750184 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ソロキャン+ガレージ遊び。

PR

Free Space

Profile


ヒスケ@CAMP

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Mar 18, 2020
XML
​​​​​ヒスケです!

私がバイクでキャンプする際に使っているモンベルのシュラフ。
#3という3シーズン用なので冬のキャンプでは使えず、しばらくお休みしていました。

そろそろ使い始めても良い時期かなぁと思い、シーズンINを前に洗濯してみました。
シュラフも長く使うと、中綿に皮脂などが付着し保温性能が下がるんだそうですよ。


そういえば最近、気温はさほど低くないのにやたら寒く感じることがありました。
もしやこれが原因?


ってことで、シュラフの洗濯で保温性能が戻るのか?
実験してみたいと思います。


・・・が、保温性能が下がっているのか、元に戻っているのかを数値で検証も出来ないので
「キレイになるついでに保温性能もよくなればいいな」程度でやってます。

うーん、詰めが甘い(笑)




化学繊維シュラフの洗い方

モンベルによると、ダウンと化学繊維では洗い方が違うようです。
私のシュラフは化学繊維なので、今回はその方法を。

ざっくりいうと、洗濯機は使わず、中性洗剤で手洗いして日陰で干せばOK!
みたいです。





大きな桶が無いので、浴槽で洗うことにしました。
ぬるま湯を少し貯めて、中性洗剤を適量入れてかき混ぜます。

洗剤は家で使っていたアクロンを使いました。
オシャレ着洗い用の洗剤なので生地にも優しいんじゃないかな?

ググったサイトでも使われていたので、アクロンはいいチョイスだと思います。





浴槽へシュラフをダイブさせます。
あぁ・・・こんなことやっちゃって大丈夫かな?と心配になりますが大丈夫でしょう。
モンベルがそう言ってるんだし(笑)。





ジャブジャブと足で揉むようにして、汚れを落としていきます。
もっと水が黒くなるかな?と思ってましたが、意外とそうでもないですね。


ちなみにこのシュラフは購入から6シーズン使いました。
その間、一度も洗濯はしてません。。(皆もそのくらい洗ってないよね?きっと・・・)


黒い水は全く出ませんが、念のためお湯を入れ替えてもう一度、洗剤を入れて手洗いしておきました。





最後にお湯で洗剤を洗い流して、脱水にかかります。
中綿が偏る原因になるので雑巾を絞るように絞ってはいけません。

物干し棒に掛けて、大体の水滴が落ちるまでしばらく放置。



流石にシュラフは水を大量に含むようで、ただ干すだけでは水滴が落ちきるまで
かなりの時間を要します。





近くでサーキュレーター+除湿器全開で稼働させましたが全く歯が立ちません。
いつまでも浴室に干しているわけにもいかないので、次の手段。

ホームページには記載がないですが、シュラフの収納袋には「脱水機能なら使用しても良い」
記載があります。出来るだけ水気を取ったうえで、5分だけ使用しました。





5分だけの脱水でも効果は抜群で、かなり水気が落ちました。
水滴がしたたることも無くなったため、室内干しエリアへ移動。

下からサーキュレーターを当てて、ここから時間を掛けて完全乾燥へと入ります。



・・・というところまで実施しました。
24時間干した感じ、ほぼ完全に乾燥しているように感じますが念のためもう一日干すことにします。

既にこの段階で、シュラフが洗濯前よりもふっくらしていて、モコモコの羽毛布団みたいです。
そういえば洗濯前のシュラフってなんかしっとりしてたよなぁ・・・。

ついでにいい匂いもするし、これだけでも洗濯した意味がありそう!


次回、シュラフ使用時に保温性の回復があったかどうか、ご報告いたします!










にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ


にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ

にほんブログ村


人気ブログランキング​​​​​






Last updated  Mar 18, 2020 11:30:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
[テント・マット・シュラフ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.