9099736 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なにが見えてる?

なにみえ遠足8月30日レポ

第2回なにみえ遠足(2008年8月30日)レポ。


前夜は前回と同じく夕方くらいからつながり方が変わってくる。ミカエルがやたら近く感じたり。
えらく眠くて、仮眠しようと何回かしばらく横になるが、深く寝ている気はしない。
ちゅまによると上で準備をしたりしてるらしい。青い月さんからの景品をうけとり、就寝。
が、途中午前様のよっぱらいおとーさんに起されてしまい 笑 睡眠時間あきらかに足りず。

朝5:30に扉を表示するために目覚ましをかけていったん起きる。扉表示したら簡単にネットの
状況をチェック、その後しばらくミカエルと話したり。風呂でどうするかのへんな指示。
20人ほどつれてヒーリングセンターにいけ、とのこと。えーほんとにだいじょうぶなの?
なんでまたこんなときに?どうやって発表すれば・・・といろいろ頭をよぎるが、
まあとりあえずいっかってことで納得。アシュタール、サナンダちゃんに挨拶。
しばらくお話をしたりエネルギーもらったり。

アカシック広場で仕事中のシュリカンと意識だけでやりとり。
「ぎりぎりになったら合図だしてー。迎えに行くから。
オレ、天使とかほどじゃないけれど、同時にあっちこっちからアクセスされても
ある程度は平気なのよ、お前のアクセスしてる部分とちゅまがアクセスしてる部分は普段から
同じじゃないんだしね、だから上で仕事しながら迎えに行くくらいは同時存在できんの』とか
なんとかいう話をしながら瞑想に入る準備。シュリカンを呼んで出発。あとでちゅまにきくと、そういう
複数箇所に同時存在できるドラゴンは仲間うちではシュリカンだけなんだ、で、3人に分裂
したのを目の前でみせれらたことがある、とのこと。

両脇をミカエルとラファエルに挟まれてアカシック広場上空へ
・・・ちゅまからみると彼らは遠足中も、そのあたりに
浮いてるボール状なんだが・・・シュリカンに乗ったまま立ち上がって上空から思いっきり
なぜかすでに持っているマイクでなにごとかを叫びながら登場。
下におりて開会のあいさつ。ちゅまにきくと、またなーにやってんだか、とおもいながら
その様子をみてたとか。その時点では緑じぇいど♪だったらしい。っつかそんなことを
するのは確かに緑だろう。

ちゅまがみんなに上でのグラウンディング方法その他上で必要なことについて講習。
そのそばでスタッフに声をかけながら、シュリカンと一緒にざっと様子を見回り。
うわー警備すごいな、しっかりやってるなぁ、とまわりと上空をみて確認。
スタッフとドラゴンが数メートルおきに参加者を囲んで立ってたり、
上空にも誰かが何人も飛んでて、さらになにかシールドのようなものが見える。

かなり整然と宇宙船へ。今回の宇宙船は前日にメンテナンスしたばかりの、
ちゅまが友達に借りてきた、前回のものよりキャパのでかいもの。
まわりで見ている人たちもいるが、もともとの住人、
とかのような感じで特に大きなトラブルなどはなさそう。最後にのりこんで、
ぐるっとみまわす。チュウミツさんが奥さんと座って外をみながらなにか話している。
もりっと母さんがとっといてくれた最前列の席へ。いろいろ話しながら温泉へ。
つーか、ばーちゃん&孫のじぇいどちゃんとして甘えてたような^^;

同時にリアル肉体的にはSF映画のワープシーンにでてきそうな
うにゅうにゅしたCGのトンネルみたなものを進んでいく
ようなビジョンが見えておもしろい。

温泉に到着。地下鉄の内部みたいにくらいところに列になったライトが見える。
ちゅまにあとで聞くと、着陸するときのガイドライトらしい。
みんなが列になって降りる順番を待ってるときに
聖さん発見。よっ!とか手をあげて聖さんが挨拶。二言三言、
なにか話をする。ふつうに聖さんじゃん!と
自分のフィルターって面白いなーと思ってみている。

