1348667 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~バーネット の ひとりごと~

PR

全248件 (248件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >

料理・・・いろいろ

2019.07.05
XML
​​​​
花の仲間から5月にいただいた チマ・サンチュの苗も

食べられるまでに成長。

カラス除けに 傘差しながら 数枚収穫しました。

チマ・サンチュは韓国での呼び名で

日本では掻きチシャといい

レタスの仲間ですが

焼肉を包んで食べるので包み菜とも呼ばれてますね。

我が家ではグリーンサラダの仲間にもしています。

育て易く、収穫し易いので

毎年欠かさず植え付けています。

こういうちょっとした葉物野菜は便利で助かります。




ここでちょっと素敵な本をご紹介

図書館で目に留まり借りてきた料理本

​なかみ検索可能なのでご覧ください。​​






Last updated  2019.07.06 05:36:23
コメント(0) | コメントを書く


2015.09.21

6月末~7月末頃

ハスカップの収穫時期になるのですが

一斉に熟さないので

熟れた果実をみつけては

一粒、二粒・・・・・と

毎日のように収穫します。

数粒、掌にのせたりしていると
 
ついつい庭仕事のおやつになることも多くて

中々保存(冷凍)までは行きつかないのですが

今年は

塩漬けにしてみようと

100gほど保存しておきました。


ハスカップに

10%ほどの塩をふりかけます。

次に

塩で揉み灰汁抜きしたシソを

細かく切って混ぜ

四日ほど漬け込んでみると

梅干し代わりのおにぎりの具材ができました。


ハスカップのおにぎり



とても美味しい!


お砂糖も入れるレシピもあるようですが

それはお好みで・・・

我が家のハスカップは塩だけで充分です。

シソは・・・入れた方がお薦め!


冷凍のハスカップは市販もされていますから

機会があれば挑戦してみてください。




















Last updated  2015.09.21 18:32:03
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.02

今日はケーキ屋さんの小さな喫茶コーナーで

甘党の友人と待ち合わせ。

辛いものも好きですが

甘いものにも目が無い私も

美味しそうな色とりどりのケースの中を覗き込み

選んだのはフルーツゼリー

上にのっている「小さな葉っぱ」が 気になったのです。



ゼリーに小さなチャービル



菓子類にミントの葉が多く使われますが

この葉は

チャービルでした。

ちっちゃな葉でも存在感は大きくて

料理の風味を引き立てる役目を果たすこのハーブの

アニスに似た上品な香りが

デザートでも活躍してました。

ちょっと癖になりそうです。







Last updated  2014.09.04 04:32:30
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.31

ルバーブ


2006年の

旅の途中に立ち寄った由仁町「ゆにガーデン」で求めた

一株のルバーブを植えつけ

株が大きくなるのを待って

翌年から作り始めた

ルバーブジャム


庭からの恵み

今季最後のジャム作りです。


ルバーブジャム 2014



作り方は フリーページをご覧ください






Last updated  2014.09.02 20:41:04
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.27

じゃがバター



今春の天候の影響で

いつもより収穫の少なかった従兄妹のジャガイモ畑

それでも送ってくれたお芋

「とうや」


このお芋は

昭和56年に交配され

平成3年に北海道の奨励品種になり

名前は北海道の代表的な湖「洞爺湖」に由来しています。


色は黄色が強く肉質は極めて滑らかで

舌ざわりが良く

ジャガイモ特有の芋臭さが無いのが特徴かしら・・・


サラダや煮物向きで

コロッケなどのフライやポテトチップスには向かない

粘の強いお芋です。

なので

家では「芋団子汁」や

写真のような「じゃがバター」で味わうことが多くなります。


ゲッケイジュの葉を一枚敷いて

皮付きのまま蒸し

蒸しあがったら皮をめくり

バターはいつもの「ハーブバター」

これが美味しいのです。


秋深まるころには

「男爵」の出番です。

お天気に恵まれますように。









Last updated  2014.08.30 21:36:27
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.17

地元の高校同士の決勝戦で甲子園出場を決めた

武修館高校

今日はその中継をラジオで聴きながら

ジャム作りです。



P1000253


今季の収穫量

赤房は 1.4kg

白房は 700g

黒房は 1kg




レッドカーラントのジャム

赤房スグリはちょっと緩めて ヨーグルトソース仕上げ

ヨーグルトには赤房がとても合います。




ホワイトカーラントのジャム

ホワイトは量も少ないのでジャム仕立て

鶏肉などの下味にも使ってみます。




カシスのジャム

黒房はジャム仕立て

パンに塗ったり紅茶に入れたり

出番が多そうです。



ここ数年

年に一度必ず作っているスグリのジャム

作り方は載せませんが

私と作り方が似ているものが「クックパッド」にありました。


赤房スグリ(レッドカーラント)は こちら

黒房スグリ(カシス)は こちら


参考になさってください。





一喜一憂しながら聴いてた甲子園

残念な結果でしたが

選手の顔は

何となく・・・晴ればれしていたように思えます。

感動をありがとう!










