000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ヴェネツィアの獅子たち

PR

Profile


Reiko Fujiwara Marini

Archives

2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06

Recent Posts

Category

2008/03/15
XML
カテゴリ:見どころ
 「ダリオ館」悲劇の続きです。
 
 70年代の犠牲者は、ロックグループ「WHO」のマネージャー
クリストファー・ランバートでした。
 「ダリオ館」は、すでに「呪われた館」として有名になって
いましたが、彼はこれまでの出来事を、くだらない迷信として
まったく気にかけませんでした。
 「悪いことは言わないから、あそこは止めた方がいい」という
忠告にも「そんな、前近代的な!」と、一笑に付しました。
 しかし契約直後、ロンドンの家で階段から転落して
亡くなってしまったのです。

 80年代の挑戦者は、ヴェネツィアの実業家で、姉とともに
移り住んだとたん、彼は破産、姉は事故死してしまいます。

 次のイタリア人テノール歌手が、買い取りに向け、
契約のためヴェネツィアに赴こうとしたところ、
交通事故に遭い、命はとりとめますが、契約は白紙となります。

 そして最後のオーナーは、投資家ガルディーニで
彼もまた破産した上、贈収賄容疑のスキャンダルに
巻き込まれ、自殺しています。

 そして15年以上の沈黙の後、この「ダリオ館」を
アメリカ人企業家が購入し、再び光が当てられようとしています。
 15世紀にこの館が計画される以前、この場所は墓地だった
という話があり、そこに建てたのが、第一の過ちである?
とする説などもありますが・・・。

 ゴシックの建築様式で、ファサードはルネサンス風の
少し傾斜しているこの美しい館に、「滞留した負のエネルギー」
のようなものがあるのでしょうか。
 だとしたら、今回の変化で新しい風と光が入り
そうした「負の連鎖」のようなものが、一掃できると
いいのですが。






Last updated  2008/03/15 04:44:55 PM
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.