1346935 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~バーネット の ひとりごと~

PR

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

コンパニオンプランツ

2009.06.04
XML

ロサ・カニナ


ロサ・カニナもグングン生長して

手に負えなくなり

早春に、バッサリ剪定した。

そろそろ蕾もつく頃

メガネかけ、じっくり若葉を見てみると

・・・

見つけた  アブラムシ


今まで

病気にかかることも 虫もついたことも無い

化成肥料は 使ってないし

・・・

昨秋、タンジーの葉を敷き詰めなかったから

蟻が増えたせいかなぁ


下には

ゴールデンチャッピーなど

バラを植え込んでいる場所だから 

気が気ではない



昨年作った


紫竹家伝来 害虫忌避剤 

在庫が無く

以前聞いていた、農薬を使わず退治するといわれる

「石けん液」を作り

日が沈むのを待って

噴射してみた。


今朝、様子を見ると

アブラムシが動く気配は無い

石鹸液効果で 窒息したのだろうか

二、三日様子を見て また目につくようであれば

対策を考えることにしよう


その前に、いつもより早いけれど

タンジーの葉を摘んで

株元に敷き詰めます。




* 石けん液の作り方 *

一リットルの水に

中性洗剤を5~10滴入れ

よく振ってから使用





食事

アスパラの美味しい季節


アスパラの美味しい季節ですね

茹でたアスパラを余り好まない甥も

ばら肉で巻いてグリルすると 食がすすむようです

私は一本食べました。













Last updated  2009.06.04 09:45:58
コメント(12) | コメントを書く


2008.09.20

四つ葉

2008.09.20 バラの側に「ニンニク」

ゴールデンチャッピーが蕾をいっぱいつけてます


バラが少しづつ増えてきて

バラばかりのコーナーを作りはじめてますが

今までこの目で見てきた

バラ園や園芸書の中で

同じバラ科で多年草のアルケミラモリスが

バラの周りや下草に

多く使われていたのを思い出し

生長を促すために 手前へ植えました。


コンパニオンプランツとして

ドックローズの下には

チャイブを植えていますが

今年はユリ科のニンニクも

隙間をぬって植えてみました。

黒点病にも効果が期待できるようですが

結果は如何でしょうか

・・・



ぺろり

こちらは、ストーブ点けたくなるような

朝晩になってきて

昨夜も寒かったのよ

で、

体も室内も温まるお鍋にしました

冷蔵庫の整理も 兼ねて

肉に魚貝類、練り物に野菜と

ちゃんこ風 お鍋です



2008.09.20 ちゃんこ鍋 胡麻


ちゃんこ鍋を食べられたことのある方は

ご存知かも知れませんが

個々の小さなすり鉢を

呑水(とんすい)代わりにして

白胡麻を擂り

その中へ

醤油仕立てのお鍋の具材と汁を入れて

いただきます



2008.09.20 ちゃんこ鍋


胡麻の香ばしさが最高よ!

鍋料理はやはり

二人以上ね。












Last updated  2008.09.21 09:38:00
コメント(24) | コメントを書く
2008.05.09
こちらの地方紙から

発行されていて

以前にもご紹介している



花新聞


内容の記事に

興味がある際にしか

買わないのですが

今回は、

ライラックの特集だったので

求めてみました。

北国の初夏を美しく飾る

ライラック

ライラック-F-2.jpg
2007年のライラック


昨年はポプリにと、

随分と花を摘みました

さて、

今年の花つきは如何でしょうか・・・



今号で

お仲間の皆さんに、是非

教えてあげたい事柄を見つけました

紫竹ガーデン 

で 使われている 

害虫忌避剤です

量的には多いですが

試してみる価値は充分にあると思いますよ




紫竹家伝来 !

