552862 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国滞在中Kのブログ

PR

Free Space

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Category

Archives

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07

Comments

K in china@ Re[1]:YDA138NFJ版の限定のについて(11/10) エロヲサン こんにちは、Kです。 お返事遅…
エロヲサン@ Re:YDA138NFJ版の限定のについて(11/10) Kさま そうです!私がエロヲサンです!w …
K in Japan@ Re[1]:NFJオリジナルPCM2704 DAC/DDCキットについて(12/01) デジアナおやじさん こんにちは、Kです。…
デジアナおやじ@ Re:NFJオリジナルPCM2704 DAC/DDCキットについて(12/01) お疲れ様です。 キット価格、安すぎです。…
デジアナおやじ@ Re:備忘録20140811(08/10) Kさん、最近書き込みがないけど・・・

全126件 (126件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

2015.11.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんばんは、Kです。
当ブログでの投稿はこの投稿を持ちまして最終となります。
現地より楽天ブログへのアクセス、投稿が少しおかしい状況になっていますし、
投稿もあまりしていなかったので、心機一転移設していました。
現在一般公開していますのでこちらよりどうぞ↓
http://buyerk.nfjapan.com/






Last updated  2015.11.14 21:50:04
2014.12.01
カテゴリ:オーディオ関連
キットということで基本を忠実にしつつ、DAC/DDC部分をキッチリ使える性能を持たせています。

どれだけ給電周りや良いパーツを使用したとしても、ベースとなる基板の
ポテンシャルをどこまで高めることが出来るかが重要だと思います。

設計のステップ数・時間など考えずにできる限り細かい部分も含め最適化
させていますので、この販売価格帯では実現できないキットではないでしょうか。

そして製造委託メーカーにて更なる追い詰めと複数回の修正・話し合いを
経て基板製造+SMD貼り付け時の最適化と信頼性の向上に貢献しています。
色んな無理を聞いていただきましたが、満足できるものに仕上がっています。
このメーカーさんは日本の某有名メーカーさんとも取引があるらしく、
納得できる反応でした。

以上初回ロットと今回のロット共通の情報です。


さて、ここから今回のロットについてですが、初回ロットでユーザー様より
色んなご意見・ご提案・改造方法を拝見させて頂き、細かい部分での性能・品質の
向上と信頼性の向上、そしてより遊べる設定範囲の拡張を実現しています。

■変更点■
・USB入力部分にUSB用のコモンモードフィルターTDK製ACM2102-900-2Pを増設

・3.3V出力後Analog3.3VとDigital3.3Vを分けやすいように回路を見直し最適化

・同時に0805サイズの0Ωチップ抵抗を2個配置

・水晶発振器の拡張設定用の給電がデフォルトで5.0Vだったのを3.3Vに設定変更
※電圧設定をせずに発振器を施工した際3.3Vタイプの発振器の破損を防ぐ為。

・標準水晶発振器の金属ボディーをGNDに落とせるように改良

(アップグレードパーツセット)
・ELNA R3A16V10uFの部品をELNA R2A 16V 100uFに変更した際にDAC部分の音質の
 変化により再度調整する為に出力カップリングコンデンサもPanasonic FJ 16V 470uF
 へ変更。

以上が今回ロットの変更点となります。

■注意点■
製作時・使用時の注意点というかアドバイスみたいな感じで読み流しててください。

・製作時にはできる限りパーツ類に熱をかけずに短時間で「確実に」施工した方が
 具合が良くなります。ただ、そうすることにより半田不良による接触不良が
 発生する可能性もありますのでその辺の兼ね合いを考慮してください。

・うちの製品では、通電・劣化チェックで製造・調整後全数1時間以上通電させてからの
 音質や動作の検品に入りますが、キットでは基板を疑似組立後の音質や動作の検品のみです。
 完成後1,2時間通電させてから本格的に本キットがお楽しみ頂けると思います。

