537222 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国滞在中Kのブログ

PR

Free Space

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Category

Archives

2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

Comments

K in china@ Re[1]:YDA138NFJ版の限定のについて(11/10) エロヲサン こんにちは、Kです。 お返事遅…
エロヲサン@ Re:YDA138NFJ版の限定のについて(11/10) Kさま そうです!私がエロヲサンです!w …
K in Japan@ Re[1]:NFJオリジナルPCM2704 DAC/DDCキットについて(12/01) デジアナおやじさん こんにちは、Kです。…
デジアナおやじ@ Re:NFJオリジナルPCM2704 DAC/DDCキットについて(12/01) お疲れ様です。 キット価格、安すぎです。…
デジアナおやじ@ Re:備忘録20140811(08/10) Kさん、最近書き込みがないけど・・・

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

日常・出来事

2014.05.29
XML
カテゴリ:日常・出来事
こんばんは、Kです。
長い事投稿していませんで、久しぶりの投稿となります。

昨日日本に帰国いたしました。

5月末に帰国する事は決まっておりまして、それまでに出来る事を進めていくつもりで色々動いていたのですが、ブログにも書きましたが2月中旬くらいに体調の事で帰国し、1週間ほどで中国に戻って、また3月の1ヶ月間は予定通り帰国し日本におりまして、その後4月に中国へ戻ったのですが2週間ほどで具合が悪くなり、そのまま帰国して4月末まで入院していました(汗

去年の体調不良がきっかけで無理が利かない体になってしまった気がします。

その遅れを取り戻す為に退院後直ぐに中国へ戻り4月末よりスケジュールを取り戻すべく、出来る限り業務をこなしつつ新しいオーディオ関連の物も進めていました。

ブログの方が触れずじまいになってしまい当ブログをご覧頂いている方々にご心配おかけしてしまい、深くお詫び致します。

帰国の際にも一難二難三難と3段トラブルで半ば程の時当日帰国を諦める覚悟をしましたが、無事帰国できました。


さて、今回日本側での販売でリトルスージー及びFX202Jもご好評頂いているようで、とても嬉しい限りです。

FX202Jに関しては長い間の開発秘話というか、思い出すと気の遠くなるようなセッティングの試練がありましたがこれにより、大きな経験となり様々な解決方法などを学べたと思います。
それを生かした物が形となって少しずつお披露目できていると思います。

これも含めまして、詳細などを後日記載していきたいと思いますのでもう少々お待ちください。

当初FX202Jに関してはHより詳細や音の方向性など細かく書いて欲しいという要望がありましたが、購入前からそういった部分をお知らせしてしまうと先入観が先行してしまい正直なインプレが頂けないような気もしていましたので、日本側へスペックなどの詳細と変更した回路や部品などの特徴などの記載のみとさせていただきました。

かなりギリギリまで日本側へ情報を送っていなかったので、販売直前の公開となってしまったことも合わせて
お詫び致します。

それでは、帰国直後で日本側での個人的な用事や役所関係での手続きなどで2,3日業務に戻れません。それが終わり次第またブログの更新を再開いたしますので、その時またよろしくお願いします。

何か気になることやご質問等ありましたらコメントにて残していただけると追ってお返事いたします。

P.S:さっき投稿した際にHからFX-202JじゃなくてFX202Jでハイフンは無いんだよ!とツッコミがありました(笑
ここは私の自由なブログなのに細かいツッコミでした(汗
彼っていつ寝てるん?ってずっと思っています。
日本ってシビアですなぁー






Last updated  2014.05.30 02:34:22
2014.03.05
カテゴリ:日常・出来事
こんにちは、Kです。
3月1日無事到着しまして、今日まで私用をこなしていました。
昨日やっと落ち着いた感じですので、少しずつ業務に戻ってまいります。

といっても日本側の業務とは若干切り離した新規案件が多いわけでそちらの方に専念しますので皆さんとの接点が若干薄くなるのではないかなぁと思っております。


ただ、掲示板や当ブログにコメントくださっているのは拝見させて頂いていますので参考になる情報などたくさんありまして、たまにカンファレンスに参加したいなぁと指をくわえながら見ている時もあったりします(汗)
投稿など頂いております情報を元にうちの会社で出来ることがあれば採用させていただき形にしていければ、有意義なモノを発信できるのではないかと日々悶々としている毎日で御座います。