温泉の更衣室へ。事前にミカエルにいわれてたように、
誰なのか相手はわからないが、すでに集まっている20名ほどをつれていけ、
遠足からお前がいなくなるのはまずいから、緑じぇいど♪を残して活動させておいて
黒じぇいど♪で行け、と言われ「ああ、さっきの同時存在の話はヒントだったのか・・・それにしても、
両方自分なのにそんなことできるわけないだろうがぁぁぁ・・・!と思う。
この「同時存在」というキーワードについてはさつきさんと共通していたことが
あとで判明。

なにをどうしていいかよくわからないので、とりあえず黒じぇいど♪だけに意識をあわせた感じ。
そこにいた人たちを風呂のほうに誘導、緑がその間どうしているかは不明。
温泉の中の目立たないエリアに集まって普通に温泉につかってるフリをしながら意識を別の場所にとばす。
そのまま意識だけヒーリングセンターへ。それぞれ違う部屋に案内されて、
それぞれに必要なオペなり処置を受けるとのこと。

あれ?20人も個室つかったら部屋足りないじゃん?とか思ってるが実際下のじぇいど♪は
何室あるかは知らない。あとでちゅまに確認すると、15室。
さつきさんは同じ風呂の部分で『ラファ先生がつないできて、保健室をポータルにつかうよ、
って言われる。よくわからないのではいどうぞ(笑)
保健室を直接使ってる感じはしないのだけど、なんというか何十人かを
どこかへ連れて行くためのエレベーターみたいな?
保健室だとキャパ少なかったのかな? まあいいや、とラファ先生にお任せ。』と、
なんだか非常につじつまのあったことを感想にUPしている。

つまり施設が足りない分はさつきさんがポータルとなって補充していた、ということらしい。
自分も座って入る縦型の機械にいれられる。クラウンからすごい勢いでエネルギーが入ってくる。
リアル体は全身ぴりぴりしたら感覚がなくなっていってしばらく寝オチ。

いきなり意識がもとの風呂の場所にもどったら、輪を抜けて着替え、まもなく終了時間であることをマイクで
アナウンス、移動のための誘導をはじめるようにスタッフに告知。スタッフ全員で手分けしてメンバーを
集めにかかって・・・・そっから記憶しばらくなし。きがついたら、もうだーれもいなくて、
人数確認も終わったよ、行くよ、とシュリカンに即される。

「・・・あたし、なんか、感覚としてはあんまり仕事してないような?
みんなとちゃんと交流してないような?」
とシュリカンにぐちっぽく言うと、「もういいかげん、こういう状況に慣れれば?
1人で同時になんでもかんでもやれるわけないじゃん。
なんのために日本でいろいろ教わったのよ。
なんのための○○のおっさんの守護よ。(このはなしはまたいつか^^;)
人に任せて自分はなんもしないで座ってても後ろめたく思わない、
そういう仕事の仕方もあるってことをいいかげん覚えなきゃ」と説教されてしまう。

1人でなんだかどよーん。うーん、今一番でっかいブロックがまともに
遠足の最中に出ちゃうのは毎回みごとに同じだな。シュリカン、持ち上げてくれようと
したのか、最後に2人で宇宙船に入っていくときになにやら派手なアナウンス
しながらみんなを盛り上げて沸かせる。

パーティー会場へ移動。真っ暗な中宇宙船をぞろぞろ降りて、整然と移動する。

キーホルダーをもらう。シュリカンもあたしも首にネックレスとしてかける。
つるんとしてるなかにビビッドな遠足天使がいて、なかなかかわいいじゃん、とシュリカンも
感心。緑が緑の服に合ってるよなー♪とか思ってるからこの時点では緑だったはず。
つまり、ヒーリングセンターあたりで入れ替わっている。

自分ではコントロールできてないが、入れ替わるときというのはしばらく寝おち?記憶がとぎれる?
感じになってるときなんだろうな、ということをこれを書きながら発見。ちゅまが上で見てるぶんには、ふと
気がつくと入れ替わってる、という感じらしい。で、緑じぇいど♪のほうが波動としては二段階くらい
黒じぇいど♪よりも上なのだとか。

バムくんがキーホルダーがなかったために聖さんにとめられて、お前だれだ、と詰問されて、
ちゅまがよばれてそれはバムくんだってば、と証言して・・・という話がバムくんからあったのだが、
それはちゅまも確認。聖さんがなにを言ってるのか、なんでバムくんがよびにきたか状況がつかめなかったから、
もどってきて朝起きてからその話をきいてようやくちゅまもああ、そういうことだったのね、と
顛末がわかったとか。ちゅまは途中でみーちゃんにキーホルダーをとられたらしい。