・改造に当たりご購入者の責にてご自由にしていただいて結構ですが、
 各配置さている部分の役割やパーツの特性を理解された上での施工をお勧め致します。
 無理な容量アップによる電源の息継ぎ現象や起動時の突入電流による蓄積劣化による
 破損など、様々な要因による問題が出てくると思います。

・4Pinタイプの水晶発振器施工の際は電圧の設定と他の部分で貼り付け部品を
 触る必要が出てきますので、慎重にしてください。

・標準付属の水晶発振器に関して意外に性能は良いものを採用していますので、
 中途半端な性能のものであれば変えない方が良いかもしれません。

・AMS1117ADJ Vin:5V
 (R1:24K R2:22K Vout:3.496V)(R1:22K R2:22K Vout:3.6V)(R1:22K R2:24K Vout:3.814V)
 整流ダイオードM7=1N4007(SMD版)
※自己責任にてご判断ください。このパーツを使う専用の拡張設定は設けていませんので、
 施工の難度が高くなります。簡単にお試しいただけないと思いますので、
 安いからと言って気軽に購入するのは控えてください。

・部品配置表にも記載していますが、電源切り替えスイッチの操作は
 通電状態で絶対に操作しないで下さい。

・電源チョークコイルを施工する際は直下のC10の容量を考慮して
 決めてあげると具合よくなると思います。

・ケース施工の際、光出力端子の出ている部分をカットする際
 両端の角度がついている部分からニッパなどでカットしてから真ん中の部分を
 カットしてあげるとうまくいくと思います。

・前面パネルの光端子部分はパネルの面でキッチリ抑えて抜き差しの際に端子が
 動かないようにクリアランスを作らないように新しく型を起こしています。
 他の端子と違い少しキツイですが慎重に組み込んでください。

・USB端子がケースと触っている場合があるのでケースGNDを取る際は
 DAC出力周りのGNDは出来るだけ避けてください。

・基板サイズをケースに対して0.3-0.5mm前後にオフセットできるようになっています。

・切り替えスイッチの金属ボディーに半田を乗せる際、長時間熱を加えると
 スライドスイッチ部分が確実に逝きます。

・金属表面を荒くして半田が乗りやすい状態を作りフラックスなどを使えば
 短時間で乗る可能性がありますがお勧めしません。

以上が大まかな注意点でした。

さて、ここからは他愛のない話ですが今回生産するにあたって、
色んな出来事がありました。
追って話をしていきますと、まず基板の仕様です。

NFJでは当たり前になってきている70umの厚さでいくのか35umでいくのか、
その部分で委託先と議論していたのですが、私としては
ラインインピーダンスが低い方が良いので出来るのであれば
70umでということで希望していました。

ただ、一般的には35umで、なおかつ高出力を要する基板でもなく、
必要性がないとのことで35umの提案で進んでいました。

確かにこの小さな基板の回路などラインインピーダンスでの音の歪み等
測定しても出るはずありません。ただ、厚さが2倍のほうが個人的に嬉しい
そんな気持ちで70umになっています。

あとは、標準キットの拡張設定の範囲をどこまで持っていくかという時に
既にある程度設計していた基板データと拡張用のモジュールデータを
出力して委託先に渡していました。