頻繁に新商品の提案をする事はやはり難しいのですが、それでも着実に動いていますので、それに見合ったペースでは出てくると思いますので暖かい目で見守っていただければ嬉しいです。


さて、FX1002A・DAC-X3Jに関しましては大変好評頂き真にありがとう御座います。FX1002Aはご用意した分はおかげさまで完売しまして、使用している一部の部品がNFJ倉庫側にあるもので現在在庫は切れています。中国に戻り次第手配しなければいけない事と、先にFX-Audioが代替部品を手配するであろうと算段していますが、実際その手配した代替部品がどういったものか聞いてか中国に戻る前に再度FX-1002AをGOするか、中国に戻ってからうちの方で手配するか決めたいと思います。


DAC-X3Jに関しましては昨日の販売でお待ちいただいておられる方に行き渡ったようでその後、ラインナップ販売として安定させれる希望は見えてきました。
これで新規顧客様への展開を開拓できるきっかけとなり、それで更にその他のNFJアンプ関係に興味を持っていただければなぁと思っています。
今まではきっかけはLepai・SA-36Aなどから弊社アンプキットへきて頂いた方も多かったと思いますし、今回このDAC製品からの発展でキットへの入門も期待しています。
何種類かDACキットの試作も上げていましたし、近々何かしら出していければと思います。


次に現在中国側の業務が止まっている状態でして、中国側倉庫を開ける事が出来ないのでFX-Audioの国内販売の生産でも少し支障が出ているみたいです。帰国前ギリギリにそのあたりのことを打ち合わせして、使用予定部品や半導体の一時持ち出しをし、解決を試みたのですが、この数日で実際動いた時の必要部品の不足など色々支障が出ています。一時的に中華部品で間に合わせれるところは間に合わせて、重要部分は高くても引っ張るっていうスパイラルに入ってきそうです。

パーツ類・便利系で新商品が続々と登場しますので、細かい物ですが意外なものもあります。そのあたりは、写真文章が準備できてから順次販売していきますのでもうしばらくお待ち下さい。

リトルスージーオリジナル版ですが、紙基板は変わらずコストを大幅に上げないようにリファインしています。ただ、電解コンデンサが。。。以前何件か頂いておりましたターミナルブロックの部分のパターンなどの改良やラインインピーダンスの改善。この部分に関しましても若干改良はしております。そのあたりも含めて販売時に触れていくつもりですので、それまでお待ちいただけますようお願いします。






Last updated  2014.03.05 23:21:57
2014.02.15
カテゴリ:日常・出来事
こんばんは、Kです。

最近更新を怠っていました、すいません。
中国側も春節が明け通常業務に戻ってきたはずなのですが、殆どの工場はまともに動いていません。うちもそうですが、スタッフが未だに帰ってきていないんですね(汗
あいたたたたーって心境で業務をこなしています。
人が少ない分大変な状況で、あまり業務が無いのに動かないと。

その上追い討ちをかけるように少ししたらオーディオ系の展示会を出展する為広州へ行きます。
何から何まで段取りを汲むのに追われています。
うまい事動いてお願いーーーーー!って思いながら日々送っていて気付いたら日が迫ってきて
帰国も迫ってきて大丈夫なのか!?という事で3月1日帰国します。
帰国してもやる事は盛り沢山でその山積みの課題に怯えていたりします。
時間よとまれ!むりぃぃぃ~
明日は久しぶりにお休みいただきます(汗

日本側はあれですね。
20日に新製品が2種類でるみたいですよ。
でかいやつとちいさいやつです。

それでは、また時間の有るときにでも記事書きますね。






Last updated  2014.02.16 04:50:19
2014.02.03
カテゴリ:日常・出来事
こんにちは、Kです。

今こちらの方は新年で人通りが少なく過ごしやすい毎日が続いています。
空気も超綺麗です!同時に気温が最低16度-最高25度と暖かくなってきて
まさに衣替えの季節!でも服がない!?(汗

さて、最近仕事の事で動くことがないので、掲示板などを拝見させて頂いており色々とカスタムされている方もおられましたので、現在第7ロットで追加された回路とともにその追加の経緯と詳細などを書いていきますので参考情報となれば幸いです。