開会のあいさつ。緑じぇいど♪、ふざけて、結婚式場の司会者だかバスガイドだかの口調の真似しながら
「ご来場のみなさま、本日は第二回なにみえ遠足への御参加、ありがとうございます。
温泉はごゆっくりとお楽しみいただけたでしょうか?まずは会場内のご説明をさせていただきましょう・・
・」とか、前に出ずにマイクだけで他の作業をしながら延々としゃべっていた・・・とちゅまも
そーそー、そんなことしてたよ、とその記憶があった。

そのあとなぜか見事に寝オチ、まったく記憶、なし。催し物関係の記憶もなーーんにもなし。
ちゅまにきいても一緒にいたわけじゃないので「そのへんにいたんじゃん」くらいの認識しかなし。
なにか食べたおぼえもなし。やっぱり睡眠不足がたたった?

パーティーの詳細なレポ期待してくださってたみなさん、ごめんなさい。
でも、じぇいど♪だって、見られないときはこんなもの。

ちゅまはドラまんじゅう、思い出して行って見たときにはもうなかったとか。
飴のマシーンは大人気だったらしい。出し物はみんな滞りなくやってて、
あるかどうか不明だったハワイアンダンスの曲も無事にかけられて踊ってた、とのこと。
カラオケはリストにあったものは全部できた、とのこと。ちゅまもカラオケで
ナイトメアのThe Worldを歌ったんだとか。ちゅまだとこんなそっけない
感想しかもらえないんだよな。それは下でも一緒だし^^;。

閉会の挨拶のときにちょうどいいような時間(うまくしたものだ)に
おとーさんの目覚ましで気がついて、上の意識にふたたびつないでもどる。
「今回の遠足に参加された皆様というのは、前回の遠足とはまったく違う状況で、すでにみなさまは手本があり、
ドラちゃんが守護としてついており、ドラゴンライダーとなる覚悟というのもすでに持たれたみなさまに
応募していらしていただいたというわけで・・・」みたいなこととか「今後すぐに上級編に
移行してやっていくことができるわけです。どうか自覚と責任感を持って、ここにいる仲間と
上級チャレンジ期間中一緒に活動できるという利点を最大に生かしながら、誰かの指示を
待って受身で参加するのではなく、積極的に自分の力で何ができるのか、どんどん自力で
開拓していってください」とかいう内容だったように思う。寝オチておきて、だから最後に
いたのは黒じぇいど♪?とちゅまに確認するとやっぱりそうだったとのこと。

でみんなが表で出発するのを見送って、やれやれ、とココアちゃんがついでくれた
グリーン豆腐カレーをみんながまわりで掃除したりしている会場のかたすみで食べていると、
スタッフほぼ全員が「おつかれー」と集まってきてしばらく歓談。
チャチャさんがえらく元気な大声でなにごとかをしゃべっている。
ぷちさんマジでそんなカッコしてたのかーとチュチュをみてみんなで大笑い、
ぷちさんもノリノリでポーズをとって見せたり。チュウミツさんが奥さんをスタッフに紹介したり。
すでに仕事云々、よりはもっとリラックスした雰囲気にみんななっている。
おたがいに労をねぎらってはぐはぐしたり。

そんじゃ片付けるかー、と大物、テーブルなんかをまず片付けてるうちに
またまた記憶喪失、あまり具体的なビジョンなしにもどってきちゃったので、
さつきさんからヒーリング受け取るアファーメーションしたら、再び寝オチ。
またまた片付けタイムにばっくれたのだろうか?と不安だったが、ちゅまに話を聞くと、
今回は一応片付けにもちゃんと参加してたようなので一安心。

今回、たんたんにーちゃんは仕事で時間があわなくて日本時間で
23:30になってからやっと会場をのぞきにこられたらしいが、
「なんかガラーンとした空間でまつりの跡ってかんじの
情景を眺めてた…」とのこと 笑 ・・・ってことは、その時間にはすでに
片付けもすっかり終わってたってーことなんだろうな。グッジョブ。

起きたらすでに8時(日本時間12時)。かなり深く入っていた感じはするが、
ずれた感じや違和感もなく、ふつーにすっきり。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.