害虫忌避剤の作り方



材料

クローブ  軽くひとつかみ

ドクダミ    ひとつかみ

ニンニク(丸ごと)  10個

ショウガ大き目のもの 10個

トウガラシ   ひとつかみ

酢        1リットル

水          500cc




作り方

(1) クローブを水500ccで10分ほど弱火で煮る

  クローブは取り除き、煮出し液は冷ます


ひらめき
取り除いたクローブは、乾燥して保存すればもう一度使える




(2) ドクダミ、ニンニク、ショウガ、トウガラシは

  包丁やフードプロセッサーなどで細かくきざみ

  1、と酢1リットルを合わせて広口瓶などに入れる




(3) 暗く涼しいところで2ヶ月ほどおく

  その間、時々瓶を振って撹拌する

  ふきんなどで漉して、完成





使 用 方 法

使用するときは100~500倍に薄め

(大量に虫が発生している場合は30倍ほど)

霧吹きに入れて葉の表裏や茎など

気になる箇所に散布する。

霧吹きは30センチほど離して

花にはかけない。

殆どの植物に使えるが

特にバラにはお薦め





!

液がついた手で目などこすらないように。

お子さんにも気をつけて下さい




紫竹さんのコレクションのひとつに

へメロカリスがあるのですが

今、コンパニオンプランツとして

チャイブを混植しているそうです

これも良い考えですね。


因みに

「紫竹ガーデン」第三回では

四つ葉「野原のような庭づくり」四つ葉

について

紹介されるそうですよ











Last updated  2008.05.10 10:32:42
コメント(20) | コメントを書く
2008.03.07


四つ葉

2008.03.06.jpg


今日は午後から

久し振りに帰釧した

千葉の友や釧路の仲間と

一泊の予定で

弟子屈まで 出かけてきます。


留守の間に 

少しでも多く抽出できるよう

時間の経った ラベンダーの

茎葉と 僅かな花を

水に浸けて 

出かけることにしました。



昨日は、

宿での酒宴の

お酒やつまみの買い物に出かけ

帰り道に

ストラップを納品してきました。

前日納めた分はもう、売り切れ

嬉しいけれど

追いかけられているような・・・

気もしてます。



そろそろ ポプリの熟成も完了するので

サシェ作りも始めないと・・・


水も温んできたことですから

染めにも

手を出したくなってきました。


寒染めと言われるように

染めには

水は冷たい方が良いのですが

年々、水の冷たさが

身に沁みるようになってきましたよ

勿論、手袋つけますけどね。





四つ葉

桜の開花予想が発表され

暖かな地方の方々は

土にも

温もりが感じられて来たのでは有りませんか?


苗を植えつけたり、種を蒔いたり

心躍る季節が到来でしょうね。


復習を兼ねて、

ここで、いくつか

仲の良い ハーブ達をご紹介しておきましょう




コリアンダー と アニス

お互いの魅力を引き立たてあう 

似たものどうし




ポリジ と イチゴ

ポリジにやってくる 蜜蜂のおかげで

イチゴの実つきが 良くなります




チャイブ と ガーリック と バラ

これはご存知、

バラの黒星病除け


スピーカ 黒星病



セージ と キャベツ

セージの香りは

キャベツ畑を悪戯する

モンシロチョウが嫌うハーブ




ローズマリー と セージ と ニンジン

とっても仲良しの 

ローズマリーとセージ

ニンジンに穴を開ける害虫予防に効果が見られます




バジル と フレンチマリーゴールド と トマト

料理でも仲良しの バジルとトマトですが

畑の中でも 大の仲良し

バジルはトマトの味方です




苗を植える時の参考に為さってください



雪

五年ぶりに流氷が釧路沖に・・・

接岸すれば

21年ぶりになります。



寒いはずだわ








Last updated  2008.03.07 00:15:41
コメント(32) | コメントを書く
2006.04.30
ゴールデンウィーク、

何処にも出かけない方に プレゼント プレゼントを ダブルハート

湿原探索家 まつさんからの

jyo-w2431 まつさん.gif  

昨日の 釧路湿原の様子です。

『連休初日ですが……
好天に恵まれましたので釧路湿原へ出かけてみました。
細岡の展望台から湿原の川を見ましたら、
……川が雪解け水で溢れていて、
葦原全体が水浸しになっていました。
湿原はいまだに枯葉色で、
新緑までにはまだ 待たなければならないようです。
                 18年4月29日』
!cid_000501c66b5e$c466d810$0474a8c0@mf1 釧路湿原AA.jpg
by まつさん