ただ、こちらのブログを定期的に見られている方へ向けての開示情報としたいので、対象物に関しては検索ワードに引っかからないような抽象的な表現を使っていきます。わかりづらいかもしれませんが、お暇な時にでもご覧になっていただければと思います。


まず、経緯から説明しますと夏頃に取り扱いのアンプのコピー品が出回り、それに伴い日本側のHの元に問い合わせが増えたことから始まります。

その後メーカー側への事実確認とその対策、コピー品のメーカーへの問い合わせなどを経て、情報を頂きました方へオレオのご連絡を差し上げ、同時にブログへの注意喚起を行っていました。表面上はそれで終わった形に見えていたと思いますが、実際は中国側の方でメーカーとやりとりをしてコピー品対策と言いますか、バージョンアップの模索をしていました。そして、現在の第7ロットの形へと進化しています。公式ブログでは災いを転じて福となすという言葉通り、弱点だった部分の改善が行われています。


では本題の部分を書いていこうと思います。
去年夏頃にメーカー側と連絡を取り日本側での注意喚起をする旨を伝え、メーカー側でも対策をして欲しい旨とそれに対する相互協力をするということで話は続いていました。
そして中国側で試作機を作り対策案などを話し合い結果として出来上がったのが第7ロットとなります。


第7ロットで対策を施した部分は下記の2項目です
・遅延リレー回路の遅延時間を延ばした。

・後段増幅回路より前段回路が先に落ちないように対策。

上記2項目は大幅な回路変更もせずに少ないパーツ変更・追加※で
実現できる対策だったのでメーカー側で採用される事となっていました。
※電解コンデンサ1個変更・電解コンデンサ1個とダイオード1個の追加


遅延時間の延長は回路にある電解コンデンサ220uFを470uFへと変更することにより延ばせます。その改善効果は大きく電源投入時のポップ音が更に低減されるのですが、それは、前段部が電源ON時安定するのに時間がかかるという部分に注目しなければなりません。まずは、前段と後段のシグナルラインを切り離し計測することから始まります。

TA2020では標準である程度のDCオフセット電圧がありますが、電源ON時それとは別の大きなDC電圧が出ています。時間が経つに連れて安定してくるのですが、その原因として前段部分のオペアンプ回路からのものでした。最初はカップリングコンデンサの辺りやオペアンプ回路周りを触っていましたが大幅な改善は見込めず単純に安定するまでの時間までリレーでONをにしないのが一番簡単な解決策でした。

それ以外にもTA2020のMUTE回路を使いON/OFF制御をし、前段は常に通電状態にする事で解決する対策案も考えましたがこちらも他の回路を巻き込んで大きく回路変更しなければならない為流れた案件です。


次に前段回路を先に落ちる事で発生するポップ音がそのまま後段で増幅されてスピーカーから出てしまう問題は、先に前段回路が落ちないようにすれば解決します。前段部分の給電のラインの上で直列にダイオードを付けその先に大きめのデカップリングコンデンサを搭載すれば電源OFF時に前段回路で発生したポップ音を後段が増幅することがなくなります。

ちなみにDCから入ったすぐにある4700uFの電源デカップリングコンはスイッチ手前でカットされるのでTA2020のIC電源供給の直下のバルクコンは1つのみでその先に前段回路の給電ラインが作られています。ダイオードで切り離してはいますが、TA2020のバルクとの容量の比率も大きく関係してきますのでその辺りの
調整も必要かと思います。更にその先にLEDの給電ラインもあったりしてその辺りの消費も考慮してましたが、最終的には切り離せば解決します。

これにより前段からの影響による問題を解決した結果大幅なポップ音の低減を実現できましたが、更にもう一つTA2020自身のDCオフセット電圧のズレを修正することにより完全にポップ音が排除されると言う事になります。

これは、NFJTA2020キットにも搭載しているDCオフセット電圧調整回路の追加です。
このアンプは当初遅延リレー回路すら搭載せずに盛大なポップ音が出るのでも有名でした。
2年ほど前より改良され遅延リレー回路が搭載されポップ音の低減は出来ましたが完全に排除出来たわけではありません。そこで、TA2020で定番となっているDCオフセット電圧調整回路ですが前述した前段の対策をせずに施工してもポップ音は出て来てしまうのが現状です。

