369193 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

記憶の記録

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

循環

2009.04.01
XML
カテゴリ:循環
政府は31日、チェコから温室効果ガスの排出枠4000万トンを購入する契約を結んだと発表した。
京都議定書の目標に向けて政府が計画する1億トン分の取得にめどが付いた。


温暖化をCO2のせいにして
排出権という
形の無いものに商品としての価値を与えた

1トンあたり1250円也

1億トンだから (;・・)


その分だけCO2を出すということになるわけです
なんたる詭弁
なんたる利己主義
しかも、無知としか言いようの無い戦略

環境を保全する為に、何の役にも立っていない

単に、後進国が少しだけ潤い、CO2を余計に排出し始めることになるだけのこと

どうせ買うなら
飢餓に苦しむアフリカ諸国から買えば

少しは人の役に立つのに・・・

温暖化は
CO2に起因するものではない






Last updated  2009.04.01 10:53:38
コメント(11) | コメントを書く


2008.12.20
テーマ:環境(27)
カテゴリ:循環
僕の生徒たちには
2012年に寒冷化の現象が顕著になるといい続けてきたのですが
はずれればいいなーなんて気楽にかんがえていましたが
寒冷化だけじゃないかもしれませんね

こんなニュースが出てます

脅かすようですが
地球磁場が太陽風を防いでくれているから僕らは生きていられます
かなりまずい事態です

ちょっと考えなければなりません






Last updated  2008.12.20 19:56:31
コメント(7) | コメントを書く
2008.07.09
カテゴリ:循環
農家が野菜を作る
農協が買う
市場がマージンを取り
マーケットが利益を上げ
消費者に渡る

製品には製品の価値がある
これは固有のものだ

流通業者が扱うことで
価値はそのままだが
価格が上がる

価値と価格はイコールではない

価値が一定なら価格が安いほど
価値率が高い

価格が一定なら価値が低いほど
価格率が高い

つまり
物理的、自然科学的に見れば
必要物資は価格が高いほど価値が低い

経済界はちがう
価値が高いものに高い価格をつける
人為的に

ほとんどの人が
これを
当然と思っているらしい

しかし
根源的に考えれば
経済感で判断する価値観と
自然科学で判断する価値観は相反する

人類は
というより
地球上のすべては
現在の循環を継続するための流れの維持に
毎日生きている

循環の流れを作るエンジンは
宇宙の運行と太陽の光だろう

エンジンのパワーのおかげで
われわれは生きることができる
食品もエンジンのおかげで得ている

人類にとって
最も価値が高いもの
それは食料だろう

経済とは
価値のあるものに
利益という負荷をつける
これは
流れから見れば
抵抗でしかない
流体力学で言う
管内の圧力損失に等しい

経済上の価値は
物理学や自然科学から見れば
不の価値でしかないのだ

もちろん
流通の価値が無いとは言わない
流通というノウハウのおかげで
農作物のできない地方に野菜や穀物が届けられ
やっと生活できる人たちもいる
社会にとって流通は
正にライフラインとなっている
血管のようなものだ

血液を流すのに
マージンを取る
ちょっとくらい仕方が無いが
中性脂肪(中間業者)がたくさんいたら
抵抗(中間搾取利益)が大きくなりすぎる

動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞
経済的メタボ

現在
投資家たちがターゲットにしているのは
価値率が高く見える 原油 である

金銭の授受だけで利益を生む経済構造が
当然であれば
先物相場で世界経済は動く

せめてもの救いは
投資家たちのターゲットが
価値の低い原油に向けられていることだ

なぜ原油が価値が低いのか

先物相場で原油が高騰すれば
経済活動は下降する
需要による高騰は、経済を活性化するが・・・

もしも
投資家たちが
最も価値の高い資材をターゲットにしたらどうなるのだろう
最も価値の高い資材を価格操作し始めてしまったら・・・

それはなにか

勿論
食料である

この危機感を
すべての消費者に持ってほしい

人生と
経済は
相反する

人として生きるには
真に価値のある物を知ることであり
自然と共生することなのだから



そこで

ひらめいた!

