2008.10.09

安房峠、乗鞍高原ツーリング

(6)
カテゴリ:バイクツーリング
先日タイトルどおりのところへまた元気よく行って参りました。

朝6時に自宅を出発、ETCの早朝割引をねらって岐阜関ICから東海北陸自動車道にのり快調に走るも郡上八幡辺りから雲が厚くなり気温も低下、郡上大和辺りからはグリップヒーターをONにしゴアテックスのインナーを着ているも相当寒く感じられるようになりました。
あらかじめ雨用に持参してきたレインコートをあとで上から着ればよいと思うと寒くても安心して運転することが出来ました。

飛騨清見ICで降りてあと国道を走って高山へでようと思っていましたが、東海縦貫道路が高山市街の近くまで完成しており随分楽に高山に入ることが出来ました。ちょうどその日は高山祭りの開催日だったことを後で知りました。

その目的は久しぶりの安房峠を越すことと上高地乗鞍スーパー林道を走ることにしていたので、高山市内で給油し国道158号線丹生川村あたりのドライブインでしょうゆラーメンをいただきました。その時点でまだ午前9時であり心理的に大分余裕がありました。

国道158号線を平湯方面に向かいました、途中でやはり寒いので上からレインコートを重ね着しました。案外これアッタカ!でした。レインコートなので雨のときにももちろん役立つしまた重くもなく防風性能も結構しっかりしているようで大変快適でした。

しばらくして周囲の山が険しくなり、黄色や燈色の葉っぱが目立ち始め大きくヘアピンを描きながら下る道を過ぎるとまもなく右側にスキー場が現れるとほぼ同時に平湯大滝の看板が目に入ってきました。

まずここが本日一つ目の観光地となりました。

sDSCF3213.JPG sDSCF3219.JPG

300円を支払い駐車場にバイクを停め頑張って滝まで駆け上りました。
北アルプスの地にあるだけ荘厳で立派な滝でした。数枚写真をとりしばし滝の流れ落ちる水と下流へと石にぶつかりながら飛沫をあげる様子を眺めました。
帰りは駐車場までシャトルバスで戻りました。

平湯大滝をあとにしてまた国道158号線にもどるとすぐ縦貫道の安房トンネルのいり口がありましたが今回は旧道を通り峠まで行く予定なので左の方に折れて温泉街をぬけて峠道に入ってゆきました。

峠道に入ると急勾配とヘアピンが幾度となく現れ道も舗装はされているも徐々に狭くなって着ていました。相当標高が上がったのでしょうか白樺林、透明感のある薄黄色や燈色にいろついた葉っぱをたくさん目にするようになりました。なんと鮮やかな紅葉というか秋色でしょうか。しばらく佇みたくなりましたがでも進まなくてはなりません。

sDSCF3223.JPG

しばらく崖沿いの道をゆくと安房峠がようこそという感じで迎えてくれました。
以前やっていた安房茶屋は建物はのこっているもシャッターがしまっていました。トンネルができて通る人もめっきり減ったのでしょう。
sDSCF3228.JPG

峠を過ぎると10個ほどある急勾配のヘアピンカーブ道です。一つ一つのカーブに第00号カーブと名前がついていました。
最後のヘアピンカーブを後にすると左に釜トンネルのいり口が出てきました。
ここは上高地へのいり口で一般車は規制されて入れませんでした。さすが上高地という感じです。素晴らしい自然をいつまでも守りたいですからね。

上高地乗鞍スーパー林道のいり口はまだかなと思いながら走りましたが見つからず、沢渡まできました。ここからは白骨温泉へ通じる道があります、ここを通って白骨までゆけば途中から林道に入れると思いまず白骨へと向かいました。

道はどんどん細くなり心細くなってきました。対向車もたまにある程度、対向車のフロントガラスが濡れていなかったのが精神的に救いでした。
雪崩よけシェルターのついた部分をいくつも通り過ぎようやくというか突然白骨温泉というたて看板が目に入りました。
いきなり観光案内所の人がこちらに停めてと言い寄ってきました。結構観光商業化されているんですね。ちょっとがっかりでした。場所的には本当に秘湯中の秘湯なのですけれど。

sDSCF3229.JPG

温泉に入ってみたかったのですが、一度入るとリラックスしてしまい後のことも考えると今回は入湯はパスしました。
で一路乗鞍高原方面へ進みました。心細くなりながら林道を進むと白樺林が目立った平原というか丘がでてきました。右へ曲がると三本滝、乗鞍エコーライン方面、左は松本方面への十字路にでました。このあたりは一ノ瀬園地といい紅葉が大変美しい場所です。

三脚とカメラをもった人がちらほら写真をとっていました。
私もバイクを紅葉の景色の片隅にいれて数枚とりました。またここも安房峠周辺よりもさらにすばらしい紅葉でした。冬場は歩くスキーでも散策できるところです。

sDSCF3233.JPG sDSCF3242.JPG

名残惜しみつつ一ノ瀬園地を後にし上高地乗鞍スーパー林道を奈川に向けて進みました。白樺峠の手前からの乗鞍高原の展望はまた素晴らしいものでした。

峠を越えやがて奈川の温泉地に入りました。白骨温泉とは雰囲気が大分違い人気がほとんど感じられませんでした。また鄙びた感じがまたよりいっそういい感じでした。奈川をすぎ地方主要道26号線を南下し薮原で国道19号線にでました。
奈川から薮原は交通量が少なく大変走りよい道でここらは木曽川の源流となる地域のようです。

薮原で国道19号線にはいり上高地方面とはお別れしました。
sDSCF3243.JPG

途中の道の駅 日義木曽駒高原で丁度13時だったので軽くお昼ご飯をいただきました。せっかく信州なので天ぷらそばを食べました。多分100パーセントそば粉なのでおいしかったです。
あとはひたすら南下し道の駅賤母で休憩、ちょっとしたお土産を買いました。
あとは中津川ICで高速道路にのり帰宅の途に着きました。

前々から計画していた安房峠、上高地乗鞍スーパー林道を走れまた紅葉も楽しめてよかったです。欲を言えばもう少し暖かでお天気がよければ尚よかったのにと思いました。それより安全に行ってこれて何よりでした。





TWITTER

Last updated  2012.04.11 12:55:25
コメント(6) | コメントを書く
[バイクツーリング] カテゴリの最新記事