前段の問題をまず解決し更にTA2020のオフセット調整回路を搭載すればポップ音は完全に排除でき音質も大幅に向上し大きく変わった別のアンプとして変化すると思います。

以上参考情報として書きましたが、またいつものようなダラダラ書いた感じの文章になってしまい申し訳ありません。
最後までお読みいただきありがとうございました。

P.S:前段の4558から変更した5532はポップ音といいますか、ON/OFF時の飛びが激しいです。
他のメーカーでも試しましたが同じような波だったので、普通に5532系はそういった意味でこのアンプで使う場合は
この回路が必須じゃないでしょうか。4558系は比較的緩いですが、でも出ます。
  • 11.jpg
  • 12.jpg
  • 13.jpg






Last updated  2014.02.03 18:16:18
2014.01.25
カテゴリ:日常・出来事
こんばんは、Kです。

今回の複数種販売でたくさんのキット・パーツ類のご購入ありがとうございます。注文が集中している為日本側の業務が平常営業になるまでに暫く時間がかかると思います。

ご購入頂いた方も複数種購入して頂いている方が多い為、問い合わせ等が必要で人の処理が入る部分がありますし、尚且つ漏れがないよう着実にしていっているみたいなので、発送・取引終了まで少しお時間を頂くと思いますが、暖かい目で見守って頂ければ幸いです。

日本側の出荷取引業務に関しては私の方ではタッチできませんが、それ以外でわからない事などあればこちらでわかる範囲であればご質問お受けしますので、お気軽にコメントください。


今回のキット・パーツ販売の中で一番の目玉はなぜか私的には25V化コンデンサセットです(笑)
このグレードのコンデンサのセットではダントツに安いと思いません?
決して訳有り品とかではありませんし、しかも日本製造品なんです。
勝手に一人で盛り上がってました。日本側の在庫は後どれくらいかわかりませんが気になりましたらまた見ててください。


次に、予想通りというか早い段階で23mmの六角スペーサーが欠品しました。
タワーを作る為には18mmタイプでは当たるので、18mmタイプを購入された方は
5mmタイプなどで延長する必要があります。

一応予想していたのでタワー用の20mm六角スペーサーを用意していたのですが
出荷の便が1つ遅くなってしまい来週に到着の荷物に入っていますので、入荷したら販売します。少しシンプルなセットになっています。同時に価格も抑えています。

他のスペーサーセット同じく3セット制限で販売する予定ですが、次この六角スペーサーを購入する際に再度キット類を追加で購入する方もおられたりするかもしれませんので、そういったご要望も予測しつつ一時的に購入制限を増やす事も考慮しつつ準備していきます。ただ、ヤフオクの購入制限設定の最大数が5個までなので、それ以上になると開放になってしまうんですね。
どのタイミングで制限3に戻すかなどは日本側に届いて販売する時に検討しつつ販売してみます。

以上箇条書きになってしまいましたが、よろしくお願いします。






Last updated  2014.01.25 18:07:29
2014.01.19
カテゴリ:日常・出来事
  • 1.jpg
  • 2.jpg
  • 3.jpg
  • 4.jpg


最近タイトルのタブレットを携帯代わりに購入してみました。

今まではLenovoのA780というスマートホンを使っていましたがさすがにRAM512MBでシングルCPUということで処理が遅くカクついてしまうのとか、液晶がTNパネルとか解像度が低いなど色々難儀していました。

仕事用に7.9インチのタブレットを使ってるんですが、その使いやすさに慣れてしまい、個人的にも携帯代わりとして7インチのを買ってみましたのでその辺の詳細というか、中国メーカー製なので奮闘記みたいな感じでサクッと書いていきます。

この機種は旧モデルのTalk7というTNパネルが存在していたのが始まりで、そこから年末にTalk7xというIPS(サムソンのPLS)液晶を使用して、更に価格もTalk7より下がって7000円ちょっとで購入できるということで大きな話題になりました。

私も年明けには手に入れることが出来たのですが、在庫がない状態が続き、予約20万台突破とか、今では予約が100万台入っているという商品です。

このスペックでこの価格なので安さが話題を呼び今の現状になっているんだと思います。

特定の販売サイト限定での販売開始だったので、私も漏れずそこで注文に至り手に入れたわけですが、届いてから色々と問題がありました。

箱にはきちんとメーカーシールで封をして通常の新品っぽいイメージでしたが実際開けて中を見てびっくり、事前に貼られているメーカー純正の保護フィルムの上部に気泡が入りまくり。。。

なので、気泡を取り除くべく一度剥がして見るとその部分に指紋が上部範囲に数カ所ついていました(汗)つい「おおーうっ!まじかー」と口に出したくらいです。

気泡になってしまうのは中にホコリやゴミなどが付着してその部分を避けるために起こるのですがそれを除去するためにシールで少しずつ取っていたのですが、その時にさらに驚愕の事実が!!!

