000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

買ってみました

PR

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

万年筆/ペン

December 17, 2007
XML
カテゴリ:万年筆/ペン
 パイロット カスタム743のフォルカンの天冠を買ったその日に根本から折ってしまったのですが(汗)、本日戻ってきました。

 パイロットのサイトにお問い合わせフォームがあるので、そこからキャップ一式を売ってくださいとメールしたところ、わざわざキャップでも売れますが、面倒でも修理として出した方が安いですとご丁寧にメールを戴きました。

 11日にヤマトのメール便で万年筆を送り、修理完了のメールをいただき、本日到着。あまり修理品の発送まで連絡してくれる会社って記憶にありません。

パイロット

 届いた修理品一式

パイロット

 箱無しで送ったのですが、修理用の箱かな?に入って帰ってきました。

パイロット

 驚いたのが、修理についての明細の他に、手書きで手紙まで同封されていた事です。しかも追伸で「寒さ厳しい折、風邪を引かれませぬようお体をご自愛ください。」とお心遣いまで。

 いやぁ、ここまでくるとパイロットの万年筆を買ってよかったなと思わざるをえないですよね。字なんて100円のボールペンでも書けるのに、わざわざ万年筆を使うような人って、こういったところに響くモノがあると思いますし、このご時世に万年筆を売る会社としてのパイロットの姿勢に感服いたしました。

 しかも、買って初日に壊したのでアレなんですが、調整してもらってめちゃくちゃ書きやすくなって帰ってきました。
 ありがとうパイロット。大事に使います。






Last updated  December 17, 2007 04:40:49 PM
コメント(0) | コメントを書く


December 15, 2007
カテゴリ:万年筆/ペン
フォルカン

軟らかいペン先とはどんなモノなのか気になって
パイロットの中細軟、フォルカンを買ってみました。

パイロット 万年筆 FKK_3000R_B カスタム743 ブラック(30000)

フォルカン

コンバーターは同梱で、初めてのプッシュ式でした。
ネジが切ってあるコンバーターしか知らなかったので、
一瞬壊れているのかと思いました(苦笑

実際に使ってみると吸入が簡単でいいですね。

フォルカン

フォルカンに関して思ったより軟らかくないという記事を見かけます。
昔の万年筆と比較しての事だと思いますが、
現行の万年筆と比べるとかなり軟らかいです。
軽く押さえつけただけでもこれくらいは開きます。

実際に書いてみると、ペンが撓って反発してくる感じがあります。
そのおかげで文字も他の万年筆と比べて個性的で
万年筆を使ってる!って感じでなかなか良いです。
6mmの罫線の手帳などに書くにはちょうど良い太さです。

ペン先のデザインが、形は特徴的であるものの、
かなりシンプルなので、もう少し遊び心があってもいいかなぁと。

で、クリップがかなり硬いのでアタリを付けようかと思っていたら、

フォルカン

天冠が根本から折れてしまいました・・・
届いて数時間しか経ってないのに(涙)

悲しいかな、修理編へ続く事になりました(トホホ


パイロット カスタム743 万年筆 FKK-3000R

引っ越しました






Last updated  September 8, 2012 05:04:29 PM
コメント(1) | コメントを書く
December 10, 2007
カテゴリ:万年筆/ペン
ダンヒルナミキ

父親から貰いました。
使わないままペン立てに放置されてて気になっていたので
これはラッキー♪

どうやら父親は蒔絵のが欲しいようですが、
高いので踏ん切りが付かない模様。

ダンヒルナミキ

ペン先が50号でめちゃでかいです。

ダンヒルナミキ

インクを入れる時は首軸をはずしてスポイトで注入します。
モンブランのレーシンググリーンを入れました。

ダンヒルナミキ

インク止め機能が付いているので、
書く時にはこうやって尾軸を緩めて
インクが通るようにしなければなりません。
解除し忘れるので逆に厄介だったりしますけど。

ダンヒルナミキ

迫力があっていいのですが、
ペリカン スーベレーンM800と比べても
これだけ大きいです。

書いた感じは筆圧も要らず、サラサラ書けます。
ニブも国産のMあたりの太さでちょうど良い。
でもここまで軸が太いと持った感じ、
やっぱりちょっと大きいなと感じます。

直径が17mmぐらいですが、
13mm程度の一般的なサイズの方がしっくりきます。
持ち歩く気にはならないので、会社のデスク用に任命です。


蒔絵万年筆ガイドブック「ダンヒルナミキと蒔絵万年筆」(英語版)






Last updated  December 10, 2007 10:31:51 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 29, 2007
カテゴリ:万年筆/ペン
ついにトレドを買いました。
赤色が好きで、ラッキーカラーも赤らしいので、
レッドトレドにしました。
アウロラの赤なんかとは違った、渋めの赤です。


