000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

過去倉庫

PR

X

Free Space

Profile


ヒスケ@CAMP

Recent Posts

Category

カテゴリ未分類

(1)

キャンプ道具

(0)

キャンプレポート

(26)

テント・マット・シュラフ

(0)

クッカー・バーナー・カトラリー

(0)

テーブル・イス

(0)

小道具

(0)

キャンツーめし

(0)

ランタン・ライト

(0)

バイク装備

(0)

キャンプ場

(0)

雑談

(38)

パッキング・スタッキング

(0)

ガレージライフ

(24)

ジムニー

(0)

焚き火・グリル

(0)

おでかけ

(6)

Keyword Search

▼キーワード検索

Aug 23, 2018
XML
テーマ:防災の話(984)
カテゴリ:雑談
​​​​ヒスケです。

ここのところ、台風が2つ同時にきたり、火山の噴火、異常な暑さなど
ちょっと変な気候が続いていますよね。


それに加えて、私が加入している地震予測のメルマガ(有料)では
​「今までと違う異常な動き」​​が観測されたとの情報がありました。
(MEGA地震予測 より)

伊豆・東海エリアで顕著であり、「いよいよ南海トラフが本当に来てしまうかも・・・」
「台風前後の気圧変化が大地震の引き金になるかも・・・」
と、今まで以上に怯えております。


これらの情報がどこまで信憑性があるかは、誰にも分かりません。

地震予測や、オカルトチックな地震予知・予言などは外れることも多いです。
今日の予想が外れても、明日に来るかもしれません。


でも、私はこういった情報には肯定的で、積極的に耳に入れて活用するようにしていて、
​​「大地震の噂は、防災・備災のきっかけにすればよい」​​​と考えています。


防災訓練だと思って、噂が立てば備蓄などの再確認をしています。
少なからず安心できますし、もし本当に大地震が起きてしまっても、備えは出来ています。


豪雨、台風、大地震、猛暑・・・
いま日本では、いつどんな災害が起きても不思議ではありません。

これを良い機会に、防災・備災を見直してみましょ。



ということで、前置き長くなりましたが今日は
​「キャンプと防災・備災」​​の話。

そもそもキャンプは備災である、といえます。



テントやガスバーナー、ランタンなどのアウトドアグッズは
そのまま被災時に役に立つツールとなりますよね。

とくにヘッドライトなんかは、両手が開いて行動しやすいという
キャンプでの知識がそのまま防災にも活きています。





また、火をおこす、米を炊く、雨・風をしのぐといったノウハウも
野外での避難生活や行動において活用できる、大事なスキルとなります。

普段、家の炊飯器でしか炊かないお米。
いざとなったら焚き火とお鍋で炊かなければいけないかも・・・。


防災・備災のために特別なものを買い揃えなくても
キャンプ道具とスキルがあれば、それはもう防災・備災のひとつなんです。


災害に備えてグッズを揃える・・・というと大げさに聞こえますが、
キャンプ道具を見直して整理整頓する、と思えば特別な話じゃないですよね。


今からできる、ひとつの防災・備災です。
我が家もこの機会に、キャンプ道具の棚を少し整理整頓しました。



ま、とくに写真に意味はないですが、ちゃんとやったよ!っていう証拠です。笑
ゴチャ付いて見えますが、私にとってはすごく片付いています。。。本当に。。


ここにはキャンプ用の消耗品と兼用で、備災グッズを1つのケースにまとめてあります。


具体的には
・防災用の​備蓄水(2L*6本入)
・バーナーに使うカセットボンベ
・お手拭、食器洗い兼用の​除菌ウェットティッシュ
・​準備忘れで何度も現地調達した余りの割箸
・​トイレットペーパー 、ガソスタでもらったティシュー

などなど・・・
いずれもキャンプでよく使う消耗品ですよね。





私は持っていませんが、今はCB缶で動く​ガス発電機もあるそうです。
これがあれば、停電してもガス缶でしのぐことが出来ますね。

普通に欲しいなコレ・・・
電源がないサイトでもこれがあればオールシーズン使えるじゃないか・・・!!



ここまでするかは別にして、普段自分がよく使うものは多めにストックしておきましょう。
キャンプの準備段階でないことに気づいてあわてて買いに良く必要もないし、
それがそのまま備災としてのストックにもなります。



とくに水は災害時に大事ですよね。
ここ以外にも、物置に2箱ほどストックしてあります。


暑い時には、水以外にも塩分(ミネラル)も重要。

水もミネラルウォーターも揃えるのは大変なので、我が家は水を多く買っておいて
粉タイプのポカリと、食事に合うように水出しのお茶パックをストックに加えました。

大塚製薬 食品 ドリンク パウダー ポカリスエット 1L用粉末 74g×5袋 33872



水出しでおいしい麦茶(20g*18袋入)

こういうやつ、
これらがあれば、水さえあれば水分補給も美味しいお茶も確保できます。

というか、ポカリをストックしようとしたら何処の店も売り切れで無かったので、
仕方なく粉タイプのを買い揃えただけなんですけどね。


多分、私は周りの人と比べても防災・備災(とくにストック)に関しては
力を入れているほうだと思います。

周りからは「なんでそこまでするの?」と言われることもありますが
あくまで趣味のキャンプの延長だし、備えることは特別ではないと思ってるので、なんとも思いません。
(何か起きても、備えてないやつらよりは生き延びてやる・・・とひそかに思ってます。笑)


キャンプで野外生活に慣れておけば、いざというときの急な環境変化にも順応しやすくなります。
サバイバルファミリー​​って映画では、電気が使えなくなった世界でも

アウトドアに精通したグループらが、慌てず騒がず、むしろその状況を楽しむくらいの
余裕を持って生活しているシーンがありました。

備災の目指すところは、そういったところなのかもしれません。
とにかく「備えあれば憂い無し!」です。





にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ


にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村

人気ブログランキング​​​​






Last updated  Aug 23, 2018 07:00:08 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.