ゴミ取りをしていると目についたパネル上に有る細かい無数の傷、気になり詳しく調べていると保護フィルム表面のその上に貼られている保護フィルムの保護フィルムに付いていたと思っていた傷が実はパネル自体既に傷が入っていたというオチでした。。。

もうやるせない気持ちでサポートに連絡するも、新品ですの一点張り。一応返品してもいいけど物がないので返金になりますと。。。その購入先はアマゾンの「ような」中国メーカーの中国版なので大きい会社といえども返品・返金のトラブルが多くて有名。。。泣き寝入りするしかありません。

気を取り直して数日間使っていたのですが、そこでまた不具合を見つけたんですね。充電の際にコネクターがささりにくいな―と思っていて、ボディーのプラスティック部分も、コネクターのロック部分があたって削れていたくらいで、こんなもんかーと思っていたんですが、実際ちゃんと見てみるとその部分がおもいっきり浮いてるんです、、、よく気づかなかったなぁ―と思うくらいでした。このあたりになるともう結構諦めが入っていたので自分で開けて直せばいいやってな具合に、分解して直して現在活用中です。

実際使っていて性能的には満足しています。
CPUもデュアルコアですがある程度サクサク動いてくれますしRAMも1GB積んでいるのでそこそこ使える感じです。

それにGPS,Bluetooth,デュアルSIM(通常サイズ+Microサイズ)で一応3G回線も使えますしLTEはこっちはまだまだなので(汗
アプリの入れる部分が1GBだったのでその部分の領域を変更したり、MicroSDを高速のものを入れてうまい具合に
使えてる感じです。

カメラも前面と背面に搭載されていますが、もちろんオートフォーカスなんてものは無いです。
有るだけでも良かったです。

ただ、一つ気にかけているのがTalk7x購入者の中で結構な確率で液晶割れてるんです。。。ゲームしていただけで指圧で割れてしまったとか(笑)んな馬鹿なと思うかもしれませんが、
タッチパネルの材質の中で一番安価なタイプが採用されているみたいで結構危険な香りがします(笑)

あと、重大な欠点がありました(汗)タッチパネルの反応や位置のズレが1mmくらいある範囲で発生したり気を使って扱いつつ慣れなきゃいけないというタッチパネルです。
これがファームでFIXされれば良いんですが、根本的にハード的な仕様だとそのままスルーされそうです。

以上面白いおもちゃを手に入れたので文句ばっかり書いてしまいましたが、こんな感じです。

後日大容量のリポに換装する予定です。






Last updated  2014.01.19 17:28:53
2014.01.14
カテゴリ:日常・出来事
こんばんは、Kです。

中国の旧正月前の1月20日過ぎには帰るつもりでしたが
なんかプライベートな事情で帰国できないような気がしてきました(涙

Fx-Audioの彼も私の帰国に合わせて仕事納めにする段取りで調整してた
みたいなのですがなんだか悪い事をしたみたいで申し訳ない気持ちです。
さて、日本側そろそろ動いていくんでしょうか?

公式のブログですらまともに見れない状況なので逐一日本側の状況を
把握する事はできませんしHから聞くのみです。






Last updated  2014.01.15 00:19:36
2014.01.10
カテゴリ:日常・出来事
こんばんは、Kです。
こっちでの作業も一段落着いて、最終追い上げに向けて準備に入るちょうど中抜けの週末となりました。