中間マージンの大きいものほど価値が低いのだから

中間搾取の回数を表示する義務を
公正取引委員会に要求する

中間業者が少ないほど
優れた良い商品といえる

消費税なんか
ひとつの商品で
何回税金を取っているのやら

節税にもなるってことですか












Last updated  2008.07.09 11:08:28
コメント(10) | コメントを書く
2008.07.02
テーマ:環境(27)
カテゴリ:循環
僕の尊敬する研究者のひとりに
中村方子先生がいる

1996年に
ミミズのいる地球▼大陸移動の生き証人 (中公新書)
というタイトルで本を出された
発刊されてすぐに読ませていただいた
一読してファンになった
その後
何度も何度も読み返し
その奥深さに
度毎に新鮮な思いに駆られる



ダイオキシンなどを取りざたして環境を語る人が多いが
そんな人たちが平気で除草剤を使い、庭の管理をしている
除草剤を撒いた庭のミミズは苦しくて地上に出、鳥に食われる
その鳥には雛ができず、しだいに小鳥の姿を見なくなる

環境は
人の手が入ることで、一見住みやすくなった様に見えるが
継続の可能性をきわめて低下させる

人は
今の自分の都合で
子供たちの未来を搾取する

今僕たちがしなければならない
FAST PRIORITY は
子供たちに
さらにその先にいる子孫たちの生活を守るための知恵を
躾と共に伝えることなのだ

人間は社会性の動物である
社会とは
存続する為の方便であり
存続してこそ意味がある
現在の利便性が多少スポイルされても
仕方がないのだという
ほんの少しの我慢が
あってもいいのではないか


社会とは連続する時間の立体の中に
地球という球体の循環を妨げずに
地球の一員として
共存する為の
知恵でなければならない






Last updated  2008.07.02 08:36:56
コメント(4) | コメントを書く
2008.06.12
テーマ:環境(27)
カテゴリ:循環
とりあえず
高くしておけば
無駄にドライブする人が減るだろうということでしょう

CO2を減らさなければならない政府の
苦肉の策っていうところでしょうか

CO2を減らすための経済活動はあり得ないのに
経済界は、それで金を儲けようとしてきたけれど
それ絶対に無理で
チームマイナス6%もありえません

お金を使わないことが
唯一の環境負荷を減らす方法です
そういう意味では
ガソリンが高く鳴り続けるのはよいことですけれど
それで儲かってしまった人たちが
経済活動を活性化すると
意味が無くなってしまいます

ガソリンが高くなったら
買わないことでしか
CO2を減らすことにはならないのです

貯まったお金は
食料を買うか
植林するか
エコキュートではなく断熱材を増やすか
医療に使うなどが
完璧とは言えないまでも
まずまずの使い方でしょうか

はてさて
あすは
愛知県岡崎市であります
よっこらしょサンクチュアリーコーブ






Last updated  2008.06.12 20:13:41
コメント(4) | コメントを書く
2008.05.20
カテゴリ:循環
11日に網走に向かった宇宙人fs

襟裳岬のあまりに美しい姿に

思わずパチリ
(最近のカメラはパチリといわない)

いつまでも
いつまでも
この星に
住み続けたいものです
この星のすべてを

愛したい

襟裳岬






Last updated  2008.05.20 16:43:17
コメント(10) | コメントを書く
2008.04.03
テーマ:環境(27)
カテゴリ:循環
会社の煉瓦置き場を片付けた
3日かかった
3日間のうちに出会ったやつで
こいつが
きっと最強だ
数万匹の中で
ひときわ目立っていた
もちろんほかにも
冬眠中のカナヘビとか
アオダイショウとかいたけれど
やはり
こいつが
今日の一番
シロアリ






Last updated  2008.04.03 17:52:07
コメント(8) | コメントを書く
2008.03.26
カテゴリ:循環
アフリカ大陸のサバンナで
ライオンがシマウマを狩って食べている
シマウマは狩られる分たくさん子供を生む
人間は、それを見ている
けっして、哀れみからシマウマを助けたりしない
それが、大自然の掟だから
しかし
アフリカゾウは保護する
鯨も保護する
それは
絶滅を危惧される種だから
しかも
絶滅を余儀なくされた理由が
人間にあるから

大自然の掟とは
地球という
一見
閉鎖系として見てしまいがちな
開かれた惑星の
物質循環のシステムの別名だ
憲法といってもいい

日本国憲法が
その他の法律や条令に優先するがごとく
いや
それ以上に
厳しく冷酷に
施行される

種の絶滅という結論に向かって
進み始めてしまった動物たちの救いは
残念だが可能性が低い
その理由が人間にあるものか
自然淘汰なのかには
関係なく

数多くの種が絶滅していくことで
少なからずシステム地球は変化していく
その世界は
残念ながら
最大の勢力を持ったホモサピエンスも
絶滅危惧種と
いわざるを得ない未来を
作り出してしまうだろう