1つ1つ細かく説明と共に設計計画仕様書みたいな感じで渡していたんです。

一例を何個かあげますと

USB端子の部分でUSBminiのホールには表にパッドが無いのは
USBーB端子を置いた際触らないようにする為。

そして、前後のオフセット量は何mmもう一つの部品番号の場合は何mm

フィルムコンデンサ想定サイズや電解コンデンサ想定サイズ。

規格以上の物を配置した場合影響するSMD部品や他のパーツはどこか

この二本のラインは平行して距離が伸びるから無理矢理でもいいので
間にGNDベタを配置して欲しい。

リワークする際にこの部分は少し注意がいるからその施工をしやすいように
このパッドは熱が逃げにくいようにして欲しいなど。。。

他にも色々出来る限り細かく記載した訳です。

そして話し合いの際に言われたのは、ここまで分かってるなら自分で
やった方が良いんじゃない?という感じのニュアンスをおっしゃっていました。

そういった紆余曲折があり、試作を出して細かい問題を修正して生産という流れ
だったのですが、実際その試作が上がるまでにまた新しい拡張設定や回路上での
効率的な解決策、デジタル出力側の最適化などで本来一度の試作生産という話から
結局は三回ほど試作を上げ修正は多岐に渡ったというオチで生産を迎えました。

もう少しガッツリやりたい部分も有ったのですが、サイズも制限がありますし
オーバースペック過ぎて本来の目的を逸脱してしまうのでそういった案は控えつつ
初期ロットが出来上がりました。

そして生産と平行して検査治具のオーダーへと入ります。当初の予定では大掛かりな
機能が色々有るわけでは無いので簡単な検査治具をオーダーで作ってもらうつもりでしたが
色々聞いているうちに、耐久性や接触不良など起きにくい本格的な検査治具をオーダー
してしまいました。このコストをペイしなければならないのでそれもあってホール位置は
レビジョンが変わっても動かせないという制約は出来ましたが、満足しています。

さて、初期ロットの生産が終わり委託メーカーから、今回実際かかったコストの
増加部分を盛り込み、さらに生産委託代を払って終わりですが当初の予算をはるかに
オーバーしたのが現実です。
ここまで来たら言い訳できませんし、どうにかしなければ販売は継続できないし
八方ふさがりの状態で、追い打ちをかけるようにこの円安じゃないですか?
そんな状況でした。

今回のロットをとりあえず終わらせて、継続生産予定は今の所無いです。
契約数量は生産したので終了です。ちょっと無茶しすぎましたね(汗
ただ、納得できるものは出来たと思いますし、愉しんで頂ければと思います。

決算期と重なったのもあって、会計士よりキットに関しては厳しい指摘もありましたし、
現在進行中のものは途中で止めないですが、今後キットに関して見直さなければ
いけない流れになってくるのではないでしょうか?
ご覧になられている方で何かアドバイスなどありましたら教えてくださいm(_ _)m

最後までお読み頂きありがとうございました。これからもよろしくお願いします。






Last updated  2014.12.06 20:53:38
2014.08.10
カテゴリ:電子部品関連
華凱電容有限公司
メーカーロゴGD(GOLDEN CAP)
シリーズNPH 
無極性 50V1uF
105度
http://www.huakai-cap.com/

http://www.huakai-cap.com/up_file/2013042536860297.pdf






Last updated  2014.08.11 00:53:42
2014.06.17
カテゴリ:オーディオ関連
リニューアルに伴い(青基板)変更部分の紹介追加と解説追加
前回のリトルスージー記事






Last updated  2014.06.17 18:56:55
カテゴリ:オーディオ関連
20140613test






Last updated  2014.06.17 18:22:52
2014.05.29
カテゴリ:日常・出来事
こんばんは、Kです。
長い事投稿していませんで、久しぶりの投稿となります。

昨日日本に帰国いたしました。

5月末に帰国する事は決まっておりまして、それまでに出来る事を進めていくつもりで色々動いていたのですが、ブログにも書きましたが2月中旬くらいに体調の事で帰国し、1週間ほどで中国に戻って、また3月の1ヶ月間は予定通り帰国し日本におりまして、その後4月に中国へ戻ったのですが2週間ほどで具合が悪くなり、そのまま帰国して4月末まで入院していました(汗