【ペリカン/PELIKAN 正規品】ペリカン/PELIKAN 特別生産品 M910 レッドトレド 万年筆

ペリカン レッドトレド

日本に入ってくるのはたしか120本のはず。
基本的にM800と一緒ですが、
トレドと言えばペリカンの彫金。

ペリカン レッドトレド

ペリカン レッドトレド

ウチの子、なかなか良いんじゃないの?(親馬鹿)

書いてみた感じ、凄く良いです。
個体差でしょうが、EFのM800よりFなのに細く書ける。
手帳に書くのにぴったりです。

プレゼントでインクをもらえたので、
戴いたブリリアントブラックをそのまま入れました。
ペリカンのボトルインク、デザイン変わったんですね。

ペリカン レッドトレド

黒いキャップにしてみるとデルタっぽい?
これはこれでいいなぁ。

というわけで、常用の一本に追加となりました。


入荷しました!! ペリカン 万年筆 M910 レッドトレド(ビンインク付き、送料、代引き手数料無料)






Last updated  November 29, 2007 10:34:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 22, 2007
カテゴリ:万年筆/ペン
加藤製作所 セルロイド万年筆

ずっと気になっていた
加藤製作所のセルロイド万年筆です。


万年筆の本場ヨーロッパでも人々を夢中にさせた名職人加藤製作所 手作りセルロイド万年筆カトウセイサクショカンパニー680シリーズ

加藤製作所 セルロイド万年筆

上蓋の裏には
昭和初期のリバイバル
大阪で唯一の豊富な経験と熟練した技術を持つ
職人の手で数量限定生産された手作りペンです。

と書かれています。

なぜ今買ったかというと、
加藤製作所のセルロイド万年筆をあつかっている
ショップは見かけるものの、
コンバーターが使える14Kペン先の細字には
そうそうお目にかかれないため、
扱っているいるショップを見つけて即買いしました。

加藤製作所 セルロイド万年筆

迷った末に、ブラウンの「大樹」を買いました。
鼈甲も気になったのですが、品切れでした。

加藤製作所 セルロイド万年筆

おもいっきり手作りな感じです。(削りカスとか・・・)
ロゴもなにもなくいたってシンプルです。

インクは評判のいい、
モンブランのレーシンググリーンにしてみました。
わかめとか、もずくみたいな感じの色ですね(笑

実際に書いてみると、正直驚きました。
筆圧を全く必要とせず、
インクが勝手に紙の上に乗ってゆくという感じ。

ああ、これが本来の万年筆の書き味か。と
感心していしまいました。

加藤製作所では、
もう手作り万年筆の生産を辞めるという話も。
その前に貴重な一本を手に入れることが出来て
本当に良かったと思います。


★NEW★希少価値の高いセルロイド万年筆です!加藤製作所 セルロイド万年筆2000シリーズ






Last updated  November 22, 2007 05:31:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 20, 2007
カテゴリ:万年筆/ペン
プラチナ #3776 ギャザード

1つの完成形と評判(?)の
プラチナ #3776 ギャザードを買いました。


熟練職人の手技が冴えわたる希少性が高い風格ある一本プラチナ萬年筆 プラチナ#3776 ギャザード 万年筆 名入れ無料

プラチナ #3776 ギャザード

ギャザーにするのはいいのですが、
せっかくなのでギャザーの隙間の削り粉は
出荷前に綺麗にして欲しいところ(苦笑
自社製品に対する愛や誇りがあれば
徹底して然るべきだと思います。

プラチナ #3776 ギャザード

モンブランのブルーブラックを入れて試し書き。
他の万年筆を使う感覚で書くと、
まるでセーラーの細美研ぎで書いたように
細くなってしまいます。

ボールペンの筆圧に慣れてしまった人に合わせて
最近はペン先は硬くなる傾向にあると
よく書かれていますが、
まさにプラチナ #3776 ギャザードは硬いと感じました。

若干筆圧をかけると、
おそらくこれが本来意図されたものだろう
という感じで書くことが出来ます。

自分には柔らかいペンの方があっていると分かったのは
よかったのですが、要調整な感じです。

【追記】
インクフローの調整をして、
インクをモンブランのレーシンググリーンにしたら
良い感じで書けるようになりました。


プラチナ萬年筆Platinum#3776 ギャザード万年筆






Last updated  November 26, 2007 01:59:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 19, 2007
カテゴリ:万年筆/ペン
セーラー万年筆 プロフィット 細美研ぎ

ものすごく細かく数字を書かなくてはならない仕事用に
セーラー万年筆 長原幸夫氏 匠技シリーズ
細美研ぎ万年筆 プロフィット21
を買いました。

極黒を入れて書いてみると、
もう大丈夫かと心配になるほど細いです(笑)

普段使おうとは思わないけれど、
この細さじゃないとダメな仕事もあるのは事実。

しかし、このデザインは・・・

僕はあまり書き心地というか、
モノ全体に対しての使い心地に関心が薄いのですが
(よく言われるカメラや車の癖もすぐに慣れてしまって気にならない)
さすがにこれだけペン先が細いと、
ああ、これが俗に言うカリカリ感かとわかりました。

