121789 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ヴェネツィアの獅子たち

PR

Profile


Reiko Fujiwara Marini

Archives

2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04

Recent Posts

Category

2009/01/03
XML
カテゴリ:歴 史
 略奪と破壊のあと、十字軍側、ヴェネツィア側からそれぞれ六人ずつの代表者が選出されました。その中から、ラテン帝国の初代の皇帝と総司教を決めるためです。
 
 この地域を知り尽くした海の男として、ヴェネツィアのリーダーとして、この十字軍の実質上の総司令官であった総督エンリコ・ダンドロは、12人の候補者の中でも最も有力な初代皇帝候補でしたが、高齢を理由に候補者にされることも辞退します。
 
 投票の結果、初代皇帝にはフランドル伯のボードワンが就くことになりました。そしてビザンティン帝国の広大な領地が、フランスの主な騎士とヴェネツィアとで分割されました。小アジアのニカイア地方を、ブロワ伯。ペロポネソス半島のアカイア地方を、ヴィラルドゥアン家(シャンパーニュ伯の家老職の家柄)。テッサリア、マケドニア地方を、モンフェラート候など。
 
 ヴェネツィアの総督には、この度の分割で「東ローマ帝国の8分の3の統治者」という称号が付け加えられました。
 その結果、アドリア海東部にとどまらず、イオニア海とエーゲ海のほとんどの島を所有することになり、ヴェネツィアからコンスタンティノープルの金角湾まで、一直線で結ばれるようになったのでした。
 これにより、ヴェネツィアの海の支配権と交易上の優位性は圧倒的に増大し、ヨーロッパの強国の仲間入りを果たします。
 
 しかし、近代から現在の、第四回十字軍のヴェネツィアに対する評価は「理想も思想も持たないヴェネツィア商人が、巧みに十字軍を利用して私利私欲を満たした詐欺的行為」というものです。
 ヴェネツィアはただ、手持ちのカードと配られたカードで、自国の繁栄につながるよう臨機応変に行動しただけなのです。
 
 また戦争も、ヴェネツィアが仕掛けたように言われていますが実は反対で、 最終的な攻撃に入る前に、万が一戦争が回避できるならと、アレクシウス5世との交渉を最後まで提案したのも、ダンドロ総督でした。
 
 それに本当に私利私欲なら、ダンドロ総督が高齢であっても、皇帝の座に就いたでしょう。すぐに息子か孫にでも譲ればよいのですから。
 もちろんダンドロは、歴代の総督の中でも特に優れた人物ですが、彼が特別なのではなく、そういう動きをしないための制度と気風が、ヴェネツィアにはすでに確立されていたのです。

 一つの国も一個人も、まったく「私利私欲」無しの行動は有り得ないと思いますが、敢えて言うなら、この言葉から一番遠くに位置していたのが、ヴェネツィアであったと思います。
 
 現代では、ネガティヴな響きの十字軍の、ましてキリスト教徒を攻撃し大義すら失った第四回十字軍を、すべて「ヴェネツィア商人」のせいにして、「罪悪感」を洗い流そうとする「心理」から来る、西欧の歴史の「検証」を感じでしまうのです。
 
 ラテン帝国は、建設から50年ほどしか保たず、それから200年してトルコがコンスタンティノープルに侵入します。聖ソフィア寺院はモスクとして使われ、コンスタンティノープルは、千年以上呼ばれたその名を、イスタンブール(ISLAM-BOL=イスラムの豊かさ)と変えます。
 
 ヴェネツィア総督エンリコ・ダンドロは、1205年6月1日コンスタンティノープルでその98歳の生涯を閉じました。聖ソフィア寺院に葬られ、名を刻んだ墓石は今でも残っています。(ラテン文字で書かれたエンリコ・ダンドロの名)






Last updated  2009/01/03 06:51:20 PM
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.