去年の体調不良がきっかけで無理が利かない体になってしまった気がします。

その遅れを取り戻す為に退院後直ぐに中国へ戻り4月末よりスケジュールを取り戻すべく、出来る限り業務をこなしつつ新しいオーディオ関連の物も進めていました。

ブログの方が触れずじまいになってしまい当ブログをご覧頂いている方々にご心配おかけしてしまい、深くお詫び致します。

帰国の際にも一難二難三難と3段トラブルで半ば程の時当日帰国を諦める覚悟をしましたが、無事帰国できました。


さて、今回日本側での販売でリトルスージー及びFX202Jもご好評頂いているようで、とても嬉しい限りです。

FX202Jに関しては長い間の開発秘話というか、思い出すと気の遠くなるようなセッティングの試練がありましたがこれにより、大きな経験となり様々な解決方法などを学べたと思います。
それを生かした物が形となって少しずつお披露目できていると思います。

これも含めまして、詳細などを後日記載していきたいと思いますのでもう少々お待ちください。

当初FX202Jに関してはHより詳細や音の方向性など細かく書いて欲しいという要望がありましたが、購入前からそういった部分をお知らせしてしまうと先入観が先行してしまい正直なインプレが頂けないような気もしていましたので、日本側へスペックなどの詳細と変更した回路や部品などの特徴などの記載のみとさせていただきました。

かなりギリギリまで日本側へ情報を送っていなかったので、販売直前の公開となってしまったことも合わせて
お詫び致します。

それでは、帰国直後で日本側での個人的な用事や役所関係での手続きなどで2,3日業務に戻れません。それが終わり次第またブログの更新を再開いたしますので、その時またよろしくお願いします。

何か気になることやご質問等ありましたらコメントにて残していただけると追ってお返事いたします。

P.S:さっき投稿した際にHからFX-202JじゃなくてFX202Jでハイフンは無いんだよ!とツッコミがありました(笑
ここは私の自由なブログなのに細かいツッコミでした(汗
彼っていつ寝てるん?ってずっと思っています。
日本ってシビアですなぁー






Last updated  2014.05.30 02:34:22
2014.03.17
カテゴリ:オーディオ関連
  • Lepai.jpg

  • 公式ブログで第8ロットの詳細が公開されましたが、ひとつ誤解の無いよう説明させて欲しかったので、私の方の記事で記載させていただきました。

    私の主観が入った部分もありますので、参考程度にお読み頂ければ幸いです。

    今までLepaiで採用していたnichicon製オーディオ専用品のMUSE ES(無極性)は特段不満も有りませんでしたし、電解コンデンサらしからぬ音質の良さが抜きん出たものだと思います。

    ただ、弊社ではLepai製品以外のNFJキットやオプションパーツで採用していなかったのは、マッチングさせる難しさがあったからです。

    Lepaiに関しては、前段で整えられた音をいかに丸くしないで力強く出力に出せるかという面でとてもマッチングしていました。そういった意味では長期的に採用・供給し、Lepaiを販売きました。

    その間でも、色々なカップリングコンデンサを試してきてそれ以上のものを模索してきていました。

    第7ロットのカップリングコン変更時にも容量は変更した物の同じシリーズのコンデンサで決めていたのもその為です。

    それが今回第8ロットからまさに色々試して探していた電解コンデンサと出会え、しかも実際使って驚きの高性能でした。これは結構オールマイティーに使えるのではないかと錯覚したくらいです。

    それが、ELNA RDBカスタム品の2.7uFです。もちろん、今回のインダクタとの相乗効果で大きな違いがご実感いただけると思いますが、そのキーとなるのがこのカップリングコンとなっています。

    是非今回第8ロットで気になられておられます方は体験していただければと思います。

    こちらの記事の詳細は公式ブログにてご確認下さい。 






Last updated  2014.03.17 18:09:02
2014.03.05
カテゴリ:日常・出来事
こんにちは、Kです。
3月1日無事到着しまして、今日まで私用をこなしていました。
昨日やっと落ち着いた感じですので、少しずつ業務に戻ってまいります。