四つ葉  四つ葉  四つ葉


昨日、早速

ブルーベリーの根元に スペアミントを植え付けました。


06-04-30_06-19 根元.jpg

左の若葉は

スペアミントの頂いた苗…タイミングが良かったわ うっしっし

右下に 

赤く小さく見えるのが 株分けしたミントの新芽です。

ミントは寒さに強いからもう、大丈夫かなと…

根伏せもしましたよ。

後、2~3週間もすれば

このミントたちも動き出してくるでしょう

タラゴンも青々してきました。


P506iC0005570849 タラゴン.jpg

暖かい地方の方の失敗談は良く聞きますが

こちらでのエストラゴン(フレンチタラゴン)は

病害虫も無く、寒さにも耐えて このように

元気に今年も 芽生えてくれました。

寒さには強いけれど 暑さには耐えられないのかなぁ~

耐暑の方法を駆使しても…駄目かしら 
!?









Last updated  2006.04.30 07:07:41
コメント(14) | コメントを書く
2006.04.29
昨日はお天気も良くて、

半日庭で過ごしておりました。


今朝の様子     06-04-28_11-50 キッチンガーデン.jpg
<今朝の様子>     <キッチンガーデン>

まだまだ寂しい庭ですが

あちらの 新芽、こちらの 株の様子と、

気になる子供達をながめては ニヤリ

うっしっし  スマイル  うっしっし

顔が歪みます。

ブルーベリーには、

ピートモスを与えながら

“今年もよろしく”!
 と、ご挨拶。

そこで…先日ご紹介した

【農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ】

折角手に入れた本ですので、この中の

<ブルーベリー+ミント>

を、試してみることにしました。

家にあるミントは、スペアミントだけですが、

毎年 株を更新しながら もう、何年にもなる古株です。

先ずは、このミントを時期が来たら 株分けして

贈り物の 記念樹のような ブルーベリーの周りに 

混植です。

ミントは<根伏せ>や<挿し木>で増やせますから

地植えをされている方は 此方の方法でされると良いです。


四つ葉 ここで…本に書いてある効果を…

ブルーベリーはツツジ科、ミントはシソ科なので

発生する病害虫が 異なるため、

互いに 忌避して 病害虫が少なくなります。

* その他の効果

ミントが 夏に 地表をおおい、

ブルーベリーを 乾燥から守るため 強い徒長枝が発生し、

2年後には 収穫量の増加が 期待できます。

* 混食の科学的な根拠

ツツジ科と、シソ科なので、根圏微生物も 異なる為、

混食することに依って

土壌微生物相が豊かになります。



おすわり 今日のチャッピー 

06-04-28_09-05 チャッピー下.jpg     06-04-28_09-05 チャッピー窓.jpg
窓から 山側を歩いている 猫を見つけて…






Last updated  2006.04.29 07:16:44
コメント(30) | コメントを書く
2005.09.07
ローズヒップ
  ↑ 根元にチャイブがいっぱいです。
                        ローズヒップが赤くなってきた。
我が家の唯一の“バラ”と呼ばれる植物です。

バラのような花をつける“白ハマナス”など、

バラ科の植物は結構植えていますが・・・。

出来る事なら、つるバラのアーチを仕立ててみたいわ!

