937386 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ソロキャン+ガレージ遊び。

PR

Free Space

Profile


ヒスケ@CAMP

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Feb 7, 2018
XML
カテゴリ:キャンツーめし
​各地へキャンプツーリングしに行くと、その土地の名物など食べたくなりますね。
お肉であったり、特産物であったり。

​それを今夜の夕食にしよう!​
というのは良く考えることですが、これがなかなか上手くいきません。
ソロのキャンプツーリングには、いくつもの壁があるのです。。

​​​​​①一人分だけ調達するのが難しい!          ​​​​​​            ​

​​1番​大きな問題はこれ。
野菜やお肉など、1人分をバラ売りしていることは稀です。

お肉なら、精肉店が入っているお店なら量り売りはしてくれますが、道の駅などでは
そういったところはあまり見ません。

​冷凍された形でお肉の塊を売っていることはありますが、やはり量は家族使用前提で多めです。。
使い切れず余ったお肉は、持ち帰るには衛生上よろしくないし、バイクで
保冷材とクーラーバッグを常備するのも大変です。

ウインナー・ソーセージ系ならまだ1人でも食べきれる量で売っていますので、そちらがオススメ。


また、野菜も同様で、1つ丸ごと売られていることがほとんど。
特に道の駅などは、産地直売の野菜が安く売られていて、とても魅力的ですが
1人で食べきれるサイズのものは極限られてきます。

常温保存できる野菜であれば、食べ残してもまだ持ち帰れますが
結局帰りの荷物が増えることになりますし、気後れしますね。。難しい問題です。

ソロで現地調達は難しい!


​②調理前提でいろんな準備が必要                     

もうひとつ課題があります。
どんな食材が手に入るか分からないということは、どんな調理をするかも分かりません。

現地調達をアテにするのであれば、​​​調理器具や調味料など準備万端にしなければなりません​​​

野菜や肉を切るナイフ、まな板。
炒めるならフライパンや鉄板、油。
食材そのままで食べるわけにもいかないので塩コショウなどの調味料。
炭火焼したいなら炭とコンロ+着火材や仰ぐもの。

ざっとあげても、このくらいは用意しなければいけません。
調理器具はまだ絞れますが、調味料や油などはないと困りますね。

こいつらを、また現地調達すると大変です。
①同様、使いきれる量で売られていないからです。

100円ショップでも小さい容器で売られていますが、種類は少なめ。
現地調達に頼るのは、少しスマートさに欠けます。



​③出来るだけ持参しよう                        

ということで、結論。
持参できるものは持参しよう!

食材もすべて持参できれば理想ですが、積載量の制約からして難しいですね。

まずは、どんな食材やメニューにも対応できるように、調味料や油を工夫してもって行きましょう。



参考に、私がよく持っていく調味料系の一部。

塩、コショウをメインに、サラダ油などの液体を、ミニカップに入れています。
これは100円ショップで6つ入りくらいで手に入りますね。

また、お惣菜やお寿司のパックについてくる小さな袋に入った塩やしょうゆ、わさびなんかも
保存が利いて持ち運びやすいので使えます。




もう少しこだわると、インスタントの味噌汁。
そのまま飲むもよし、ダシも入っているので味付けにも使えます。

わけぎ、とあるのは乾燥ねぎです。
薬味として幅広く使えます。

マヨネーズは、野菜にかけたり、料理にかけたりとこれも良く使います。
調理時の油代わりにもなりますね。

小さい袋にパックされた使いきりタイプは、冷蔵不要で長期保存できます。


フライドガーリックやゴマドレも同じです。

その他、インスタントのポタージュスープの素やお茶漬けなど
小分けされて保存が利くものはキャンツーにぴったりです。

まだまだあると思いますので、こういったものを探しながらお店を回るのも
また準備する楽しみですね。

こういったものをそろえれば、どんな食材がきても美味しく食べられますね。

​備えあれば憂いなし!​
キャンプめしを美味しく楽しむコツは、準備にあります。
1度準備しておけば、あとはいつでも使えて、無くなれば追加するだけ。



こういったノウハウを学ぶに当たり、以下の本を参考にしました。


シェルパ斉藤の元祖ワンバーナークッキング [ 斉藤政喜 ]

登山や長期放浪の際に、ワンバーナーで調理できる料理と
携行・保存できる入手しやすい食材や調味料が紹介されています。

こういったノウハウは、登山系キャンパーのが進んでいますね。
非常に参考になります。


シェルパ斉藤の元祖ワンバーナークッキング【電子書籍】[ 斉藤政喜 ]

電子書籍はこちら。
私はiPhoneにいれて、いつでも見れるようにしています。


キャンプめしシリーズ、またやろうとおもいます!



にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ


にほんブログ村






Last updated  Feb 7, 2018 01:21:21 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.