824981 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Everyday is a happyday♪

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

病院からの寄り道(東… New! chiroakaさん

上野動物園の日モノ… New! エンスト新さん

--< その先の道 >--… New! いわどん0193さん

[10/20] 「楽園」「… New! ちゃおりん804さん

私が札幌市長なら New! MoMo太郎009さん

カテゴリ

フリーページ

映画メモ


ア行 「アザーズ」他


イ行 「イベントホライゾン」他


ウ行 「ウェディングプランナー」他


エ行 「永遠の片想い」他


オ行 「オーメン」他


カ行 「カイロの紫の薔薇」他


キ行 「危険な情事」他


ク行 「クライングフリーマン」他


ケ行 「刑事ジョンブック」他


コ行 「恋する予感」他


サ行 「最後の恋のはじめ方」他


シ行「幸せになるためのイタリア語講座」他


ス行 「スイミングプール」他


セ行 「セブン」他


ソ行 「宋家の3姉妹」他


タ行 「ダークシティ」他


チ行「チャーリーとチョコレート工場」他


ツ行 「12モンキーズ」他


テ行 「デッドゾーン」他


ト行 「トスカーナの休日」他


ネ行 「ネバーランド」他


ノ行 「ノッティングヒルの恋人」他


ハ行 「パイレーツオブカリビアン」他


ヒ行 「HERO 英雄」他


フ行 「フィフスエレメント」他


へ行 「ベートーベン・不滅の恋 」他


ホ行 「ボーン・アイデンティティー」他


マ行 「マーズアタック」他


ミ行 「ミッション:インポッシブル」他


ム行 「MUSA-武士」他


メ行 「めぐりあう時間たち」他


モ行「モーターサイクルダイアリーズ」


ユ行 「ユー・ガッタ・メール」他


ラ行 「楽園の瑕」他


リ行 「リーサル・ウェポン4」他


レ行 「レオン」他


ロ行 「ローズ」他


ワ行 「ワニ&ジュナ」他


読書メモ


ア行(浅田次郎 他)


カ行 (角田光代 他)


サ行(雫井脩介 他)


タ行(高野和明 他)


ナ行(中島京子 他)


ハ行(東野圭吾 他)


マ行


ヤ行


ラ行


ワ行


いしい しんじ


宇江佐真理


奥田英朗


伊坂幸太郎


諸田玲子


梨木香歩


桜庭一樹


桐野夏生


山田風太郎


隆慶一郎


海外作家


P・D・ジェイムズ


ローレンス・ブロック


スティーブン・キング


スー・グラフトン


コリン・デクスター


お気に入りアクター


ジョニー・デップ


サイド自由欄

全2件 (2件中 1-2件目)

1

野鳥

2016.06.20
XML
カテゴリ:野鳥
先月、鳥好きの友人に連れて行ってもらったアオバトツアー、またまた行ってきましたウィンク
今回は違う友人と♪
彼女も前回の友人に負けず劣らずの鳥好きさんww
最近、なぜか私の回りには鳥好きが多いような?大笑い

海岸.jpg

今回、大磯駅前の観光案内に寄ってパンフレットをいただきましたグッド
パンフ.jpg

パンフレットによると・・・
ひよこアオバトひよこ
全長約33cmの中型のハト。
全体が緑色の美しい羽色です。
頭から胸にかけて黄色味が強く、腹部は白っぽい
オスは方がブドウ色
メスは全体が緑色
英名:japanese green pigeon

絵葉書も購入~音符
絵葉書1.jpg 絵葉書2.jpg

こんなに綺麗に撮影するためには、そうとうなカメラ技術がいるでしょうね~きらきら
この日も照ヶ崎海岸の波打ち際には巨大レンズカメラをかまえたカメラマンさんが
数人待機してましたカメラ

カメラマン.jpg

私のスマホだと、このくらいが限度ですわww
群れt.jpg
上矢印ゴマ粒のようなのがアオバトの群れです大笑い

ひよこアオバトの飛来ひよこ
5月~10月くらいまで。
ピークは7,8月。
日の出から10時くらい、および夕方が飛来の時間帯。

照ヶ崎海岸はアオバト集団海水吸飲飛来地として、神奈川県の天然記念物に
指定されているんだとかびっくり

説明.jpg

前回は2,3群れしかみれませんでしたが、今回もやっぱり3,4群れくらいしょんぼり
まだまだ本格的な飛来時期じゃないんのかも!?

でも、今回は波打ち際まで接近して見たので、頭上を舞うアオバトたちの群れを
裸眼でしっかり確認できましたよ目がハート
空を舞う緑色のアオバト、実に感動的な姿でしたきらきら

もっとも今回も海水吸飲の姿は見れないままバツ
岩場の窪みに入り込んで吸飲するので、陸地側からだと確認不能でした。
一応、ライブ用のオペラグラスを持っていったんですが・・・
やっぱり、ちゃんとした双眼鏡じゃないと無理ですね~^^;

でも鳥好きの友人はアオバトの姿を見れただけで大満足だったようです手書きハート
よかったよかった!!