といっても日本側の業務とは若干切り離した新規案件が多いわけでそちらの方に専念しますので皆さんとの接点が若干薄くなるのではないかなぁと思っております。


ただ、掲示板や当ブログにコメントくださっているのは拝見させて頂いていますので参考になる情報などたくさんありまして、たまにカンファレンスに参加したいなぁと指をくわえながら見ている時もあったりします(汗)
投稿など頂いております情報を元にうちの会社で出来ることがあれば採用させていただき形にしていければ、有意義なモノを発信できるのではないかと日々悶々としている毎日で御座います。


頻繁に新商品の提案をする事はやはり難しいのですが、それでも着実に動いていますので、それに見合ったペースでは出てくると思いますので暖かい目で見守っていただければ嬉しいです。


さて、FX1002A・DAC-X3Jに関しましては大変好評頂き真にありがとう御座います。FX1002Aはご用意した分はおかげさまで完売しまして、使用している一部の部品がNFJ倉庫側にあるもので現在在庫は切れています。中国に戻り次第手配しなければいけない事と、先にFX-Audioが代替部品を手配するであろうと算段していますが、実際その手配した代替部品がどういったものか聞いてか中国に戻る前に再度FX-1002AをGOするか、中国に戻ってからうちの方で手配するか決めたいと思います。


DAC-X3Jに関しましては昨日の販売でお待ちいただいておられる方に行き渡ったようでその後、ラインナップ販売として安定させれる希望は見えてきました。
これで新規顧客様への展開を開拓できるきっかけとなり、それで更にその他のNFJアンプ関係に興味を持っていただければなぁと思っています。
今まではきっかけはLepai・SA-36Aなどから弊社アンプキットへきて頂いた方も多かったと思いますし、今回このDAC製品からの発展でキットへの入門も期待しています。
何種類かDACキットの試作も上げていましたし、近々何かしら出していければと思います。


次に現在中国側の業務が止まっている状態でして、中国側倉庫を開ける事が出来ないのでFX-Audioの国内販売の生産でも少し支障が出ているみたいです。帰国前ギリギリにそのあたりのことを打ち合わせして、使用予定部品や半導体の一時持ち出しをし、解決を試みたのですが、この数日で実際動いた時の必要部品の不足など色々支障が出ています。一時的に中華部品で間に合わせれるところは間に合わせて、重要部分は高くても引っ張るっていうスパイラルに入ってきそうです。

パーツ類・便利系で新商品が続々と登場しますので、細かい物ですが意外なものもあります。そのあたりは、写真文章が準備できてから順次販売していきますのでもうしばらくお待ち下さい。

リトルスージーオリジナル版ですが、紙基板は変わらずコストを大幅に上げないようにリファインしています。ただ、電解コンデンサが。。。以前何件か頂いておりましたターミナルブロックの部分のパターンなどの改良やラインインピーダンスの改善。この部分に関しましても若干改良はしております。そのあたりも含めて販売時に触れていくつもりですので、それまでお待ちいただけますようお願いします。






Last updated  2014.03.05 23:21:57
2014.02.26
カテゴリ:オーディオ関連
  • 24_192K_16_48K.JPG
  • IMG_20140226_154719.jpg
  • IMG_20140226_154757.jpg


·こんにちは、Kです。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
こちらは暖かくなってきており、今週の日曜日帰国するのが怖くなってきています。

さて、無事LXAシリーズ企画もある程度安定してきて間もないですが、カスタムパーツセットの効果はみなさんご実感いただいたようで大変ご好評いただき有り難うございます。

施工性の兼ね合いからSMDパーツは今回回避しましたが、常連様よりの要望で多いようであれば突っ込んだカスタムパーツセットなんかもご用意できればなぁーなんて思っています。
実はMELF形の抵抗とかもストックで何種類かあったりしますし、なんか趣味の領域でトコトンまでしてみたいのもありますし、今後そういった意味でもコアな展開も、日本側のHのGOが出れば是非やってみたいです。