Last updated  2014.08.17 19:57:39
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.11

今夏は母の法要のこともあって

知人縁者の来訪も多く

常備食が食卓に上る機会も多々ありました。

中でも

ニンジンのピクルスと煮干しの酢醤油漬けは

お持ち帰りも手伝って

冷蔵庫の定位置も空っぽになったので

煮干しの買い出しに。

いつも求める長崎産の片口イワシの煮干しの

頭と腹を取り除き

煮干しの酢醤油漬け作りです。



煮干しの酢醤油漬け



この作業を始めるときは

チャッピーが傍から離れないので

傍に犬用の煮干し(塩分調整済み)を置きながら

耳はラジオのファイターズ・・・




作り方は フリーページ を開いてください。






Last updated  2014.08.12 00:30:37
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.02

ハーブバター



今回のハーブバターは 魚料理用に

チャービル 

イタリアンパセリ

チャイブ のハーブを使用。




フレッシュハーブを用いる際の注意点ですが

ハーブ類は水洗いして

キッチンペーパーや新聞紙などに挟んで暫くおき

水気が切れ、撓っとなったら

刻んでバターと混ぜます。




気温が高いので

バターも混ぜやすく

この季節のハーブバター作りは力要らずですね。







Last updated  2014.08.02 19:27:27
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.29

韮の収穫


我が家の韮は

株分けを繰り返しながら育てて

数十年になりますが

二年前、料理に使いやすいように

少しだけベランダに近いところにも植えました。


我が家ではキャベツと一緒に

餃子の具に使うので

重宝しています。




餃子



あとは焼くだけ・・・と

調味料を用意し始めたら

ラー油の在庫があと僅か

で、いつもの自家製ラー油作りを始めました。


メグさんの韓国旅行の際に依頼する 唐辛子は

殆どが

このラー油作りや カレーのルウーに消えます。




自家製ラー油




Burnet流 ラー油の作り方は

以前のブログにも載せてありますが

ここにも記しておきますね。



材料

サラダ油・・・・・・150cc (胡麻油と半々に使ってます)

にんにく・・・・・・2かけら

鷹の爪・・・・・・・・3本

一味唐辛子・・・・大さじ1


作り方

サラダ油と胡麻油を中華鍋に入れ

その中に、種を取った鷹の爪と

叩いてつぶしたにんにくをいれ

中火で、香りが出てくるまで

じっくり炒めます。



<注意> 鷹の爪とにんにくを焦がさないように。





ここで長葱を入れる作り方も有りますが

時間が経つと

以前、濁ったことがあるので

今は、入れてません。


よい香りが出てきたら、中華鍋の火を消し

一味唐辛子を入れます。

軽くかき混ぜて

冷えるまでまってから

瓶などへ移して

出来上がりです。







Last updated  2014.07.31 15:40:53
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.09

9月に入ると

朝晩の気温もこの地方らしくなり

バジルには少々寒そうな季節がやってきました。

それで、

花数が増えてきたバジルを収獲。


バジルの収獲



バジルの保存といえば

ジュノベーゼにして冷凍保存や

ドライやオイル漬けなどがありますが

今年のバジルは

イタリアン ラージリーフ

スィートバジルより肉厚で固めの葉です。


保存方法はスィートと同じようにできますが

強い香りを活かして

モイストポプリのように

塩漬けにしました。




バジル塩漬け



スィートでも毎年作って

トマトや鶏肉料理やドレッシングに

この塩を使っていますが

香りよい調味料として活躍してます。



塩、バジルの葉、塩、バジルの葉・・・と

モイストポプリのように繰り返し詰めて

一週間ほどねかせ

葉は使わずに

塩だけ使用してください。

保存方法は

陽のあたらない場所なら大丈夫。


塩の量にもよりますが

今頃に仕込むと我が家では

翌春、

バジルの種を蒔く頃まで重宝します。

















Last updated  2013.09.09 23:40:54
コメント(0) | コメントを書く

全248件 (248件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.