セーラー万年筆 プロフィット 細美研ぎ

細くなると万年筆の味が発揮できないのが難点ですが、
それでも万年筆を使いたいんだ!という人には
うってつけではないかと思います。

セーラー万年筆 プロフィット 細美研ぎ

そして細美研ぎには
細美研ぎ万年筆クリーニングツールが付いてきます。

セーラー万年筆 プロフィット 細美研ぎ

キャップを取ると、極薄の金属で出来た半円が。
これがまたものすごく使いやすい。
紙のようにインクを吸ってちぎれちゃう事もないので、
大変重宝しております。が、非売品なのでした。

セーラー万年筆 長原幸夫氏 匠技シリーズ細美研ぎ万年筆 プロフィット21タイプ






Last updated  November 19, 2007 03:53:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 12, 2007
カテゴリ:万年筆/ペン
サンフォード ノンブロットインクペンシル

書いた直後は消しゴムで消すことができ、
時間が経つとインクに変わるという不思議な鉛筆。

好奇心だけで買ってみました。

サンフォード ノンブロットインクペンシル

"A BOTTLE OF INK IN A PENCIL"
ああ、そうですか。期待してますよ!

サンフォード ノンブロットインクペンシル

とりあえずロディアに書いてみた。
そして「インク」だけ消してみた。

おお、消しゴムで消えない!
なんていうか、
普通に鉛筆で書いた感じのが消えて、
インクが残る感じ?

というか、とりあえずは消えてもらって
時間が経つと消えない!じゃないと
ダメなんじゃないだろうか・・・

これではボールペンや万年筆で
書いたのと変わらないよ(苦笑)
鉛筆愛好家のための
変わり種鉛筆っていうポジションなのかな。






Last updated  November 12, 2007 08:42:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 10, 2007
カテゴリ:万年筆/ペン
ラミー サファリの万年筆を買いました。


LAMY ラミーサファリ万年筆

今回はスケルトンと、コンバーターを買いました。

ラミー サファリ 万年筆

ラミーのコンバーターは赤色なので、
スケルトンで使うと目立ちます。
インクの色によっては相性が出てくるのが難点ですね。

ラミー サファリ 万年筆

サファリは書き方鉛筆のように、
ココを持ってねと言わんばかりの形状をしています。
なんとなく違和感を感じるのは
普段の持ち方に癖があるからでしょうか。

さて、何色のインクを入れようか迷い、
コンセプトをヨーロッパの子供にして、
エルバンのヴィオレパンセにしました。

ヴィオレパンセはその昔、
フランスの小学生の指定色でした。
ロディアに入っている紫の線の罫線のような色で、
実際に使ってみるととても綺麗な色です。


エルバン トラディショナルインク HB13077 ヴィオレパンセ(1200)

書いた感じ、3000円程度の万年筆でこの書き味なら
文句なしだと思います。

初めての万年筆や、プレゼントとしても
可愛くて愛着も沸きそうでいいんじゃないでしょうか。


【30%OFF!】【ラミー】【LAMY】 safari(サファリ) L12スケルトン EF(極細字) 万年筆 #22053






Last updated  November 10, 2007 03:14:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:万年筆/ペン
パーカー デュオフォールド センテニアル

もうすぐパーカーのデュオフォールドが
値上げになるので
今のウチにセンテニアルのアンバーを買っておきました。

デュオフォールドはセンテニアルの他に
一回り小さいインターナショナルというモデルもあります。

積み上げられたレンガのようなチェックの模様が
とても綺麗です。


パーカー デュオフォールド チェックアンバーGT万年筆 DF-0011M

デュオフォールドと一緒にコンバーターも買いました。

パーカー デュオフォールド センテニアル

あれ?このコンバーターどこかで見たなと思い、
ウオーターマン セレニテのコンバーターと
並べてみたのですが、全く同じに見えます。

デュオフォールドには
ドクター・ヤンセン ハンドメイド テーマ・インク
シェイクスピアを入れました。
色はデュオフォールドのアンバーにちょうどいい
ブラウンです。

ペンのせいなのか、それともインクなのか、
Mにしては少し太めに感じます。

また、これはインクだと思いますが、
モレスキンには相性が悪いです。
でもロディアにはいい感じで書けるのが不思議。
紙質って大事ですね。

ちょうど忘年会のはがきが届いていたので
このペンで返信しました。
はがきには難なく使えました。

モレスキンだけか・・・


<ペン先交換サービス特典付>パーカー デュオフォールド チェック アンバーGT インターナショナル 万年筆【カートリッジインク(500円相当)付】【即納対応商品】

パーカー オフィシャルサイト






Last updated  November 10, 2007 01:55:14 PM
コメント(0) | コメントを書く

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.