000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

記憶の記録

全9件 (9件中 1-9件目)

1

物作り

2008.12.29
XML
カテゴリ:物作り
事務所の大掃除をしていたら
こんなものが出てきました

茶箱
茶箱です

杉板で作った箱の外側を和紙で目張りして
内側は亜鉛鉄板で防湿してあります

ちゃんと科学して作られています

お茶が湿気ない為に
杉板が断熱材として、亜鉛鉄板が防湿フィルムと同じ仕事をしています
外側に張られた和紙はタイベックの代わりです
タイベックは透湿防風防水紙ですから
隙間風を防いでいます
つまり気密の気は空気の気をやってくれていて

亜鉛鉄板が
気密の気は水蒸気の気をやってくれています

なんて、ちゃんとしているんでしょう

40年も前のお茶の箱がちゃんとしているのに
21世紀の現代建築の
なんて情けない現実があるのでしょうか

建築家の皆さん
ちゃんとやろうよ
プロなら

ユーザーの皆さん
僕の教え子たち(百年プロジェクトのメンバーたち)はちゃんとやってます
かれらは
日本中にいますから
探してやってくださいね






Last updated  2008.12.29 19:18:41
コメント(12) | コメントを書く


2008.11.06
カテゴリ:物作り
元来
うまいものに目が無いFSです

おいしいドライトマトを
何とか自分で作れるアイテムを作ろうと
考え続けていましたが

構想2年
やっと出来ました

太陽光をうまく取り込み
反射材で効率よく天日干しし
下から吸気
上から排気してスムーズな換気

しかも蠅は寄せ付けない 衛生的!!!

僕らしいでしょ
温度と湿度を測定するセンサー付きです

これで干物とは名ばかりの
電熱器で干からびただけの食品を食べずにすみます


干物製造器


鯵とトマト







Last updated  2008.11.06 14:36:31
コメント(12) | コメントを書く
2008.06.16
カテゴリ:物作り
僕の父は
84歳になりますが健在です
ちょっとよちよち歩きになっちゃったけれど・・



うどん大好きな父のために
父の日うどんを打ちました

でらうまです

うどんの第一段階の大切なところは
水遣りです
水の入れ方がうまくいくと
こんな感じに
ソボロ状になります
こうなればうまくいったようなものです
そぼろ

このあと よく練り
ビニール袋に入れて1時間ほど寝かします
この1時間でグルテンのつながりがよくなり
モチモチうどんになります

のした後に
切ります
麺きり包丁なんて使いません
普通の菜っきり包丁で
フリーハンドで
ザクザク切っていきます
切り

あとは
たっぷりのお湯でゆでて食すのみです

IMG_0719.JPG

モチモチ感が
たまりません

おやじ
僕を作ってくれて

ありがとう






Last updated  2008.06.16 09:15:24
コメント(10) | コメントを書く
2008.05.06
カテゴリ:物作り
一昨日から昨夜までハニーは都内の愛娘のアパートへ
遊びに行きました

夕食は何にしようかと考えた末
うどんを打つことにしました
汁はjrが作ってくれまして
とてもおいしくできたのに
写真を撮るのを忘れました
ざんねん

残ったうどんきじでクッキーを焼いてみました
甘みはりんごのマーマレード
(りんごの場合marmaladeとは言わないかな)
とにかく作りました
味もまずまず
写真も撮りましたよ
fsのお菓子はなかなかのものですうどんくっきくー






Last updated  2008.05.06 20:20:19
コメント(16) | コメントを書く
2008.02.29
テーマ:住宅コラム(1511)
カテゴリ:物作り
我が家のキッチンもIHになった
母が調理するとき
火のそばから離れる事がしばしばで
危険回避の為に
仕方なくIHにすることにした