さて
問題は解決策だ
どうしたら僕たちは生き残っていくことができるのだろう

答えはどこにでもある

ライオンがシマウマを倒すのは
一度に1頭なのだ
1頭で自分のファミリーが生きるために十分な必要量だ
実は、少し余る
余りは禿鷹やリカオンが食べる
カスやライオンたちの糞は虫や微生物が処理し
植物の養分となる
無駄は無い
無いということの意味は
ゼロということ

ライオンが
まだ生まれていない孫のために
シマウマを狩ることは無く
シマウマたちも
年老いたライオンに
わざわざ狩られることも無い
ライオンもまた
養分に姿を変える

人間は
孫のために財貨を蓄えるどころか
放射性廃棄物を
孫たちの時代へ
処理できないまま引き渡す

地球のシステムをズタズタにして
引き渡す

未来の人間ならば
処理可能だと思っているのだろうか

破壊せずに引き渡すことのほうが
遥かに簡単だというのに

過剰に作らず
つつましく
消費を減らすシステムを作り
そのことを
経済活動に組み込んで金をもうけるのではなく
維持可能とするためのシステムは
公共の管理とし
すべてをボランティアとする

自分達の糞を
下水道に捨てるなんて
なんてもったいないことなんだろう







Last updated  2008.03.26 09:26:15
コメント(3) | コメントを書く
2008.03.20
テーマ:環境(27)
カテゴリ:循環
国の運営って
バカがやっている


時事通信

経済産業省は19日、総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)需給部会で、エネルギー需給の長期見通しを公表した。企業と家庭が最先端の省エネ技術や機器を最大限導入した場合、燃料消費に伴う二酸化炭素(CO2)の国内排出量は2005年度の温室効果ガス総排出量に比べ、20年度で13%、30年度は22%削減できると試算した。
 経産省はエネルギー利用効率の改善で、「欧州委員会の掲げる目標に遜色(そんしょく)ないレベルの排出量削減が見込める」と説明。ただ、企業と家庭の負担は家電の買い替えなどで、20年度までに約52兆円が必要と推計しており、温暖化対策の難しさも浮き彫りになった。 

52兆円が必要なとき
その52兆円の経済効果は、52兆円分のCO2を排出するということ
CO2のせいにして
買い換え需要を促進すること、
52兆円分の環境負荷は、
150兆円費やさなければ浄化できないこと
そもそも経済活動による汚染を
経済活動でクリアすることは、矛盾であること
生産で作り出した汚染を
生産で消すことは出来ず、
足し算に足し算を追加し続けることを
小学生でも理解する。

経済学者や物理学者が
時代の流れに押し流されている
己の存在価値を理解せずに
金の流れに乗ろうとしている
きみたちが真実を語らなければ
始まらないんだぞ
せめて死ぬ前に
一度くらい
世のため人のために働いたらどうだ

経済活動によって作り出された負荷は
経済活動の縮小でしか
精算することは出来ない
これまでの快楽の精算は
痛みを伴い
実現の原動力は
子を思う親の心であり
未来を保全しようとするのは
愛でしかない

52兆円を無駄に使うより
たった5%の我慢が
15%の効果を生む
日本全体のですよ

CO2のせいにするよりも
環境全体の話なんです
CO2だけ減らしても
何も変わりません
ホルムアルデヒドを減らしても
シックハウスは増えるばかりでしょう

正義の名を借りた金儲けに
騙されないように






Last updated  2008.03.20 12:18:06
コメント(15) | コメントを書く
2007.11.02
テーマ:環境(27)
カテゴリ:循環
なんだか嫌な感じです
この1週間に震度1以上がなんと
40回ありました
エネルギーが分散されて解放されているという見方も出来ますが
ものすごく溜まってしまったエネルギーが
もうしんぼうたまらんって
言っている可能性もある
こんなときは用心することにしましょう

まくらもとに
スニーカー
軍手
緊急持ち出し袋

古い家に住んでいる人は
二階に寝ましょうね






Last updated  2007.11.02 19:05:35
コメント(6) | コメントを書く

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.