1347897 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~バーネット の ひとりごと~

PR

全228件 (228件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

風物詩

2019.07.07
XML
カテゴリ:風物詩
​​
​​​​​​​​北海甘露​(あじうり)

​​​​​​
近縁のマスクメロンが流通する前

父の好物でもあったので

もっぱらこの あじうり を食べていましたが

プリンスメロン、ネットメロンが出回ると

ほとんど店頭に見られなくなり

珍しい果物感がありました。

しかし

嬉しいことにまた、 お店に並ぶようになりました。

7月7日は

母の祥月命日 と 父の月命日

子供孝行なのか、同じ日なのです。

行きつけのお店の店頭で見つけた

あじうり



両親の仏前へ

種の周りが特に甘くておいしい 

あじうり

甘露・甘露・・・
​​​​​​






Last updated  2019.07.08 06:39:24
コメント(4) | コメントを書く


2018.11.21
カテゴリ:風物詩

​​この時期

庭で真っ赤な実をつけている

紅紫檀

今年も初雪の被写体になってもらいました。







暖冬とはいえ

やはり・・・冬

寒くなってきました。​​​​​







Last updated  2018.12.01 06:48:08
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.31
カテゴリ:風物詩

スノードロップ


春が来ました。

今朝、久しぶりに開けた作業台の窓越しに

早春に咲く 雪の雫

スノードロップの姿が見えました。



残雪が未だ所々に見えますが

土の中も

春の気配が著しくなってきて

長い冬の生活から解放された気分。

陽射しが特に有りがたくなる候でもあります。



フクジュソウ


福寿草も顔を出し


ワイルドストロベリーも・・・

ワイルドストロベリー


心ふるわす季節がやってきました。








Last updated  2016.03.31 18:26:10
コメント(4) | コメントを書く
2014.10.26
カテゴリ:風物詩

初氷


今季の初氷は 10月23日でした。



翌日からのお天気は上々で

気温も上がり

小春日和といった感じ。


小春とは

陰暦の10月(太陽暦11月)の異名で

小春日和は

晩秋から初冬にかけて春のような暖かい日が続くことですが

この 二、三日

五月頃の陽気が続いています。


でも・・・その温もりもそろそろ離れそう

28日頃からはまた、例年通り

マイナスの予報がちらついてきました。

庭の冬支度も殆ど終わり

あと一日ほどで

庭での作業着も今年最後の洗濯かな。。。。。




紅紫檀


冬へ向かう庭では

落葉した木々や朽ちた草花の中で

今、

紅紫檀の赤い実が際立って見えます。








Last updated  2014.10.26 19:21:52
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.05
カテゴリ:風物詩

震災から三年半が経ちました。

身内を六人も亡くし船も全壊した

気仙沼の知人が

獲れたての魚を度々届けてくれています。



鯖




烏賊

烏賊


秋刀魚

秋刀魚




昨年末に新造した船が完成し

今年は漁も順調のようで 本当に良かった。

見慣れた魚たちですが

ひと際 光輝いてみえます。


訊くと、地元の家も落ち着いたようで私も一安心。

今月末で郷里の海へ移動しますが

未だ、夫婦でこの地に来て頑張っています。

あの明るい笑顔なら もう大丈夫でしょう。








Last updated  2014.10.06 03:27:29
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.18
カテゴリ:風物詩

サンマの刺身




海水温が高く、漁獲量が低迷していた

秋刀魚が

ようやく、毎日のように我が家の食卓にも上る季節がやってきました。




漁師の方は醤油に一味を振って食べることが多いのですが

我が家では

青南蛮を生醤油に浸けこんだものでいただきます。


青南蛮の醤油漬け



秋刀魚はもちろんのこと

烏賊刺しも同様に頂きますが

旬の食材はやはり・・・美味ですね。






Last updated  2014.09.23 14:58:18
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.12
カテゴリ:風物詩

庭に

ナナカマドの樹が2本あります。

高く伸びた幹に今、重そうに枝が撓り

真っ赤な実を沢山つけています。



ナナカマド


ナナカマド



ナナカマドの実は腐らないといわれますが

ナナカマドの未熟な実に含まれるソルビン酸という物質のおかげで

腐敗せずに 美しく赤く保たれるらしい。

冬、白い雪に映える赤い実とのコントラストは

とても美しいものです。



四つ葉

ソルビン酸について

四つ葉






Last updated  2014.09.18 17:20:49
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.07
カテゴリ:風物詩

久しぶりに図書館へ出向くと

バケツで稲作りが


バケツで稲作り



2007年7月のブログにも載せていた

稲作を見ることのない釧路の子供たちに

稲を育てる体験をと

バケツの稲の里親を募集する市立釧路図書館の里親事業が

今年も続いていました。



バケツで稲作り



収穫して

最終的には稲穂でお正月飾りを作る工程まで

子供たちがお世話するのですが

稲作文化に触れる行事

これから先も長~く続いてほしいものです。







Last updated  2014.09.10 13:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2014.06.22
カテゴリ:風物詩

新茶をいただく



ブログで親しくしているお仲間から

今年も「新茶」が届けられた。


もう数年

新茶の季節を心待ちにするようになり

初めて淹れるときには

昼間の喧騒を避け

夜、静かな時間に

独り、嗜むことにしている。


ひと口含むと

喉から鼻にかけて

円やかな香りが拡がる。

至福のひと時です。


今季も美味しい時間をありがとう!








Last updated  2014.06.24 11:42:48
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.15
カテゴリ:風物詩

巣作りの準備


晴れると

陽光がとっても春らしくなってきて

体格の良いカラスが・・・ちらほら

庭に舞い降りはじめ

巣作り用の材料でしょう・・・

拾い集める光景を目にするようになりました。


木々に囲まれている我が家では

巣を落とす消防の方々が年に一度は

必ず訪れます。

いたちごっこ・・・ですね。


庭の雪がすっかり解けると

魚の大きな頭や

尾びれのついた長い骨などが落ちていることもありますが

これらは

カラスの仕業でしょう。

頭の良いこの烏たち

人工芝に絡まったチャッピーの毛を運ぶ姿も

もう少しで訪れます。


そうそう今日から

ローズマリー、コモンセージ、ゲッケイジュの鉢植えを

戸外へ移しました。












Last updated  2014.04.15 17:26:25
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全228件 (228件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.