さて、帰国後時間が有るときにでも友人の工場に篭って勉強してきます。
削り系なんですが、ソロソロ必要になってきそうです。
念願のアレも手に入れたいですし。。。またタイミングが会えばこの件についても触れていければと思います。

さて写真のネタですが、紙基板無理やり青レジスト基板タイプです(汗
リトル・スージーは当初スポットで扱って終わらそうとしていましたが販売終了後も問い合わせが十数件レベルで来ており、LXAタイプを出した後も要望はありましたし再生産という形になり、仕上がってきました。
裏面は銅箔があるので綺麗な青色ですが、表面は紙の茶色基板に青色のレジストで予想通りというかなんというかこんな感じです。工程数を減らしてコスト削減と言うか基板単価を下げるための工夫などを盛り込んでいまして見ていただいたらわかると思いますが、こんな感じになりました。

さて、パーツセットが出来上がっておりませんので、残り数日間に合うのか!?
熾烈な戦いが待っています(笑)

次にDAC-X3Jですが、白基板です。この基板は貼り付け工程の歩留まりを良くする他、全体的な製品の信頼性も少し上がる!?ような工夫をしています。実際貼付けから上がってきて仕上げた際の不良率は確実に低かったです


こういうことは公式ブログに触れる事のないような部分なのでここで書いてみました(汗
自己満足的な部分






Last updated  2014.02.26 20:09:45
2014.02.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは、Kです。

実は17日に緊急帰国していまして、昨日23日中国に戻ってきていました。

若干無理をしていたのか、体調不良に陥っていましてお尻に出来物ができ
それが大きくなって発熱もしてきたので、急遽中国の病院に行ったのですが
訳の訳のわからない事に1ヶ月の入院になるとか言われ、自身である程度原因も理解していたので
そのまま当日手術でと言ったのですが上記のような対応だったのです。

一応公立の大きい病院だったのですが、黒い雰囲気が漂っており明日もう一度
専門の病院があると知った私はそこへの予約をし、行く予定でおりました。

ただ、発熱もしている為そこで抗生物質の点滴をした方がいいということで
それだけ受けることにしたのですが、そこでやられちゃったというオチです。

1つは有名な抗生物質の点滴だったのですが、もうひとつは世代の古い抗生物質の成分というか名前を変えて、中国政府の低価格指定薬を回避対策されたイケイケなやつとミックスされ、ボッタクられた気がします。
日本で保険負担なしで治療受けるよりもすごい金額だと思います。(汗)


気を取り直して翌日、意識は朦朧としていますが専門の病院へ行き
診察を受けたのですが、詳しく書くと長くなるのですがここは確実に入院させようとするだろうなという雰囲気の場所でした。
お医者さんの診察も適当で、診察中に荷物を片付けてるんですね片手間で私の診察をしながら、とりあえず手術した後10日間の入院ねって言いながら、ちょっと会議かあるからまたお昼に戻ってくるからどうするか決めてって。。。この時点で帰国を決め、その夜には日本帰国への飛行機に乗っていたというわけです。翌朝そのまま病院で処置をして、3日間様子を見て問題なければ大丈夫という処置でおわり、昨日中国に戻ってきたという流れです。

また3月1日帰国するのですが、こちら側も色々大変な時期だったのでさすがに3月1日まで日本に居れるわけもなく戻ってまいりました。

色々ご心配おかけしてしまう事を書いてしまいましたが、現在至って健康ですのでこれからも頑張っていきますのでよろしくお願いします。

DAC-X3Jの価格設定いかがでしたでしょうか。。。価格に対しての音質・性能は意外や意外となると思います。
お手軽価格だと思うので色々迷うよりも実際ご体験するとご納得頂けると思いますので、是非お試し下さい。






Last updated  2014.02.23 18:24:05

全126件 (126件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.