1557330 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

柳居子徒然

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


柳居子

Calendar

Favorite Blog

透明人間にチャレン… New! しぐれ茶屋おりくさん

Comments

黒幕子@ Re:正倉院展(11/04)  今日のテーマは正倉院展でした。近年行…
黒幕子@ Re:正倉院展(11/04)  『海峡に立つ』をお読みとはどう言う風…
黒幕子@ Re[2]:些事 話し方(11/02) 柳居子さんへ  いつも応援ありがとうござ…
柳居子@ Re[1]:些事 話し方(11/02) 黒幕子さんへ 口がよく廻るというのは、…
黒幕子@ Re:些事 話し方(11/02)  耳の痛いご指摘です。私も話し出したら…

Freepage List

Headline News

2019.10.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 自然災害は 忘れた頃にやって来ると言うが、どうも昨今は忘れ得ぬ内に繰り返す。台風や地震で壊れた家のブルーシートの被せてあるその上を又襲う。何か起ると、ネット社会の特徴だが 必ず其の地に知人・友人が居て、厄災が小さければホッとする。

 台風の進路測定は、かなりの確度で想定コースが判る様にはなったが、発生のメカニックや、規模の小さい内に消滅させるとか そう云う事は、余り研究の対象にはならない様だ。地震をくい止めるとか、台風のコントロールには 人類は まだまだ手出しの出来ない 神の世界の事かも知れない。只その災害に対応・対処と言うのは、日本は世界に誇るべきものが有ると思うのだ。

 今回の19号台風は、1000万人 日本の総人口の10%近くが 避難指示とか勧告の対象になった。分散では有るが1000万人の避難所を即席にせよ作り上げる事の出来る国なんで 世界中何処にも有り得ない。これは日本人独特の互助精神 困った時はお互い様という心理が大きく働くのだろう。

 人の手助けをする身も 又助けられる身という事も有り得る話し。避難所の手配 食事 寝具などを手配する人達 己の身も大変だろうと思うのだ。

 過去に起こった台風については、被災者の死者・行方不明者の数が、台風の大きさとして語られる事が多いが、事前情報が乏しかったり 想定外と言う事で免責される事も大きかったと思うが、今は万全手を尽くすべしと言う気風が強い。『防災大国』は、起る災害の多寡で出来上がる事でもある。

 昭和九年に近畿地方を襲った室戸台風は、大風は丁度お昼前に吹きまくったのだが、京都の小学生たちは普段通り学校へ登校して校内倒れた校舎の下敷きになって子供たちが沢山死んだ、天変地異 誰の責任を問う事も無く 御気の毒と 問題にはならなかった。

 今は時代が変わった。若し新幹線が風に煽られて脱線・転覆と言うのも想定内 全面運休という判断も新しく出てきた今風の考え方の一つ。同じ規模の台風が、ニューヨークやロンドン パリ等の人口密度の高い所を襲ったと仮定すると、おそらく今回の台風のように 死者・行方不明者の数が精々二桁など 考えられない数字 1000万人避難指示。勧告も充分に脅かした結果と見れば 成果有りと見るべきかと思うのだ。






Last updated  2019.10.13 09:37:37
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.