最近の中国事情と私生活にについて身近に感じる事など少し触れていこうかと思います。

まずは昨日発生した残念な状況から少し書いていきますと、昨日仕事が終わり家に帰る途中食事をとる為ある村の中(車が中に進入するにはゲートがあり、そこでカードを取って入る感じの場所です)の東北料理の店に入りいつもどおり酢豚もどきや豆苗の煮込みや焼き餃子を食べていました。さて、食事も終わり帰る際その村から外へ出る際に再度ゲートをくぐって道路に出るのですが、その道路も工事の途中でキチンと整備されて無い状態で、マンホールっぽい物に蓋がされず思いっきり穴が開いていました(汗)ヤバイ!と思ってストップ!ストップ!と言ったのですが、案の定穴にタイヤがすっぽりはまってしまって、ボディーで支えてる状態のタイヤが宙ぶらりん状態です(涙)早速周りの人が集まってきてゲートに居るガードマンが、今日でそこに4台落ちたよーと。。。でも、村の外で管轄外なのでその穴はどうしようも出来なくて、ひょろっと長めの棒の先にスーパーのビニール袋がくくられてて注意を促していたみたいです(汗)そんなことも知らずに突っ込んでしまって、とりあえず思い浮かんだのが任意保険の特約で入っていた無料の救援を呼ぶことにしたのですが、来るのに1時間くらいかかるみたいで、それまでに自力で出せるのかと思いつつがんばろうとしました。ですが、前には絶対行かなくて後ろに押してみようにも軽い下りになっているので無理っぽいんですね、そのうちに更に多くの人が集まってきてみんなで持ち上げればすぐだよと誰かが言ったので、みんな手伝ってくれませんか?と募って、8人くらいで持ち上げてみたらすんなりと穴から出る事ができました。車って結構簡単に持ち上がるもんですね(汗)手伝っていただいた皆さんにお礼を言いつつ、そのガードマンにも他の出る車を誘導してもらったり迷惑かけたので、謝り行ったりして、良い感じで中国人達に助けてもらいました。前の底を思いっきりヒットさせたので
舵周りやオイルパン周りが破損してないか跪いて下から覗き込んでみたりしてました。
そんな時にこんな場所では珍しい日本人のグループが通ったんでしょう。日本語で「ここ結構良いですよ」と聞こえてきました。明らかにこんな所で車体の底面を覗き込んで怪しく目立ってる私が日本人とはその人達は絶対思わないんだろうなぁーと一人でなんか恥ずかしくなってました(笑)今の所まだ何とかまともに走ってます(汗)と、どうでもいい話をすいませんm(_ _)m


次に、最近気になる事と言えば去年11月頃からこの工業区の周辺で工員たちに向けて銀行が信用カード(クレジットカード)のキャンペーンみたいなのをしているのが目に付きます。
彼らは地方から出稼ぎに出てきてる人たちが大半でその人たちに向けてしてるんですね。なんというかクレジットカードを乱発してる感じに見えてしまいますが、大丈夫なんでしょうか(汗


あともう一つはものの流通の動きが少し鈍くなってきてる感じでしょうか。これは私が退院してから中国に戻った辺りで有る程度行動した後に気付いてきた感じです。この原因でしわ寄せというか取引先の駆け引きが少し複雑になってきました。これが1社だけならまだしも、数社が同じ感じだったので少し驚きましたが単純に物が動いてないんだろうなぁーって感じです。
相手も一発でガッツリ取ろうとしてるんでしょうが、それがあからさますぎてついニヤニヤしてしまいます。単純に為替で強烈に打撃を食らっていますが、中国国内の相場は安定している感じなので、急がずあせらずちゃんとした情報を武器にこれからもやっていければ特に心配する事は無いと思います。






Last updated  2014.01.11 02:34:24
2014.01.06
カテゴリ:日常・出来事
冬なのになぜか暖かくて、昨日日曜日の昼間に車の中で
エアコンかけなきゃいけないくらい暑かったです。

そしてエアコンなんてぶっ潰れてるのでエアコン口から
熱風が出てきて最悪でした。。。ビュイックというアメリカの
メーカーなんですが日本車と違ってエンジンルームが結構
自由な配置で良くトラブルが起こります。

そしてまた寒くなったりしそうで気合を入れて過ごさないと軽く風邪引きそうで怖いです。
という事で、どうでもいい話でした。






Last updated  2014.01.07 03:05:32
2013.12.26
カテゴリ:日常・出来事
アップグレードキットの選定で性格の違うAタイプとBタイプを分けていましたが
両方の音質面で(特にBタイプ)をもう少し煮詰めたいので
あげていた写真から変更しますので、一度削除します。
すいません。。。。






Last updated  2013.12.26 21:16:04

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.