アオバトの生態などについては前回の日記をご参照くださいませ<(_ _)>

大磯には「明治~昭和期の別荘が多かった」ということですが、調べてみた結果、
現存する別荘は数少なめ(涙)
海岸近くの「原敬大磯別荘跡地」も残ってるのは看板だけでした^^;

原敬.jpg

というわけで今回も10時過ぎに小田原のほうへ移動~電車

この日のランチは小田原駅近くのサカナキュイジーヌ・リョウ食事

まかない丼.jpg

開店前から行列が並ぶ大人気店のようでしたが・・
店員さんイチオシの「まかない丼」は、私の口には合いませんでしたわ(-_-;)
う~ん、残念雫

小田原の数奇屋建築「清閑亭」は、また次回に~グッド








最終更新日  2016.06.20 16:07:42
2016.05.19
カテゴリ:野鳥
ここ数日、東京は青い空が広がって湿度も低め!
過ごしやすくて爽やかですね~手書きハート

この季節、新緑や咲きそろう花も目に鮮やかですが、鳥の鳴き声も賑やか~上向き矢印
我が家は緑の多い地区なので色んな鳥の鳴き声を耳にします耳
よく聞こえてくるのは「デデポポー」のキジバトや「ピスピス」のシジュウカラなどなど。

早朝など高原のペンションにいる気分(笑)になれて嬉しいんですが・・・
少々迷惑なのはガビチョウの声!!
音量が大きいうえ、さえずりが長くてうるさいくらいなんですよね(-_-;)
最初の頃は「面白い声だな~」と思ってたんですが、あまりにもしつこく
鳴かれると「もういいかげんにせい怒ってる」と怒りたくなるほどですよ雫

最初はなんの鳥なのか分からなかったんですが、鳥に詳しい友人に
尋ねたところ「ガビチョウ」と判明ひらめき

ガビチョウ.jpg

ひよこガビチョウ(画眉鳥)ひよこ
スズメ目チメドリ科に分類される鳥。
同属のカオグロガビチョウ、カオジロガビチョウと共に外来生物法で特定外来生物に
指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっている。

友人の説明によると「さえずりが綺麗なので東南アジアから輸入したものの、
あまりにうるさいので人気がなくなり、いまでは野山で繁殖してはびこってるダッシュ
んだとかびっくり
人間の都合で運ばれてきたあげく「うるさい」なんて文句いわれちゃ、
少々気の毒ではありますね~^^;

と、前振りが長くなりましたが(笑)・・・・
先日、鳥に詳しい友人につれられて、大磯まで行ってきました電車
目的はアオバト観察~目

アオバト.jpg

ひよこアオバト(緑鳩)ひよこ
ハト目ハト科アオバト属に分類される鳥。
本州、四国、九州で繁殖する留鳥。
全長33cm。名前の通り全体的にオリーブ色だが、オスは頭から胸にかけてが黄色、
腹はクリーム色、肩から羽が暗赤色。
日本では留鳥、漂鳥として北海道から九州で繁殖し、北部のものは冬に南へ移動する。
北海道では夏鳥、薩摩諸島、南西諸島では冬鳥
丘陵地から山地の林に生息し、群で行動することが多い。
初夏から秋にかけて海岸に群をなして海水を飲みに来る習性があり、北海道小樽市張碓や
神奈川県大磯、静岡県浜名湖などが有名な渡来地(大磯HPのアオバトコーナーより)

上矢印上記の説明のように5月~9月頃、海水を飲みに丹沢から飛んでくるんだとか。

さっそく観察スポットの大磯・照ケ崎海岸へダッシュ
大磯町HPの詳しい記事によると飛来数が多いのは7,8月頃らしいんですが、あまりに暑い時期に
遮るもののない海岸に行くのは危険(笑)なので、時期尚早を覚悟のうえで決行しましたww

遊歩道に立って待ってると、ときおり10羽くらいの群れで飛んできて岩場に着陸~ダッシュ
さかんに海水を飲んでいる・・・・ようでした。

海岸.jpg 岩場.jpg

アオバトは「食べ物(果実)にナトリウムがほとんど含まれていないので、果実からの
栄養分や水分を体内に吸収するために海水吸飲(体内のナトリウム・カリウム濃度を確保)
を行っている」ということです。
まだ実際の詳しい生態は不明らしいんですが^^;

残念ながら我々が居た場所からは岩場の向こう側が見えなくて、飲んでる様子は
観察不可能~バツ(涙)
おまけにスマホのカメラでは飛んでる姿も着陸してる姿も撮影できなくてガッカリでした号泣
大型の望遠カメラじゃないと撮影は無理と思われます(‾ ‾;)

友人に借りた上等な望遠鏡で見たところ、緑色の綺麗な鳥でしたよ~きらきら
緑色なのに「アオバト」とはコレいかに?大笑い

看板.jpg

アオバトについては、大磯近辺のアマチュア・バードウォッチングのグループさんの
HP「こまたん」に詳細がありますので、興味のあるかたはそちらへ<(_ _)>

海岸での観察を切り上げたあと、アオバトの鳴き声も聞いてみたいと思い、
中継地点になりそうな森のあるあたりをウロウロしてみたんですが、これまた
残念ながら聞けずじまいしょんぼり
「オーアオーアーーオーアオー」などと面白い声で鳴くらしいですww

そのウロウロ中にお邪魔した「時福寺」グッド

時福寺.jpg 仏像.jpg 仏像2.jpg 藤村墓.jpg

境内には梅の古木に囲まれた「島崎藤村の墓」がありましたきらきら

大磯に行ったのは今回初めてなんですが、この近辺には近代建築が多数あるようなので、
前々から注目してましたww
建築散歩はまた後日、日を改めて行ってみようと思ってますウィンク

こちらは大磯駅近くにあった旧木下家別邸グッド

木下邸.jpg 木下邸2.jpg

大正元年築、登録有形文化財。
現存するツーバイフォー建築としては日本最古のものだそうですびっくり

大磯は明治大正昭和期を通して著名人の別荘が多く建てられた場所なので、建築散歩が
いまから楽しみですハート

この日は大磯から小田原へ移動~電車
小田原編に続く(^^)/







最終更新日  2016.05.19 15:10:11
このブログでよく読まれている記事

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.