女の子?の(゜o゜")エエッ!!・・・夢かもね♪

バラ・・・薔薇・・・ばら。。。

この名は、花の名を知らない人でもわかりますよね。

そうそうもうひとつ、カーネーションもありました。

バラは虫も、病気もいろいろ・・・だからモノグサの私には

育てにくい植物で~す。(ё_ё)


ドッグ・ローズの根元には、チャイブを植えていますが、

ガーリックがとても良いそうです。

アブラムシを防ぎ、黒点病の予防にもなり、香りの質の向上、

精油量の増加と、効用は至れり尽せりです。

この事はあの“ダマスクローズ”で有名なブルガリアのお話です。

あちらでは、バラとガーリックを交互に植えて育てているそう、

殆ど香水の原料として用いられるのですから、勿論、無農薬。


ガーリックを植えたくない時は、

根元に刻んだガーリック、タマネギの皮を埋めることも

方法のひとつだそうです。


☆この栽培方法をいつ頃から始めたのか、

 今、チョッと気になることのひ・と・つで~す。
                調べなくっちゃ"(;゚(エ)゚) アセアセ


     
        先日の“チョウセンヨメナ”です。
            ↓  この写真ならハッキリ判りますね。
             
             チョウセンヨメナ
       この花は、地下茎がはっていって、増えていきます。











Last updated  2005.09.07 07:20:40
コメント(2) | コメントを書く
2005.09.06
“スカボロフェア”ってご存知?

映画“卒業”の中でサイモンとガーファンクルが唄っていた歌です。

この歌詞はコンパニオンプランツ、そのものの歌ですね。

互いに成長を促進させ、害虫から守りあいますから

コンテナガーデンの寄せ植えにも良いです。


ハーブに感心をお持ちの方は殆ど育てていらっしゃるのでは・・・?

この中で虫が付き易いのはセージですが、ローズマリーの側では

余り付きませんし、ローズマリーの香りも強く感じられますよ♪


我が家のセージは地植えで、軒下で越冬します。

ローズマリーは鉢植えにして、冬季、室内にいれておりますが、

春、最低気温が0度以上に成る頃に外にだして、

セージを囲むように置いて、育てています。

セージも過湿に弱いですが、余り乾燥する場所よりも

少し、日陰のほうが葉も柔らかく、

香りも良いような気がしますが、私だけかしら・・・?

パセリ(カールドとイタリアン)はいつも、レモンタイムの側に

植えています。
今年もまだまだ収穫出来そう♪


   ≪ナスタチュームの種もこんなに収穫できました≫
 2005-09-06 01:10:10      2005-09-06 01:10:55
                 
暫く日光に当てて、しっかり乾燥させて 

翌年の春、 タネを蒔くまで保存します。

タネを蒔く前に一晩水に浸けて、

タネの皮を剥くか、傷をつけるかして蒔きます。
 
この様にすると、発芽が宜しいのです。  
    












Last updated  2005.09.06 01:19:14
コメント(2) | コメントを書く
2005.09.05
北海道の中でも私の住むこの地は夏冷涼なので、