ガスコンロをIHにかえる為には
ガス工事と電気工事が伴う

東京ガスにガス管の撤去を依頼し
電気工事店に200Vの電源の設置を
依頼した

電気工事店はいつも僕の会社で依頼している業者だから
頼んだらすくに来て
たちどころに200Vのコンセントを取り付けて行ってくれた
東京ガスは翌々日に来た
ガスコンロからガス管を取り外す工事は
6700円で現金払いだという
僕は
将来またガスコンロに戻すことも考えられるから
ガスの口をコネクタータイプにしておいてくれと頼んだが
ガスコンロは決まりがあって
直結以外は出来ず、コネクターには出来ない旨
説明を受けた

仕方がない
あとで復帰することを考えて
ガス管を出来るだけ長く残して置くように依頼した

東京ガスの職員もそれを了解してくれた



こんな感じに工事が終わった

右寄りが電気工事
写真中央にブラーんとしているのがガス管
東京ガス1

東京ガスの職員はこれで帰ろうとしている
ぼくは
『ちょっとまって、
あのぶらーんとしているガス管を電気の配線のようにバンドで固定してください』
と、おねがいした
すると東京ガスの職員

『それはできません』
ぼく
『なんで』
東京ガスの職員
『東京ガスではそういうことはやりません』
ぼく
『はあ上向き矢印

レンジの下は収納になっている
たいていそうだと思う
鍋などを品番に出し入れする
そのたびにガス管に当たるだろう
危険極まりない
ガス管といってもプラスチックのホースですから

『東京ガスではそういうことはやりません』
なのだから仕方がない
6700円を支払い、お引取り願った

仕方なく自分で、ガラクタ入れの中から金具を見つけ出し
ガス管に傷をつけないようにポリエチレンの発泡体で
パッキンし、固定した

東京ガス2

この作業は、僕が
資格を持ったガス工事業者ではないから
何らかの罰則を受ける行為だと思う
どんな罰則かたのしみだ







Last updated  2008.02.29 09:26:53
コメント(14) | コメントを書く
2007.06.30
テーマ:住宅コラム(1511)
カテゴリ:物作り
たとえ東大の教授が
雨が降らないといっても
その言葉と自然現象は全く関係ない
降る時は降る

たとえ東大の教授が
セルロースファイバーが結露しないって言っても
結露しないはずがない

防湿せずに結露しない断熱材は存在しない
結露しないのなら
防湿してあるのだ

韓国ではノーベル賞候補がES細胞を作ったと、捏造の論文を発表したが
嘘だったみたいだ
地位も名声もある科学者がやることじゃない
金が絡むと何でもやるのならエセ科学者といわれても仕方がない
そういえば日本にもいたなー
考古学者が発掘を捏造したとかしないとか

科学が正しいのじゃない
科学者が正しいのでもない
科学は真実を証明する為にある
真実を曲げるものは
科学ではない

人間関係なら
嘘も方便と思っている人が多いみたいだ
しかし
JBの口癖
『真実は真実の上に積み重ねられる。嘘の上に真実は立ち上がらない』
嘘があれば必ずいつか崩壊するということだ

科学者諸君
報酬を得ることは悪いことじゃない
研究費を得る為に努力するのも良い
名声を得ることも良いと思う
真実の対価であれば

ところで
建材販売業者諸君
自社で販売している建材をチェックしよう
諸君は科学者ではないから
エセ科学者にだまされて
妙なものを販売しているかもしれない
諸君が信じて販売していても
だめなものはだめだし
嘘は嘘以上にならない






Last updated  2007.06.30 12:09:03
コメント(4) | コメントを書く
2007.01.29
テーマ:住宅コラム(1511)
カテゴリ:物作り
りゅにおんさんから、こんな質問が届きました
そういえば僕も
昔、父に同じ質問をしたことを思い出しまた

(01/28) りゅにおんさん
こんばんは。お仕事ご苦労様です

ふと思ったのですが、新木場の川に浮かんでいる木材は腐ったりしないのでしょうか?

