、松本人志ファン以外は、わざわざお金を払って映画館で見るべき価値があるとは(私には)思えないが、見ないで後悔するか見て後悔するかは、人それぞれかな。


大日本人

【製作年】2007年、日本
【製作】吉本興業
【配給】松竹
【監督・企画・脚本】松本人志
【脚本】高須光聖
【撮影】山本英夫
【音楽】テイ・トウワ、川井憲次
【出演】松本人志(大佐藤大、大日本人)、UA(マネージャー:小堀)、長谷川朝二(取材ディレクター)、竹内力、神木隆之助、板尾創路、海原はるか ほか

公式サイト
http://www.dainipponjin.com/



オフィシャル
ガイド

夏見正隆著
『たたかう!ニュース
キャスター』

夏見正隆著
『B型暗殺教団事件』

夏見正隆著
『嵐を呼ぶ整形魔人』






最終更新日  2007.06.29 14:48:52
コメント(0) | コメントを書く
[日本映画(2007)] カテゴリの最新記事


カテゴリ

バックナンバー

・2020.06
・2020.05
・2020.04
・2020.03
・2020.02
・2020.01
・2019.12
・2019.11
・2019.10
・2019.09

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.