とてもイチゴの栽培に向いていて、

イチゴではメジャーになっている企業もあります。

その花の可憐さ、赤い実と葉のコントラストの爽やかさで

人気があって、春先、苗を購入して植えられる方も多く私自身も

毎年のようにイチゴを植えておりました。・・・が、

在る年、いつもと育ち方が違いました。

何か変、どうしたのかと考えながらその年は僅かな実、

それも余り美味しいとは決して言われない実を収穫して

終わりました。翌年、プランターに3株を植え付けましたら、

いつものように育ってくれて、ふっくらして、大きく真っ赤なイチゴを

摘まみながら庭仕事をしていました。
    ・・・・・これが愉しみなのo(*^ー ^*)oにこっ♪・・・・・

ふと気が付いたのは、チャイブを収穫している時でした。

前年、イチゴを植える前にはチャイブがワンサと植えてあって、

それも何年もその場所で育てていたのです。もしかして・・・

早速図書館へ・・・やはりです。

イチゴはネギやガーリックを嫌う文章を見つけました。

と云う事は、チャイブもアリウム科、ネギの仲間です、

イチゴにはとても合わないコンパニオンプランツでした。


根からでる分泌液が未だ残っていたのですね。

植物の相互作用の組み合わせを間違えると、

逆に悪影響を及ぼす事がこの失敗で判りました。


◎イチゴとポリジはとっても仲良しですから、

ポリジをいつも育てている方はその側にイチゴを植えて見て下さい。

実が大きく、味もよくなるそうです。



≪昨日はお祭りにお出かけ。その道すがら撮った野の花
       チョウセンヨメナ
              この花が咲き始めるともう秋です≫
            チョウセンヨメナ



今年最後の大きなお祭り・・・“どんぱく”に出掛けました。
  ジャズオーケストラの演奏が終わって気が付くと
    小さな子供達がワンサと周りに・・・いる。
「まさかジャズを聴きに来たわけないわよね」って友と・・・?
マイクで「この後○○レンジャーが出演」・・・" ウゥム…ナットク
            どんぱく   
















Last updated  2005.09.05 21:32:27
コメント(3) | コメントを書く
2005.09.03
もう5年になるかなぁ~・・・キャベツを10個作ったことがある。

周りの野菜つくりブームに追い立てられるようにして苗からのスタート

春先はまだまだ寒く、苗も防寒が必要な頃から植え、

みようみまねの本格的な?野菜づくりの始まりでした。

その日から、私の日課は時間さえあれば“キャベツ・キャベツ”

昼休みには割り箸を片手に庭へ・・・何故って、青虫を取りにです。

モンシロチョウが飛んでいると、即、キャベツの所へ行き、葉裏を確認。

卵を産み付けているとそれを擦り取り・・・の繰り返し。

無農薬で栽培するのですからこの程度の事は覚悟していましたが、

ほんのチョッピリ、農家の方の大変さが判る気がしました。

収穫したキャベツを差し上げた方の第一声はみんな

“綺麗なキャベツ!”

そうなの、虫喰いも無く容姿端麗ですもの  o(*^ー ^*)o♪
         (こういう時、スキャナーがあればいいのよねぇ~)

その頃はもう、

コンパニオンプランツのことも色々見たり聞いたりしていて

“キャベツの側にはヒソップやミント”が良いこと、知っていました。

庭の都合もあり、ヒソップの近くに植えたのですが、

一株のヒソップではさすがに効果は得られませんでした。

“ヒソップ”が良い訳ご存知かしら?

モンシロチョウがヒソップの香りの方向へ好んで行くので

キャベツに近寄らないのです。

そうそう、今日は“ミント”でした。(;゚(エ)゚) アセアセ

“ミント”は「アブラムシや毛虫の害虫予防に良い」と、

殆どのハーブの書物に書かれていますから、

“キャベツ”のコンパニオンプランツには最適なのです。

何故ミントを混食しなかったの?って言われそうですね。

狭い畑の僅かな部分でキャベツを育てるので、繁殖力旺盛なミントを

植えると他のハーブにも影響をもたらすから・・・。

「キャベツを孤立して育てられる」時にはどうか、

“ミント”の中に“キャベツ”があるような状態で育ててみて下さい。

私のように“アセアセ”せず、“綺麗で美味しいキャベツ”が、

きっと収穫できるでしょう・・・ね♪

“ミント”は、大きめで成長が速いハーブの近くに植えると、

どちらも栄養分と水分が豊かな土から恩恵を受けるとされていますが、

そう云えば、アンゼリカの側も良い結果がでましたよ♪

最近仲良くさせていただいている、マダム・オレガノさん

のところではバラの根元にミントが植えられておりました。

ミントの落ち葉は良い腐葉土にもなりますからミミズが繁殖して

きっと土作りをしてるのでしょうね。



   この霧は“湿原”にはなくてはならないもの
        けれど、“ラベンダー”には最悪です。   






Last updated  2005.09.03 06:02:30
コメント(3) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.