317042 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ルウブ屋の日々徒然

PR

X

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ルウブ

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:蔓延する農薬中毒(06/11) generico de cialis 5 mgcialis for dogsc…
http://viagraiy.com/@ Re:蔓延する農薬中毒(06/11) vendo viagra original madrid <a hre…
ルウブ@ Re:コンニャクカレーですよ~~超ヘルシー^^(11/20) 柿チャツネ!!全然ありです! コンニャク…
ルウブ@ ハタハタ~^^♪ オダワラアキラさん コメントありがとうござい…
オダワラアキラ@ 初めて食べるハタハタ 初めて食べるハタハタ 背中に包丁を入れ…

Freepage List

Headline News

2011.05.27
XML
カテゴリ:情報感性

政府は国民のためには機能をしていない
それでも政府は被曝者から税金を吸い上げるし
東電は電気料金を徴収する
追記しました

このブログを情報感性カテゴリーで ソート
 

これが奴隷でなくて何だろうと、考える人は少ないのでしょうか?

どうも世間の空気はおかしい。。。

これはドンパチやっていないだけでセンソウなんですよと
以前からいっているのですが

そういう危機感を持たないと覚醒にも程遠い。

危機感をもって覚醒に近づくとき

冷静な覚悟と共に 何をすべきかが見えてくる

それが無策な暴動ではいけない。

けれど、急がなければいけません

 

 

先日NHKの番組で
「省エネ」と「太陽光発電」を進んで導入して
エネルギー危機に対する国民意識を・・・と煽動する番組をやっていました。

どれだけ頑張って太陽光発電で電気を起こしたとして
冬の暖房には全く使えないという事実
誰もいわないのはなぜか。

儲かる人が居るからです、

コクミンのため、というのは詭弁であって
そもそもコクミン消費者の使用している電力は全体の9%といいます、
しかもそれこそ省エネ意識の賜物なのであり
今後それを喚起したところで既に導入済みの省エネ電化製品
使わないことにするしかない。
それよりも業務用電気料金の単価を現在の「使うほど安くなる単価」でなく
「使うほど高くなる単価」という消費者向けと同じにすれば良いだけで
不便と被曝とどっちがいいか
なんて意味のない思考をしている場合ではない。

本当にコクミンと地球のためになるのは設備にカネのかからないフリーエネルギーです 。

カネカネカネカネカネカネカネカネ

守銭奴の時代は終わりです。

エネルギーがフリーになればせかせか働く必用はないし
他の国と競う必用もないわけです、

センソウってなんですか?
結局カネのために「やらされること」です、
歴史を振り返ればわかること。

戦争反対とか平和を願うなら拝金主義と訣別して文明でなく祖先から引き継いだ文化にウェイトを置くべきで自国語を大事にしなくちゃんならない。TPPの流れで英語を公用語にする話などもってのほかで、自国語を語れなない国は独立国ではなく植民地だということがなぜわからないか。。。

 

今日も大愚先生の記事を紹介します

 

誰かに任せておくとそのうちに巧く行くことではないでしょう、

守銭奴にハンドリングを任せて こその今ですから。

 

 

梶川泰司さんは広島生まれの原爆2世です

 

他で見つけました「ニュースJAPAN放送事故?」と題した動画

必見。早く見ないと削除されるぞ。です、放射線リスクの現実
http://www.youtube.com/watch?v=puPQvxDxiZs

 

大家の改心
たいかのかいしん

領主が領民への愛に目覚めるという意味では
おおやのかいしんでも構いませんが

小さな「もっこりきょうたん島」に原発は不要です

 

守銭奴の時代は終わる

 

荒田理論の実用化を応援しましょう!
荒田理論による常温固体核融合

 

YouTube、田中優 氏の震災前の講演です

【全編】「もう原発はいらない!エコでピースな未来モデル」田中 優 氏

ちょっと長いのですが、とても興味深いです、みなさんも是非。

日本には新しい技術がある
これ、すごいですね!
スパイラルマグナス

5分で充電
SCiB Toshiba

 

 

のんびりしている時間はない

ひとりひとりが立ち上がって歩き始めましょう

ニッポンだけでなく、世界のため、地球のため。

 

 







Last updated  2011.05.27 23:51:00
コメント(0) | コメントを書く
[情報感性] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.