最近ちょっと気になりまして・


そのむかし
山から切り出された丸太は、川に入れて筏を組み、木やりを歌いながら町へ運びました
山の近くで使用される木材はハガラシをしてその場で乾燥し使用することもあります
(ハガラシ)とは、(葉枯し)で、伐採したときに枝を下ろさず、倒したままにします
まだ、葉がついてしますから水分の蒸発が早いので、短時間で天然乾燥できるわけです
さて
川で筏に組んで運んだ木材はどうでしょうか
ずぶ濡れですからなかなか乾かなかったり、腐ったりするのじゃないかって思いますよね
でも、違いました
伐採後にそのまま乾燥した木材よりも速く乾燥できたんです
そのわけは

木材の乾燥の狙いは、単に水分を飛ばすことではなく、幹の中の、人間で言えば体液を減少させることにあります
この体液のことを樹脂分と言う専門かもいますが、とにかく、木の体液を乾燥することで植物としての生命が始めて絶たれ、用材としての人生が始まります
生きている木は、暴れ(動く)ますからね

川にどっぷり浸かっていた丸太は、大量の水を吸い込み体液を洗い出していきます
そうすることで、陸揚げ後は水分を飛ばすだけで乾燥が終わり、用材として優れた乾燥状態となります
もちろん、水に弱く腐りやすい木材は、貯木場で水没させられませんし、檜などでも余り長く水没していると使えなくなってしまいますが、水の中にある間は乾燥しませんから、ヒビが出ず、いい状態で保存できます

最近は、丸太に乗って木やりを歌うなんて見られなくなってしまいましたが、
あの作業は、木を扱うプロたちの在庫管理であり、ころあいを見て引き上げるわけです






Last updated  2007.01.29 09:53:48
コメント(9) | コメントを書く
2006.08.29
カテゴリ:物作り
岡崎へ車で出張したときに
和田峠を越えました
そのときドライブインの片隅に置かれていた
汚い黒い石に目が留まりました
てにとって見ると間違いなく黒曜石です
和田峠一帯は、神代の時代から黒曜石の産地だったのです
諏訪大社が発展したのも、黒曜石を求めて
日本全国から人が集まった為だといわれています
もしかしたら諏訪大社は出雲大社より古い可能性があるのです
石器時代からの歴史ですから
そこで
制作意欲がわいてしまいました
黒曜石の矢じりです

本気で刃付けをすると、カッターの刃より鋭くなります
すごい切れ味でした
あまり尖らせると危険なので
甘い刃先にしました
写真の作品はペンダントにしました






Last updated  2006.08.29 18:12:05
コメント(4) | コメントを書く
2006.07.11
カテゴリ:物作り

僕はとても俗人で
物欲が激しい
とはいえ
衝動買いなどはほとんどしない
カタチのいいもの、機能的で使いやすそうなものを見ると
激しく購買欲に駆られるがそのウラハラでその商品の欠点を探してしまう
無理やりケチをつけて買いたいという欲求を押さえ込む
しかし
その物欲がおさまったわけではなく
ほしいという気持ちは残ったままだ
かといって
かの商品には無理やりけちをつけたわけだから
買うわけにはいかない
そこで
僕の場合は
作る!という行為で物欲を満足させることになる
たぶん
買ったほうがはるかに安く手に入るに決まっているのだが
本性がへそ曲がりなのである
きっと、遺伝子の螺旋が
常人の2倍はねじれているに違いない
自分で解っているので
コツコツと、物作りが始まる
大抵は
一つのものを作るのに
1週間ほどの時間をかける

時間をかけたものに対する愛着は
あまり無い
勿論我が子のようにかわいいのだが
もっと良いものが出来るのではないかと
さっさと2号機作成に取り掛かってしまう
言うに及ばず
3号機、4号機と
必要の無い数を製作してしまい
その中の一番気に入ったものを自分で使う事にして
残ったものは友人たちに進呈してしまう
喜ばれることは稀で
大抵は、処分に困っていることであろうと思う
つい先日も
3個目の携帯ホルダーが、出来上がってしまった







Last updated  2006.07.11 13:50:16
コメント(1) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.